ジャケット1枚であか抜け!【オフィスカジュアルコーデ22選】|おすすめのデザインやボトム合わせ【2022レディース】

オフィスカジュアルに必須!ジャケットの通勤コーデ

レディースジャケットオフィスカジュアルコーデ

ちょっぴりラフが今っぽい、通勤仕様のジャケットコーデを大特集! オフィスコーデに必須のジャケットですが、今季はきちんと感よりこなれ感を意識するのがポイント♡ CanCamイチオシの最旬コーデは、かわいい・上品・おしゃれっぽい!の三拍子が揃ってます。

オフィスカジュアルにおすすめなジャケットの選び方

プライス的にも購入するときにやや勇気がいるジャケットは、新しいものにアップデートするタイミングも難しいですよね。ですが、トレンド感があって着回しやすいジャケットをGETしておくと、手持ち服が新鮮に見えるので通勤スタイルには必要不可欠!

レディースジャケットオフィスカジュアルコーデ

セレクトのポイントは、体型に合うことと使いやすいカラーを選ぶこと。そしてオフィスでどのぐらい着るのか? を軸に考えるとお買い物の失敗が阻止できます!

■オフィスでの着用頻度が高めの人は「ベーシックカラーの程ゆるジャケット」

レディースジャケットオフィスカジュアルコーデ

オフィスでの着用が圧倒的に多い! 休日は気が向いたら着るかな…というアナタには、きちんと感のあるベーシックカラーがおすすめ。デザインは、甘めのブラウスに羽織るとコーデ全体がキリっと見えるテーラードが理想的。

カラーやデザインに堅さがある分、ややオーバーサイズのシルエットとやわらかな素材を選ぶと、休日もおしゃれっぽく着られます♪ お仕事メインといっても、リクルート感のあるカチッとタイプはNG。

■オフィスでの着用頻度がやや高めの人は「ノーカラーの洒落色ジャケット」

レディースジャケットオフィスカジュアルコーデ

オフィスで着用する頻度はそれなりに高いけど、オフの着回しも考えて遊び心もちょっぴり取り入れたい! そんな人は、トレンド感のある色×ノーカラージャケットで変化をつけてみて。もちろん、平日の活躍も見込める品のある色を狙うのがマストです!

■オフィスでの着用頻度が低めの人は「ブラウンやベージュのテーラードジャケット」

レディースジャケットオフィスカジュアルコーデ

オフィスには時々…メインで着るのは休日! そんなアナタには、ブラウンやベージュ系の今っぽさ溢れるカラーがおすすめ。ベーシックな黒やネイビーもいいけれど、ジェラートカラーやワントーンなどトレンド感強めの休日コーデにしっくり合うベージュやブラウンがベターです。着丈は、スーツ感がなくこなれムードが演出できる長めを選んで。

今っぽいジャケットコーデは「ニュアンシー配色」でつくる!

ファッションのトレンドは移り変わるもの。今、”NEOオフィスカジュアル”と呼ばれる新たなお仕事スタイルの波が到来! この春は、肩の力が程よく抜けた、リネン素材のオーバーサイズジャケットがこなれて見える♡と大人気。

■ジャケットコーデはニュアンスカラーで洗練度高く

レディースジャケットオフィスカジュアルコーデ

ジャケットは軽やかなライトグリーン、スカートはドライな大人カーキ、Tシャツはまろやかなカーキブラウンというニュアンシーな組み合わせでまわりと差をつく着こなしに。きれいめなのに洒落感もあって、理想のオフィススタイルってこういうこと♡

■ベージュ系のニュアンス配色で好感度大♪

レディースジャケットオフィスカジュアルコーデ

マニッシュなジャケットと、動くと裾が美しく揺れるスカートのギャップにきゅん♡ 裾にボリュームのあるスカートは、長めのジャケットを合わせてもバランス良くきまります。白や黒でなく、インナーも淡いカラーを選んで明るくなじませるのがポイント。

■男前ジャケットはレザースカートのツヤで女っぽく

レディースジャケットオフィスカジュアルコーデ

カジュアルなリネン素材なら、カラージャケットもトライしやすい! ジャケットのくすみブルー以外のアイテムは、ベージュの濃淡でまとめて大人っぽく♡ ゴールドのアクセをきかせれば、コーデ全体にメリハリが出て淡い配色も引き締まる。

■淡色の花柄も×ジャケットだと大人顔

レディースジャケットオフィスカジュアルコーデ

気負わずはおれるリネンジャケットで花柄スカートも程よくこなれる♡ インナーにブルーのカットソーを挟むことでシャープさがプラスでき淡色コーデのボヤっと感が阻止できます。

