スカートコーデ冬のおすすめ17選|ミニ・ロングタイト・チェックスカートなど

冬のおすすめスカートコーデを大特集

最旬のスカートコーデを特集! 冬コーデに欠かせないロングスカートや、タイト・ミニスカートで作る上品で可愛らしい着こなしを紹介します♪ トレンドのチェックスカートに合わせるコーデテクもお見逃しなく。

【目次】
タイトスカートを合わせる冬コーデ
ミニスカートを合わせる冬コーデ
ロングスカートを合わせる冬コーデ

タイトスカートを合わせる冬コーデ


【1】黒タイトスカート×ピンクニット×黒ブルゾン

着映えする絶妙カラーにキュン♥OSKARのピンクニットを着回し!『さりげなくミックスカラーになったピンクニットは、ロマンティックなかわいさ♡ 合わせるボトムを選ばないジャストな丈感も心強い!』

まろやかなピンク色のケーブルニットをブラックで引き締め。キレが加わり、憧れ感のあるきれいなお姉さんスタイルが完成します。ヒールブーツとチェーンバッグでシャープな味付けを。

CanCam2019年12月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/石黒千晶

【2】白ニットタイトスカート×黒ニット×ベージュボアジャケット

この日のために生きている♡〝推し〟のライブの日 ツアーT着用前提のモノトーンコーデではしゃぐ!『ちゃんとおしゃれに見えて、ライブ中はツアーTやメンバーカラーのグッズを引き立ててくれる…モノトーンコーデ、最強説! 推し好みのテイストにアレンジして着こなしたい♡ 』

Tシャツ合わせでも女性らしさをキープしてくれる、スリット入りのニットタイト。スタイルアップ効果もあるケーブル模様で鮮度も高く♡ トレンドのボアコートをプラスして、今年っぽいボリューム感もONしましょ。

CanCam2020年1月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/石黒千晶

【3】水色ニットタイトスカート×水色ニット

05 一緒に着てもバラで着てもかわいい! セットアップで着回し放題♪『今季、いろんなブランドでバリエ豊かにそろうセットアップ。ワンピ見えしつつ、バラでも活躍する シンプルデザインを選ぶと様々な印象で着こなせて、1セット持っておくとワードローブが潤う〜♡』

トップスはケーブル編み、スカートはスムースニットなので、単色コーデでもおしゃれの手抜き感は皆無! セットアップのきちんと見えに頼って、小物はパイソン柄くらいとばしても問題ナシ! ブーツはブラウンでまろやかに引き締めて。

CanCam2019年12月号より 撮影/花村克彦 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/菜波(本誌専属) 構成/佐藤彩花

ミニスカートを合わせる冬コーデ


【1】白ミニスカート×グレーニット×白シャツジャケット

No/03グレータートル『ベーシックアイテムながら、さりげない洒落感をプラスしてくれるグレーのタートル。今年なら、トレンドのくすみカラーのシャツと合わせてちょっぴり大人顔に転ばせるのがおすすめ!』

オーバーサイズのCPOジャケット×ミニスカートの女のコシルエットに、トレンドのタートルを仕込んで品よくかわいく♡ 上品なタートルニットで首元を隠すことで、クラシカルなかわいさが引き立ちます♡

CanCam2020年1月号より 撮影/小川健太郎 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/松村沙友理(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/浜田麻衣

【2】チェック柄ミニスカート×ピンクニット×グレーコート

着映えする絶妙カラーにキュン♥OSKARのピンクニットを着回し!『さりげなくミックスカラーになったピンクニットは、ロマンティックなかわいさ♡ 合わせるボトムを選ばないジャストな丈感も心強い!』

ピンクニットを直球でかわいく着たいなら、ボルドーのラインが効いたミニスカートでガーリーなアプローチを。幼く見えるのを避けるため、ミニマルなグレーコートで落ち着きをプラスするのを忘れずに。

