男性100人が「好き。…だけど恋人と相性が合わない」と感じた6つの瞬間

「好き…だけど恋人と相性が合わない」と感じた瞬間6つ


相思相愛になって、ようやく恋人同士に。それだけで幸せだと思っていたけど、付き合っていくうちになんだか相性が合わない…。そう気づいてしまったことはありませんか?

(c)Shutterstock.com

長く付き合う中で気になる相性。やっぱりお互いが「相性が良い」と思っている関係性に憧れますよね。今回は20~30代男性に聞いた「好きなのに相性が合わないと思った瞬間」をご紹介します!

Q.好きなのに「相性が合わない」と思ったことはありますか?


何度もある 32%
1〜2回ある 38%
ない 30%

なんと7割の方が彼女に対して「相性が合わない」と感じたことがあるそう。結構な高確率ですよね…。知らない間に、恋人に「相性が合わない」と思われていたら悲しいもの。どんなときに思ったのか聞いてみました。

「相性が合わない」と思った瞬間


【1】価値観・考え方が違う

「価値観や考え方が違うとき」(回答多数)
「考え方が180度違ってこちらの価値観が全く理解されない」(34歳・神奈川県)
「物事に対して、自分はすぐに判断したいタイプだが、彼女はなかなか決められないタイプであること」(35歳・東京都)

価値観や考え方が違うと、どちらかが我慢をしたり、言い合いに発展することも。特に、金銭感覚や恋愛・食事観、親に対する価値観などで違いが現れてくるようです。たとえ違っても、お互いに理解しあえることが理想ですね◎

・金銭感覚

「金銭感覚が合わない」(回答多数)

何を高い・安いと思うのか。この感覚が違うと、デートの時に困りますよね。また将来のことを考えても、貯金するのか、浪費するのかなど金銭感覚の一致は気になるところです。

・恋愛観

「ひとりの時間」(30歳・大阪府)
「人前で平気でベタつく」(23歳・福岡県)

ひとりの時間を持ちたいか、時間が合えば一緒にいたいのか。人前での距離感など、恋愛観の一致も大切ですよね。

・食の価値観

「食事の好みが違う」(回答多数)
「味の好みが違ったとき」(34歳・宮崎県)

食事の趣味が違うと、食事デートの行先を決めるときや同棲のときに困りそう。好きなもの、嫌いなものは似ていたいですね。

・親に対する価値観

「お互いの両親への対応」(33歳・埼玉県)
「親の話になる時」(38歳・神奈川県)

意外にも親に対する価値観も違うもの。長く付き合うとお互いの親との関わりも増えるので、両親との付き合い方への理解があると良いですよね。

【2】生活リズムが違う

「タイミングが合わない」(回答多数)
「生活リズムが合わない時」(回答多数)
「生活習慣が違い過ぎた」(37歳・千葉県)
「予定が合わないとき」(33歳・埼玉県)

仕事や学業の関係で夜型・朝型など、生活リズムが合わないことも。するとデートの予定が合わず、次第に心の距離も離れていってしまいます。また同棲する中で、就寝時間の違いやトイレの遣い方のギャップなど生活習慣の違いに気づく方もいるようです。

【3】会話が噛み合わない

「話が噛み合わないときがある」(回答多数)
「話が分かり合えないとき」(34歳・高知県)
「自分が話してる内容と相手が理解してる内容が違う」(20歳・秋田県)
「ジェネレーションギャップを感じる時」(35歳・愛知県)
「基礎教養がない」(29歳・香川県)

相手に話が通じなかったり、分かり合えなかったり。やっぱり価値観や考え方、好きなものが違うと相手に上手く通じず、かみ合わないことも生じます。またジェネレーションギャップや教養レベルによっても、理解に差が出るようですね。

【4】喧嘩したとき

「喧嘩したとき」(回答多数)
「何だかイラつくタイミングがある」(28歳・愛知県)
仕事等外的な要因でストレスなんかが溜まっている時、感情のすれ違いや理解しあえない事があった時」(29歳・愛知県)

ケンカ勃発した時に「相性が合わないな」と感じるようです。ストレスに感じることや衝突することが多いと、どこかで感情のすれ違いや理解し合えないことがあるのかなと思いますよね。

【5】笑いのツボが合わない

「お互いの気分が盛り上がらない」(37歳・山形県)
「笑いのツボは全然違うときづいたとき」(25歳・東京都)
「お笑いに関する程度があわない」(27歳・和歌山県)

小さいことでも面白い・楽しいと感じる部分が一緒だと、それだけで会話が盛り上がりますよね。笑いのツボが違うと、楽しい時間を共有できず辛いと感じてしまうことも。

【6】会話が続かない

「会話が続かなくなった時」(回答多数)
「会話する話題」(29歳・奈良県)

相性が合う人同士だと、話が盛り上がって、次から次へと話題が生まれてくるもの。また波長が合えば、無言の時間でも苦痛にならないようなそんな心地の良い関係性になっています。会話が続くかどうか、無言でも気まずくないかという観点も重要ですね。

【その他】

「なんとなく違和感を感じるとき」(30歳・長崎県)
「何を考えているか分からない」(30歳・大阪府)
「方言が合わない時」(26歳・岐阜県)
「趣味が合わないとき」(31歳・長野県)
「すべてが雑」(37歳・新潟県)

他にはこんな回答がありました。趣味や性格が合わない時などに、なんとなく違和感を感じることがあるようですね。また逆に自分の考えや価値観を伝えなければ、何を考えているのか分からず相性が悪いかも…と感じてしまうようです。

 

全部が全部合うことはありません。ですが、その違いをお互いに許容出来るのか、ズレを違和感として感じ続けるのかによって、恋人との関係も変わっていきそう。心地よい空気感になれるよう、不満に感じることがあったら話し合ってみてくださいね◎ (齋藤有紗)

アンケート/株式会社クロス・マーケティング QiQUMOにて調査