2019・夏に着たい!黒トップスのおすすめコーデ9選|キャミ・タンク・ブラウスの着こなし

夏はどう着る?黒トップスのおすすめコーデ集

ちょっぴりクラシカルな黒トップスの着こなしをピックアップ。柄のボトムスやひとくせスカートなど、トレンドのボトムを合わせた、おすすめの夏コーデを紹介します。

黒トップスを合わせる夏コーデ


【1】黒タンクトップ×ベージュワイドパンツ

きちんと感も程よく欲しいなら、ヘルシーな肌見せができるノースリ×パンツコーデがオススメ。ほんのりマリンなストライプ柄に黒トップスを効かせて、都会派アラビーコーデを楽しんで。さらりとしたリネン混のパンツは、見た目以上に涼しいのもうれしいポイント♡ ハンサムな印象のストライプ柄だけど、細ピッチ×淡いベージュトーンなら女の子らしさもしっかりKeepしてくれます。

CanCam2019年8月号より 撮影/土山大輔(TRON) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/NAYA モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/手塚明菜

【2】黒キャミソール×花柄マキシスカート

旬柄スカートでこなれたムードに仕上げる

花柄よりもしゃれた雰囲気に仕上がる、グリーン多めなボタニカル柄のマキシスカート。思い切り長い柄スカートに合わせる華奢キャミは、潔く肌見せしてギャップを狙うと好バランス。スカートの柄から1色拾うのがルールです。

CanCam2019年8月号より 撮影/熊木 優(io) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/木村 晶

【3】黒シャツ×水着×白デニムショートパンツ

今どきの水際スタイルは、水着の上にゆるシャツやクロシェキャミをラフに合わせるのがおすすめ。黒シャツから赤い水着をちらっと見せて、大人っぽいレイヤードを。リゾートだからって気張らないほうがこなれて見えるんです! 

CanCam2019年8月号より 撮影/熊木 優(io) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/木村 晶

【4】黒ブラウス×デニムパンツ

デニムをフェミニンに着こなす、ちゃめっ気たっぷりなパリジェンヌがコーデのお手本♡ パリのit girl、ジャンヌ・ダマスが手がけるブランド〝Rouje(ルージュ)〟でつくるデニムコーデは、レトロな雰囲気がなんともかわいく初夏の土曜日にぴったりです。上品なインディゴブルー&膝下から広がった程フレアなデニムは、美脚効果も絶大! シックな黒ベースの柄ブラウス(実はチェリー柄♡)と合わせて、大人かわいく着こなして♪  

CanCam2019年7月号より 撮影/東 京祐 ヘア&メーク/林 由香里(ROI) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/手塚明菜

【5】黒キャミソール×レース×ベージュスカート

SWEET BLACK  さりげない肌見せデザインに、クラシカルな柄、上品シルエットに、エレガントな透け素材… 女性らしさを感じさせる〝甘い黒〟で、大人っぽさとかわいさが同居した「レディな私」を表現したい♡

繊細なレースとニットキャミをドッキングさせた、一枚でサマになるこなれ顔トップス。デコルテに施されたレースは、上品な光沢やしなやかな素材感で繊細な女らしさを演出します。遠目でも近くで見ても美しいニットは、スペシャルな日にもぴったり♡ ベージュの長めスカートを合わせて、今っぽく着こなして。袖のレースは、肩周りを華奢に見せてくれるスカラップ仕様に。トレンドの大ぶりアクセやPVCバッグを白で統一すれば、黒が主役のスタイルも春らしくきまります。

CanCam2019年6月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/YUMBOU(ilumini) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/新城真紀

【6】黒ニット×チェック柄フレアスカート

SWEET BLACK  さりげない肌見せデザインに、クラシカルな柄、上品シルエットに、エレガントな透け素材…女性らしさを感じさせる〝甘い黒〟で、大人っぽさとかわいさが同居した「レディな私」を表現したい♡

ひざ下まで広がるフレアシルエットが、上品で女らしいバイアススカート。モノトーンのギンガムチェックが、クラシカルなムードを醸します。素材はやわらかなサマーコーデュロイ。パイル織りで通気性がよく、ドライな肌触りがポイントです♡ トップスはコンパクトなノースリニットをすっきりIN! 仕上げに赤いバッグをプラスすれば、女度もよりUPします。

CanCam2019年6月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/YUMBOU(ilumini) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/新城真紀

【7】黒ブラウス×イエローロングスカート

服がプリプラのときはバッグに〝イイもの〟がMyルール 「シンプルかわいいプリプラ服が大好き♡ だけど、小物の中でも存在感の大きいバッグは、年齢に合ったちゃんとしたものを持って、高見えさせます!」

黒のノースリニットに花柄スカートを合わせた、ちょっぴりクラシカルな大人スタイル。スクエアフォルムのバッグを合わせて、リラクシーな着こなしにクラス感をプラスして♡ ビビッドな花柄スカートには、ベーシック色のアイテムを合わせてプリントを引き立てるのが正解です。

CanCam2019年6月号より 撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/まい(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【8】黒タンクトップ×ブラウンマキシスカート

この春、楓のおしゃれどう変わった?

甘ティアードのロングスカートも、大人ブラウンを選ぶだけでビターな着こなしが叶います♪ シンプルな黒タンクと黒サンダルでサンドして、ヘルシーで都会的なリラクシースタイルに♡

CanCam2019年6月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/楓(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【9】黒キャミソール×白シャツ×カーキスカート

この春、楓のおしゃれどう変わった?

トレンドのサテンスカートをキャミ合わせでシンプルにコーディネート。カーデ代わりの白シャツで、今年っぽいリラックス感を演出するのもポイントです。はおりとしても活用できるシャツがワードローブに加わると、着こなしの幅も広がります♡ ベーシックなフロントと裏腹に、バックスタイルにドローストリングを施した進化系シャツは、背抜きスタイリングが映えるバックシャン。落ち感のある微光沢スカートにこなれ感もONできます! 

CanCam2019年6月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/楓(本誌専属) 構成/佐藤彩花