ジャケットの選び方やコーデのポイント

レディースジャケットオフィスカジュアルコーデ

  1. 「オフィスでの使用頻度」でデザインを選ぶと着回しやすい
  2. 今季はニュアンシーな配色のジャケットコーデが旬!
  3. 忙しい朝もコーデが即決まるジャケットセットアップもおすすめ
  4. カラーインナーや小物を合わせると新鮮なオフィスカジュアルに

ジャケットを合わせるオフィスカジュアルコーデ

【1】ネイビージャケットやローファーできちんと感を

クラシカルな王道ジャケット紺ブレザー『知的で、好感度も抜群! タイムレスな魅力を放つ紺ブレザーは、はおるだけでコーディネートを品よく引き立ててくれる! 王道のダブル&金ボタンをセレクトして、ちょいガーリーに着くずすのが気分♡』

ネイビージャケット×白スカート、そこにグリーンボーダーを加えた爽やか配色でパリシックに♡ ブレザーの真面目さをいい具合に着くずしてくれる、ランダムティアードのフレアスカートで女のコらしいシルエットを満喫。ストール感覚で巻いたボーダーカットソーや小粋なポシェットでフレンチムードをプラスするのもおしゃれです。

CanCam2022年5月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/トラウデン直美(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜 構成/手塚明菜

【2】スリット入りで旬なデザインのジャケットコーデ

ハンサムなのに女らしい! ノーカラージャケット『襟のないすっきりしたデザインが、エレガントな印象を放つノーカラージャケット。ジャケットならではのきちんと感はキープしつつも、トレンド感のあるコーデに仕上げて。』

スリットデザインの進化形ジャケットはちょっとした動きも女っぽく、印象的に見せてくれるアイテム。ワンピ―スに羽織って共布ベルトでウエストを締めれば、メリハリのある美シルエットが完成します。

CanCam2022年5月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜 構成/手塚明菜

【3】ふんわりワイドパンツをジャケットでオフィス仕様に

ドライなこなれ感が手に入るリネン混ジャケット『さらりとしたリネン混素材なら、かっちりしたテーラードジャケットでもかたくなりすぎず、軽やかで春らしい装いに。リネンならではの通気性のよさで、今から初夏まで長く着られるのもうれしい!』

スカート見えするボリューミーなワイドパンツは女っぽさを出したいときにおすすめ。シャリ感のあるジャケットを合わせて自然体に着こなして。インナーの透けニットもグラデ配色の絶妙な抜け感になっています。

CanCam2022年5月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/トラウデン直美(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜 構成/手塚明菜

【4】白黒オフィスコーデにカラーバッグでアクセント

コーデが一気に華やぐ!ツイードジャケット『エレガントで、女っぽくて、品のよさは格別♡いつもの着こなしをクラスアップしてくれるツイードジャケットは、×デニムでカジュアルに引き寄せると、グッとこなれて見える!』

大人っぽいツイードのテーラードジャケットにワイドパンツを合わせたこなれコーデ。インナーをカーキにしたりオレンジのバッグでアクセントをつけると、モノトーンが今っぽく華やぎます。

CanCam2022年5月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/トラウデン直美(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜 構成/手塚明菜

【5】ツイードジャケット×フリルブラウスで通勤コーデを新鮮に

コーデが一気に華やぐ!ツイードジャケット『エレガントで、女っぽくて、品のよさは格別♡いつもの着こなしをクラスアップしてくれるツイードジャケットは、×デニムでカジュアルに引き寄せると、グッとこなれて見える!』

端正な白のツイードジャケットでデニムコーデを品よくアップデート。立体感のあるフリルブラウスをインナーに重ねると、白コーデにメリハリ&奥行きが生まれてのっぺり感も回避できます♡

CanCam2022年5月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜 構成/手塚明菜

【6】ニュアンシーな色味が女っぽいジャケット×ワンピコーデ

ニュアンスカラー&柄で映え!テーラードジャケット『春のワードローブに1枚は入れておきたい、王道テーラード。定番アイテムだからこそ、明るいカラーやクラシカルなチェック柄で盛り上げて、周りと差をつけたい!』

着こなしの鮮度がグッと上がるピスタチオグリーンのジャケットを投入。旬カラーのジャケットは、×ベージュワンピのニュアンス配色で洒落感たっぷりに着るのがおすすめです。

CanCam2022年5月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜 構成/手塚明菜

【7】リラクシーなニットワンピは×ジャケットで上品に

ニュアンスカラー&柄で映え!テーラードジャケット『春のワードローブに1枚は入れておきたい、王道テーラード。定番アイテムだからこそ、明るいカラーやクラシカルなチェック柄で盛り上げて、周りと差をつけたい!』

