人気のフレアやプリーツなど♡スカートコーデ26選|トレンドのスカートを種類別に紹介!

デザイン別♡スカートのトレンド冬コーデ

脱・ほっこりにはレザーでツヤ盛りが効く!

女らしくて気分も上がるスカートは冬のおしゃれにマスト! そこでトレンドを押さえたスカートコーデを大特集! フェミニンムードのスカートの中でも、人気の高いフレア・プリーツ・ティアード、ミニスカートの着こなしを種類別にご紹介します。定番のスカートをトレンドmixで着こなすコーデも要チェック!

種類別スカートの着こなし方

好感度シンプル・トラちゃんはこの3アイテムで仕事運UP

タイツやブーツを合わせて冬コーデにも人気のスカートですが、今季はどんなスカートをどうやって着こなすのが正解なの? 4種類の人気スカートとトレンドコーデをお見せします。スカートは女らしいアイテムなのできれいめに合わせるのが定番ですが、トップスでカジュアルダウンしたり、こなれ感をプラスするのもおすすめ。スエットやパーカなどを合わせると女性らしいワンマイルコーデも完成するので試してみて下さいね♪

  • オンオフ着回せる「フレアスカート」
  • 「プリーツスカート」は蛇腹になっているので動きやすさも◎
  • 段の切り替えがほんのり甘い「ティアードスカート」
  • 「ミニスカート」をセットアップで着ると大人かわいい

★カジュアルガーリーなファッションはスカートが活躍♡


上品フェミニンなフレアスカートの冬コーデ

【1】花柄フレアスカート×ブルーニット×白ブーツ

mite『お手頃でモテが叶う♡』

とろんとした質感のロングスカートは春色ブルーのニットを合わせて優しげな配色に♡ ベージュのバッグと白ブーツで小物を軽やかにまとめて、あったかいけど春っぽい先取りコーデを楽しんで。シックになりがちな冬こそ、カラーMIXで華やかな装いを。

CanCam2021年2月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/山木晴菜

【2】花柄フレアスカート×オレンジトップス×ブラウンバッグ

&.NOSTALGIA『ディテールも繊細&大人っぽくて高見えする洋服が多数』

レース×イエローの最旬スカートは、ほんのり透ける裾がエモい♡ 女らしいシルエットを作るマーメイドラインなので、トップスをコンパクトに合わせるとおしゃれっぽく仕上がります。トップスは同系のオレンジ、小物はブラウンでまとめてトレンドのワントーンコーデを楽しんで♪

CanCam2021年2月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/山木晴菜

【3】花柄フレアスカート×白アウター×ブラウンバッグ

大人フェミニン・ほのかはこの3アイテムで対人運UP

ちょっぴり特別感を出したいデートシーンは、大人っぽい花柄スカートで参戦♡ おしゃれ感と大人っぽさを両立する長め丈にシックなモノトーン配色など、どんな場所にもハマる〝柔軟さ〟がスカートの魅力です。アウターは表情まで明るくなるコートをONすると今っぽい大人フェミニンが完成。

CanCam2021年2月号より 撮影/曽根将樹 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI モデル/ほのか(本誌専属) 構成/手塚明菜、浜田麻衣

【4】花柄フレアスカート×黒ニット×黒ブーツ

辛口キレイめ・安未はこの3アイテムで金運UP

落ち着いたカラーの花柄スカートを投入して、華やかさのあるレディなモノトーンコーデに。いつもの黒ニットと黒ブーツでサンドすれば甘さ控えめに着こなせる♪ ボアコートはあえてのベージュで女らしいやわらかさも。

CanCam2021年2月号より 撮影/曽根将樹 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/手塚明菜、浜田麻衣

【5】柄スカート×白コート×グレーニット×ベージュブーツ

あか抜けてる人は…抜け感がある

品のあるフレアスカートに柄の色とリンクするグレージュニットをプラス♡ ニットの下に白カットソーを足すことで、コーデに抜け感と奥行きを出すのも計算済みです。やわらかい表情を生むニュアンスカラーコーデにはあえて締め色なしでトライ。エクリュのコートとグレージュブーツで優しい配色に仕上げましょ♡

CanCam2021年2月号より 撮影/土山大輔 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/木谷成良、楫真梨子 構成/鶴見知香

