男女でこんなに違った…。元彼・元カノから連絡が来た瞬間の、男女の本音

男女でこんなにも違う。元彼・元カノから食事に誘われたらどう思う?

相手の優しさや居心地の良さに、別れてから気づくこともありますよね。「最近何をしているんだろう」とふと気になって、連絡を取りたいと思ってみたり。しかし相手が同じ気持ちとは限りません。人によって考え方が異なるからこそ、「連絡をとってもいいかな」「食事に誘っても大丈夫かな」と不安になってしまうこともあるのではないでしょうか。

そこで今回は、「元恋人からの連絡/食事の誘い」について男女に調査。意見の違いを比べてみましょう!

Q1:元恋人から連絡が来たらどう思う? 

【男性回答】

「ほぼ嬉しい」「嬉しいことが多い」36%
「半々くらい」30%
「全然嬉しくない」「嬉しくないことが多い」34%

【女性回答】

「ほぼ嬉しい」「嬉しいことが多い」19%
「半々くらい」35%
「嬉しくないことが多い」「全然嬉しくない」47%

女性の方が「嬉しくない」と思うことが多いようです。男性の方がまだ未練があるのでしょうか。それぞれ理由を聞いてみました。

【男性回答】元恋人から連絡が来て嬉しい理由

「懐かしいから」4票
覚えてくれていたから」4票
「また会いたい・話したい」4票
「好意的な感情を抱いている」3票
「関わりがあるのが嬉しい」3票

元カノとの思い出を大切にしていて、その大事な相手が同じように覚えていてくれたのであれば「もう一度会いたい」と思うようですね。中には、別れてからも好意的な感情を抱いている方も。「どんなふうに綺麗になっているか確認したくなる(28歳)」「円満に別れたけど、それ以降何も関わりがなくて残念だから(28歳)」と、別れてからも心のどこかで気になっているのかもしれませんね。

【女性回答】元恋人から連絡が来て嬉しい理由

「友達として仲良くしたいから」4票
「自分を気にかけてくれて嬉しい」4票
「覚えていてくれたから」3票
「好意的な感情を抱いている」3票

女性は、別れた後も友達としてよい関係を築いていきたいという方が多いですね。また元彼からの連絡の場合、「自分に未練があったのかな(28歳)」「今でも好きでいてくれた(23歳/30歳)」と自分に興味を持たれていることに嬉しくなるようです。

男女で比較すると「覚えていてくれた」「好意的な感情がある」のは同じ。また男性は「今でも少し気になっている」という回答が多い一方で、女性は「気になってくれていることが嬉しい」と思うようですね。男性の方が、まだ未練があるようです。

【男性回答】元恋人から連絡が来て嬉しいときも・嬉しくないときもある理由

「内容による」3票
「別れ方による」2票

近況なのか、金銭関係の相談なのかなど、相手の意図やメッセージの内容によって、感じ方は分かれるようです。また元カノとの別れ方は大きな意味を持つ様子。ケンカ別れでは、どうしても気まずく思いますよね。

【女性回答】元恋人から連絡が来て嬉しいときも・嬉しくないときもある理由

「別れ方による」5票
「面倒」4票
「友達として関わりがあるのが嬉しい」4票
「内容による」3票
「相手に未練があるなら嬉しい」2票

やはり女性は「友達として繋がっていられるのは嬉しい(18歳)」という気持ちがあるようですね。それは「別れ方」にもよるのかもしれません。また男女共に「別れ方」「内容」を上げていましたが、連絡をしてきたことに「何か裏があるのではないか」と疑う方も多いですね。

【男性回答】元恋人から連絡が来て嬉しくない理由

「面倒くさい」 回答多数
「関係ない」5票
「今の生活がある」2票

「妻との関係に悪影響(33歳)」など、現在パートナーがいる場合にはあまり良い印象を持たないよう。やっぱり過去は過去。「今の自分には関係ない」と、面倒だと感じるようですね。

【女性回答】元恋人から連絡が来て嬉しくない理由

「不審に思う」 回答多数
「関わりたくない」 回答多数
「面倒くさい」 回答多数
「もう気持ちがないから」4票
「嫌な別れ方をして嫌悪感がある」4票
「しつこい」3票

嫌な別れが大きな原因となり、「気持ち悪い(27歳)」「セフレを探していると警戒する(22歳)」など嫌悪感や不信感を抱いているよう。完全に気持ちがないからこそ、関わりたくないと拒絶反応を示していますね。

男性は「現在の生活があるから」と今のパートナーの存在が決め手になっているようですが、女性は「元カレ」という存在自体に嫌悪感を抱く傾向にあるようです。やはり、どのような別れであったかが重要なんですね。

連絡自体でも、男女で差がありました。続いては、さらなる関門「食事に誘われたらどうか」。結果はこのようになりました。

Q2:元恋人から食事に誘われたらどう思う?