優しげなベージュのワントーンコーデはハンサムなチェック柄ジャケットでメリハリをつけて。オフィスやきちんと系のシーンには体のラインを程よく拾うニットワンピを合わせて、女っぽいムードも醸しましょ。

CanCam2022年5月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜 構成/手塚明菜

【8】同系トーンでまとめるジャケット×スカートコーデ

エコレザーのマーメイドスカートを骨格タイプ別に冬→春着回し『STRAIGHT』

旬のチェック柄ジャケットで流行のマーメイドスカートをきれいめに。ハイウエストスカートをはくと脚長効果もばっちりなので、さりげなく視線を集めたいシーンにおすすめです。

CanCam2022年3月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/後藤若菜(ROI) モデル/菜波(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/岩附永子

【9】鮮度の高いブルートーンのジャケパンスタイル

ハイウエストテーパードパンツを骨格タイプ別に冬→春着回し『STRAIGHT』

ブルーのパンツにくすみ系のニットカーデやダブルジャケットをON! 全体をブルーのグラデ配色でまとめると定番トラッドが今っぽく更新できます。マニッシュになりすぎないようにインナーはV開きカーデにして首元のすっきり感はキープして。

CanCam2022年3月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/後藤若菜(ROI) モデル/菜波(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/岩附永子

【10】清潔感のある白ジャケット×ブルーパンツの組み合わせ

ハイウエストテーパードパンツを骨格タイプ別に冬→春着回し『WAVE』

ツイードジャケット・フリルブラウス・カラーパンツで甘さと華やかさが漂う上品コーデに。ノーカラージャケットの下は、フリル襟ブラウスで顔まわりをトーンアップ。華やかさが盛れるレディなビジュ―付きパンプスもポイントです♪

CanCam2022年3月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/岩附永子

【11】白系ジャケットの二ュアンシーなお仕事スタイル

Q.おうちで楽ちんに過ごせて、ちょっとそこまでお出かけできる服ってありますか?『A.きれい見えするカップ付きインナー&シワにならないイージーパンツをチェックして!』

ゆるっとラフなダブルジャケットに、リブ素材のキャミとエレガントなサテンパンツをコーディネート。キャミは華奢なストラップを選ぶとカジュアルすぎない女っぽムードが漂います。クリームホワイト×ミントのニュアンシーな色合わせで大人キレイな印象に。

CanCam2021年6月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/浜田麻衣、手塚明菜

【12】淡い配色でまとめるフェミニンなジャケパンスタイル

きれいめなジャケパンスタイルを淡色でまとめて、堅すぎない通勤コーデに。ベージュジャケット×くすみミントのパンツなら、やわらかで品のある女性像が演出できます。インナーは濃いめのベージュタンクでコーデ全体をやさしく引き締めて。

CanCam2021年5月号より 撮影/渡辺謙太郎 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/松田美穂 モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/岩附永子、山木晴菜

【13】ミント色ジャケットを濃いめデニムで引き締める

07テーラードジャケット×定番デニム

爽やかなミント色のジャケットでベーシックなインディゴデニムを春らしく。いつものトラッドが見違える人気のジェラートカラーは肌映りも抜群! ミント色と好相性のキャメル小物で端正な印象も手に入れましょう。

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/まい(本誌専属)構成/浜田麻衣

【14】モノトーンコーデを×カラージャケットで今っぽく♡

07テーラードジャケット×定番デニム

てろりん素材のジャケットはシャツ感覚でサラッと軽やかに着こなして。ピンクのジャケット以外は、黒・グレーでカッコよくまとめると、無難に見えないあか抜けコーデが完成します。デコルテをちょっぴり肌見せしたら、足元はローファーできちんと系にまとめて。

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【15】ノーカラージャケットで堅すぎないオフィスコーデに

Q.10カジュアル通勤が増えたとはいえ、やっぱりかっちりジャケットが必要な日があります。リクルートスーツにならないジャケットコーデの正解って?『A.黒や紺で堅苦しい素材はやめて、ニュアンスカラーorやわらか素材をモノにせよ!』

グレー系のチェックジャケットにブルーのハイウエストパンツを合わせたきちんとコーデ。堅めのグレージャケットもノーカラーを選ぶとおしゃれっぽさがUP! インナーとパンプスは黒で締めて、よりきちんと感を強めるとどんなシーンにも対応できます。

CanCam2021年4月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/田中絵理子

【16】大人カジュアルなオフィス向けパンツスタイル

Q.10カジュアル通勤が増えたとはいえ、やっぱりかっちりジャケットが必要な日があります。リクルートスーツにならないジャケットコーデの正解って?『A.黒や紺で堅苦しい素材はやめて、ニュアンスカラーorやわらか素材をモノにせよ!』

