通勤も休日も、簡単にあか抜ける!「ジャケット×Tシャツ」の人気コーデ18選|【2022レディース】

こなれ感GET!「ジャケット×Tシャツ」コーデを特集

Tシャツジャケットレディースコーデ

オフィスにも休日にもおすすめの「ジャケット×Tシャツスタイル」は、カジュアルときちんとのいいとこ取りができて活躍シーンも多め♡ Tシャツ+羽織りの組み合わせで温度調整もしやすいので、季節の変わり目や梅雨の外出にぴったりです。

ジャケット×Tシャツをおしゃれに着こなすには?

Tシャツジャケットレディースコーデ

ラフなTシャツにジャケットを合わせて、オンオフ着られるきれいめスタイルが完成。無地のTシャツなら、オフィスコーデのインナーにも着られます。

Tシャツジャケットレディースコーデ

今季はピンクやイエローなどカラーのジャケットも豊富! くすみ系や淡い色ならオフィスカジュアルコーデにも合わせやすく洒落感も演出できます。今季はトレンド感もあってコーデに迷わない、ジャケットのセットアップもおすすめです。

ジャケット×Tシャツコーデのポイント

Tシャツジャケットレディースコーデ

  1. 無地Tシャツはオフィスコーデのインナーにもおすすめ
  2. 今季はピンクやイエローなどカラージャケットが豊富!
  3. コーデに迷わず時短も叶うセットアップのジャケットも便利
  4. あいまいカラーでまとめるニュアンス配色の着こなしが今っぽい♡

ジャケット×Tシャツの最旬レディースコーデ

【1】ニットジャケットは肩掛けアレンジもおすすめ

ロゴTシャツに白のツイードジャケットを合わせて、堅すぎない理想のきれいめスタイルが完成。プリーツ加工のフレアスカートは、きれい色を選ぶと清楚さと華やかさのいいとこ取りも。思い切りのいいパキッとカラーの小物を合わせたイエロー×オレンジの春色ミックスで快活なムードも演出できます。

CanCam2022年5月号より 撮影/須江隆治(See) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/只友謙也(LINX) モデル/生見愛瑠(本誌専属) 構成/岩附永子

【2】ブルージャケットコーデをTシャツでラフに着くずす

ブルーのセンタープレスパンツ

ブルーのパンツ×チェックジャケットのワントーン配色に、白ニットの肩掛けテクでアクセントをプラス! インナーはラフなTシャツを合わせつつ、足元はゴツめローファーで今っぽく。全体を同系色でまとめつつ白やグリーンなどの近い色味を添えて、コーデに立体感を出すのがおすすめです。

CanCam2022年3月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メイク/福岡玲衣 モデル/佐々木莉佳子(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/田中絵理子

【3】短めジャケット×ロングスカートでスタイルアップ

イエベさんに似合う春イエローは…まろやかなたまごイエロー

ラフなジャケットとスニーカーで女っぽいマーメイドスカートをカジュアルダウン。チアフルなたまごイエローのスカートや爽やかな白T&ジャケットで、気張りすぎないラフな着こなしに。グリーンを効かせた新鮮な配色も、柔和なイエローベースならすんなりとなじみます。

CanCam2022年3月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/生見愛瑠(本誌専属)構成/浜田麻衣

【4】旬のツイードジャケットでカジュアルを上品に

04 ノーカラージャケット

ミックスツイードに金ボタンを効かせた旬ジャケットで、デニムカジュアルを大人顔に。ツイードジャケットはコンサバになりすぎないよう、ゆるっとはおれるオーバーサイズ&カットオフされたフリンジデザインで程よい抜け感を加えて。Tシャツ×デニムでとことんカジュアルに着るのが今どきです。

CanCam2021年10月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/手塚明菜

【5】フォトT×ツイードジャケットのこなれカジュアル

『カジュアル派は…ツイードを着くずして』

ツイードのノーカラージャケットは、ゆるっとカーデ感覚ではおるのもおしゃれ♡ フォトT×デニムで等身大に着こなすと、いつものカジュアルがぐっと洗練された印象にまとまります。

CanCam2021年10月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/金 世娜 構成/鶴見知香

【6】ネイビーのセットアップと白Tできちんとコーデ

4 秋イチ狙いたいワンピorセットアップは?『カジュアル派は…モード見えセットアップ』

かっちりなのに余裕たっぷりなのは、金ボタンジャケットと潔いミニスカートのおかげ。ロングジャケットにミニスカートを合わせる〝あえて感〟がこなれ見えの秘策です。インナーは白のロゴTシャツでカジュアルに。大胆な脚見せもレースアップのフラット靴でおしゃれっぽくまとまります。

CanCam2021年10月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/金 世娜 構成/鶴見知香

【7】ブラウン系コーデに白Tで軽さをプラス

レトロなムードが今っぽい、チェックのCPOジャケットとスカパンの組み合わせ。インナーはフォトTを合わせて今っぽいラフさをプラス。人気のロングブーツでさらに鮮度よく着こなしたら、モスグリーンのバッグでコーデに色を足すと全体が締まって見えます。

CanCam2021年10月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/福岡玲衣(TRON) モデル/菜波(本誌専属) 構成/石黒千晶

【8】堅すぎないショーパンの今っぽムードが新鮮!

Q.春から高まってるミニボトム気分♡ 〝オトナきれい〟に着るには?『A.辛口要素を足して、かっこよく!』

テーラードジャケット×ショーパンのセットアップは、さらりと着るだけで今っぽモードな印象に。インナーにロゴTシャツを合わせればラフなムードで着こなせます。足元は黒のポインテッドトウでキリッと締めて、きれいめなこなれコーデを完成させて。

CanCam2021年6月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/浜田麻衣、手塚明菜

【9】イエローのセットアップで印象もやわらかに

Parisガーリーなかとしのミニ×ブーツはこう着る!

