【ネイビートップスの人気コーデ14選】相性のいい色やボトムの選び方|2022レディース

品よく引き締まる♡ネイビートップスコーデ

ネイビートップスレディースコーデ

「ネイビーのトップス」は、今季のトレンドコーデに欠かせない鉄板アイテム。実はどんな色とも合わせやすく、知的&上品ムードも手に入るからオフィスコーデにもぴったりなんです。定番人気のネイビーのニットやブラウスを合わせた、おすすめコーディネートを紹介します。

ネイビートップスに合う色は?

ナチュラルタイプに似合うコートは…肩落ちロングコート

知的な印象で着回しやすいベーシックカラー「ネイビー」は、どんな色と相性がいい? ネイビーのトップスに合うおすすめの色をご紹介します。

■ネイビートップス×白

ネイビートップスレディースコーデ

ネイビー×白は、清潔感があって爽やかな印象を与える組み合わせ。ショート丈ボトムやブーツなど、カジュアルな流行アイテムを合わせたコーデでも、ネイビーを取り入れると大人っぽく着こなせます。

■ネイビートップス×ピンク

ネイビートップスレディースコーデ

品良く大人なネイビーを締め色に使うと、女の子らしいピンクアイテムの甘さが大人っぽくシフトできます。黒よりもキツい印象がなく、優しげなメリハリがつけられる組み合わせ。

■ネイビートップス×ブルー

ネイビートップスレディースコーデ

トレンドのワントーンコーデも、ネイビーを軸にすれば知的で洗練された印象に。薄めのブルーから濃いめのネイビーまで、ワントーンで濃淡を楽しむのもおすすめ。

ネイビートップスコーデのポイント

ネイビートップスレディースコーデ

  1. ネイビートップスは知的で大人っぽい着こなしになる
  2. 白やピンクなど淡い色のアイテムと合わせてメリハリ配色に
  3. ネイビーのワントーンならカジュアルアイテムも上品に着こなせる
  4. 落ち着いた色を合わせるなら白やベージュ小物で抜け感をプラス

ネイビートップスを合わせる大人カジュアルコーデ

【1】ネイビーのロゴトップスは白フレアで軽やかに

ナチュラルタイプに似合うコートは…肩落ちロングコート

バサッとした質感の白マキシスカートにネイビーのロゴトップスを合わせて肩の力が抜けた女らしさを。メンズっぽいごつめブーツで重たく仕上げると、さらに洒落るのでおすすめです。ラフに羽織ったナイロン素材のキルティングコートは、質感の異なるハリのあるスカートと好相性。

CanCam2021年12月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【2】品よくお洒落なネイビー×ブルーのワントーンコーデ

@おしゃれなカフェDateならカジュアルトップス×ツイードスカート

ネイビーのロゴスエットはきれいめコーデのカジュアルダウンに最適! フリル襟のブラウスを下に重ねて、上品なミニスカートを今っぽカジュアルに落とし込むのがおすすめです。ファーバッグやエクリュのブーツで加える今年っぽいミーハー感も◎。

CanCam2021年12月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/生見愛瑠(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【3】ネイビースエットの大人モードな着こなし

もうこれ以上、同じ着こなしに甘んじない!♡“色っぽ美人ワンピース”着回してみた!『ENTRY4 ミニ丈ワンピース』

カジュアルなネイビーのスエットワンピも足元重めで洗練されたムードにアプデ! ワンピ+スカーフのなんてことのない着こなしも、トラックブーツで足元を重めにするだけで今年っぽく仕上がります。

CanCam2021年11月号より 撮影/渡辺謙太郎 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/菜波(本誌専属) 構成/鶴見知香

【4】フリルトップスでワンツーコーデを旬顔に

Q.デニムを買い足すなら何を選ぶべき?『A.パンツじゃない、女のコデニムがGood!』

ネイビー感覚で着られるデニムブラウスは、詰まった首元&フリルデザインがクラシカル。甘めのディテールもデニム生地ならおしゃれっぽさが引き立ちます。ベージュショーパンやローファーと合わせてグッドガール風に着こなして。

CanCam2021年6月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/菜波(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/浜田麻衣、手塚明菜

【5】ワンマイルにもおすすめなリラクシーワンピース

Q.デニムを買い足すなら何を選ぶべき?『A.パンツじゃない、女のコデニムがGood!』

大人っぽいデニムのサマーワンピは、重ねるインナーによって印象が大きく変わるので着回し自在。Tシャツやタンクを重ねたり、1枚で素肌に着てもヘルシーで素敵です。カラーバッグで甘さを足したら、靴は黒のミュールサンダルで大人顔に♡

