ベージュジャケットの人気コーデ18選|大人っぽく見えるから絶対買い!【2021レディースのおすすめ】

おしゃれ感をキープ♡大人見えする「ベージュジャケット」

きちんと感はもちろん、やわらかな印象も与えてくれる、ベージュジャケットの春コーデを大特集♡ テーラードやノーカラーの大人っぽい着こなしや、スカートを合わせた今っぽコーデをご紹介します。

「ベージュジャケット」は春夏のオフィスコーデにぴったり

ベージュジャケット

ベージュのジャケットは、黒やネイビーなどダークカラーのジャケットよりも見た目が軽やかに仕上がるので、春夏のオフィスコーデにもおすすめ。女性らしく柔らかな雰囲気が演出できるので仕事で好印象を残したいシーンにもぴったりです。

Q.10カジュアル通勤が増えたとはいえ、やっぱりかっちりジャケットが必要な日があります。リクルートスーツにならないジャケットコーデの正解って?『A.黒や紺で堅苦しい素材はやめて、ニュアンスカラーorやわらか素材をモノにせよ!』

休日コーデなら、トレンドのショート丈ボトムと合わせたり、ロング丈のワンピースにラフに羽織るのもおしゃれ♡ そのままでコーデが決まるベージュジャケットのセットアップを取り入れるのも手軽です。

「ベージュジャケット」に合うインナーやボトムの色は?

ベージュジャケット

基本的に、どんな色とも相性のいいベージュジャケットですが、今っぽくてマッチしやすい特におすすめな配色をご紹介します。

上品フェミニンなら「ベージュ×白」の組み合わせ

03春イエロー×大人ベージュのまろやか配色

トーンの近いベージュと白を組み合わせることで、優しく明るい雰囲気の着こなしになります。フェミニンな印象を残したいときにおすすめの配色です。

「ベージュ×濃いめのベーシックカラー」で大人っぽいメリハリを

柄大渋滞説をオトナきれいにチェンジするには?

淡いベージュに黒やダークブラウンなど濃いめのベーシックカラーを取り入れると、大人っぽくメリハリのある着こなしに。春夏はインナーや靴など一か所に濃いめのベーシックカラーを足すことで、重たくなりすぎない&コーデが程よく引き締まります。

「ベージュ×ジェラートカラー」で淡色を引き立てる

Pink×Beige『Pink×Beige Variation』

イタリアンジェラートのような淡色カラーには、まろやかなベージュジャケットが相性抜群! やさしいジェラートカラーが引き立ち、コーデに今っぽいナチュラルさを演出できます。

「ベージュジャケット」の着こなしポイント

Pink×Beige『Pink×Beige Variation』

  1. ベージュジャケットは春夏のオフィスコーデにおすすめ
  2. トレンドのジェラートカラーとも相性抜群
  3. 靴やインナーにダークカラーを入れてベージュジャケットコーデを引き締める

「ベージュジャケット」×パンツの春スタイル

【1】ベージュジャケット×ベージュインナー×ベージュパンツ×ラベンダーパンプス

Q.10カジュアル通勤が増えたとはいえ、やっぱりかっちりジャケットが必要な日があります。リクルートスーツにならないジャケットコーデの正解って?『A.黒や紺で堅苦しい素材はやめて、ニュアンスカラーorやわらか素材をモノにせよ!』

堅めのオフィススタイルが求められる日は、着心地ときちんと感を重視したセットアップがおすすめ。みんな大好きUNIQLOの超優秀3点セットは、やわらかさのあるグレーベージュで女らしさもキープ。ハイウエストパンツにトップスをINしてスタイルアップも◎。小物も強いカラーは入れずグレーのトートバッグとラベンダーのパンプスで品よくまとめて。

CanCam2021年4月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/MAKI モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/田中絵理子

【2】ベージュジャケットセットアップ×グレーインナー×白パンプス

腰高のワイドパンツにカットソーをコンパクトにINすれば、オーバーサイズのセットアップもバランスよく決まります。季節感ややわらかさが演出できる淡いグレーでクリーンな女らしさを演出して♡ 靴はクリアな白パンプスを合わせるのが、全体のやさしいトーンを崩さずメリハリをプラスするテクニック。

CanCam2020年5月号より 撮影/有馬秀星(MOUSTACHE) ヘア&メーク/谷口里奈(R&eo) モデル/中村麻美 

【3】ベージュジャケット×ベージュインナー×ミントセンタープレスパンツ

きれいめなジャケパンスタイルを淡色でまとめて、堅すぎない通勤コーデに。ベージュジャケット×くすみミントのパンツなら、やわらかで品のある女性像が演出できます。インナーは濃いめのベージュタンクでコーデ全体をやさしく引き締めて。