ジャケット×ミニスカートのセットアップは春らしさ満開のイエローでトレンド感UP。抜け感のあるオーバーサイズジャケットと、きちんと感のあるボタンキュロットでおしゃれコーデが簡単に作れます♡ インナーは白のロゴTでカジュアル感を加えつつ、足元は太ヒールのシンプルなブラウンブーツでキレイめにまとめるのが推し。

CanCam2021年4月号より 撮影/東 京祐 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini) モデル/加藤史帆(本誌専属) 構成/手塚明菜

【10】きれいめジャケットをTシャツでカジュアルダウン

安未は東京カジュアルなミニ×ブーツ

定番のCPOジャケットも、春ツイード&ミニスカのセットアップならおしゃれ鮮度が大幅UP! インナーはロゴTシャツを合わせて、こなれ感のあるカジュアル要素をトッピング。柄バッグやゴツさがかわいいレースアップブーツでパンチを効かせるのもポイントです♡

CanCam2021年4月号より 撮影/東 京祐 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/手塚明菜

ジャケット×Tシャツのきれいめカジュアルコーデ

【1】きちんとテーラードをTシャツでカジュアルに

ドライなこなれ感が手に入るリネン混ジャケット『さらりとしたリネン混素材なら、かっちりしたテーラードジャケットでもかたくなりすぎず、軽やかで春らしい装いに。リネンならではの通気性のよさで、今から初夏まで長く着られるのもうれしい!』

パッと華やぐレモンイエローのパンツで正統派なテーラードジャケットを今っぽくカジュアルダウン。真面目になりがちな黒ジャケットもリネン混なら洗練ムードに仕上がります。ロゴTシャツやスニーカーのこなれアイテムに女っぽいパールネックレスでアクセントを♡

CanCam2022年5月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜 構成/手塚明菜

【2】今っぽい淡色でまとめるジャケットコーデ


きれいめ要素の詰まったツイードジャケットは、Tシャツやデニムで隙をつくって親しみやすい雰囲気にアレンジ。デニムでカジュアルに振ってもオトナきれいに仕上がるのは、ツイードジャケットのもつクラシカルムードのおかげです。

CanCam2022年4月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【3】無地Tできれいめコーデに程よい抜け感を

Keyword8 淡色ローファー

紺のジャケットにラフなグレーTシャツと白パンツを合わせた大人カジュアル。定番のフラットシューズやパンプスの代わりに、今年は上品なローファーをチョイスしてこなれ感を意識。トラッドが香る絶妙なカジュアルスタイルはオフィスにもおすすめです。

CanCam2022年3月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/生見愛瑠(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜、金 世娜 構成/鶴見知香

【4】Tシャツ×デニムをきれいめ小物で上品に

01 チェック柄テーラードジャケット

Tシャツ&デニムでラフにくずせば、カチッとしたチェックジャケットもこなれ見え。定番のTシャツ×デニムも、チェック柄のテーラードジャケットをプラスするだけで大人の余裕が漂います。パールネックレスやゴールドチェーンのミニバッグなど、小物でリッチ感を上乗せして品よく仕上げて。

CanCam2021年10月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/手塚明菜

【5】ロングジャケットでモードなモノトーンコーデ

『カジュアル派は…ツイードを着くずして』

ロングジャケット×ワイドパンツのテイストMIXコーデ。新鮮な半袖ツイードジャケットはオーバーサイズを選びつつ、ゆるパンツとTシャツを合わせてカジュアルダウン。ロングジャケットは前を留めればワンピースとしても着られます。

CanCam2021年10月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) モデル/生見愛瑠(本誌専属) 撮影協力/金 世娜 構成/鶴見知香

【6】ジャケット×Tシャツをグレーデニムで軽やかに

07テーラードジャケット×定番デニム

知的なネイビージャケットを今っぽくラフに着るなら、キャッチーなロゴTやトレンドのグレーデニムでカジュアルダウンするのがおすすめ。仕上げは、パイソン靴やカラーバッグなどエッジの効いた小物使いでおしゃれっぽく盛り上げて。

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【7】ニュアンシーな配色でジャケットに抜け感を

03春イエロー×大人ベージュのまろやか配色

ほんのり甘いイエロー系のボトムは、マニッシュなジャケット×パンツを合わせて優しげな雰囲気に。ゆるっとしたシルエットと春めいた淡い配色など、今どきムード全開のジャケパンコーデは通勤にもおすすめです。ベージュジャケットに白Tでラフな抜け感をプラスして全体の淡いトーンはキープ。

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/小室安未(本誌専属) 構成/手塚明菜

【8】アイシーなジャケット×Tシャツの着こなし

TREND01 よりミルキーになったパステルカラーは全身ワントーンで!

メンズライクなジャケットも、サックスブルーの爽やかさでまろやかな印象に。グレーのダメージデニムと白スニーカーを合わせて、ジャケットをカジュアルダウンするのもこなれテク。白でなくグレーのTシャツでなじませつつ、肩にひと巻きしたブルーニットで洒落感強めの春コーデが完成します。

CanCam2021年4月号より 撮影/須江隆治(see) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini) モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良、田中かほ里 構成/鶴見知香

ジャケットは×Tシャツのこなれ感が必須!

季節の変わり目に着回したい、ジャケット×Tシャツの最旬コーデを紹介しました。小物の合わせ方でも表情が変わるので、きれいめな小物使いでエレガントさをプラスしたり、カジュアル小物でコーデに抜け感を出したり、さまざまな着回しバリエーションが楽しめます♡