CanCam2019年12月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/石黒千晶

【3】カーキレザーミニスカート×ベージュシャツ×ブラウンロングカーディガン

No/01黒タートル 『ひとり1枚は持っている定番の黒タートル!リブ入りのぴたっとコンパクトなフォルムは、きれいめからカジュアルまで、様々なテイストに対応。どんなシャツとも好相性で着こなしの幅が広がります!』

サテンシャツにレザーミニスカ、そしてロング丈のニットカーデ…異素材の重ね着で奥行きを楽しむ冬コーデ。黒以外をニュアンスカラーでまとめて、品のあるフェミニンコーデを完成させて。

CanCam2020年1月号より 撮影/小川健太郎 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/松村沙友理(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/浜田麻衣

【4】ブラウンツイードミニスカート×黒レースブラウス

05 一緒に着てもバラで着てもかわいい! セットアップで着回し放題♪『今季、いろんなブランドでバリエ豊かにそろうセットアップ。ワンピ見えしつつ、バラでも活躍する シンプルデザインを選ぶと様々な印象で着こなせて、1セット持っておくとワードローブが潤う〜♡』

黒の透けブラウスにツイードスカートを合わせて女の子らしく♡ スカートは、厚手のツイード素材に水色・オレンジのカラー糸が立体的に織り込まれているから、ブラウンでも華やかな印象です。ミニ×ブーツって、永遠に鉄板でかわいい組み合わせ。

CanCam2019年12月号より 撮影/花村克彦 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/佐藤彩花

ロングスカートを合わせる冬コーデ


【1】白ロングスカート×白カーディガン×グレーコート

重くなりがちなビッグコート×ロングスカートスタイルには、コンパクトなミニ丈カーデで目線を上げてスタイルアップ。爽やかな白Tをインナーに挟めば、抜け感UPでこなれた雰囲気に仕上がります。ふんわりとした淡色コーデはアウターに締め色コートを選んで全体を引き締めて。

CanCam2020年2月号より 撮影/的場 亮 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【2】チェック柄ロングスカート×赤ニット

チェックスカートは地味見えしがちだから>>>多色チェックスカートで華やかに!『シックな色合わせのチェックスカートにはマンネリ気味…。そんなときは、1点華やかな多色チェックスカートを投入。トップスは柄の中の1色を拾うと統一感が出て大人っぽさUP!』

正統派のタータンチェックも、目に留まるオレンジの色使いで洗練されたスタイルに。濃厚なブラウンにうまくとけ込む深い色合わせで、クラシックなチェックの鮮度を高めて。

CanCam2020年2月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【3】チェック柄ロングスカート×イエロータートルネックニット

チェックスカートは地味見えしがちだから>>>多色チェックスカートで華やかに!『シックな色合わせのチェックスカートにはマンネリ気味…。そんなときは、1点華やかな多色チェックスカートを投入。トップスは柄の中の1色を拾うと統一感が出て大人っぽさUP!』

ボリューミィなフレアと旬のロング丈で、大柄チェックが映える存在感たっぷりのスカート。トップスにチェックの色味をリフレインしたイエロー系のニットを合わせて、季節感のあるカラーコーデを楽しんで。黒のレースアップブーツやフリンジバッグで、ちょっぴり攻めた小物選びを。

CanCam2020年2月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【4】イエローロングスカート×ベージュブラウス×ネイビーコート

SUKE KNIT : 4 リブ透け『センシュアルなリブ透け。ニットとは異なる色のインナーや柄モノをガッツリ透けさせて、セクシーよりも洒落たムードで着こなしたい!』

ブラウス見えするノーブルな透けベージュのトップスを、トレンドのカラースカートをにIN! 旬のブラウスは、透明感のあるシアー素材と華奢なランダムリブがエモかわ♡ ネイビーのロングコートで大人っぽくまとめましょ。

CanCam2020年2月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/坂口勝俊(sui) モデル/まい(本誌専属) 構成/石黒千晶

