人気の「シャツ」はバリエも着こなしも進化中!おすすめシャツコーデ25選【2021レディース】

白やチェックの定番シャツのトレンドコーデ

定番のシャツコーデを今っぽくアップデートするなら? 通勤にも休日にも、シーンを選ばず着回せる白シャツのコーデをはじめ、こなれ感のあるシャツジャケットやロングシャツの合わせ方をご紹介します。チェックしておきたいトレンドのシャツコーデが盛りだくさん!お見逃しなく♪

「シャツ」は着回しバリエーションが魅力!

05シャツonニットレイヤード×きれいめパンツ

ボタンを留めてきちんと、アウターのように羽織ってラフに…一枚でさまざまな着回しアレンジができるシャツですが、今季はシアー素材のシャツやオーバーサイズ、そしてロング丈のシャツにニットベストを重ねるのがトレンド! 堅さよりカジュアル感のあるアイテムや着こなしがおすすめです。シャツ襟があることで、大人っぽいオフィスコーデにも着回せます。

着丈によってシャツコーデの印象はどう変わる?

Pink×Beige『Pink×Beige Variation』

一枚でさらっと着てもおしゃれ感が出せる腰骨丈のシャツは、ボトムインやジャケットと合わせたり、印象チェンジも自在。今季はカラーやシアーなど素材選びで脱マンネリを意識するのがポイントです。

抜け感シャツと好相性!ツヤっぽロングスカート『Pistachio  Green』

きちんと着ることもできる腰骨丈のシャツに対して、今季はヒップがすっぽり隠れたりふくらはぎまであるロング丈も人気。こなれ感を演出するなら断然ロング丈のシャツがおすすめです。長めのスカートやパンツに合わせてパンプスやサンダルでフェミニンさをプラスすれば、今っぽい抜け感のあるトレンドコーデが楽しめます。

おさえておきたいシャツコーデのトレンドポイント

 

  1. ロング丈のシャツ×ニットのレイヤードが旬!
  2. 透け感が魅力のシアーシャツも引き続きトレンド
  3. 春夏はデニムシャツも爽やかでおすすめ!

オフィスも休日もシンプルな「白シャツ」が万能!

【1】白シャツ×グレーニット×ライラックパンツ

05シャツonニットレイヤード×きれいめパンツ

ジェラートカラーのパンツを爽やかな白シャツで春らしく。端正な白シャツにロング丈のゆるニットベストをONすることで、コーデ全体のトレンド感がUPします♡ 上半身がマニッシュな分、パンツはライラック&とろみ素材の優しい1枚を。さらにポインテッドトウパンプスで女らしく振るのが好バランス。

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/まい(本誌専属) 構成/石黒千晶

【2】白シャツ×黒ニット×ミントパンツ

05シャツonニットレイヤード×きれいめパンツ

甘め気分に寄りそうペプラムシャツは、上品にスタイルアップができる有能アイテム。フェミニンな形が引き立つように、バイプレイヤー的なシンプル短丈ベストをレイヤード。×ミントパンツで爽やかに振ると、好感度高めなきれいめコーデに仕上がります。

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/松村沙友里(本誌専属) 構成/石黒千晶

【3】白シャツ×白ニット×白パンツ

画面越しでも伝わる”白”の清潔感は、白シャツ×ニットベストがPOINT! シャツレイヤードでちょっぴり知的に演出すると、初対面やお仕事スタイルにちょうどいいムードが作れます。パンツも白を合わせて、春らしいオールホワイトのコーデにレイヤードの力で奥行き感をプラス!

CanCam2021年5月号より 撮影/今城 純 スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/KIKKU モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/権藤彩子

【4】白シャツ×ネイビーニットセットアップ×ブラウンロングブーツ

Parisガーリーなかとしのミニ×ブーツはこう着る!