オフィス感を意識するなら、Vネックのノーカラージャケット×センタープレスパンツを指名して。インナーは白のハイネックトップスを合わせるシンプルさが都会的でおすすめ。ローファーとレザーバッグを合わせるマニッシュな小物使いもポイントです。

CanCam2021年4月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/田中絵理子

【17】グレートーンで品よくまとめるオフィスカジュアル

Q.10カジュアル通勤が増えたとはいえ、やっぱりかっちりジャケットが必要な日があります。リクルートスーツにならないジャケットコーデの正解って?『A.黒や紺で堅苦しい素材はやめて、ニュアンスカラーorやわらか素材をモノにせよ!』

堅めのオフィススタイルが求められる日は、着心地ときちんと感を重視したセットアップがおすすめ。やわらかさのあるグレーベージュなら女らしさもキープできます。ハイウエストパンツにトップスをINすればスタイルアップも完了♪ 小物も強いカラーは入れずグレーのトートバッグとラベンダーのパンプスで品よくまとめて。

CanCam2021年4月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/田中絵理子

link_card post_id=”1122286″]


忙しい朝もコーデが決まる!ジャケットセットアップ

【1】着回ししやすいブラウンのジャケットセットアップ

Q.10カジュアル通勤が増えたとはいえ、やっぱりかっちりジャケットが必要な日があります。リクルートスーツにならないジャケットコーデの正解って?『A.黒や紺で堅苦しい素材はやめて、ニュアンスカラーorやわらか素材をモノにせよ!』

ジャケット×パンツのセットアップで機動力バツグンのお仕事コーデに。淡いブルーのツインニットをインナーと肩掛けに取り入れて、今っぽいこなれ感と清潔感をプラス! バッグはターコイズブルーをパキッと効かせてクールなコーデにメリハリをつけましょう。

CanCam2021年4月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/田中絵理子

【2】ベージュトーンならショートボトムも上品見え

ベージュトーンでまとめればミニスカートでも大人見え。流行りのジャケットセットアップならミニスカも大人っぽく着られます。インナーは同系色のロゴTシャツでこなれ感をプラス。

CanCam2022年5月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メイク/小松胡桃(ROI) モデル/小室安未(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/石村真由子

【3】クリーンなホワイトトーンで好感度UP

ハンサムなのに女らしい! ノーカラージャケット『襟のないすっきりしたデザインが、エレガントな印象を放つノーカラージャケット。ジャケットならではのきちんと感はキープしつつも、トレンド感のあるコーデに仕上げて。』

かっこいい白ジャケットはセットアップで着るのもおすすめ。すっきりしたVカッティングのノーカラージャケットと、透け感のあるストライプニットとの組み合わせもセンシュアルで洒落見えします。

CanCam2022年5月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜 構成/手塚明菜

【4】洒落感高めなセットアップでオフィスコーデを更新

ニュアンスカラー&柄で映え!テーラードジャケット『春のワードローブに1枚は入れておきたい、王道テーラード。定番アイテムだからこそ、明るいカラーやクラシカルなチェック柄で盛り上げて、周りと差をつけたい!』

ダスティブルーのセットアップにロゴTをINして、カジュアルな抜け感をプラス。×Tシャツは、きちんと感のある着こなしにこなれ感が演出できる簡単テク。ロゴT、かごバッグ、ボーダー…カジュアルな要素できれいめパンツスタイルを着くずすのが今っぽい。

CanCam2022年5月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/トラウデン直美(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜 構成/手塚明菜

【5】ボウタイブラウスやパンプスでパンツスタイルを女性らしく

scene:01もしも会社員だったら?『かとしは…キャリアウーマン』

ワイドパンツ×ノーカラージャケットの今っぽセットアップ。インナーはフェミニンな白ブラウスを合わせて大人スタイルを完成させて。ボリュームのあるボウタイブラウスは、リボンがすっきりおさまるノーカラージャケットが相性◎。仕上げはベージュやグレー小物でやわらかさをキープして。

CanCam2022年2月号より 撮影/谷口 巧(Pygmycompany) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/中村美幸 モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/西村真樹

link_card post_id=”1110525″]


賢いジャケット選びでONもOFFも着回し満喫♡

ジャケットを買い足すなら、オフィスでの使用頻度でデザインを選ぶのがポイントです。使用頻度が高い人はベーシックカラーのテーラードジャケットを、使用頻度が低めの場合は、ノーカラージャケットやチェック柄などカジュアルにも着られるデザインを選ぶと着回しがしやすいはず♡ 時短に役立てたい人は、ジャケット×ボトムのセットアップもおすすめです。