ゆるっとオーバーサイズで今年っぽく!夏のおすすめシャツコーデ10選

ゆる感がかわいい♡夏のシャツコーデ集

今夏も人気のシャツコーデをピックアップ! 今シーズンは、ゆるシャツをざっくりはおった華奢見えコーデがイチオシです♡ 爽やかなストライプシャツやインパクトのある柄シャツと合わせる夏コーデも要チェック!

【目次】
シャツを合わせる夏のレディースコーデ
ストライプシャツ 夏コーデ
柄シャツ 夏コーデ

シャツを合わせる夏のレディースコーデ


【1】カーキシャツ×黒キャミソール×デニムパンツ

BITTER BLACK  ベージュ、カーキ、ブラウンなど、落ち着きのあるアースカラーを味方に付ければ、キレよくハンサムな‟辛い黒„の完成!リネンやコットンなど天然素材を選ぶことで、ひとさじの女らしさも漂って。

メンズっぽいデニムやシャツに、華奢なニットキャミで女っぽさを♡ サイドの縫い目をなくし、素肌になじむ着心地のよさを追求したカップ付きキャミは、古着っぽいトレンドコーデにすんなりマッチ。大きめシャツをざっくりはおって、デコルテは女っぽいのにシルエットは男前…な〝女前スタイル〟を手に入れて。

CanCam2019年6月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/YUMBOU(ilumini) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/新城真紀

【2】ベージュシャツ×黒ロングワンピース

BITTER BLACK  ベージュ、カーキ、ブラウンなど、落ち着きのあるアースカラーを味方に付ければ、キレよくハンサムな‟辛い黒„の完成!リネンやコットンなど天然素材を選ぶことで、ひとさじの女らしさも漂って。

クロシェの透け感がかわいいワンピースは、一枚ずつ手編みで作られているこだわりのニット素材。ひざ下だけの透け感や今っぽいマキシ丈が、上級者っぽいおしゃれコーデに最適です♡ ばさっとはおったリネンシャツと、ラフなスニーカーで抜け感をプラス。真夏はフラットサンダルを合わせて、よりカジュアルに着こなしても。

CanCam2019年6月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/YUMBOU(ilumini) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/新城真紀

【3】カーキシャツ×水色Tシャツ×デニムパンツ

ドライに着る カーキも魅力的

カジュアルコーデはあくまでも〝シンプル〟を軸に、シルエットや素材感でほんのりと女っぽさをプラスするのがおすすめ♡ シアーなTシャツとスキニーデニムなら、飾らない女らしさがアピールできます! トレンドのシアーな糸を使用したTシャツは、ルーズなシルエットで今っぽさも抜群。無造作にはおるだけで今年っぽい、カーキのBIGシャツをアウター代わりに。タイトにまとめた着こなしと、ゆるシャツのギャップ効果で華奢見えコーデが完成します。

CanCam2019年6月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/楓(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【4】カーキシャツ×白スカート

布をたっぷり使ったティアードスカートは、裾のランダムなカッティングが印象的♡ 動きのあるシルエットが、ドラマティックで目を引きます。トップスはBIGシルエットのカーキシャツを選んで、ゆる×ゆるの組み合わせに挑戦。オーバーシャツやスニーカーなど、ボーイズライクな要素をプラスするとこなれ感がよりアップ! ベルトのウエストマークでメリハリを加えれば、コーデにメリハリも生まれます。

CanCam2019年6月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/楓(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【5】ベージュシャツ×黒ニット×デニムパンツ

今年らしいデニムを選ぶなら、脚長効果も抜群のハイウエスト×足首が見えるクロップド丈がおすすめ。リブタンクでシンプルな女らしさをプラスしつつ、シアーベージュのロングシャツでやわらかさも意識して。カチッとしたバッグでクラシカルなきちんと感をONすれば、カジュアルなデニムコーデが大人っぽく仕上がります。

CanCam2019年6月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/楓(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【6】ベージュシャツ×白パンツ

予定アリの平日はキレイめショーパンで〝大人っぽく肌見せ〟

スカート感覚で違和感なくはけるのは、ボックスシルエットの長め丈ショーパン。オフィスコーデのマンネリ打破にも効く、ニューカマーです♪ ボトムがコンパクトな分、トップスは腰回りをカバーするくらいのボリューム感がバランスよし。

CanCam2018年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/まい(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子

ストライプシャツ 夏コーデ


【1】ストライプシャツ×白Tシャツ×グレーパンツ

ーAkane's Private Fashion Part④ージェットセッター茜の旅スタイル 頻繁な海外ロケや地方取材、プライベートでも旅行好き。というわけで、旅スタイルが確立されてきました!

ビッグシャツにニットパンツ、さらにハイテクスニーカーを合わせた楽チンスタイル。ラフな着こなしに、女らしくはおるシャツスタイルで今っぽさをプラスして♡ めがねや大きめのトートバッグでこなれ感をONするのがポイントです。

CanCam2019年6月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈(スタイリング協力) ヘア&メーク/松田美穂 モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/稲垣あすか 構成/木村 晶

【2】ストライプシャツ×ラベンダースカート

背抜きシャツで大人っぽい肌見せコーデにTRY!

ともすれば、コンサバど真ん中のシャツ×タイトスカートという組み合わせも、鎖骨見えが大人っぽい背抜きシャツを選ぶと、一気に今っぽい印象にシフト! さらにハイウエストスカートなら脚長効果も叶うので、「スタイルいい!」って思われそう…♡ 淡いトーンでつなげた配色も、フェミニンで好感度抜群です。

CanCam2018年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子

柄シャツ 夏コーデ


【1】柄シャツ×黒パンツ

ーAkane's Private Fashion Part①ー買ったばかりの新作服で私らしい〝大人シンプル〟普通のシンプルじゃつまらない。ちょっとひねって茜らしいスパイスをプラス。

〝やんちゃボーイッシュ〟なプリントが映える、マニッシュで大人っぽい開襟シャツ。シックな黒パンツに合わせたら、シャツの裾はキュッと結び見た目のバランスを調節して。仕上げに赤リップをひと塗りして、女っぽさをプラスするのがおすすめです♡

CanCam2019年6月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈(スタイリング協力) ヘア&メーク/松田美穂 モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/稲垣あすか 構成/木村 晶

【2】柄シャツ×白キャミソール×デニムパンツ

人気のパイナップル柄で、定番デニムを今年モードに♪

トレンドのパイナップル柄で、ヴィンテージ感のあるデニムを今っぽくコーディネート。シャツはデニムにINすることで、きちんと&女の子らしい印象に♡ 小物は、巾着型のカゴバッグで、トレンド感を底上げ。シャツの下に、コンパクトな白キャミをレイヤードすれば、男前な柄シャツも女のコらしい表情にシフトし清潔感もUPします。パイナップル柄とリンクするフレッシュなイエローパンプスを差し色に。メンズっぽいコーデだから、足元は高めのピンヒールでレディに盛って♡

★【今日のコーデ】ピンヒールで女度UP!アロハシャツでつくる最旬デニムコーデ