こなれ感がかわいい♡【スウェットコーデ19選】|手抜きに見えない着こなし例

着回しも便利!人気のスウェットコーデを特集

スウェットレディース着こなし

カジュアルの定番「スウェット」ですが、最近はおしゃれコーデのMIXアイテムとしても大人気! ラフなアイテムだからこそ、部屋着っぽくならないように今っぽく着こなすテクが重要です♡ そこで今回は、スウェットをメインにした最旬コーデを厳選してご紹介します。

シーズンレスで使える「スウェット」の魅力

スウェットレディース着こなし

そもそも「スウェット」とは、コットン素材をジャージー織りにした伸縮性のある生地のこと。表面は滑らかな質感で裏面はタオルのようになっているもの(裏毛)と、起毛させてふんわりあたたかく仕上げているものと2種類あります。

やわらかで吸湿性のある素材なのでアウトドアや部屋着のイメージがありますが、コーデにこなれ感をプラスできることから今やデイリーのおしゃれに必須!

スウェットレディース着こなし

一枚あると体温調節がしやすいスウェットは、気温が安定しない季節の変わり目コーデにもおすすめ。肌触りのいいコットン素材と寒さをしのげる厚手素材の風合いがポイントです。

シンプルなスウェットを今っぽくおしゃれに着るには?

スウェットレディース着こなし

今っぽくスウェットを着こなすなら、ブラウスやカットソーに重ねたり、きれいめなアイテムと組み合わせてみて。シンプルなスウェットは、トレンドのエコレザーパンツなど個性派ボトムと合わせてもバランスよく着こなせます。寒さが厳しくなってきたらキルティングアウターとの組み合わせもおすすめ。ファーバッグやミニバッグ、アクセサリーなど小物使いで女性らしさをプラスするのも手抜き感をなくすテクニックです。

スタイリスト直伝!スウェットのきれいめコーデ

通勤はもちろん、会社帰りに予定があったり、大切な人に会うかもだったり…さりげなく気合いを入れたい日ってありませんか? そんな日のおしゃれにおすすめなのが、大人カラーでまとめたフェミニンなスウェットコーデ。今回は、シンプルなスウェットプルオーバーをきれいめに着こなすアイデアを紹介します。

■スウェットプルオーバー+プリーツスカート+ファーバッグ

スウェットレディース着こなし

ちょっぴり気合いを入れたい日は…
・トップスはあえてのスウェットプルオーバーでラフに
・洒落見えするくすみカラーのプリーツスカートを選ぶ
・ベージュやブラウン小物で品よく大人に仕上げる

スウェットレディース着こなし

グレイッシュなベージュのスウェットなら、色合わせがしやすい&肌映りがよく、印象も女の子らしく仕上がります。しなやかな素材を選ぶとトレーナーっぽさがなくオフィスにもOK。

スウェットレディース着こなし

ポイントは、なんといっても大人っぽい配色。くすみベージュとくすみグリーンの淡い色味を、ベージュのバッグでやわらかく仕上げつつ、足元はブラウンのブーツでしっかり引き締め。ぼやっとした印象はないのにやさしげな、ニュアンスコーデになるんです。

スウェットレディース着こなし

スウェットトップスの着こなしポイント

スウェットレディース着こなし

  1. ファーバッグやアクセサリー、パンプスなど小物で女性らしさをプラス
  2. インナーにブラウスやタートルを合わせる重ね着もおすすめ
  3. スキニーデニムやロングコートなどきれいめアイテムとも好相性
  4. トレンド感を出すならエコレザーやキルティングのボトムを合わせても◎

こなれ感抜群!スウェットのトレンドコーデ

【1】甘めの白スカートをロゴスウェットで今っぽく

ナチュラルタイプに似合うコートは…肩落ちロングコート

ファーバッグやゴツめブーツなど小物でアクセントを効かせた甘めカジュアル。バサッとした質感の白マキシスカートにネイビーのロゴトップスを合わせると、肩の力が抜けた女らしさが演出できます。ラフに羽織ったナイロン素材のキルティングコートは質感の異なるハリのあるスカートと好相性。

CanCam2021年12月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【2】スウェット×きれいめパンツの今っぽオフィスコーデ

くすみピンクのセミフレアパンツを骨格別に冬→春着回し『NATURAL』

スウェット×タートルレイヤードでカジュアルコーデをアップデート。ハリのあるポンチ素材のスエットは体型カバー効果もあり着痩せにも◎。ピンクベージュのセンタープレスパンツパンツを合わせればきれいめなオフィスカジュアルが完成します。

