品が良くて好感度UP!ネイビートップスコーデ10選|相性のいい色やボトムの選び方【2021レディース】

品よく引き締まる♡ネイビートップスのコーデ集

どんな色とも合わせやすく、知的な上品ムードも手に入るネイビーのトップスは、今季のトレンドコーデにも欠かせない! 定番人気のネイビーのニットやブラウスを合わせた、おすすめのコーディネートを紹介します。

ネイビートップスに合わせるおすすめの色

ネイビートップス

知的な印象で着回しやすいベーシックカラー「ネイビー」はどんな色と好相性? ネイビーのトップスに合うおすすめの色をご紹介します。

ネイビートップス×白

ネイビートップス

清潔感があって爽やかな印象を与える組み合わせ。ショート丈ボトムやブーツなど、カジュアルなアイテムを合わせたコーデでも、ネイビーを取り入れると大人っぽく着こなせます。

ネイビートップス×ピンク

品良く大人なネイビーで、女の子らしいピンクアイテムの甘さを大人っぽく引き締めて。黒よりもキツさがなく優しげなメリハリがつけられる組み合わせです。

ネイビートップス×ブルー

ネイビートップス

トレンドのワントーンコーデも、ネイビーを軸にすれば知的で洗練された印象に。薄めのブルーから濃いめのネイビーまで、ワントーンで濃淡を楽しむのもおすすめ。

ネイビートップスの着こなしポイント

ネイビートップス

  1. 知的で大人っぽい着こなしになるネイビートップス
  2. ネイビー×白やピンク、ジェラートカラーでメリハリのある配色に
  3. ネイビーのワントーンならカジュアルアイテムも上品に着こなせる

ネイビートップスのトレンドコーデ

【1】ネイビートップス×ベージュパンツ×黒ローファー

Q.デニムを買い足すなら何を選ぶべき?『A.パンツじゃない、女のコデニムがGood!』

ネイビー感覚で着られるデニムブラウスは、詰まった首元&フリルデザインがクラシカル。甘めのディテールもデニム生地ならおしゃれっぽさが引き立ちます。ベージュショーパンやローファーと合わせてグッドガール風に着こなして。

CanCam2021年6月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/MAKI モデル/菜波(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/浜田麻衣、手塚明菜

【2】ネイビートップス×ブルースカート×ブラウンバッグ

Q.デニムを買い足すなら何を選ぶべき?『A.パンツじゃない、女のコデニムがGood!』

レトロニット×デニムのマーメイドスカートで上品ガーリーに♡ カーヴィなマーメイドシルエットやフロントスリットで女っぽさを高めると、デニムスカートも大人見えが叶います。パールやギンガム柄ミュールでレトロかわいく仕上げて。

CanCam2021年6月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/MAKI モデル/菜波(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/浜田麻衣、手塚明菜

【3】ネイビートップス×ミントセンタープレスパンツ×ベージュバッグ

辛口キレイに着る!センタープレスストレートパンツ『Pistachio  Green』

アンサンブルニット×パンツの正統派な着こなしも、ネイビーとグリーンの新鮮配色で感度高く。一見難度が高そうなカラーミックスも、寒色系でまとめると洗練見えが叶います♡ 簡単なワンツーコーデもジェラートカラーのパンツ投入でこんなにおしゃれに仕上がります♪

CanCam2021年4月号より 撮影/菊地 史(impress+) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【4】ネイビートップス×デニムパンツ×麦わら帽子

女っぽくびれ×ペプラムブラウス『お腹がぷにっとしてても、してなくても!旬のペプラムブラウスで、お気に入りのウエストを強調して、自分らしさとしゃれ感のある印象に♡』

スタイルアップを強化するなら、ペプラムの中でもウエストをほっそり見せてくれる〝フレア部分長め〟のデザインがおすすめ。トップスにボリュームがある分、ボトムは細身のデニムでバランスよく仕上げています。ラフィア素材のハットやサンダルで夏らしい抜け感も忘れずに♡

CanCam2020年9月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/ほのか(本誌専属) 構成/石黒千晶

【5】ネイビートップス×ピンクハイウエストパンツ

Item4 大人くすみピンク

主張控えめなくすみピンクのパンツは、ベーシックなツインニットと合わせれば通勤コーデとしても活躍♪ 洒落感たっぷりのピンクがハンサムなパンツコーデをほんのり女っぽく、おしゃれ感度の高いコーデに仕上げてくれます。仕上げはピンクの発色を邪魔しないベージュの靴で品よくまとめて。

CanCam2020年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/手塚明菜

【6】ネイビートップス×ブラウンスカート×ブラウンブーツ

コンパクトニット×ボリュームスカートのメリハリコーデでスタイルUP。ロンスカにロングブーツを合わせた重めな足元がトレンドなので、ブラウンのスカートを締めてくれる茶系ブーツがおすすめです。

CanCam2020年11月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/加藤史帆(本誌専属) 構成/田中絵理子、石黒千晶

ネイビーのワンピースコーデ

【1】ネイビーワンピース×白Tシャツ×黒サンダル

Q.デニムを買い足すなら何を選ぶべき?『A.パンツじゃない、女のコデニムがGood!』

大人こそ楽しみたいデニムのサマーワンピは立体的な縫製で着るだけでスタイルUP。重ねるインナーによって印象が大きく変わるから、今の時季はTシャツに、夏本番はタンクに合わせたり、1枚で素肌に着てもヘルシーで素敵です。

CanCam2021年6月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/MAKI モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/浜田麻衣、手塚明菜

【2】ネイビーレースワンピース×黒ブーツ×ブラウンバッグ

毎日がトゥーマッチ説をオトナきれいにチェンジするには?

ドラマティックな花柄ワンピは、ミニマムなバッグとゴツめブーツで足元を重くすれば、旬なバランスにアップデート。バックシャン&透け素材も、足元や首元をしっかり覆っていれば上品さがキープできます!

CanCam2021年5月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/白水真佑子 モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/田中絵理子

【3】ネイビーデニムワンピースセットアップ×赤パンプス

Q.デニムを買い足すなら何を選ぶべき?『A.パンツじゃない、女のコデニムがGood!』

着たら秒で洒落るワンピースのセットアップ。デニムワンピ×ジャケットのWデニムでも濃いめのインディゴブルーなら大人っぽく着こなせます。Ⅰラインシルエットで女らしさも◎。小物は足元に赤を差して遊びゴコロもONしましょ。

CanCam2021年6月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/浜田麻衣、手塚明菜

【4】ネイビードッキングワンピース×ブラウンシャツ×グレーサンダル

秋も色っぽブーム♡ヌーディコーデ

リュクスなスエード素材とサテンの異素材をドッキングしたワンピース。一枚でスタイルアップができる美シルエットワンピは、シンプルな小物を合わせてすっきりと着こなして。透け感のあるシャツを羽織り代わりにプラスすれば、ワンピースのこなれ感も高まります。

CanCam2020年10月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/小室安未(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/鶴見知香

ベーシックアイテムは「ネイビー」でこなれ感アップ!

清潔感があって好感度の高い着こなしにおすすめなネイビートップスコーデをご紹介しました。ネイビーのトップスは、きちんと見せたいオフィスコーデにも便利です。黒のジャケットやパンプスなど、ベーシックなアイテムをネイビーに変えるのもこなれ感が出ておすすめ!