品のいいきちんと感もかわいさもGETできる、ネイビーのセットアップ×白シャツコーデ。グッドガールなニットのセットアップに白シャツをINすれば、春のお嬢さん風コーデの出来上がり♡ 靴はブラウンの乗馬ブーツでクラシカルにまとめるとミニボトムとのバランスも◎です。

CanCam2021年4月号より 撮影/東 京祐 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/加藤史帆(本誌専属) 構成/手塚明菜

【5】白ロングシャツ×ミントスカート×イエローバッグ

抜け感シャツと好相性!ツヤっぽロングスカート『Pistachio  Green』

ルーズなBIGシャツとナロースカートでこなれ感たっぷりのバランスに。トレンドのジェラートカラーの本命はピスタチオグリーン! 爽やかな白×今っぽグリーンで大人っぽいきれいめ配色を意識しつつ、メンズライクなBIGシャツとIラインスカートとのギャップで脱コンサバに仕上げましょ。

CanCam2021年4月号より 撮影/菊地 史(impress+) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【6】白シャツ×白ニット×白パンツ×ベージュパンプス

好感度シンプル トラちゃん『ベスト&シャツのレイヤードトップスでコーデを盛り上げ!』

腰回りがひらっとしているロング丈トップスはお腹周りのモタつきを隠すのにも重宝。同系カラーの白ベストを重ねて旬のレイヤードスタイルに仕上げると、脚長効果も期待できます♡ ボトムはやわらかなベージュパンツでトレンドのワントーンコーデに。バッグや靴もベージュでまとめて旬のオーラをGETして。

CanCam2021年3月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 撮影協力/木谷成良、楫 真梨子 構成/鶴見知香

【7】白シャツ×カーキニット×黒センタープレスパンツ

冬コーデは白レイヤードで抜け感を出す!

暗めのツートーンコーデを物足りなく感じたら、白のロングシャツに短い丈のニットをレイヤードして。白シャツには程よい緊張感があるので、即引き締まった印象に。身幅と袖幅がゆったりしたリラクシーなニットは、白シャツとセミフレアのセンタープレスパンツでキリッとクールに引き締めるのが正解です。

CanCam2021年2月号より 撮影/土山大輔 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/木谷成良、楫真梨子 構成/鶴見知香

【8】白シャツ×ベージュパンツ×ベージュバケットハット

あみ的IF…♥なデート服『BIGトップス×ショーパンのコンビでサイクリングしたい♥』

スキッパーシャツ合わせなら、ベージュのショーパンコーデも子供っぽくならずGOOD。旬なストロー素材のバケハで鮮度をアップさせたり、ブラウン系のレザー小物で統一すれば、大人っぽいリラクシームードが高まります。

CanCam2020年9月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/小室安未(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/田中絵理子

【9】白シャツ×ラベンダープリーツスカート×白メッシュシューズ

エモフェミニンをつくる、10Keywords『Keywords7 淡くてキレイな色が豊作!あいまいパステル』

㊨淡〜いミントのプリーツスカートは、ニットやブラウスをINして着るとややコンサバすぎるので、今季はシアーな白シャツと合わせてゆるっとラフに。 白やイエロー小物をプラスして春らしい配色を楽しんで。

CanCam2020年4月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/菜波(本誌専属) 構成/手塚明菜

【10】白シャツジャケット×白スカート×ゴールドパンプス

質感や色でニュアンスたっぷり仕上げに♡ 色っぽエシカル・楓Style『楓style4定番ワントーンはベージュを経てオール白 楓が愛してやまないなじませ配色。春は、ナチュラルな白を主役にして爽やかさ増し増しに♡ 甘くならないようキレのあるアイテムを選ぶのがコツ!』

白のCPOシャツにシンプルスカートを合わせた1+1コーデ。簡単な着こなしも白で統一すると鮮度がぐっと高まります♡ シャツはアウトして、”ゆるずる”っとしたバランスをメイク。仕上げはグレージュのファーBAGでやわらかな女らしさも効かせてみて。

CanCam2020年3月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/楓(本誌専属) 構成/佐藤彩花、石黒千晶

幼くならないチェックシャツの着こなし方

【1】チェック柄シャツ×黒スカート×ベージュスニーカー

No/03グレータートル『ベーシックアイテムながら、さりげない洒落感をプラスしてくれるグレーのタートル。今年なら、トレンドのくすみカラーのシャツと合わせてちょっぴり大人顔に転ばせるのがおすすめ!』

チェックシャツからのぞくグレータートルと黒スカートが作るシックな抜け感で大人カジュアルに。ショート丈のトップス×ロングスカートは脚長効果もバツグン。足元はベージュのコンバースで軽さ&抜け感を演出して。

CanCam2020年1月号より 撮影/小川健太郎 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini.) モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/浜田麻衣

【2】チェック柄シャツ×黒ニット×デニムパンツ×白ブーツ

かわいいカジュアル・菜波はこの3アイテムで恋愛運UP

チェック柄のシャツジャケットをカジュアルに着るならデニムの出番! 子供っぽくならないよう他は黒で引き締めつつ、足元は白ブーツで女っぽさも意識。チェック柄が映えるコーデは、抜け感と締め色のバランスが絶妙です。