CanCam2021年5月号より 撮影/渡辺謙太郎 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/松田美穂 モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/岩附永子、山木晴菜

【4】ベージュジャケットセットアップ×ベージュインナー×白サンダル

07テーラードジャケット×定番デニム

ノーブルな白っぽベージュのセットアップは、品の良さも色っぽさも◎。ジャケット×デニムのマニッシュな着こなしがフェミニンに決まる、白〜ベージュの淡いトーンがポイントです。靴&バッグまで同系色でまとめたまろやか配色が洒落見えに効果あり。

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【5】ベージュジャケット×白インナー×イエローセンタープレスパンツ

03春イエロー×大人ベージュのまろやか配色

ゆるっとしたシルエットと春めいた淡い配色など、今どきムード全開のジャケパンコーデ。ベージュジャケットのインナーは白Tでラフな抜け感をプラスして、全体の淡いトーンはそのままキープ。ほんのり甘いイエロー系のボトムなら、マニッシュなジャケット×パンツも優しげな雰囲気に仕上がります♡

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI モデル/小室安未(本誌専属) 構成/手塚明菜

【6】ベージュジャケットセットアップ×白Tシャツ×黒ロングブーツ

東京カジュアルな安未のミニ×ブーツはこう着る!

ジャケット×ショーパンのセットアップは、ヘルシー&大人っぽく着るのが気分! テーラードジャケットの中でも、大人っぽく着こなせるショートパンツとのセットアップはトレンド感も◎。×ロングブーツとの程よい肌見せも大人見えに効果的。バッグやブーツでコーデを締めれば、まろやかカラーの着こなしにメリハリが効かせられます。

CanCam2021年4月号より 撮影/東 京祐 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/手塚明菜

【7】ベージュジャケットセットアップ×ブラウンスエット×白インナー

かわいいカジュアル 菜波『ショーパンセットアップで大人っぽさとやんちゃさのいいトコどり!』

季節の変わり目に短めボトムを先取りするなら、こっくり配色で見た目を暖かく魅せるのがおすすめです♡ ベージュブラウンのセットアップは、インナーに濃いめブラウンのスエットと白Tシャツの抜け感を仕込んで落ち着きのある大人グラデに。ショルダーバッグやエコBAGなど小物のブラックとリンクする肩掛けニットは、洒落感+ストール代わりの防寒にもぴったりです。

CanCam2021年3月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/MAKI モデル/菜波(本誌専属) 撮影協力/木谷成良、楫 真梨子 構成/鶴見知香

【8】ベージュジャケットセットアップ×白インナー×ベージュローファー

かわいいカジュアル 菜波『ショーパンセットアップで大人っぽさとやんちゃさのいいトコどり!』

ジャケット×ショートパンツのセットアップは、春色インナーを重ねて新鮮な表情に。ジャケットの端正さを後押しする薄手のクルーネックカットソーならクリーンな女らしさもプラスできます。あえてなじませないフレッシュなピンクニットも春らしさ抜群! 靴はミュールタイプのローファーで上品なおしゃれっぽさを。

CanCam2021年3月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/MAKI モデル/菜波(本誌専属) 撮影協力/木谷成良、楫 真梨子 構成/鶴見知香

「ベージュジャケット」×スカートの春コーデ

【1】ベージュジャケット×チェック柄スカート×ブラウンシアーインナー

柄大渋滞説をオトナきれいにチェンジするには?

糖度高めなギンガムチェックは、エッジィなイレヘムスカートでキレをプラス。ベージュジャケットや女っぽい華奢サンダルでオトナな要素をちりばめると、落ち着きのあるトレンドコーデが楽しめます。ジャケットのインナーは透けトップスを仕込んで程よい抜け感をプラス! コーデが重たくならず春らしさがアップします。

CanCam2021年5月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/白水真佑子 モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/田中絵理子

【2】ベージュジャケット×白スカート×ブラウンインナー

ベージュジャケットとエクリュのスカートが、リッチでおしゃれっぽい春コーデにぴったり♡ ベージュ系と相性のいい白スカートを持っておくと、上品コーデが簡単に作れるのでおすすめです。淡いカラーが多くなる春のスタイリングには、白のミニバッグが活躍!

