愛されスタイルをピックアップ!清楚系コーデ30選

好感度間違いナシの清楚系コーデをPick up!

男子ウケも女子ウケも狙える清楚系コーデを大特集! ワンピースやロングスカートなど、レディなアイテムでつくる旬の着こなしをお届けします♡

【目次】
秋の清楚系コーデ
冬の清楚系コーデ
春の清楚系コーデ
夏の清楚系コーデ

秋の清楚系コーデ


【1】女子の心をつかむ魅力たっぷりなレーススカートが主役

女子の心をつかむ魅力たっぷりなレーススカートが主役のコーデ

オシャレを思いっきり楽しみたい日は、上品で存在感のあるレーススカートをチョイス。フロッキー加工された大花柄レースや、マーメイドシルエットなど、女子の心をくすぐる魅力がたくさん詰まっているんです♡ ウエスト部分のゴールドラインが、スタイルアップを叶えてくれるのも嬉しいポイント。まだまだ暑い9月は、薄手のブラウスをインして爽やかに着こなして。動くたびに腕がチラ見えする袖コンシャスなブラウスは、まさに季節の変わり目に活躍する一着です♪ スカートのカラーとリンクさせた紫のパンプスで、さらにおしゃれの完成度を高めて

★【今日のコーデ】かわいくてちょっとセクシー♡白ブラウス×スカートのコーデ

【2】インパクトのあるイエローは上品なスエード素材で投入して

上品なスウェード素材のイエロースカートが主役のレディスタイル

パッと目をひくイエローのフレアスカートは、スエード調のスカートで上品に。スカートを引き立たせるために、トップスはシンプルなカラーを選ぶのがベストです。程よい肌見せが叶うレーストップスなら、抜け感のある上品スタイルが完成♡ ふわっと広がるスカートの日は、体にフィットするシルエットのトップスを合わせて、バランス良く着こなして。

★【今日のコーデ】月曜日にぴったり!気分を上げるとっておきのスカートコーデ

【3】ベージュのチェックで叶える秋ムードなお嬢さんLOOK♡

ベージュのチェックで叶える秋ムードなお嬢さんLOOK♡

長めの丈や上品なふんわり感がレディな主役スカート。一枚で品のよさがアピールできるので、トップスはシンプルな黒カットソーをセレクトして♡ 締め色効果とフィット&フレアの美シルエットで、トレンド感はもちろん着映え度もばっちりです!

CanCam2018年9月号より 撮影/須江隆治(See) スタイリスト/丸林広奈  ヘア&メーク/神戸春美  モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/石黒千晶

【4】スタンドカラーのブラウスが育ちよさげな印象をメイク

スタンドカラーのブラウスが育ちよさげな印象をメイク

このブラウス、よ~く見ると小粒のドット柄なんです♡ さらに、ピーコックグリーンもクラシカルムードを高めるのにひと役。ふんわりスカートやキャメル小物でお嬢さんっぽく着こなせば、好感度の高いコーデが完成します。

CanCam2018年9月号より 撮影/須江隆治(See) スタイリスト/丸林広奈  ヘア&メーク/室橋佑紀(ROI) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/石黒千晶

冬の清楚系コーデ


【1】着回しのきくファー袖ニットで今っぽくコーディネート♡

着回しのきくファー袖つきニットが主役のコーデ

ラベンダー色の花柄スカートは、歩くたびにふわっと広がるシルエットのおかげで女性らしさもグッとアップ。大人っぽく着こなしたいから、スカート意外は黒で統一して、華やか×上品が叶う秋のレディスタイルを楽しんで♡ 足元に合わせたパンプスは、さりげなくリボンがあしらわれた華奢デザイン。ストラップ付きのパンプスは女度をあげてくれるだけでなく、足首を華奢に見せてくれるのも嬉しいポイントです。ファー付きの袖や、バックシャンデザインだったりと、女子の魅力を引き出してくれるニットはこの秋イチオシの一枚。体にフィットするリブニット素材なので、流行のミモレ丈スカートと合わせてバランスよく着こなして♡

★【今日のコーデ】着回し力バツグン!「盛り袖」ニットの着こなし

【2】上品なスエード素材のミモレ丈スカートでレディに決め!

