今っぽいモテ服♡【白ワンピースの春コーデ16選】|20代女性におすすめのデザインは?【2022】

20代女性におすすめの白ワンピースのデザインは?

白ワンピース

フェミニンでかわいい♡春に着たくなる「白ワンピース」のコーディネートを厳選! 春らしいシフォンワンピースや、トレンドのボヘミアンテイストの白ワンピなど、清楚なだけじゃないトレンドコーデを集めました♡

男性人気が高い白ワンピースはデートにも♡

白ワンピース

男性にアンケートを行った「彼女に着てほしい服ランキング」では、「ワンピース」が堂々の第一位に。ワンピースはどんなデザインでも女のコらしさがあって、1枚でオシャレに着こなせるアイテム。デートのとき、迷ったらワンピース…というのは、令和の時代でも変わらないよう。

「白いワンピースは清楚な感じがして好き」(23歳・建築関連)
「清楚っぽくてかわいい」(25歳・広告関連)

中でも白ワンピースは清楚な印象で好感度バツグン♡ より具体的に調査した人気デザインはこちら!

■Aラインワンピース

白ワンピース

「清楚な感じがしてデートに着てほしい!」
「かわいい!パッと見た目も華やかでいい」
「センスがいいし、彼女にしたい!」

Aラインに広がるワンピースも男性人気抜群! 体のシルエットをあまり拾わないアイテムだから取り入れやすく、着瘦せ効果もあるので女子人気も高いですよね。フリルやレースが多すぎない、上品でさりげないデザインをチョイスして。

■フィット感のあるワンピース

白ワンピース

「体のラインが一番わかりやすくてドキッとします!」

リブニットのワンピースなど、タイトでボディラインが美しく見えるデザインも人気♡×スニーカーなどカジュアルなアイテムを合わせるとこなれ感が出ておすすめです。

■フレアワンピース

白ワンピース

「程良くフォーマルだから、どんな場所にも一緒に行ける」
「お嬢様なイメージがして上品♪」

スカートからふわりと広がるフレアワンピースは、「上品でかわいい」「大人っぽい」など、男性からも好印象でした!

今季の白ワンピースコーデのポイント

白ワンピース

  1. 今年っぽさを出すならボヘミアンテイストの白ワンピに注目!
  2. きちんと感のある白のシャツワンピースはオフィスコーデにも◎
  3. ほっこり感のある白ワンピはダークトーンの小物で引き締めて
  4. 清楚で男子人気の高い白ワンピースはデートコーデにもピッタリ♡

好感度高め♡春の白ワンピースコーデ

【1】お洒落で今っぽいシルエットならトレンチワンピ

トレンチワンピを着回し!

ハリのある素材とタック入りのボリュームスリーブなど、1枚で構築的な美シルエットを描くトレンチワンピ。シアーなレースアップブーツをスパイス役として投入すると洒落ムードが高まります。

CanCam2022年5月号より 撮影/須江隆治(See) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/只友謙也(LINX) モデル/生見愛瑠(本誌専属) 構成/岩附永子

【2】白ワンピ×イエローの差し色サンダルでこなれ見え♡

総レースのワンピは大人かわいく着られるロング丈がおすすめ。ナチュラルムードのレースワンピもライム小物の差し色で鮮度UP! 大人っぽいライムカラーのサンダルを足すだけで甘さの強いワンピースにモードな要素がプラスできます。

CanCam2022年5月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メイク/小松胡桃(ROI) モデル/佐々木莉佳子(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/石村真由子

【3】ミニ丈ワンピ×ブーツの鮮度高めな春コーデ

フェミニンなAラインワンピは、アイボリーで春らしく軽やかに。肩のボリューム感とセンターのボタンがレトロ見えするミニワンピで旬のかわいさがアピールできます。足元はnotパンプスで春ブーツと合わせればおしゃれ鮮度がさらにアップ。

CanCam2022年5月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メイク/小松胡桃(ROI) モデル/小室安未(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/石村真由子