【5】ラベンダーロングスカート×ブラウンタートルネックニット

SUKE KNIT : 2 かぎ編み透け『柄ニット感覚のかぎ編みは、ラフに着られるオーバーサイズが使い勝手抜群。鮮やかorトレンドカラーで、さらなる着映えを狙って♡』

旬のブラウンニットは、透け感のある編み地でより今っぽく! ラベンダーのロングスカートを合わせる柔らかな配色も気分です♪

CanCam2020年2月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/石黒千晶

【6】ドット柄ロングスカート×ベージュニット×ベージュコート

SUKE KNIT:1 ロマ透け 『 甘めが好みなら、モヘア素材&パステルカラーのロマンティックなデザインが◎。女のコらしいやわらかな雰囲気を崩さないように、インナーは必ず白で!』

コートからのぞくシアーなクロシェ編みニットが色っぽかわいい冬コーデ。レトロな大柄編みは、×ドットスカートでとことんヴィンテージっぽく着こなそう。

CanCam2020年2月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/石黒千晶

【7】チェック柄ロングスカート×ブルーニット×ブラウンコート

SUKE KNIT : 2 かぎ編み透け『柄ニット感覚のかぎ編みは、ラフに着られるオーバーサイズが使い勝手抜群。鮮やかorトレンドカラーで、さらなる着映えを狙って♡』

インナーで遊びやすい透け度高めなカギ編みニットは、鮮やかブルーでコーデにメリハリを。チェックスカートでグッドガールにまとめればデート仕様に着こなせます♡ 

CanCam2020年2月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/坂口勝俊(sui) モデル/まい(本誌専属) 構成/石黒千晶

【8】ラベンダーロングスカート×ブラウンニット×ベージュボアジャケット

おしゃれ感度バツグン♡ブルーベリーチョコ配色『ラベンダーも今季の外せないキーカラー。そのまま着るとスイートすぎるけど、ブラウンやベージュと合わせて全体のトーンをくすませると、甘さも程よく、グッと大人に着こなせる!』

ほっこりしがちなコーデュロイ素材も、旬のラベンダーならおしゃれ鮮度が一気にUP! シュッとして見えるタイトスカートで、ボリューミーなボアコートをスタイル美人に着こなして。シャープな印象のショートブーツとミニバッグで、コーデを引き締めるのも忘れずに◎。

CanCam2020年2月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/手塚明菜

【9】ブラウンロングスカート×イエローニット

HAPPYなムードたっぷり♡チョコオランジュ配色『着こなすのが一見難しそうなイエローだけど、トーンの近いブラウンとなら合わせやすく、コーデのまとまりも◎。こっくりしたイエローを選ぶのがこの配色マスターへの近道!』

ラグランニット×ワークスカートの最旬コンビ。コートを脱いでも地味に見えない完成度の高さは、華やかなイエローニットとデザイン性の高いスカートのおかげ♪

CanCam2020年2月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/手塚明菜

【10】白フレアロングスカート×ベージュニットワンピース

荷物はなるべくコンパクトにしたい!(でもリバーシブル服は持ってない…)一泊二日の温泉旅行 『シャツorワンピを活用して、持っていく服を1枚に!重ね着したり、別のアイテムとして使ったり…。リバーシブルでなくても、アイディア次第で印象をガラリと変えられるシャツorワンピがあれば、冬の旅行も少量の荷物で行けちゃう!』

ニット×スカートの着こなしも、ロング丈同士の重めバランスにするだけで今どき感がアップ! ベージュとエクリュのマイルドな配色は、ブーツ・キャスケット・バッグを黒で統一することで、メリハリのあるフェミニンコーデに仕上がります♡

CanCam2020年1月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/石黒千晶  

 

★ネイビーコーデのおすすめ14選|パンツ・トレンチ・ワンピースの着こなし

★秋冬イチオシのお洒落色♡グリーンのおすすめコーデ10選|スカート・パンツ・ワンピース

>CanCam.jp TOPへ戻る