上品なスエード素材のミモレ丈スカートが主役のコーデ

ふわっと広がるスカートの日は、体にフィットするトップスを合わせてバランスよく着こなして。絶妙な膝下の丈感なら、素足にパンプスという女らしいコーデも対応できそう♡

★【今日のコーデ】リッチで色っぽい「スエードスカート」が1枚あれば♡

【3】アースカラーでまとめた大人なシャツワンピコーデ

アースカラーでまとめた大人なシャツワンピコーデ

最高気温20℃あたりの日は、厚手のニットカーデを羽織るのがベスト! カジュアルな着こなしにはもちろん、綺麗めのシャツワンピにもピッタリな白ニットを合わせれば、上品な秋コーデの完成♡ パンプスはこっくりとしたブラウンをチョイスして、落ち着いたトーンで統一させて。スエード素材なら季節感もアップします。

★【今日のコーデ】通勤にも大活躍!アースカラーの大人ワンピーススタイル

【4】ショート丈ダッフル×ワイドパンツの上品カジュアルコーデ

ショート丈ダッフル×ワイドパンツの上品カジュアルコーデ

厚手のアウターが必須となる日は、淡いカラーのダッフルコートをチョイス♡ 今年はボリュームのあるボトムスがトレンドなので、ショート丈のダッフルは1着もっていると様々なスタイルで活躍します。アクセントには、ベリーカラーのバッグをチョイス。コンパクトなサイズ感が主張しすぎず、上品かつ高見えが叶います。

★【今日のコーデ】イチ押しアウター!ショート丈ダッフルのコーデ

【5】もこもこコートを上品に着こなした大人フェミニンスタイル

もこもこロングコートを上品に着こなした大人フェミニンスタイル

軽やかに揺れるロングワンピースで晴れの日を満喫♡ 透け感のある素材感と星柄がマッチして、女性らしさをぐっと格上げ。ワンピースだけでは寒いので、もこもことした触り心地のロングコートでしっかり寒さ対策を。こちらのコートはボリューミーな見た目以上に軽く、さらっと羽織れるのが魅力です♪ 合わせるアイテムを選ばないベーシックなカラーとデザインは、この冬投入したいアイテムです。冬を意識したベロア素材のパンプスは、主張しすぎないこっくりとしたパープルを取り入れれば、より奥行きのあるコーデに仕上がります。

★【今日のコーデ】冬のデートに着たい!もこもこロングコートスタイル♡

【6】カラーニット×上品スカートの可愛いコーデ

カラーニットを上品スカートに合わせた大人可愛いコーデ

一気に冬の気配を感じる日は、これからの時期役立つ厚手ニットが活躍。挑戦しづらいカラーニットも、落ち着いたブルーならボトムを選ばず1枚でサマになります♪ コーデをより華やかに見せてくれるのは、絶妙なミモレ丈と上品に揺れるシルエットが魅力のスカート。フロントにデザインされたボタンが、ちょっぴりレトロな雰囲気を演出します。スさらに、スタッズがあしらわれたちょっぴり辛口なバッグで、今年らしさを盛り上げて。深みのあるブルーとグリーンの相性は抜群です。

★【今日のコーデ】グレンチェックストールとカラーニットの大人かわいいコーデ

【7】冬の寒い日を乗り切るミントカラーのコートが主役

冬の寒い日を乗り切るミントカラーのコートが主役のコーデ冬の寒さが本格さを増す日は、しっかりとした生地感のウールコートがマスト。今年は、爽やかなミントカラーで取り入れてコートスタイルをアップデートするのがオススメです♡ インナーは、足首まである少し長め丈のスカートを合わせて上品な印象に。リブニット生地のスカートは、暖かいうえに履き心地も抜群です♪ 脚長効果を意識して、トップスはインにして着こなして。コートのカラーとリンクさせた、グリーンベースのストールをプラスすれば、コーデのお洒落度が一気にアップ! 首元にボリューム感を出すことで、小顔見えも叶うんです。