CanCam2021年2月号より 撮影/曽根将樹 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/菜波(本誌専属) 構成/手塚明菜、浜田麻衣

【3】チェック柄シャツ×ブラウンジャケットセットアップ

引き続き人気のコーデュロイは、ジャケット×スカートのセットアップで取り入れてトレンド感UP。やわらかな女性らしさと洒落感を両立するキャメルブラウンなら着回し力もバツグンです。チェックシャツやロングブーツを合わせて、ブリティッシュガールな雰囲気に着こなして♡

CanCam2021年1月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/田中絵理子

【4】チェック柄シャツ×グリーンワンピース×黒インナー

くしゅっとorリブニットの恋ワンピを着倒したい!『くしゅワンピを4パターンに着回し』

コーデのポイントは暖かさとおしゃれさを両立したタートルのレイヤード。ワンピース×シャツジャケットのインナーにコンパクトなタートルニットを合わせるだけで、ひと手間かかった印象に仕上がります。

CanCam2020年12月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI モデル/石川恋(本誌専属) 構成/石黒千晶

【5】チェック柄シャツ×白ニットワンピース×ブラウンブーツ

今年のニットワンピは盛り小物でNOTコンサバ

体を包み込むようなオーバーサイズのジャケットは、タイトなリブニットワンピと合わせてメリハリのある旬コーデに。メンズライクなシャケット(シャツジャケット)と女っぽい白ワンピースのギャップがセンシュアルな魅力を後押しします。トレンドのターバンと差し色のイエローバッグで華やかさも◎。

CanCam2020年11月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/松村沙友理(本誌専属) 構成/佐藤彩花

旬のカラーや質感でシャツコーデをアップデート!

【1】ブルーシャツ×グレーインナー×花柄スカート

No/03グレータートル『ベーシックアイテムながら、さりげない洒落感をプラスしてくれるグレーのタートル。今年なら、トレンドのくすみカラーのシャツと合わせてちょっぴり大人顔に転ばせるのがおすすめ!』

グレーのタートルニット×花柄スカートの王道レディコーデは、トレンドのコーデュロイシャツで着くずすのが今の気分。中の着こなしが上品な分、BIGサイズのシャツを抜き襟にしてゆるっとはおれば、こなれ感のあるシルエットが完成します。仕上げはころんとしたファーバッグでかわいらしさも♡

CanCam2020年1月号より 撮影/小川健太郎 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/松村沙友理(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/浜田麻衣

【2】ベージュシャツ×白インナー×花柄スカート

No/02白タートル『上品かつフェミニンな印象の白タートルは、上質なカシミア素材でクラス感もアップ。レイヤードで中に仕込むことで、顔周りがパッと華やぎ、女性らしいやわらかさを与えてくれます。』

目を引く花柄スカートも、白やベージュのマイルドな色使いでまとまりよく。ニットとスカートのワン・ツーだとやや古くさく見えるコーデも、ラフなシャツをゆるっと重ねることで肩の力が抜けた今っぽい印象に。白のタートルニットとベージュのシャツなら配色もフェミニンにまとまります。ブーツは黒で引き締めると洗練度がUP!

CanCam2020年1月号より 撮影/小川健太郎 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/松村沙友理(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/浜田麻衣

【3】ピンクシャツ×白パンツ×ベージュパンプス

Pink×Beige『Pink×Beige Variation』

ピンクや白のスイートな配色はつなぎのベージュ小物でなじませるのが正解! 靴のベージュでコーデをつなげば、コントラストが中和されまろやかな優しげグラデに。クリーンな白のニットパンツは落ち感があるのでスタイルアップも叶います。

CanCam2021年4月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/手塚明菜

【4】ブラウンシアーシャツ×デニムパンツ×オレンジバッグ

好感度シンプル トラちゃん『透けシャツで春っぽさと抜け感を両方GET!』

こっくり色のシアーブラウスは、淡色デニムと合わせてヘルシーな女らしさを極めて。胸元がVカットに開いたキャミソールをインナーに選んで、デコルテに視線を集める透け加減も計算済みです。コーデ全体がトーンアップするオレンジのクラッチもブラウンやデニムとの相性ばっちり♪

CanCam2021年3月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 撮影協力/木谷成良、楫 真梨子 構成/鶴見知香