【6】ベージュフレアスカート×ラベンダーニット×白ボアコート×黒ブーツ

どこかに〝ひらっと〟女のコらしいときめきを♡大人フェミニンほのかstyle

マーメイドフレアのベージュスカートにラベンダーのタートルニットをIN。品のあるキレイめコーデを優しげなボアアウターでカジュアルダウンすることで、親近感のある今っぽいかわいさがアピールできます♡ レースアップブーツやバッグはブラウンを選んで大人っぽく引き締めて。

CanCam2021年1月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/芝宮ゆかり 構成/権藤彩子

【7】白フレアスカート×黒コート×グレータートルネック×赤バッグ

黒60%以上のかっこいい系モノトーンが基本辛口キレイめ安未style

ビッグカラーの今年っぽいコートに、グレーのタートルや白のフレアスカートを合わせたモノトーンコーデ。黒アウターに効き目のある真っ赤なミニBAGがアクセントになり、コーデのメリハリもアップします。

CanCam2021年1月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI モデル/小室安未(本誌専属) 撮影協力/芝宮ゆかり 構成/権藤彩子

【8】ブラウンレザーフレアスカート×赤ニット×ベージュブーツ

女っぽさと洒落感が高まる楓レザー

ブラウンのレザーフレアを赤ニットでとことんレディに♡ 真っ赤なコンパクトニットをすっきりとINすれば、スタイルアップも美人見えも目指せます。ブーツやバッグは明るいベージュ色でまろやかに。

CanCam2020年12月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 構成/石黒千晶

【9】ドット柄フレアスカート×白ジャケット×黒ブーツ

MONOTONE1 今季No.1のトレンドアウター!もこもこ白ボアコート『ボリュームが程よいショート丈をセレクト!×黒ボトムのモノトーンでまとめれば、着太りせずスッキリ着られる!』

冬スタイルの印象をキメるアウターは、旬顔のボアコートで今っぽさをマシマシに♡ フェミニンな柄スカート×黒ブーツのシンプルなモノトーン配色なら、トレンド抜群のアウターもすんなりデイリーに着こなせます。

CanCam2019年12月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/手塚明菜

★スカートとの相性も◎シャツジャケットコーデ


動きやすくてワンマイルにも!プリーツスカートの冬コーデ

【1】ベージュプリーツスカート×白コート×ブラウントップス×オレンジバッグ

GAP『高見えベーシックならここ。着回し力は右に出るものなし』

ロング丈のプリーツスカートは、コンパクトなタートルニットですっきりと。きちんと感のあるキャメルのワントーンなら休日はもちろん通勤にも活躍します。白いコートを合わせて優しげな配色にまとめたら、オレンジのバッグでコーデをシャープに引き締めて。

CanCam2021年2月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI モデル/まい(本誌専属) 構成/山木晴菜

【2】グレープリーツスカート×白ジャケット×マスタードタートルネック

かわいいカジュアル・菜波はこの3アイテムで恋愛運UP

顔映りバッチリなイエローニットに、きちんと感も漂うレザー風のシャツをはおって今年っぽく。タートルニットとプリーツスカートのフェミニンコーデを程よくカジュアルダウンしたいときは、オーバーサイズのシャツジャケットを合わせるのがおすすめです。

CanCam2021年2月号より 撮影/曽根将樹 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/菜波(本誌専属) 構成/手塚明菜、浜田麻衣

【3】ボルドープリーツスカート×ブラウンニット×黒ブーツ

好感度シンプル・トラちゃんはこの3アイテムで仕事運UP

品のあるボルドースカートにブラウンのざっくりニットを合わせて今っぽく! 全体にゆるさのある着こなしが、定番のプリーツスカートを鮮度よく着こなすコツ♡ プリーツの揺れ感が映える、ゆる×ゆるコーデを楽しんで。

CanCam2021年2月号より 撮影/曽根将樹 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/手塚明菜、浜田麻衣

【4】グリーンプリーツスカート×ベージュニットワンピース

一枚でトレンドコーデが完成するニットワンピースは、リラックス感のあるシンプルなおしゃれに最適。深めのサイドスリットからレザー風スカートをのぞかせて、より今年っぽい上級スタイルを楽しんで。小物はベージュのブーツやファーバッグで、大人かわいく仕上げるのが気分です。

CanCam2021年1月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/後藤若菜(ROI) モデル/山下美月(本誌専属) 構成/時吉 茜