CanCam2022年3月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/岩附永子

【3】キルティングスカートでスウェットコーデを新鮮に

03 襟コンブラウスは上に重ねて華やか盛り!『フリル襟ブラウス×シンプルスエット』

流行のキルティングスカートは、フリル襟をのぞかせた辛口カーキのスウェットで大人のこなれカジュアルに。袖口からもブラウスをちょこっと見せると、くすみ配色に洗練された抜け感を演出できます。バッグや靴は明るめのカラーを選んでコーデが沈まないよう工夫して。

CanCam2022年3月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【4】スウェット×イエロースカートのモードな着こなし

ブルベさんがたまごイエローを着るなら…『攻略01 顔から離して、ボトムで取り入れるのが簡単!』

華やかなイエローのレーススカートは、ニュートラルカラーの白やベージュでまろやかにまとめるのが洒落見えポイント。ゆるっとしたスエットを合わせてモードカジュアルに振ると主役感のあるスカートがデイリーに着回せます。バッグは白、ブーツはベージュで軽やかに。

CanCam2022年3月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/山下美月(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【5】ミニスカやごつめブーツでアクティブに

2 細かめチェックミニを今年顔ブーツに合わせて着回し!

ゆるスウェットは華奢見せコーデに効果的。かわいいチェックミニにゴツッとしたトラックソールブーツを合わせてヘルシーな脚見せコーデを完成させて。白のロンTをチラッとのぞかせるのも、抜け感をつくる小ワザとしておすすめです。

CanCam2021年12月号より 撮影/渡辺謙太郎 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/小室安未(本誌専属) 撮影協力/有田梨華 構成/岩附永子

【6】オールホワイトでスウェットコーデを大人っぽく

ロゴトップス×オートミール色デニムにニットカーデを合わせたワントーンスタイル。大人顔の同系色コーデは、ロゴトップス&大ぶりアクセサリーでこなれ感と女っぽさもばっちりです。秋冬に白を着るなら甘すぎないカジュアルがおすすめ。

CanCam2021年12月号より 撮影/小嶋洋平 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/KIKKU モデル/トラウデン直美(本誌専属) 撮影協力/金崎吏穏 構成/権藤彩子

【7】ロゴスウェットでデートコーデにこなれ感を

05 甘くなりすぎずのチェック柄は程よい選手権一位

ロゴトップスやチェックコートなど全体的に重さがあるコーデのときは、インナーに白のカットソーを仕込むと抜け感が出て◎。1枚はおるだけでおしゃれに見えるチェック柄コートは、インナーのトーンを揃えたり黒スキニーですっきりまとめるのがおすすめです。バッグは赤でモノトーンに華やかさを添えて。

CanCam2021年12月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/井上知治、木谷成良、金 世娜、浜崎真衣 構成/鶴見知香

【8】ネイビーワントーンで鮮度高めな着こなしに

@おしゃれなカフェDateならカジュアルトップス×ツイードスカート

ネイビーのロゴスエットはきれいめコーデのカジュアルダウンに最適! フリル襟のブラウスを下に重ねて、上品なミニスカートを今っぽカジュアルに落とし込むのがおすすめです。ファーバッグやエクリュのブーツで加えるミーハー感もかわいい。

CanCam2021年12月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/生見愛瑠(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【9】きれい色スウェットでラフすぎない着こなしに

Katoshi Meets SAGE GREEN

リラクシーなスウェットは、ミニ丈の柄ボトムでミーハーに。気負いなく着られるシンプルなスウェットも、セージグリーンならおしゃれ感度が急上昇。フリルシャツのレイヤードとミニボトムで、とことんキャッチーに着こなすのがおすすめです。

CanCam2021年11月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/河嶋 希(io) モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜 構成/手塚明菜

【10】スウェット×チェック柄パンツのおうちコーデ

メンズっぽいスウェットとトップスのロゴの色をリンクさせたネイビーのギンガムパンツで、リラックス感たっぷりのおうちコーデに。甘さゼロの男の子っぽい配色でまとめるのも洒落見えにひと役。シンプルだけどラフでこなれた着こなしです。

CanCam2021年11月号より 撮影/須藤敬一 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜、金崎吏穏 構成/権藤彩子

スウェットフーディのレディースコーデ

【1】男の子っぽいフーディでスカートの甘さをオフ

きれいめ計画進行中♡ 生見愛瑠の秋テーマは辛口気分の大人シンプル『衣装できれい色を着ることが多いからか、昔から私服はベーシックカラーが定番。CanCamの専属モデルになってからはさらに引き算された、大人っぽいコーデが好きになりました!この秋もその気分は変わらず。ゆるシルエットや表情豊かな素材で魅せるような、シンプルだけど洗練されたアイテムが気になっています♡』

白のティアードスカートをパーカでリラクシーにシフトチェンジ。さりげないロゴが効いたスエットパーカを合わせるだけで、お姉さんなストリートコーデが完成します。足元は黒コンバースでおしゃれっぽく引き締めて。

CanCam2022年9月号より 撮影/花村克彦 スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini) モデル/生見愛瑠(本誌専属) 撮影協力/ 構成/佐藤彩花、石黒千晶

【2】オレンジインナーを効かせたスウェットコーデ

白のスウェットパーカにミニスカートを合わせた甘カジュアル。インナーにオレンジのトップスをレイヤードしたら、仕上げにアクセント小物をプラス。キャッチーなバッグでエッジを効かせてコーデをキリリと締めるのがポイントです。

CanCam2022年2月号より 撮影/大辻隆広(go relax E more) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/手塚明菜

【3】ベージュワントーンでスウェットを洒落顔に

3 ミックスツイードスカートをムードを変えて着回し!