【5】黒シアーシャツ×黒キャミソール×黒パンツ×黒ローファー

ゆるっと着るブラックコーデでマニッシュな女っぽさを期待するなら、透け感のある黒シャツがおすすめ。トレンドのフィッシャー加工入りのシアートップスなら、オールブラックでも立体感が生まれます。靴はローファー風のミュールで、きちんと感もありつつ〝頑張りすぎて見えない〟ように抜け感を。

CanCam2020年10月号より 撮影/峠 雄三 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/小松胡桃(ROI) モデル/小室安未(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/田中絵理子

【6】ブルーシャツ×ブルーワンピース×ベージュパンプス

秋も引き続き着たいブルーワントーンはレイヤードで楽しむ

スモーキーな色味で、淡いブルーを大人っぽく秋仕様にアップデート。ワンピースにシアーシャツをふわっと羽織って、アクセもシルバーからゴールドにシフトすると季節感が上乗せできます。素材違いの淡いブルーを重ねてワントーンに奥行きを。

CanCam2020年10月号より 撮影/北浦敦子 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/白水真佑子モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/田中絵理子

【7】ピンクシャツ×白Tシャツ×ピンクパンツ

彼女感のある(ワンピ)なら…ニュアンスカラーの配色コーデで優しげな印象に

くすみピンクのパンツ×ベージュTで今っぽい配色に。ベリーカラーのシャツや薄ピンクのパンプスなど、ニュアンシーなワントーンでまとめると大人なピンクが楽しめます。かわいい印象が強かったピンクだけど、トレンドのくすみカラーを選べばヘルシーでほんのり色っぽさも漂います♡

CanCam2020年9月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/手塚明菜

【8】イエローシャツ×ブラウントップス×ピンクパンツ

トレンドのカラーパンツは、シャツ合わせでこなれたラフ感を演出 ノースリwithシャツ×カラーパンツ『トレンドに敏感な人から取り入れ始めているカラーパンツには、シンプルなノースリを合わせて、ハンサムなカジュアルコーデを楽しんで♪ 夕方から涼しくなる日や、室内がクーラーで寒いときは、何かと使えるはおりシャツをおしゃれのアクセントとして活用! 』

色気を感じさせるハイネックのノースリで、ピンクのカラーパンツも大人顔に♪ モカベージュのトップスにイエローのシャツを斜めに巻いて、コーデのメリハリや夏っぽさをプラス。小物はブラウンでやわらかく引き締めるのがポイントです♡

CanCam2020年7月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【9】グリーンシャツ×花柄ワンピース×黒サンダル

楓が履きたい春靴はこの6つ!『ヴィンテージ風つっかけはゆるっとワンピやロングスカート…旬アイテムと相性よすぎ』

花柄のレトロワンピにグリーンのシャツを巻いて爽やかなアクセントを♡ 懐かしくて新しいビジュアルのつっかけが、今どき服をよりしゃれたムードに導いてくれる。切りっぱなしのようなフリンジと、ちらりとのぞくウッドのブロックヒールで黒でも軽やかに着こなして。

CanCam2020年5月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/楓(本誌専属) 構成/岩附永子

【10】ブルーシャツ×白インナー×ブラウンパンツ

質感や色でニュアンスたっぷり仕上げに♡ 色っぽエシカル・楓Style『楓style1引き続き人気のリブパンツは春素材にチェンジ 楽ちんさと洒落感を両立させたリブパンツは一年を通して楓のスタメン服。春は、レギンス感覚の薄手ニットorカットソー素材で軽やかに仕上げて♪』

オーバーシャツにリブパンツを合わせて洒落感たっぷり。楽ちんさと今っぽさを兼ね備えた人気のリブパンツは春素材にチェンジして、軽やかに着こなすのがおすすめです。ダークブラウンのリブパンツならリッチ見えも◎。シャツのインナーにはレースキャミを仕込んで女っぽさもチラリ♡ 小物はツバ広のハットとパイソン柄ミュールでおしゃれ上級者っぽい味付けを。

CanCam2020年3月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/楓(本誌専属) 構成/佐藤彩花、石黒千晶

無限に広がる「シャツ」のバリエや着こなしテク

前を開けてトップスとして着たり、アウターのようにラフに羽織ったりと、さまざまな着回しアレンジが楽しめるシャツのおすすめコーデを紹介しました。色モノや透け感のある素材、ゆるっとしたオーバーサイズにロング丈など、バリエーションも日々進化! 今季はロングシャツにニットをレイヤードする旬の着こなしにもトライしてみて♡