軽やかに魅せるテク満載☆オールブラックの夏コーデ13選

おしゃれ見えする全身ブラックの着こなし例

黒を軽やか&上手に着こなすには、素材選びや小物使いがポイント! 夏でも重たく見えない、クールでおしゃれなオールブラックコーデを紹介します。

夏のオールブラックコーデ


【1】黒キャミソール×黒プリーツスカート×白ガウン

GUの夏イチ♡アイテムで作る、着回しアラビーコーデ!

しゃり感のあるシアー素材のガウンは見た目も涼しげ! プリーツスカートを合わせてベルトをすれば、メリハリ効果もばっちりです♡ シアーなガウン×プリーツの軽やかな素材なら、モノトーンでも重くならず爽やかにまとまります♪

CanCam2019年8月号より 撮影/土山大輔(TRON) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/NAYA モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/PROPS NOW 構成/手塚明菜

【2】黒タンクトップ×黒ロングスカート

BITTER BLACK  ベージュ、カーキ、ブラウンなど、落ち着きのあるアースカラーを味方に付ければ、キレよくハンサムな‟辛い黒„の完成!リネンやコットンなど天然素材を選ぶことで、ひとさじの女らしさも漂って。

タンクトップにレトロ感のあるニットスカートを合わせたブラックコーデ。おしゃれに差がつくニットレースのスカートは、ヒップとギャザーの位置をやや低めに設定したマーメイドシルエットが特徴。コンパクトトップスはもちろん、丈の長いトップスとも好相性です。シルバー小物や黒キャップでクールな印象に仕上げつつ、バッグで差し色&軽さを意識。タンクからのぞく肌見せ効果も、夏の黒をすっきり着こなすポイントです♡

CanCam2019年6月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/YUMBOU(ilumini) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/新城真紀

【3】黒ワンピース×黒パンツ×黒ジャケット

ーAkane's Private Fashion Part①ー買ったばかりの新作服で私らしい〝大人シンプル〟普通のシンプルじゃつまらない。ちょっとひねって茜らしいスパイスをプラス。

透け感がきれいなレースのスリップワンピは、黒のレギンスやジャケットで今年っぽくカジュアルダウン。一枚で着ても素敵なワンピを、クールかつ大人っぽく着こなせます。透け感やレイヤードがおしゃれなスタイルは、歩く姿を印象的に見せてくれそう♡

CanCam2019年6月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈(スタイリング協力) ヘア&メーク/松田美穂 モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/稲垣あすか 構成/木村 晶

【4】黒ワンピース×麦わら帽子

カンカン帽×サングラスで花柄ワンピを女優風に

レトロなミニ丈の花柄ワンピにカンカン帽、サングラスをプラスすればまるで映画のワンシーンみたい。ミニ丈の花柄ワンピは、ペタンコサンダルやラタンバッグでラフに着こなすのがこなれ見えのポイントです。

CanCam2018年8月号より 撮影/今城 純(D-CORD) スタイリスト/丸林広奈  ヘア&メーク/森 ユキオ(ROI) プロップススタイリスト/遠藤 歩 モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/渡辺みらの

【5】黒ワンピース×イエローカーディガン

黒のロングワンピには×カラーカーデで華やかさをON

シックで大人っぽい黒に、胸元のギャザーと裾のティアードデザインが印象的なマキシワンピ。ティアードワンピは、黒をチョイスすることで、程よく大人っぽい雰囲気に仕上がります。パッと華やぐライムイエローのカーデを肩がけにして、おしゃれも日焼け対策も欲張りに。

CanCam2018年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子

【6】黒オールインワン×白カーディガン

一枚で

トレンドど真ん中のオールインワンなら、さらりと一枚着るだけで今っぽい印象が即完成。肩掛けにした白カーディガンで女らしさを意識すれば、モードなオールインワンをフェミニンに着こなせます。さらに、リボンベルトでウエストをキュッと引き締めて、スタイルアップも叶えましょ♡

CanCam2018年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/堀田茜(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子

【7】スポーティな気分にマッチするTシャツワンピが主役

スポーティな気分にマッチするTシャツワンピが主役

Tシャツワンピを投入した、ゆるっとリラックス感のあるコーディネート♪ さりげなくシェイプしたシルエットなので、1枚で着てもサマになります。ポイントは、足元に合わせたスポーツサンダル。今シーズンもっとも注目のアイテムです! ソールのモノトーンボーダーでオシャレ度もさらにアップ。スポーティアイテムをひとつ取り入れるだけで、コーディネートがぐっと今っぽくなるのでおすすめです♡

