かわいいのに動きやすい♡遊園地・テーマパークのおすすめコーデ夏11選

遊園地…etc.デートや女子会のおすすめコーデ集

一体何を着ていくの??遊園地やテーマパークに行くときの、おすすめコーデをピックアップ! アクティブなパンツスタイルから可愛いスカートスタイルまで、デートにも女子会にもばっちりの夏コーデを紹介します。

遊園地におすすめの夏コーデ♡


【1】グリーンカットソー×ネイビーパンツ

リブ素材のカットソーは、シーズンレスで活躍する5分袖を指名して。春らしいグリーンを選べば週末コーデにぴったりです♪ トップスをINにするときは、ボトムに濃いめのデニムパンツを合わせて下半身の引き締め効果も。動きやすさ重視のデニムスタイルも、スカーフを頭に巻けばぐっと華やかな印象です。今シーズンは、ヘアターバン風のヘアアレンジがシンプルコーデに欠かせません。足元は歩きやすいフラットシューズで、気になるショップや街をのぞいてアクティブな1日を♡

CanCam2019年6月号より 撮影/峠 雄三 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/岡田知子(TRON) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/時吉 茜

【2】クリームブラウス×デニムパンツ

史帆は女の子デニムでモテ♡カジュアル

いつものブルーデニムから黒デニムに変えるだけで、コーデの鮮度が一気にUP! 肩出しのデザイントップスも、シンプルなモノトーンなら品よくまとまり男子ウケも期待できます♡ パンチのある小物使いは、おしゃれな女子ウケもばっちり。ショッピングはもちろん、デートにも女子会にもオススメです!

CanCam2019年6月号より 撮影/三瓶康友 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/加藤史帆(本誌専属) 構成/手塚明菜

【3】ベージュワンピース×デニム

沙友理は大人ベージュでモテ♡カジュアル

女の子らしいロング丈のタンクワンピも、デニムでカジュアルに着くずすことでリラックス感のあるモテ♡コーデに。デニムやキャップを使ったスポーティな着こなしは、全体を優しげなベージュでまとめると上品さが漂います♪ 足元はブルーのサンダルを投入して、くすみカラーのコーデに透明感をプラスして。

CanCam2019年6月号より 撮影/三瓶康友 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/松村沙友理(本誌専属) 構成/手塚明菜

【4】ベージュのマキシワンピース×黒ジャケット

美月はワンピ×スニーカーでモテ♡カジュアル

シルエットが華やかなフレアワンピは、辛口カーキで媚びのない女らしさを。さらに黒ブルゾンで甘ワンピを引き締めれば、ワンランク上のシャレ見えコーデに仕上がります。ワンピがシンプルな分、足元は’90年代風のスニーカーで遊びゴコロをONしましょ。

CanCam2019年6月号より 撮影/菊地泰久(Vale.) ヘア&メーク/河嶋 希 モデル/山下美月(本誌専属) 構成/手塚明菜

【5】白ロングワンピース×麦わら帽子

美月はワンピ×スニーカーでモテ♡カジュアル

清潔感のあるピュアな白、肌が透けるクロシェレース、シンプルなAライン…着るだけで”彼女感”が漂う女の子ワンピ。ロング丈のワンピースには、パンプスでもなくサンダルでもなく、あえてコンバースを合わせることで「頑張りすぎない」抜け感が演出できます♡ ハットやカゴBAGでラフなムードを盛り上げれば、白ワンピのデイリーコーデは簡単です!

CanCam2019年6月号より 撮影/菊地泰久(Vale.) ヘア&メーク/河嶋 希 モデル/山下美月(本誌専属) 構成/手塚明菜

【6】クリームワンピース×Gジャン

美月はワンピ×スニーカーでモテ♡カジュアル

華奢さがアピールできる、オーバーサイズのGジャンがコーデのポイント。ボディラインにつかず離れずのリブニットで女っぽさも妄想させて。スタイルアップが叶うリブニットのワンピは、ラインをきれい見せてくれる上にいい女感が漂う便利アイテム。キャップやGジャンのストリートな味付けで、ワンピを〝そのままかわいく着ない〟のもこだわりです。

CanCam2019年6月号より 撮影/菊地泰久(Vale.) ヘア&メーク/河嶋 希 モデル/山下美月(本誌専属) 構成/手塚明菜

【7】白ニット×イエローロングスカート×カーディガン

トレンチ風スカートで上品かわいいデートスタイル

待ち合わせの瞬間から、一日ずっとかわいいって思わせる王道のレディ感がテーマ♡ 華やぎ感MAXのカナリアイエローのスカートにベーシックなノースリニットを合わせれば、上品なのに目を惹くデートスタイルが完成。締め色効果のあるカーディガンを手持ちすれば、室内のクーラー対策もばっちりです。

CanCam2018年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子

【8】黒ブラウス×デニムスカート

トレンドのスポサンは、さりげない肌見せコーデで女っぽく♡

トレンドのスポーツサンダルは、すべてをスポーティにまとめず、あえて女らしいアイテムや肌見せ感のあるコーデに合わせると抜群のバランスに。どカジュアルでなく女らしくてこなれた着こなしを目指すなら、両サイドにスリットの入ったデニムスカートや、透け感のあるレースブラウスでほんのり色気をプラスするのが正解です。

CanCam2018年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/久松郁実(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子

【9】白Tシャツ×グリーンフレアスカート

スポーツT×派手色フレアスカートの新定番コーデ

トレンドのスポーティなロゴTを、女の子らしいスカートに合わせてテイストMIX! 絶妙な甘辛コーデは、もはや定番のスタイルです。白T×ビビッドなグリーンのスカート合わせなら、涼やかでこなれた印象もGETできちゃいます♡ タッセルがかわいいかごバッグで、リラックス感もプラスして。

CanCam2018年7月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/森 ユキオ(ROI) モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/AWABEES、PROPS NOW、田中かほ里 構成/浜田麻衣

【10】白Tシャツ×黒フレアスカート

上品なドット柄スカートをキャラTで今っぽく♡

ポップなキャラTシャツを合わせて、ドット柄スカートをヴィンテージライクにコーディネート。フェミニンなフレアスカートなら、Tシャツ×フラットシューズのカジュアルな合わせも女のコらしくきまります♪ ベティちゃん柄のTシャツは、汗が気になる真夏のデートスタイルにもgood♡ ちょっぴり色あせた、古着っぽいプリントがおしゃれです。コロンとしたミニバッグで「赤」をひと差し。ビビッドな小物をアクセントに、レディなマリンコーデを今っぽく着こなして。

★【今日のコーデ】ドット柄スカートで、今っぽかわいいデートスタイル♡

【11】白ロングワンピース×白キャップ

暑い日にぴったり★楽チンワンピでつくるスポーティコーデ

ゆるっとラフなカットソーワンピ―スは、カジュアル&スポーティに振り切っても、きちんとキレイめにキマる美シルエット。自然とウエストマークできるブラウジングと、裾のスリットで程よく女性らしさもキープできるのが嬉しいところ。白キャップやサコッシュ、スポサンなどトレンドのスポーティ小物を合わせて今っぽく。去年からトレンド入りしているスポーツサンダルは、ちょっと厚底のものを選ぶのがオススメです。

★【今日のコーデ】マウジーのロングワンピが楽ちんなのにキレイすぎ!