あなたは社交的ですか?社交的の意味や特徴、社交的になるメリット・人付き合いが上手になる方法

社交的になるメリット♡社交的の意味や特徴、人付き合いが上手になる方法

(c)Shutterstock.com

あなたは社交的ですか?それとも非・社交的ですか? 人見知りな方は、人付き合いが上手な人をときに、うらやましく感じることもありますよね。いっぽう社交的な人も、意外と悩みがありそう。そこで今回は、社交的な人の特徴やメリット、社交的な人に近づく方法をまとめました。

社交的とはどういう意味?

まずは、社交的の意味を辞書で確認しておきましょう!

社交的の意味は、

人とのつきあいに積極的で、つきあい方のじょうずなさま。

なのだそう。
「社交的な性格」「社交的な人」などと使います。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

「社交的な人」と聞くと、なんとなくポジティブなイメージがあると思いますが、具体的にどんな特徴があるのかまとめたので見ていきましょう!


社交的な人の特徴

(c)Shutterstock.com

1.人と話すことが好き

社交的な人は、やっぱり人と話すことが好き。話すこともそうですし、人の話を聞くことも好きで、人に対し興味を持っている人が多いです! 他人に興味を持てると自然とコミュニケーション能力も上がりそうですよね。

 

2.ポジティブ思考

ポジティブ思考なことも社交的な人あるある。いい意味で周りを気にせず、プラスに物事を捉える癖がついています。なので余計なことを考えずに、人とコミュニケーションをとることができると言えますね!

 

3.ノリがいい

社交的な人は、基本的にノリがいい! 冗談も通じるし、会話の引き出しも多いです。周りの空気を読んで、その場を盛り上げるのも得意かも。かといって普段から明るいわけではなく、状況に応じてテンションを使い分けています。

 

4.行動力があって積極的

社交的な人は、あれこれ考える前に行動するタイプが多いです。行動してみて、何かあったらそのとき対処法を考えようという、楽観的な性格。周りを巻き込んだり無茶なことだったりしなければ、チャンレンジ精神があっていいことですよね!

 

5.人のいいところを見つけるのが得意

社交的な人は、褒め上手。人のいいところを見つけるのが得意で、そのいいところを自分にも吸収しようとします。見た目だけではなくその人の内面や性格を褒めるので、お世辞っぽさがなく相手もいい気分になれます。


社交的な人になるメリット

(c)Shutterstock.com

社交的な人になることは基本的にいいことばかりな気がしますが、具体的にどんなメリットがあるのかご紹介します。

 

1.交友関係が広がる

まずは社交的で世渡り上手になることで、交友関係が広がります。気に入ってもらえて「○○と話が合いそうだから今度紹介するよ!」「次こんなイベントがあるけど是非参加しない?」など、普段関わりのない人と出会うチャンスも多くなりますよね!

 

2.新しい経験のきっかけが増える

交友関係が広がることで、様々な仕事や経験をした人と出会います。そこで、お誘いを受けたり刺激をもらったりして、それが新たな挑戦の後押しになることもあります。人からもらうパワーは大きいですよね。

 

3.第一印象がよくなる

第一印象がよくなることも、社交的な性格のメリット。就職活動や恋愛など、何かと第一印象が大切な場面って結構ありますよね。そんなとき、初対面でもスムーズに会話できる力があると有利かも!

 

4.明るい気持ちでいられる 

当たり前のことではありますが、いくら社交的な人でもひとりのときは静かだし落ち込むことだってあります。ただ、人とコミュニケーションをとることで自然とそのモヤモヤが晴れて、明るい気持ちをキープできることもあるそう。この機会は人と関わることが好きじゃないと、どんどん減っていきますよね。

 

社交的な人はときに大変…。デメリットも

(c)Shutterstock.com

社交的な性格だと基本的にメリットしかなさそうなイメージですが、こんなデメリットもあるんです。

  • 自分の時間がなくなる
  • 出費がかさむ
  • 1人でいるときの寂しさが倍
  • 八方美人な印象を持たれることもある
  • チャラいと思われることも

物理的に時間やお金が無くなったり、人と楽しい時間を過ごす分ひとりの特に孤独を感じやすかったり…。また周囲に妬まれることもゼロではありません。ただ、人に使う時間が多い分、きっと自分にも返ってくるはず。何事もバランスが大事です!


社交的な人に近づく方法

社交的な人の特徴やメリットがわかったところで、こちらでは社交的な人に近づく方法をまとめました! 今すぐ実践できるものもあるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

1.笑顔を忘れない

まずは日ごろから笑顔を忘れないこと。いきなり笑顔を作れと言われても難しいので、楽しかった出来事や、自分へのご褒美などを想像して口角を上げて! それを意識するだけで、ポジティブなオーラが出せるはず。

 

2.質問力を磨く

自分から話すことはあまり得意でない場合、質問力を磨くのもひとつの手です。また相槌を上手に使い分けるのも効果的! 自然と会話が続くし、コミュニケーション能力にも自信がついてくるでしょう。

 

3.フットワークを軽くする

今まで誘いを受けても断りがちだったあなたは、ひとまずその誘いに乗ってみましょう。フットワークを軽くすることで、新しい景色が見えてくるかも! 新たな出会いも増えるでしょうし、必然的に初めましての人と話す機会も増えます。そこでどんどん社交性は磨かれていくでしょう。

 

4.何事も挑戦してみる

先にあれこれ考えてしまい、結局挑戦することを諦めているあなた。ちょっと物事を楽観視して、何事も挑戦してみませんか? たとえ失敗したっていいんです。それが次への経験になるし勇気にもなるはず。挑戦している人は応援したくなるし、のちにいい出会いに繋がりますよ!


社交的の意味を間違えないで!馴れ馴れしいと思われてしまうNG行動

社交的な人と馴れ馴れしい人、実は紙一重なんです。同じ行動をしても相手によっては「距離が近くてイヤだな」と思われてしまうことも…。こちらでは馴れ馴れしいと思われてしまうことが多いNG行動をまとめました。知らず知らずのうちにやってしまっていないか、要チェックですよ!

 

1.出会ったばかりで名前を呼び捨て・タメ口

まずは、いきなりの呼び捨て。「こんなことする人いるの?」と思う方もいるかもしれませんが、特に男女の出会いの場ではあるあるなんだとか。距離感を縮めるためにするそうですが、これが通用するのは気になる人だけですよね。失礼にあたることが大半なので、ここは気を付けましょう!

 

2.踏み込んだ質問をしてくる

まだ出会ったばかりなのに、個人情報や家族のことなどちょっと踏み込み過ぎた質問をするのもNG。相手のことを知りたいがゆえの行動かもしれませんが…自然な流れで相手から話すときがくると思うので、待ちましょう。

 

3.ボディタッチが多い

過度なボディタッチも、距離感が近すぎると思われてしまいます。会話の中で軽く触るくらいならアリですが、腰を触ったり肩を抱いたりまだ距離が縮まっていない段階で物理的に近づくのは、社交的というより軽い人と思われてしまうかも。

 

4.しつこくLINEをする

恋人でもないのに自分の近況を送ったり、追いLINEをしたりするのは避けましょう。よっぽど急ぎの連絡ではない限り、催促LINEはもってのほかです!


【まとめ】

社交的な人に近づくポイントは掴めましたか? 無理に話を盛り上げようとするのではなく、質問や相槌を上手く使ってコミュニケーションを取ると自然と会話が続くはず。あとは笑顔を忘れずに♡