100点満点のプロポーズに必要なこと|サプライズよりも大事なのはこっちです♡

プロポーズに最適な季節に知りたい成功するプロポーズの方法


クリスマスに大晦日とイベントが盛りだくさんな12月は、一年で最もプロポーズが行われる季節。「理想のプロポーズの季節!」という女性も多いのではないでしょうか?

株式会社ネクストレベルが運営する『縁結び大学』は、プロポーズされたことがある女性148人にプロポーズの実態調査を実施。女性が喜ぶプロポーズからNGなプロポーズまでくまなくお届け♡

 

Q. プロポーズ、はっきり言ってくれた?


「結婚してください」と言葉ではっきり伝えることは恥ずかしいけれど、伝えられたらやっぱり嬉しいもの。プロポーズ経験のある女性は、はっきりと言ってくれたのか聞いてみました!

約7割の女性が、プロポーズの言葉を「はっきりと言ってくれた」と受け止めました。プロポーズの言葉ははっきりとシンプルに。分かりやすく相手に伝わるにはこれが一番ですよね。「はっきりと言ってくれた」が多数派の所以はここにあるのかも。

具体的にどんなプロポーズをされたのか聞いてみました。

■女性が受けたプロポーズエピソード

「付き合って2年目の記念日のデートにいつもよりちょっとお高めのレストランを予約してくれて、もしかしたらと思ったら、食事終わりに席で指輪を出してプロポーズしてくれた」(東京都/27歳女性)

近所のスーパーで2人で買い物を終えて車に乗り込んでから、いつもならすぐ出発するところ、なぜか長い沈黙があり、長い前置きの末に『結婚したいなと思った、どう?』と言われた」(北海道/30歳女性)

「軽井沢のキャンドルナイトというイベントでクリスマスにキャンドルが灯るなか『結婚してください』と言って指輪をくれました」(長野県/35歳女性)

「夕暮れの海に車で行き、車から降りるとトランクから101本の花束と婚約指輪を渡してくれて『結婚してください』と言われました」(埼玉県/31歳女性)

「先に子どもが出来たので伝えたら『これから何があっても一緒に育てて行こう。よろしくな』と言ってくれました」(千葉県/23歳女性)

「付き合った場所に連れていかれて、転勤になったので結婚して欲しいと言われた」(福岡県/29歳女性)

「クリスマス、『ベランダ見てごらん』と言われ、窓を開けると花束とラッピングされた箱が。大きさ的にネックレスかな?と思って開けると、包丁が出てきてリアクションに困りましたが(笑)『これで俺に美味しいご飯を一生つくってください』と言われました」(栃木県/29歳女性)

記念日やクリスマスなど節目のイベントで言われた人もいれば、妊娠や転勤といったキッカケで言われた人もいました。指輪でなくて包丁だったエピソードには驚きでしたが、どれも男性が恋人のことを想って準備したことが伝わるエピソードでしたね♡

 

Q. プロポーズに気づいた?


最も多かった回答は「まったく気付いていなかった」(41.9%)でした。男性のサプライズ計画はおおむね成功しているみたいです。ただ、全体で見れば何となくでも気づいていた女性が過半数ということで、女性のカンは鋭いということもわかりました。

次に女性がどんなときに「プロポーズ来るかも」と感じたのか、ご紹介します。

■「プロポーズ来るかも」と感じた瞬間

「普段外食しようとあまり言う方ではないので、今日は外食しようと言われた時になんとなく気がつきました」(千葉県/30歳女性)

「普段旅行の手配は私がするのに、彼が何ヶ月も前から『星のや竹富島』に行こうと言い出したから」(埼玉県/31歳女性)

「前からモジモジしていたのと、なんとなく怪しいというか」(北海道/39歳女性)

「誕生日に私がこのレストランどう?と提案しても、ちょっと考えると言って、場所にこだわっていたから」(東京都/39歳女性)

女性のみなさん、鋭すぎませんか……! 突然いつもとは違う言動で「プロポーズするのかな」と勘ぐられてしまう可能性大のようです。サプライズを成功させたいなら、普段と変わらないテンションを意識しましょう。

 

Q. 突然のプロポーズ、どんな気持ち?


約7割の女性が「ものすごく嬉しかった」と回答。突然の出来事ということで嬉しさも倍増しますよね。ただ、少数ながら「困ったこともあった」と回答した女性も。どんなことに困ってしまったのか聞いてみました。