★【今日のコーデ】中条あやみが着こなす冬スタイルにキュン♡

【8】コーデュロイスカートで上品に仕上げた優等生コーデ

着回し力抜群なユニクロのコーデュロイスカートが主役のレディスタイル

トレンドのコーデュロイスカートは、深みのあるモスグリーンがどんなコーデにも映え着回し力も抜群。ストンとしたシルエットのチェスターコートを合わせれば、上品な雰囲気がさらにアップするのでオススメです。全体的にベーシックなカラーでまとめた日は、ヴィンテージ感溢れる柄ストラップのバッグでアクセントをプラス。スカートのカラーと相まって、統一感が生まれます。スケルトンのイヤリングで、かっちりとしたコーデに抜け感を加えて。

★【今日のコーデ】着回し力抜群なユニクロのスカートに頼りきり♪

【9】爽やかなオールホワイトコーデで冬のおでかけを満喫

爽やかなオールホワイトコーデで冬のおでかけを満喫オールホワイトの着こなしも、ボトムに白デニムを投入すればnotコンサバな印象に。さらに、全身白でまとめるときは、色味の違う白を組み合わせるのがコツなのでニュアンスやトーンの違うアイテムをチョイスして。パキっとした白デニムには、優しいオフホワイトのコートを合わせて白に奥行きを出すことでおしゃれ度がアップするのでおすすめです。パンプスやバッグなどの小物は、シャイニーなアイテムを選んでワントーンコーデをピリっと引き締め。ボヤッとしないメリハリのあるホワイトコーデが完成します。

★【今日のコーデ】冬の寒い日を軽やかに乗り切る「オールホワイト」の上品コーデ

春の清楚系コーデ


【1】上品グリーンのオフショルニットで春気分を満喫して

上品グリーンのオフショニットで春気分を満喫して膝下丈のハイウエストスカートは、脚長&美脚効果を発揮する優秀な1枚。これにミントグリーンのオフショルダーニットを合わせれば、春らしい陽気にぴったりなコーディネートの出来上がりです。アウターにはデニム素材のロングコートをセレクト。程よいカジュアル感があり、コートのONOFFで違ったスタイルが楽しめるアイテムです。

★【今日のコーデ】3月30日曇り時々晴れ。最高気温17度、最低気温5度のファッション

【2】春の陽気にマッチするイエローの差し色できれいめに

春の陽気にマッチするイエローの差し色ニットが主役

日中暖かい日は、トレンチを肩掛けするスタイルで過ごせそう。トレンドのキレイ色ニットは、派手すぎないレモンイエローが親しみやすく爽やかです♡ 程よいボリュームが上品なシフォン袖のニットは、春に大活躍間違いなしのアイテム。ボトムに合わせたホワイトのセーラーパンツは、春から夏まで着回せる便利な一枚。マリンスタイルにもカジュアルにも着こなしたい注目のアイテムです!

★【今日のコーデ】4月3日晴れ時々曇り。最高気温16度、最低気温6度のファッション

【3】上品ワンピース×薄手カーディガンで初夏を満喫

紫外線対策も上品ワンピース×薄手カーディガンの初夏満喫コーデ

夏日に頼れるのが、さらっと羽織れる薄手のカーディガン。日焼け対策はもちろん、まだまだ心配な朝晩の温度差にも対応できるので、一枚羽織って出かけると安心です。カーディガンの下に合わせたネイビーのワンピースは、Vネックデコルテやウエストギャザーなど、細見せ&華奢見せを叶えてくれるポイントが散りばめられたレディな1枚。カーディガンを脱ぐと印象が変わる女っぽいアイテムです。

★【今日のコーデ】25度以上の夏日。紫外線対策にもなるお役立ちアイテムは?