【5】ドット柄プリーツスカート×ベージュコート×ブラウンニット

美月パステルで優しく、甘く♡

薄いブラウンのVニットにドット柄のプリーツスカートを合わせたレディなコーデ♡ 黒やブラウンでなく柔和なムードが漂うイエローコートでやさしくまとめると、印象もぐっと明るく仕上がります。ぼやけた印象にならないように、小物はブラックで美人なムードに引き締めて。

CanCam2020年12月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI モデル/山下美月(本誌専属) 構成/石黒千晶

【6】グリーンプリーツスカート×グレーニットワンピース×黒ブーツ

プレイフルなあやみニットをまず1枚

ざっくりとしたタートルニットのワンピに、くすみグリーンのワッシャープリーツスカートをレイヤード。ニットはブラウンのようなグレーのような、あいまい色でムードを出して。上下をゆるくまとめたら、短めにバッグを掛けてメリハリを効かせるのがスタイルアップに効果的です♪

CanCam2020年12月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/石黒千晶

【7】グレープリーツスカート×白パーカ×白ブーツ

石川 恋のこの冬のお買いもの

冬のフーディは寒色系と相性のいい白がヘビロテ。ライトグレー×サテン素材のプリーツスカートを合わせれば、配色もシルエットもきれいめなカジュアルコーデが完成します♡ 靴はあえての白ウエスタンでフェミニンカジュアルにパンチを足して。

CanCam2020年12月号より 撮影/花村克彦 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/坂口勝俊(Sui) モデル/石川恋(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/西村真樹、田中涼子、佐藤彩花、田中絵理子、時吉 茜

【8】ブラウンプリーツスカート×黒コート×白パーカ

暑い⇆寒いを行ったり来たり…寒暖差が激しいけど、ずっと快適にいたい日『脱いでも、着てもOK!3段階レイヤードで体温調節日本と旅先に激しい温度差がある海外旅行や、動き回って暑さを感じやすい日は、薄手服・厚手服・アウターの3枚重ね着で。体感温度に合わせて着脱可能だから、いつでもストレスフリー♡』

重ねるもので体温調節がしやすいキャミワンピは冬のおしゃれにヘビロテ♪ 寒い日はキャミの上にスエットを重ねると、寒さ対策もこなれ感もプラスできるのでおすすめです。黒のテーラードコートをさらに羽織っても白のパーカーだと重たく見えずバランスも軽やかに決まります。

CanCam2020年1月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/石黒千晶

★淡いキレイ色が可愛い♡春を先取れるスカート


ディテールがおしゃれなティアードスカートの冬コーデ

【1】花柄ティアードスカート×グレーニット×パープルバッグ

脱・ほっこりにはレザーでツヤ盛りが効く!

かわいらしさのある小花柄スカートに、微光沢レザー&ゴールドのバックルを効かせて洗練された大人コーデに。グレーのタートルニットでスカートの色やシルエットを際立たせつつ、黒のストレッチブーツで足元はすっきりまとめて。

CanCam2021年2月号より 撮影/土山大輔 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/木谷成良、楫真梨子 構成/鶴見知香

【2】ドット柄ティアードスカート×黒コート×黒ニット×バーガンディバッグ

できるだけ着続けたいから 賞味期間が長い〝相棒〟コートを選んでみる。

着回しやすい黒のオーバーコートをあえてのALLブラックで今年っぽく! クールにならずフェミニンなムードがプラスできるドット柄スカートを挟むことで、全身をブラックでまとめても軽さややわらかさが演出できます。

CanCam2020年12月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/渡嘉敷愛子 モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/鶴見知香

【3】ドット柄ティアードスカート×ピンクニット×ブラウンブーツ

02 ゆるニット× 軽スカートは 冬の鉄板セット!『冬の大定番・ゆるニット、さて今年はどう着る? おすすめしたいのは、広がりすぎず、しなやかな 動きで女性らしい印象を与える軽やかスカートとのコンビ。 すらりと縦長シルエットでスタイルUPもおまかせあれ!』

ベリー系のピンクニットにティアードスカートをプラス。ニットのカラーや3段フリルの甘さは、ロング丈を選ぶことで大人めにシフトできます。小物はブラウンを投入して、こなれ感もMIXしましょ♡

CanCam2019年12月号より 撮影/花村克彦 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【4】ブラウンティアードスカート×ピンクニット×ブラウンブーツ