撮影/石山貴史 スタイリスト/奥冨思誉里(@shiyoo1225) ヘア&メイク/菊池かずみ(P-cott/@kikku726) モデル/堀田茜(@akanehotta) ディレクション/石黒千晶 WEB構成/齋藤奈々

★【今日のコーデ】暑い日にぴったり!リラックス感のあるTシャツワンピのコーデ

【8】ヴィンテージ風ロングワンピースで大人のこなれスタイルに

ヴィンテージ風ロングワンピースが主役の大人こなれスタイル

ヴィンテージ風の小花柄ワンピは、黒ベースの色味でぐっと大人な印象に。 足元は、肌馴染みの良いベージュバレエシューズを合わせて花柄を引き立てるのがオススメです。ワンピースがダークトーンなので、かごバッグで軽やかさと季節感を意識♪ バケツ型のバッグをラフに持てば、こなれた雰囲気が漂います。アクセサリーはゴールドで統一して、大人なワンピーススタイルを楽しんで♡

撮影/中田陽子 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/菊池かずみ(P-cott) モデル/堀田茜(@akanehotta) ディレクション/石黒千晶 WEB構成/尾身綾子

★【今日のコーデ】ジメジメした日をアゲる、ヴィンテージ風ワンピの着こなし

【9】チュール素材の透けブラウスで色っぽかわいく♡

チュール素材のブラウスで色っぽかわいく♡

肌が透けるチュール素材のブラウスで、“黒は女の子をかわいく見せる説”を実証♡ 抜け感を意識したサマーモノトーンなら、センシュアルな魅力をもうひと押ししてくれます。肌の色とコントラストがつく、シースルーな黒ブラウスも色っぽさの秘密。さらに、透け×ドット柄の合わせワザなんて、もう最高にかわいすぎます!

撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/NAYA モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/EASE、浦田聡美、田中かほ里 構成/手塚明菜

【10】シックな黒小物で総レースの主役級ワンピを引き立たせて☆

シックな黒小物で総レースの主役級ワンピを引き立たせて☆

袖の透けスカラップや腰回りのフリルなど、ロマンティックなディテールが詰め込まれたとっておきの一枚。黒レースのデザインを存分に堪能できる、ヌーディなベージュインナーをINに着て、ちょっぴりセクシーに着こなすのが正解です。小物も黒でまとめたら、鮮やかな色はリップにだけON。

撮影/Fabian Parkes  スタイリスト/津野真吾(impiger) ヘア&メーク/神戸春美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/浅草花やしき、篠原里緒  構成/権藤彩子

【11】ブラック上手こそ、おしゃれを極めた大人の証♡

ブラック上手こそ、おしゃれを極めた大人の証♡

実は何色にも染まらない「黒」こそ、コーデ次第で女らしさや華やかさが演出できる特別な色。透け感やレースで奥行きを出したり、エッジの効いたバッグやヒール靴で遊びココロをプラスすれば、最上級のブラックコーデが完成します。さらに、ドット柄のチュールから透ける、コケティッシュな肌見せもアクセサリー以上のインパクトです。

撮影/Fabian Parkes  スタイリスト/津野真吾(impiger) ヘア&メーク/神戸春美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/浅草花やしき、篠原里緒 構成/権藤彩子

【12】ボリューム袖でブラックワンピをよりドレッシーに♪

ボリューム袖でブラックワンピをよりドレッシーに♪

トレンドのオフショルワンピなら、水着レイヤードも楽しめちゃう♪ 首元にチラリとのぞかせた水着のストラップも、黒ならカジュアルになりすぎず、お呼ばれもOKな上品さがキープできます。重たくなりがちなブラックワンピは、明るいブルーのサンダルで足元をトーンアップするのがおすすめテク。

撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/松村沙友里(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子

【13】ハイウエストから広がるボリューム裾でちょっぴりモードに

ハイウエストから広がるボリューム裾でちょっぴりモードに

腰高のウエストベルトでスタイルアップが叶うオールインワン。 水着をレイヤードすれば、下着などのインナーを気にせずにオールインワンを着こなせます。PVCバッグには、差し色にもなるお茶目なポーチをIN♪ ワンランク上のおしゃれをアピールして♡

撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/松村沙友里(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子