CanCam2021年6月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/浜田麻衣、手塚明菜

【6】コーデが即決まるネイビーワンピのセットアップ

Q.デニムを買い足すなら何を選ぶべき?『A.パンツじゃない、女のコデニムがGood!』

着たら秒で洒落るワンピースのセットアップ。デニムワンピ×ジャケットのWデニムでも、濃いめのインディゴブルーなら大人っぽく着こなせます。小物はネイビーと相性のいい赤を差して遊びゴコロもON。

CanCam2021年6月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/浜田麻衣、手塚明菜

【7】ネイビーチュニック×フレアデニムで程甘カジュアル

04チュニックブラウス×セミフレアパンツ

ブラウス×デニムの定番カジュアルも、アウトして着るこのバランスが新鮮かわいい! 甘いフリルブラウスもネイビーを選べば、大人っぽいムードが演出できます。デニムは流行のフレアを合わせて旬のシルエットに。

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/手塚明菜

【8】ネイビーのフーディ×ミニスカートで元気な女の子スタイル

かわいいカジュアル・菜波はこの3アイテムで恋愛運UP

ガーリーなミニスカは、オーバーサイズのスエットフーディをかぶせてちょっぴりやんちゃに♡ ゆる×ぴたな女のコシルエットでかわいさも倍増します。仕上げはちょっぴりゴツめのレースアップブーツで、フーディのラフさやゆるっとしたサイズ感とのバランスを取るのが正解です。

CanCam2021年2月号より 撮影/曽根将樹 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/菜波(本誌専属) 構成/手塚明菜、浜田麻衣

【9】白インナーやシルバーパンプスで抜け感をプラス

安未ゆるパンでエフォートレスなおしゃれを♡

ヴィンテージライクなスエットで、ツヤのあるサテンパンツをカジュアルダウン。スエットから白Tをのぞかせるひと手間を加えたら、おうち時間もお出かけもOKなリラクシースタイルの完成です。着映えするカラーサテンのパンツにおしゃれ心も満たされて。

CanCam2020年12月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/石黒千晶

オフィス向き♡きれいめネイビートップス

【1】シックなネイビーニットの大人フェミニンコーデ

コンパクトニット×ボリュームスカートのメリハリコーデで美スタイルに。ロンスカにロングブーツを合わせた重めの足元がトレンドなので、トップスはタイトなシルエットを心がけて。ブーツはスカートの色を引き締めてくれる茶系がおすすめです。

CanCam2020年11月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/加藤史帆(本誌専属) 構成/田中絵理子、石黒千晶

【2】好感度を狙うならネイビー×白のきれいめ配色

01 抜け感ありなバンドカラーシャツで大人の余裕を

ネイビーシャツ×白パンツの上品配色を、NOTコンサバなムードに仕上げた旬コーデ。シャツを使った好感度の高い定番コーデは、バンドカラーのシャツで今どきにシフト。バッグでフレッシュなイエローを足した爽やかマリン配色で、差のつくお仕事スタイルが完成します。

CanCam2022年2月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【3】同系色グラデでつくる清潔感のあるデニムコーデ

@ショッピングDateなら淡カラーウールコート

デニム×ニットの定番コーデにキレイ色の着流しコートをプラス♡ センシュアルな雰囲気を醸す洗練ブルーのコートとベージュパンプスで、ラフなデニムコーデを女っぽく更新しましょう。

CanCam2021年12月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/生見愛瑠(本誌専属)構成/浜田麻衣

【4】ネイビー×ミントの洗練されたオフィスカジュアル

辛口キレイに着る!センタープレスストレートパンツ『Pistachio  Green』

アンサンブルニット×パンツの正統派な着こなしも、ネイビーとグリーンの新鮮配色で感度高めに。一見難度が高そうなカラーミックスも、寒色系でまとめると洗練見えが叶います♡ 簡単なワンツーコーデもジェラートカラーのパンツ投入でこんなにおしゃれに仕上がります♪

CanCam2021年4月号より 撮影/菊地 史(impress+) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属)構成/浜田麻衣

【5】白スニーカーで抜け感を出すオフィスコーデ

まいのハンサム気分な冬のスタメン服

ざっくりタートルにブルーのパンツを合わせた寒色コーデ。アウターはグレー、足元は白スニーカーで大人カジュアルにまとめれば抜け感もばっちりです♪ ワントーンコーデは素材と色の濃淡でメリハリをつけるのがおすすめ。

CanCam2020年12月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/まい(本誌専属) 構成/西村真樹、田中涼子、佐藤彩花、田中絵理子、時吉 茜

定番アイテムは「ネイビー」でこなれ感アップ!

清潔感のあるネイビーのトップスは、好感度の高い通勤コーデや上品な休日カジュアルにおすすめ。ベーシックカラーのほか、ピンクやイエロー、グリーンとも相性がいいので、さまざまな色合わせが楽しめます。黒のジャケットやパンプスなど、定番アイテムをネイビーに変えてみるのも新鮮&こなれ感が出てGOODです!