【4】春の日はパステルカラーのジャケットで軽やかに♡

春の日はパステルカラーのジャケットで軽やかに♡

大人っぽいジャケットは、華やかなパステルカラーで取り入れるのが今年流。上品な白のワンピースにさらりと羽織るだけで、ぐっと春らしいスタイルに仕上げてくれるので春イチオシのアイテムです♡ パステルブルー×白で全体がぼやけてしまわないように、バッグとサンダルはシャイニー素材を合わせてピリッと辛口なアクセントを。シンプルだけどどこか垢抜けた、上品な春スタイルが完成します。

★【今日のコーデ】春のジャケットはパステルカラーがイチオシ★

【5】花柄アイテムを合わせてMA-1を上品に着こなして♡

この春MA-1は花柄アイテムを合わせて上品に着こなす♡春スタイルに役立つMA-1は、エレガントな花柄アイテムに合わせて大人っぽくまとめるのが今年流♡ 一見トップスとスカートが分かれて見えますが、実は一発でコーデが完成するワンピース。後ろにかけて下がるヘムデザインのスカートは、着るだけで美脚効果も狙えるデザインです! ワンピースのスカートとブルゾンをダークカラーで揃えたら、その他のアイテムは白で統一して軽やかに着こなして。

★【今日のコーデ】MA-1×花柄スカートの大人エレガントが気分♡

【6】上品なブラウスにはキレのいいワイドパンツで美人度アップ!

上品なブラウスにはキレのいいワイドパンツで美人度アップ!

襟元&袖口のスカラップがCuteなコットンレースのブラウスは、さりげない肌見せで女の子らしさをアピールできるモテアイテム。 好感度の高い甘ブラウスを、清楚な配色とワイドパンツ合わせでグッと大人っぽく着こなすのがイチ推しです。ちょっぴりクールで美人なコーデには、イエローのバッグでトレンド感もプラス。

CanCam2018年6月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/まい(本誌専属) 撮影協力/田邉沙緒莉 構成/浜田麻衣

【7】清楚美人な白レースタイトを差し色で程モードに

清楚美人な白レースタイトを差し色で程モードに

王道モテアイテムの白レースタイトは、旬のグリーンや締め色のブラックを使うだけで今っぽさが漂う着こなしに。いい子になりすぎない、ちょっぴりパンチのある配色がポイントです♡ トップスには、デコルテの開いたタンクトップを合わせて、華奢な女性らしさをアピール。小物も黒で統一して、甘すぎない大人っぽい印象を後押ししましょ。

CanCam2018年6月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/伊藤舞子  ヘア&メーク/神戸春美  モデル/宮本茉由 (本誌専属)撮影協力/田邉沙緒莉 構成/浜田麻衣

夏の清楚系コーデ


【1】王道ワンツーコーデは柄小物で垢抜けを狙って

王道ワンツーコーデは柄小物で垢抜け! 初夏の上品スタイル♡

適度な肌見せが色っぽかわいいオフショル風トップスは、夏に向けて取り入れたアイテムのひとつ♡ ぴたニット×ふんわりスカートの、フィット&フレアシルエットでスタイルアップも完璧。黒とラベンダーを組み合わせれば、品よくお嬢さんな印象がまとえます。

【今日のコーデ】最高気温28度!半袖でも上品きれいめな着こなし

【2】夏こそキレイめ!美人なスカートコーデを堪能♡

夏こそキレイめ!美人なスカートコーデを堪能♡

華やかなボタニカル柄も、モノトーンなら大人顔に♡ 膝丈のふんわりAラインシルエットで、上品かつエレガントに仕上げてくれる優秀アイテムです。鮮やかなブルーのニットは、表情を「今っぽく」見せてくれるこなれ色なのでオススメです。

★【今日のコーデ】月曜こそきちんと見え!夏のキレイめな着こなし

【3】無地T×ストライプスカートの、大人かわいい夏スタイル★

無地T×ストライプスカートの、大人かわいい夏スタイル★

大活躍のヘインズの無地Tシャツは、定番のクルーネックだけじゃなく、Vネックも人気! 鎖骨がキレイに見える絶妙な開き具合で、カジュアルな中に女っぽさが香ります♡ シンプルな黒Tに合わせたのは、爽やかで女っぽいストライプ柄スカート。白ベースの大人かわいい柄なら清潔感もいただきです!ウエストのリボンベルトでくびれもアピールできるので、見た目の印象もフェミニンに。デニム素材のリュックやイエローのぺたんこサンダルなど、夏らしい小物使いでコーデ全体を明るくブラッシュアップして。