01 ブラウンは×キレイ色でまだまだ着る!『文句なしで2019年のNo.1トレンド、ブラウンコーデ。ワントーンで着るのに飽きてきたら、キレイ色をプラスして リニューアルすべし! ブラウンと相性よく着られてかつ、秋を華やかに彩るカラーを厳選してご紹介!』

青みピンクを秋仕様にトーンダウンしたような存在感のあるニットは、着るだけでもHAPPY感があふれてくる元気カラー。ほんのり赤みを帯びたブラウンのスカートと合わせて、ニットの色の強さをやわらげるのが上級テクです♪ 足元はキャメルのブーツで明るめに仕上げて。

CanCam2019年12月号より 撮影/花村克彦 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/楓(本誌専属) 構成/佐藤彩花

★×スカートに合わせたい♡美人見えシャツブラウス


ミニスカートの大人っぽい冬コーデ

【1】白ミニスカートセットアップ×グレータートルネック×黒ベレー帽

No/03グレータートル『ベーシックアイテムながら、さりげない洒落感をプラスしてくれるグレーのタートル。今年なら、トレンドのくすみカラーのシャツと合わせてちょっぴり大人顔に転ばせるのがおすすめ!』

オーバーサイズのCPOジャケット×ミニスカートのあざとかわいいシルエットは、インナーにトレンドのグレータートルを仕込んでさらにあざとく♡ 上品なタートルニットなら品のあるクラシカルな印象も手に入ります。小物は靴下×レースアップブーツと、トライバル柄のトートバッグでカジュアルに。

CanCam2020年1月号より 撮影/小川健太郎 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/松村沙友理(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/浜田麻衣

【2】チェック柄ミニスカート×白ダウンジャケット×マスタードタートルネック

かわいいカジュアル・菜波はこの3アイテムで恋愛運UP

アイボリーのダウンジャケット×チェック柄ミニのヘルシーなかわいさを、渋めのイエローニットで大人めに♡ ボリューミーなダウンジャケットは、タートルニット×ミニスカートのコンパクトなシルエットに羽織ると好バランス。足元は白ブーツをリンクさせれば色のまとまりも抜け感も◎。

CanCam2021年2月号より 撮影/曽根将樹 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/菜波(本誌専属) 構成/手塚明菜、浜田麻衣

【3】黒ミニスカート×黒コート×黒ニット

黒ジャケットを取り入れたモードで女っぽい着こなし。オーバーサイズのジャケットとミニ丈ボトムで、地味見えしないトレンドコーデが楽しめます♡ インナーはリブニットでやわらかさをプラスするとGOOD! 薄手のタイツを合わせれば、ミニボトムに挑戦しやすい&大人っぽく着こなせます。

CanCam2021年1月号より 撮影/北岡稔章 スタイリスト/伊東牧子 ヘア&メーク/北原 果(KiKi inc.) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/鶴見知香

【4】ブラウンミニスカートセットアップ×チェック柄シャツ×ブラウンブーツ

引き続き人気のコーデュロイは、セットアップで取り入れてトレンド感UP。やわらかな女性らしさと洒落感を両立するキャメルなら着回し力もバツグンです。チェックシャツを合わせて、ブリティッシュガールな雰囲気に着こなすのもおすすめです♡

CanCam2021年1月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/田中絵理子

【5】ブラウンスカート×チェック柄シャツ×白ブーツ

〝白ショート〟ブーツならこの3足!『セレブの間でも浸透中の今季注目の〝白ショート〟ブーツ。ロング丈のコート&スカートやワイドパンツのヌケ感に、今っぽいハズシに、と大活躍! 初心者でも取り入れやすいベーシックめorプリプラを狙うのが正解!』

メンズっぽいチェック柄のCPOシャツとベージュミニを合わせて、フェミニンなミルクティー配色に♡ ミニからのぞく脚をオフ白ブーツでつなげれば、脚長効果も女のコっぽさも両立。触れたくなるファー小物も冬モテコーデにぴったりです。

CanCam2019年12月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/松村沙友理(本誌専属) 構成/菅博子、鶴見知香

★足元に女の子らしさをオン♡スカートコーデにおすすめな白ブーツ


定番のスカートはトレンド感ミックスで今っぽく!

人気スカートを今っぽく取り入れた冬コーデを紹介しました! コンパクトなニットなどきれいめなトップスを合わせてフェミニンに着るもよし、ざっくりニットやパーカと合わせてカジュアルなワンマイルコーデを楽しむもよし、この冬はシーンに合わせてスカートの着回しを楽しんで♡