【4】ほっこり系のロングワンピは黒小物で引き締めて

サラリと1枚で絵になるボリュームワンピで一点突破!『〝盛り〟を効かせた洗練デザインで、無難なワンピコーデから脱却! ワンピの色は抑え気味にして、そのシルエットを楽しんで。』

裾にレースを施したフェミニンなディテールワンピも、ツヤのある素材と立体感のあるフォルムで大人っぽい表情に。前を開ければはおりものとしても着られる白ワンピは、黒小物を合わせてキリっと着こなすのがおすすめです。

CanCam2022年5月号より 撮影/花村克彦 スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/生見愛瑠(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【5】ビッグカラーが今どき!白のミニ丈ワンピコーデ

KEYWORD 03 大人でもOKなデザイン性がウリ♡変形ミニワンピ

ほっこりしがちなホワイトワンピは、ミニ丈&お目立ち襟で切れ味よく。Aラインシルエットのミニワンピは清楚なのにこなれ見えも叶うから、海外セレブの休日みたいに着こなせます。小物はブルーグレーのバケツバッグで白ワンピにメリハリ&ラフさを足して。

CanCam2022年4月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞  ヘア&メイク/MAKI モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜 構成/石村真由子

【6】きちんとシャツワンピは×ビスチェでこなれさせて

KEYWORD 02 さらっと着られるのに手抜き感ゼロ レイヤード風ワンピ

きちんとした印象のシャツワンピもビスチェの存在感でロマにシフト。今年のトレンドでもあるストライプ柄を、大胆フレアとビスチェでフェミニンに取り入れたら春ブーツを合わせておしゃれ度UP。イエロー小物で差し色を入れるとコーデに遊びゴコロとメリハリが加わります。

CanCam2022年4月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜 構成/石村真由子

【7】ボヘミアンテイストの白ワンピースでトレンド顔に

4 ちょいボヘワンピ×まろやかバッグ『ニュアンシーな〝まろやかシルエット〟で優しく♡』

ボヘデザインの白ワンピはシンプル小物ですっきりと合わせるのが大人ポイント。ミニマルな黒レザーバッグとオープントウのブーツでスタイリッシュな雰囲気に着こなすと、甘さだけじゃないシャープな印象もGETできます。

CanCam2022年4月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/神戸春美 モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【8】フェミニンな白ワンピを黒小物でモードに

09Aラインミニワンピ×春ブーツ

大きなフリル襟が視線を集める白ワンピは、黒小物の辛さでコーデを引き締めるのが洒落見えのコツ。ほんのり肌が透けるメッシュブーツなら、重い印象になりすぎず春らしい白ワンピともなじみます。

CanCam2021年5月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/ 構成/鶴見知香

【9】ガーリーなワンピにはベージュ小物をなじませて

09Aラインミニワンピ×春ブーツ

かわいさを直球で狙うなら、清楚な印象が一瞬で手に入る白ワンピースがおすすめ。ロマンティックなワンピースをベージュ小物でまろやかに仕上げるとフェミニンムードが即UP。ブーツは濃いめのベージュを合わせるとメリハリも完璧です。ミニ丈と相性のいいショートブーツで肌見せバランスを調節するのもポイント。

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/小室安未(本誌専属) 構成/鶴見知香

白ワンピースに合うアウターや重ね着アイデア

【1】白のキャミワンピ×ジャケットで大人っぽく!

程よくモードな華奢ワンピに、カーキ色のノースリトップスをレイヤード。肌見せがオフできるうえにワンピに奥行きが生まれてデイリー感もUPします。羽織りはくすみグリーンのジャケットで大人っぽく。

CanCam2022年5月号より 撮影/古水 良 スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メイク/福寿瑠美(PEACE MONKEY) モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜、田中かほ里、木谷成良、浜崎真衣 構成/鶴見知香

【2】トレンドのジレを合わせるロング×ロングコーデ

目立ちたいっていうよりも印象に残りたい『目を引くおしゃれがしたいけれど、奇抜な格好をしたいわけじゃない。  そう、目指したいのは〝センスがいい人〟。さりげなく特別感のある服で、非凡なオーラを放ちたい!』