【男性回答】

「ほぼ嬉しい」「嬉しいことが多い」29%
「半々くらい」39%
「全然嬉しくない」「嬉しくないことが多い」32%

【女性回答】

「ほぼ嬉しい」「嬉しいことが多い」10%
「半々くらい」40%
「嬉しくないことが多い」「全然嬉しくない」50%

「連絡は嬉しいけど、食事はちょっと…」と思っている男性も多いようですが、3割は「嬉しい」という結果に。一方の女性の半数は「嬉しくない派」。また「嬉しい」方は1割と、ほとんどの方が嬉しく思わなかったり、どちらともいえない感情を抱くようですね。
こちらも理由を伺いました!

【男性回答】元恋人から食事に誘われて嬉しい理由

「復縁できるかもしれない」6票
「会いたい・話したい」4票
「相手に好意があるから」4票

まだ恋愛感情を抱いていたり、好意的な印象を持っていたり。その理由が何にせよ、「話や気が合う(33歳)」など良い印象のある相手との食事は楽しいですよね。

【女性回答】元恋人から食事に誘われて嬉しい理由

「復縁できるかもしれない」3票
「友達だから」3票
「理解しあっているから居心地がいい」2票

女性回答で目立つのは「友達だから」。仲の良い男友達の1人としてであれば、ご飯に行くことは問題ではありませんよね。

男女共に「あわよくば……」を狙っている方が多いですね。やはり本当に会いたくない人には、食事に誘わないもの。一度は好きであった同士のため、お互い理解しあっている部分も多いのかもしれませんね。

【男性回答】元恋人から食事に誘われて嬉しいときも・嬉しくないときもある理由

「裏があるのではないかと思う」6票
「付き合っている人がいる」3票

「会いたくない」というよりは、「何か裏があるのでは」と勘繰ったり、「今の彼女にバレたら面倒(28歳)」とためらったりするようです。たしかに現在の恋人の立場であったら、快く送り出せるか微妙ですよね……。

【女性回答】元恋人から食事に誘われて嬉しいときも・嬉しくないときもある理由

「友達としてならOK」 回答多数
「裏があるのではないかと思う」 回答多数
「付き合っている人がいなければ」3票
「相手の気持ち次第」3票
「話をしたい」3票
「嫌ではないけど、どうしたら良いか分からない」2票
「食事には行かないけど嬉しい」2票

女性は「好意はあるけど相手次第」と考えているようです。お互い友達と思っているか、お互い復縁を考えているかなど、自分の気持ちが相手と同じであれば安心できるのでしょうね。
連絡はまだしも、「会う」のはハードルがありますよね。やはり裏があるかどうか、新しい恋人がいるかどうかは重要な観点なようです。

【男性回答】元恋人から食事に誘われて嬉しくない理由

「面倒」 回答多数
「終わった関係だから」5票

もう二人は終わった関係。再び関係を築きたいという気持ちがないのであれば、食事に行くのは時間や金銭的に考えても面倒と思ってしまうようですね。

【女性回答】元恋人から食事に誘われて嬉しくない理由

「面倒」 回答多数
「会いたくない」 回答多数
「嫌悪感があり、思い出したくない」9票
「付き合っている人がいる、新しい恋を探している」7票
「よりを戻すつもりがない」3票
「何をしたいのか理解できない」3票

女性の場合、「終わった関係」というよりは、元彼に対して思い出したくない存在と嫌悪感を示しています。また男性は付き合っている人がいるから「会ってはいけない」と考えている人が多い印象でしたが、女性は付き合っている人がいるから「会いたくない」と気持ちの整理がきちんとできているようです。

 

男性は、良くも悪くも元カノに好印象を抱いているようです。一方、女性は友達と割り切るか、あまり良い印象を抱いていないかのどちらか。過去の恋愛を「男はフォルダ別保存、女は上書き保存」というように、過去を美化して完全に忘れない男性に対し、女性は新しい恋がスタートすればキレイに忘れてしまう。男女で気持ちの切り替えが違うのかもしれませんね。もし連絡や食事をしたい場合は、別れる際にルールを決めたり、相手がどう思うか考えることが重要です。(齋藤有紗)