濃淡グレーをつないだ上級者風のワントーンカジュアル。コンサバなイメージのあるツイードスカートをオーバーサイズのフーディでカジュアルダウンさせると、親しみやすさもアップします。スカートの女っぽさが強いので、サングラスやゴツめのブーツでメンズ要素を足すのがおすすめ。

CanCam2021年12月号より 撮影/渡辺謙太郎 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/菜波(本誌専属) 撮影協力/有田梨華 構成/岩附永子

【4】ワントーンでフーディやシャツジャケットをきれいめに

NOTコンサバな冬素材の白ボトムで上品さと洗練度を底上げ

シャツジャケットやパーカで、注目のキルティングフレアを品よく&女っぽくカジュアルダウン。冬のオールホワイトコーデは、異なる素材を組み合わせることで季節感やメリハリが楽しめます。パーカのレイヤードは防寒にもおすすめ。

CanCam2021年12月号より 撮影/小嶋洋平 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/KIKKU モデル/トラウデン直美(本誌専属) 撮影協力/金崎吏穏 構成/権藤彩子

【5】シックなモノトーンをスウェットで今っぽく!

01 ユニセックスアイテムと着るモノトーン配色は〝狙ってないモテ〟代表♡

体の華奢さが際立つダボッとしたパーカにティアードスカートを合わせれば、レディとカジュアルのいいとこどりが実現。寒い日は、オーバーサイズの白パーカにタートルを重ねておしゃれに防寒。足元はブーツっぽく使えるハイカットコンバースがおすすめです。

CanCam2021年12月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/井上知治、木谷成良、金 世娜、浜崎真衣 構成/鶴見知香

きれい色スウェットの着回しアイデア

【1】きれい色スウェットはオフィスコーデにも活躍

レディーススウェット着こなし

サテンスカートを取り入れるだけでラフなスウェットコーデも見違えるほどフェミニンに♡ トレンドカラーでもある水色のスウェットは、透け感のあるチュールトップスをINして女らしさを上乗せするのもおしゃれです。ツヤのあるサテンスカートが一枚あると、きれいめカジュアルにも重宝。

CanCam2021年2月号より 撮影/曽根将樹 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/手塚明菜、浜田麻衣

【2】スウェットを×細身デニムで辛口に着る!

レディーススウェット着こなし

水色のゆるスウェットに細身のブラックデニムを合わせた辛口コーデ。キルティングコートやブーツも黒でまとめれば、カジュアルだけど大人っぽい着こなしが完成します。斜め掛けバッグは白を合わせてダークカラーのコーデにシャープさをプラス。

CanCam2021年2月号より 撮影/曽根将樹 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/手塚明菜、浜田麻衣

【3】ファーバッグが映えるモードなスウェットコーデ

レディーススウェット着こなし

水色のスウェットをコーデの主役にするなら、黒のベロアパンツとブーツでちょっぴりモードに落とし込んで。白のロンTをレイヤードする簡単テクでこなれ感もちゃっかり演出。ふわもこのファーバッグをアクセントに足すとシックなパンツコーデがキャッチーに仕上がります。

CanCam2021年2月号より 撮影/曽根将樹 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/手塚明菜、浜田麻衣

【4】上半身のボリュームをタイトボトムですっきりと

レディーススウェット着こなし

冷え込む日はスウェット+ダウンコートでしっかり防寒♡ アウターにボリュームがある分、ボトムはシュッとして見える黒のニットスカートですっきり&キレよく仕上げて。靴はゴツめスニーカーでダウンとテンションを合わせればコーデのこなれ感も高まります。

CanCam2021年2月号より 撮影/曽根将樹 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/手塚明菜、浜田麻衣

ゆるっと感がかわいい「スウェット」の着こなし

カジュアルコーデに取り入れたいスウェットの着こなしをご紹介しました。シンプルなスウェットだからこそ、インナーを重ねてチラ見せさせたり、エコレザーパンツなどのトレンドボトムを合わせたりと、着回しの幅が広がります。体が泳ぐゆったりとしたシルエットは華奢見え効果もあるので、デートスタイルにも活躍させてくださいね!