ハンサムなロングジレでキリリと引き締めて、レディな白ワンピをワンランク大人な着こなしに。トレンチコートをはおるより新鮮なので今季はトレンチ風ジレが人気です。小物はブラウンでリッチにきめて。

CanCam2022年5月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/生見愛瑠(本誌専属) 構成/山木晴菜

【3】白のシャツワンピはオフィスコーデにも活躍

No.3 シャツワンピ×スクエアバッグ

着映え度バッチリな白ワンピは、トレンチや小物をグレーやベージュのやわらかカラーでまとめて、老若男女に好かれるモテコーデに。ホワイトやベージュだけでまとめずオレンジを差し色にすることでコーデ全体が明るくなり洗練された印象に仕上がります。型押しバッグを合わせるとホワイトワンピのキレ味も◎。

CanCam2022年4月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/田中絵理子

【4】白ワンピを×カーキアウターで大人カジュアルに

KEYWORD 02 さらっと着られるのに手抜き感ゼロ レイヤード風ワンピ

クロップド丈のブラウスとワンピースのセットならオール白でも着膨れ知らず。マーメイドラインがキレイなキャミワンピ×短丈ブラウスでさらに脚長も叶います。カーキのジャケットやあえてのグルカサンダルで、今っぽいカジュアル感をプラスするとコーデのこなれ感が上がります。

CanCam2022年4月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/菜波(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜 構成/石村真由子

【5】白のワンピにネイビーニットを重ねる爽やか配色

GREEN

フリル襟のコットンワンピは、ネイビーカーデをレイヤードして配色もシルエットも上品に。トレンドのビッグトートにグリーンを効かせて、コーデ全体にメリハリをつけるのもおすすめです。シンプルなコーデの日も、グリーンバッグひとつで途端にキャッチーに仕上がります。

CanCam2022年4月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/後藤若菜 モデル/菜波(本誌専属) 構成/岩附永子

【6】オールホワイトで大人キレイなワンピースコーデ

KEYWORD5 幸福感漂うクロシェワンピ『ざっくりニットに包まれたときの幸福感は、春になっても味わいたい。 透け感のあるクロシェニットなら、清涼感もありつつ、 ニット特有の優しい風合いが楽しめる♡ ちょっぴりレトロな編み目も、ヴィンテージムード たっぷりで、なんだか優しげ。』

甘さのある白ワンピースをオトナきれいに着こなしたいなら、アウター代わりのカーデを羽織って全身をワントーンでまとめるのが正解。カーディガンや靴を白やエクリュ、ベージュのトーンで統一すると、よりたおやかな雰囲気に仕上がります。

CanCam2022年4月号より 撮影/柴田フミコ スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メイク/福岡玲衣(TRON) モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/浜崎真衣 構成/鶴見知香

【7】フェミニンなワンピをネイビージャケットで上品に♡

KEYWORD1 いつまでも大好き!コットンレースワンピ『ちょっぴりノスタルジックなコットンレースのワンピは、 袖を通すだけでなんとも優しい気持ちに。 動くたびに揺れる裾も楽しげで、周りの人に 明るい気分をお裾分けできちゃう♡』

ボリューミーなティアードワンピは、かっちりとしたジャケットやブーツを合わせてタウン仕様に。ネイビーやブラウンを合わせることで柔らかな白が引き締まり大人っぽくシフトします。

CanCam2022年4月号より 撮影/柴田フミコ スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メイク/福岡玲衣(TRON) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 撮影協力/浜崎真衣 構成/鶴見知香

デートも女子会もおすすめな「白ワンピース」

一枚でフェミニンコーデが完成する白ワンピースの着こなしをご紹介しました。この春は、ふんわりシルエットのティアードや、ボヘミアンテイストの白ワンピなど、レトロ感のある甘さがトレンド♡ 清楚な印象で男性人気も高いのでデートコーデにもピッタリです♡