ロング丈で大人かわいく♡マキシワンピのおすすめ夏コーデ8選

マキシワンピースのおすすめ夏STYLE♡

夏のお出かけムードにピッタリ! マキシワンピースのコーデを大特集。ボリュームがある分、足元や小物で軽さを出すのが秘策です♡ 大人めな黒×マキシ丈ワンピースの着こなしも紹介します。

【目次】
マキシワンピースを合わせる夏コーデ
黒のマキシワンピース 夏コーデ

マキシワンピースを合わせる夏コーデ


【1】ベージュのマキシワンピース×黒ジャケット

美月はワンピ×スニーカーでモテ♡カジュアル

シルエットが華やかなフレアワンピは、辛口カーキで媚びのない女らしさを。さらに黒ブルゾンで甘ワンピを引き締めれば、ワンランク上のシャレ見えコーデに仕上がります。ワンピがシンプルな分、足元は’90年代風のスニーカーで遊びゴコロをONしましょ。

CanCam2019年6月号より 撮影/菊地泰久(Vale.) ヘア&メーク/河嶋 希 モデル/山下美月(本誌専属) 構成/手塚明菜

【2】ブラウンのマキシワンピース×イエローバッグ

1枚でおしゃれコーデが決まるオフショルマキシ

1枚でおしゃれオーラが出せるオフショルマキシで、夏のお出かけムードを盛り上げて♪ ブラウンベースのボタニカル柄なら、露出度高めなワンピも品よく着こなせます。シャープで大ぶりなシルバーのイヤリングでほっこり感を中和すれば、都会的なリゾートスタイルが楽しめます♡

CanCam2018年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/宮本茉由(本誌専属)  構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子

【3】グリーンのマキシワンピース×グレーパーカ

胸元の大ぶりフリルで寄っても引いても絵になる女♡

胸元の大ぶりフリルが華やかなワンピースは、寄っても引いても絵になるアイテム。爽やかなピーコックグリーンは清涼感もUPします。はおりをプラスするなら、マキシワンピのリラックス感を崩さないグレーのパーカがオススメ♪ こなれ感がキープできる、大人めカジュアルが完成します。

CanCam2018年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/楓(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子

【4】ピンクのマキシワンピース×クリアサンダル

暑い日は華やか&ガーリーなオフショルに決まり!

大胆な肩見せも、上品ピンクとマキシのおかげでちょっぴり大人めな仕上がりに♪ 大胆に開いたデコルテラインも、色っぽかわいいポイントです。レトロ感のあるふんわり袖は、二の腕のカムフラージュにもひと役。ワンピにボリュームがある分、足元は軽さを重視したいところ。クリアなサンダルを投入して、好バランスに拍車を♡

★【今日のコーデ】華やか&ガーリーなオフショルワンピで大人かわいく♡

【5】花柄のマキシワンピース×水色カーディガン

花柄マキシワンピで晴れの日を満喫♡コーデ

白地に描かれた花柄が、夏の陽気にぴったり♪ ウエストが絞られていたり、裾がひらっと揺れる切り替えが入っていたりと着るだけで美シルエットが叶うデザインです。上品に着こなすポイントは、小物に馴染みのいいブラウンやベージュを選んで全体をやさしげにまとめること。温度調節に便利なカーデは、差し色にもなるブルーを。透け感があるくらいの薄手なら真夏コーデにぴったりです。

★【今日のコーデ】つかのまの晴れを満喫!花柄マキシワンピのコーデ

黒のマキシワンピース 夏コーデ


【1】黒のマキシワンピース×ベージュシャツ

BITTER BLACK  ベージュ、カーキ、ブラウンなど、落ち着きのあるアースカラーを味方に付ければ、キレよくハンサムな‟辛い黒„の完成!リネンやコットンなど天然素材を選ぶことで、ひとさじの女らしさも漂って。

クロシェの透け感がかわいいワンピースは、一枚ずつ手編みで作られているこだわりのニット素材。ひざ下だけの透け感や今っぽいマキシ丈が、上級者っぽいおしゃれコーデに最適です♡ ばさっとはおったリネンシャツと、ラフなスニーカーで抜け感をプラス。真夏はフラットサンダルを合わせて、よりカジュアルに着こなしても。

CanCam2019年6月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/YUMBOU(ilumini) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/新城真紀

【2】黒のマキシワンピース×麦わら帽子

ーAkane's Private Fashion Part①ー買ったばかりの新作服で私らしい〝大人シンプル〟普通のシンプルじゃつまらない。ちょっとひねって茜らしいスパイスをプラス。

ガーリーワンピこそ、シックな黒で脱甘めを目指すのが最旬ルール。デコルテのスクエアカッティングやウエストのギャザー、そして細かいドットなどシンプルだけど小技が効いた一枚です。足元はカジュアルなスニーカーを合わせて、デイリー仕様に着るのがオススメです。

CanCam2019年6月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈(スタイリング協力) ヘア&メーク/松田美穂 モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/稲垣あすか 構成/木村 晶

【3】黒のマキシワンピース×イエローカーディガン

黒のロングワンピには×カラーカーデで華やかさをON

シックで大人っぽい黒に、胸元のギャザーと裾のティアードデザインが印象的なマキシワンピ。ティアードワンピは、黒をチョイスすることで、程よく大人っぽい雰囲気に仕上がります。パッと華やぐライムイエローのカーデを肩がけにして、おしゃれも日焼け対策も欲張りに。

CanCam2018年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子