CanCam2020年5月号より 撮影/須藤敬一 スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/丸林広奈 構成/浜田麻衣

【3】ベージュジャケット×花柄スカート×白インナー

コンサバになりがちなジャケットも、ロングスカートとの合わせで即こなれ顔に。インナーに白Tを挟んでスカートの甘さをきりっと仕上げると、華やかなスカートがデイリーに着こなせます。ミニバッグにカラー小物を選んで遊び心もONしましょ。

CanCam2020年5月号より 撮影/花村克彦 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/Midori モデル/菜波(本誌専属) 構成/田中絵理子

【4】ベージュジャケット×白スカート×白インナー

インナーのトップス&スカートをエクリュでまとめて、きれいめなベージュジャケットをON! ワントーンで作るコンサバすぎないジャケットスタイルは好印象確実。アクセントになるブラウンのチェーンバッグで全体をおしゃれに引き締めるとシャープさもプラスできます♡

CanCam2021年5月号より 撮影/今城 純 スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/KIKKU モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/権藤彩子

【5】ベージュジャケットセットアップ×白Tシャツ×黒ロングブーツ

安未は東京カジュアルなミニ×ブーツ

もはや定番のCPOジャケットも、春ツイード&ミニスカのセットアップならおしゃれ鮮度が大幅UP! インナーはロゴTシャツを合わせて、こなれ感のあるカジュアル要素をトッピング。ゴツさがかわいいレースアップブーツでパンチを効かせるのもポイントです♡

CanCam2021年4月号より 撮影/東 京祐 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/手塚明菜

ワンピースに「ベージュジャケット」を合わせるコーデ

【1】ベージュジャケット×ストライプ柄ワンピース×ブラウンパンプス

Q.3リモート勤務も増えた今、オン/オフ着られる便利な服しか欲しくないんです。『A.大人っぽフレアワンピなら、平日も休日も着倒せて確実にモトがとれる!』

バックシャンのロングワンピにベージュのジャケットを羽織ってオフィス仕様に。グリーンのバッグで春らしさをONしつつ足元はブラウンで引き締めて。やわらかな淡色コーデにまとめると好感度もUPします♡

CanCam2021年4月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/MAKI モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/田中絵理子

【2】ベージュジャケット×ベージュキャミワンピース×ピンクインナー×ピンクバッグ

Pink×Beige『Pink×Beige Variation』

インナーにピンクのシアートップスを仕込んで、キャミワンピ×かっちりジャケットに華やぎを♡ 端正な佇まいのジャケットとキャミワンピのセットアップは、くすみピンクをINすることで大人かわいい印象にシフトします♡ シアー素材のトップスとリンクさせたニュアンスピンクのバッグでコーデに華やかさも添えて。

CanCam2021年4月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI) モデル/まい(本誌専属) 構成/手塚明菜

【3】ベージュジャケット×イエローワンピース

肌見せで自然体な女らしさを投入できる、くすみイエローのロングワンピ。ヘルシーなサステナカラーだからこそ、大胆な背中見せも素敵にキマる♡ リネンのジャケットをプラスして、女っぽいマニッシュコーデを完成させて。

CanCam2020年5月号より 撮影/Chopper スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/石黒千晶

【4】ベージュジャケット×オレンジワンピース×イエローパンプス

まいまいが履きたい春靴はこの6つ!『きれい色パンプスを春服とカラーミックス』

テラコッタオレンジの印象的なカラーワンピに、同系のイエローパンプスでキレイ色をもうひと盛り。着こなしが一気に春めくカラーONカラーでかわいいに拍車を♡ ベージュジャケットとバッグでほかのカラーは上品にまとめるとデイリーコーデに落とし込めます。

CanCam2020年5月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/まい(本誌専属) 構成/岩附永子

【5】ベージュジャケット×花柄キャミワンピース

沙友理はこの春きれいめロマンティックでいく!

あえてカチッと着ないドレッシーなジャケットスタイル。今季人気のジャケットをはおるなら、トラッドではなくエモい雰囲気たっぷりに取り入れてみて。ベージュジャケットを総レースのフェミニンなキャミワンピに合わせるとムード満点の大人コーデが決まります。

CanCam2020年4月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/神戸春美 モデル/松村沙友理(本誌専属) 構成/権藤彩子、鶴見知香

オンオフの着回しに活躍する「ベージュジャケット」

上品な着こなしになるベージュジャケットの春コーデをご紹介しました。ベーシックカラーはもちろん、トレンドのジェラートカラーなどどんな色にもマッチするジャケットなので、1枚あるとデイリーの着回しに活躍します。今季は、洒落感が簡単にアピールできるベージュジャケットのセットアップもおすすめ! それぞれ単品でも使えるので、着こなしの幅も広がります♡