突然のプロポーズに困った理由

「自宅にてお風呂上がり。『明日、婚姻届を取りに行こう』と言われたのですが、こちらの心の準備が整っていなかったので少し困りました」(東京都/34歳女性)

「結婚するのは嬉しかったが、他の業務的なことを丸投げだったので困った」(福岡県/37歳女性)

突然と言ってもあまりに前置きがなさすぎることや、プロポーズして終わりな態度は女性としても困ってしまいます。やっぱり一度きりのプロポーズ・結婚なわけですから、少し特別感をもたせてふたりで結婚にむけて準備することが大切です。

 

Q. そのプロポーズ、受けた?


プロポーズを受けた女性は91.2%と、ほとんどのプロポーズが成功していたようす。しかし、なかにはプロポーズを断っている女性もいました。結婚したいと思うほどの関係でも、成功率は100%ではないようです……。

プロポーズを受けなかった理由としては、「結婚したいとは思えなかった」「今ではない」という回答が多い印象でした。女性も結婚に対して前向きかどうか、見極める必要がありそうです。

 

Q. 男性からのプロポーズ、点数をつけるとしたら何点?


最も多かったのは100点満点(28.4%)、次に80点台(21.0%)、90点台(16.3%)と女性の評価が高かったプロポーズが多い結果に。自分のために考えてくれたものなら、やっぱり嬉しいですよね。

一方で、低い点数を付けた女性にその理由を聞いたところ、「突然思い付きで言われたような気がした」「上から目線な雰囲気だった」「プロポーズとはかけ離れた言葉だった」といった理由が挙げられました。プロポーズには理想をもつ女性も多いため、日常の中で伝えるとしてもなにか特別感を出すといいかもしれません。

 

Q. 理想のプロポーズは?


女性誰しも理想のプロポーズを考えたことがあるはず。どんなプロポーズが理想か聞いてみました。

「ホテルの部屋、お店の個室、車の中など、周りの目が気にならないところで『結婚してください』などシンプルな言葉で言われるのが理想です」(兵庫県/30歳女性)

「思い出の場所でプロポーズをしてくれたらうれしいです。思い出の場所として覚えていてくれた事もうれしいし、そこでの思い出が増えるのでうれしい」(千葉県/31歳女性)

「クリスマスに夜景の見える場所で、指輪を出して結婚してくださいって言ってもらうのが理想です」(東京都/36歳女性)

「頑張りすぎない、周りを巻き込まないシチュエーション! でも、日にちとか場所とかは 特別感を出して欲しい。 キザな演出よりは、いつもの彼で。 そしてシンプルな言葉でプロポーズしてほしい」(栃木県/29歳女性)

「家で一緒にソファーに座ってテレビを見ていて、そろそろ結婚しよっか?と急に言ってくれるのが理想」(熊本県/29歳女性)

日常のなかで伝えてほしいという意見もありましたが、少し特別感のある空間の望む女性が多数派でした。ただ、特別感のある空間でも、飾らないありのままの彼にシンプルな言葉で伝えてほしいみたい♡

反対に絶対にNGなプロポーズとしては、

  • ラインやSNSでプロポーズの言葉が送られてくる
  • 自作の歌や詩が送られてくる
  • フラッシュモブで踊る
  • 大型モニターでメッセージ

などが挙げられました。サプライズがすぎるプロポーズや反応に困るプロポーズはちょっとNG。女性が本当に喜んでくれるか見極めましょう。

 

Q. 婚約指輪はあった方がいい?


最後に婚約指輪に関する質問。「用意してほしい」「用意してなくて良い」半々といった結果になりました。婚約指輪と一緒にプロポーズも最高に素敵ですが、「あとで一緒に買いに行きたい」という女性もいるようです。指輪でなくて花束などをプロポーズのときに用意するのもひとつの手。彼女がどのタイプか、プロポーズ前にリサーチしときましょ! 

 

一度きりのプロポーズ、やっぱりいつもより特別感のあるすてきな思い出にしたいのが女性のホンネ。でも男性に多くは望みません。シンプルな言葉と誠意が伝われば女性は嬉しいものなのです。男性のみなさま、思い出に残る素敵なプロポーズを女性一同お待ちしております♡(岩川菜奈)

 

情報提供元/株式会社ネクストレベル