★【今日のコーデ】白Tだけじゃない!ヘインズTが優秀すぎる

【4】着るだけでスタイルアップ!美人なワンピが今日の相棒♡

着るだけでスタイルアップ!美人なワンピが今日の相棒♡

涼しげで上品なストライプ柄のワンピースは、見た目の爽やかさはもちろん、一枚でコーディネートが成立する美シルエットが強み! 清楚な襟と女性らしいカシュクール、さらにベルトでウエストマークする美シルエットはお嬢さんオーラもいただきです。エレガントなひざ下丈も、品のよさがアピールできるポイント。日差しをシャットアウトしてくれるデニジャケも爽やかな白をチョイスすれば、全体のトーンになじむのでおすすめです。

★【今日のコーデ】猛暑日に着たい!JILL by JILLSTUARTの清涼感ワンピース

【5】水色×レースの清楚で爽やかなかわいさにときめいて♡

水色×レースの清楚で爽やかなかわいさにときめく♡

フレッシュな水色のワンピなら、スイートなのに甘さ控えめ=好感度バツグンな印象に! 一枚で着るだけで、お育ちよさげなお嬢さんスタイルが完成します♡ 袖と裾のマーガレット柄レース、そしてウエストマークの大きめリボンベルトで、着映え要素もバッチリ。小物に、小花柄のバッグとフリルサンダルを合わせてとことんキュートに!

CanCam2018年5月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア/EIJI KADOTA(SIGNO) メーク/粉川 敦 モデル/まい(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/手塚明菜

【6】繊細なレースや女らしいラベンダーに、大人の甘さが漂って♡

繊細なレースや女らしいラベンダーに、大人の甘さが漂って♡

ラベンダーカラーのレースは、周りと差がつくフォトジェニックなかわいさ♡ キレイなフィット&フレアシルエットで、上品さをより引き立たせた一枚です。さらに、リングベルトでウエストをマークをすれば、スタイルアップまで狙えちゃう! まさに女の子の〝なりたい!〟を叶えてくれる、大人カワイイコーディネート。

CanCam2018年7月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/青山絵美 ヘア&メーク/MAKI(P-cott) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/石黒千晶

【7】カシュクール×ミモレ丈のデザインで甘めリッチな印象に♪

カシュクール×ミモレ丈のデザインで甘めリッチな印象に♪

女神感溢れるカシュクールデザインの白ワンピース。美ラインをキープするハリ感のある素材が、上品で女らしいシルエットを演出します。ちょっぴり勇気のいる白ワンピは、ふくらはぎが隠れる少し長めの丈がオススメ。ポイントには、涼しげなかごトートやイエローのパンプスを指名すれば、夏に映える美人コーデが完成します。

CanCam2018年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子

【8】清楚なアコーディオンプリーツで品のある着こなしに

清楚なアコーディオンプリーツでお嬢さんスタイルに

目を引くキレイ色スカートが主役のコーデ。あえて柄ではなく、素材やディテールで華やぎをプラスすることで、派手すぎず落ち着いた雰囲気が醸し出せます♪ 涼しげなミントグリーンのスカートは、揺れ感たっぷりのしゃらっとした素材がおしゃれ。コンパクトなノースリニットと合わせて、フィット&フレアの愛されシルエットをメークして。

CanCam2018年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子

【9】ラベンダーのフレアスカートで清楚な女らしさをアピール

ラベンダーのフレアスカートで清楚な女らしさをアピール

女の子らしさと大人っぽさを兼ね備えた、旬のラベンダーが映えるフレアスカートを主役に。ひらっとした袖が、ほんのり色気も感じさせるブラウスは、フェミニンオーラに拍車をかけるドット柄がポイントです。上下を女らしいアイテムでまとめたら、ウエストの太ベルトをキュッと締めてメリハリのあるシルエットに!

CanCam2018年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子

【10】知的なグリーンが映える好感度の高いきちんとコーデ

知的なグリーンが映える好感度の高いきちんとコーデ

カットソーにGジャン、というカジュアルな組み合わせも、落ち着きのあるグリーンタイトを主役にすればコーデが清楚にまとまります。Gジャンの腕抜きや、ドット柄のサンダルなど、おしゃれ見えのテクニックもきちんと押さえた王道スタイル。

CanCam2018年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/まい(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子