男女にモテる♡【清楚系コーデ30選】|好感度UPのトレンドファッションを特集!【2022通勤・デート】

清楚系コーデで好印象もトレンド感も手に入れて!

清楚系コーデ

男子ウケも女子ウケも狙える「清楚系コーデ」を大特集! ワンピースやロングスカートなど、レディなアイテムでつくる旬の着こなしはオフィスにもデートにも大活躍。デイリーに取り入れやすい、清楚系のパンツスタイルも必見です!

男子人気NO.1「清楚系女子」がモテる理由って?

「清楚系」の女性はなぜ人気があるの? 好印象を持たれるその理由を解説します!

清楚系コーデ

「清楚系はモテる」って聞きますよね。清らかな雰囲気が男子から絶大な人気を集めている清楚系女子は、育ちがよさそうに見えたり恋愛においても一途なイメージが。具体的には…

①付き合ったら一途になってくれそう…恋人に一途そうなイメージを持たれる、清楚系女子。自分を一途に想い続けてくれそうな雰囲気=信頼感に。
②一緒にいて安心感がある…清楚系は親ウケもよく、誰に紹介しても間違いない“きちんと感”が◎。
③自慢の彼女…清楚系に憧れる男性が多いことから、清楚系女子=自慢の彼女として鼻が高い!というのもモテ要素のひとつ。
④清潔感がある…清楚な印象につながる「清潔感」は老若男女に愛されるポイント。見た目だけでなく洗練された振る舞いも見え隠れするとより好印象。

ファッションでも演出できる清楚なイメージは、男性ウケや初対面の人に好印象を与えるのにうってつけ。清楚な雰囲気をまとうなら、ファッションに加えてメイクも意識してみるのがおすすめです。

「清楚系ファッション」はこんなイメージ!

清楚系コーデ

清楚系女子のファッションといえば、女子アナ系スタイルに代表されるようなきれいめコーデ。モテるファッションとしても定番で、万人ウケする爽やかな清潔感や上品なアイテム選びが特徴です。トレンドに左右されない「フレアスカート」や「レースブラウス」のようなアイテムが人気です。

清楚系コーデ

最近では、テーパードやセミフレアなどのきれいめパンツをMIXしたり、ショートボトム×ロングブーツでカジュアルダウンしたり、ほんのりこなれ感をプラスする清楚系ファッションもおすすめです。

清楚系コーデにおすすめな色選び

品良く見えるトレンドアイテムに続いて「清楚系コーデ」におすすめな色もご紹介。色合わせに迷ったら参考にしてみて!

■お洒落っぽい甘さが盛れる「あいまいカラー」のボトム

清楚系コーデ

今季のコーデに取り入れる色なら、「ブルーグレー」「セージグリーン」「ピンクラベンダー」などのどっちつかずのあいまいカラーが推し♡ 優しげな色味で甘すぎない清楚系コーデが楽しめます。

■やわらかで女らしい「白」のワンピorブラウス

清楚系コーデ

白のワンピースやブラウスは、着るだけで清潔感があってコーデがフェミニンな印象に。ブラウスやワンピースで取り入れると顔周りが明るくトーンアップします。

夏でも冬でも「女子!!」って感じの白のワンピースがいいなと感じます。女性が着ているだけでドキドキしますし、男としてリードしなくちゃと張り切れます。(21歳・男性)

といった生の意見も! 

■肌映り抜群のフェミニンカラー「ピンク」

清楚系コーデ

女の子らしくて清楚系コーデの定番でもある「ピンク」。色彩心理学によると、男女問わず優しさや愛情を感じさせる色であり、この色に包まれると人は温かみや安心感を抱くのだとか♡ デートコーデに取り入れたいカラーです。

失敗しない「清楚系コーデ」の着こなしポイント

清楚系コーデ

  1. 男女ともに好感度が狙えるアイテム選びや色合わせが必須!
  2. きれいめなコーデにカジュアル小物を足すとこなれ感もONできる
  3. あいまいカラーの旬アイテムで今っぽい清楚系コーデが完成
  4. パンツスタイルにはブラウスなど甘めのトップスがおすすめ

モテの鉄板スタイル「清楚系スカートコーデ」

【1】フレアのロングスカートでつくる清楚系コーデ

プリーツ加工のフレアスカートは、きれい色を選ぶと清楚さと華やかさのいいとこ取り。ロゴTシャツに白のツイードジャケットを合わせて、堅すぎない理想のきれいめスタイルが完成。思い切りのいいパキッとカラーの小物を合わせたイエロー×オレンジの春色ミックスで快活なムードも演出できます。

CanCam2022年5月号より 撮影/須江隆治(See) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/只友謙也(LINX) モデル/生見愛瑠(本誌専属) 構成/岩附永子

【2】ブルー×白小物のコンビで清潔感をアピール

ブルーベースの洗練配色に上品ムードがアップ『ネイビー感覚で使えるロイヤルブルーは、その大人な雰囲気を活かせるシンプルデザインで取り入れるのがおすすめ! ×ベーシックカラーはもちろん、反対色のオレンジ〜イエロー系を合わせるお遊び配色も、品よくまとまります。』

大人きれいに映える、清涼感たっぷりなアイシートーンが好感度大。パフ袖で上品ムードを高めたブルーカーデを同系色のスカートで爽やかにまとめると、一目置かれるフェミニンコーデに仕上がります。抜け感や清楚さがプラスできる白小物でクリーンなアクセントも。

CanCam2022年5月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/室橋佑紀(ROI) モデル/ほのか(本誌専属) 構成/石黒千晶

【3】ワントーンは濃淡で変化をつけて奥行きを

グリーンベースの今っぽ配色でプレイフルに『柄モノやトレンドディテールで、ポジティブに楽しみたい旬色グリーン!×モノトーンとのおなじみ配色も、鮮度高く仕上がります。より気分をアゲたい日は、大胆なカラーミックスでHAPPYオーラ全開に着こなすのもアリ♡』

旬と上品さが両立したハイブリットなグリーングラデは、トレンド感も清楚な印象もばっちり。透けニットとミックス感のあるツイードスカートのコンビも爽やかで目に留まります。あいまいな色の掛け合わせには、表情豊かな素材で奥行きをプラス♡ メリハリのあるフィット&フレアシルエットも相まって、ワン・ツーコーデでも立体感のある着こなしに。

CanCam2022年5月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/石黒千晶

【4】ブラウンのチェック柄セットアップで上品に

女っぽ小物でオトナにシフト クロップド丈セットアップで一点突破!『この春も気になるセットアップは、スタイルアップが叶う短丈シルエットが大本命。  目新しいアイテムゆえ、きれいめ小物で大人に落とし込むのがベター。』

ビスチェ×スカートのチェック柄セットアップも、黒やブラウンで上品にまとめると落ち着いた印象に。コンパクトなビスチェはスタイルアップ効果も絶大なのでデートシーンにもおすすめです。小物はキルティングバッグとメリージェーンのフラットで品よく仕上げて。

CanCam2022年5月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/YUMBOW(ilumini) モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【5】淡い色味で清楚イメージのオフィスコーデに

No.5 リネンジャケット×マーメイドスカート

気負わず羽織れるリネンジャケットで花柄スカートをおしゃれっぽく投入。ガーリーな花柄も×ジャケットだと大人顔に仕上がります。仕上げは締め色のくすみブルーやロゴ入りトートをアクセントに全体の淡い印象を引き締め。主張のない白のローテクスニーカーでフェミニンコーデにこなれ感も。

CanCam2022年4月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/田中絵理子

【6】タイトシルエットで大人っぽい清楚系コーデに

GREEN

ベーシックなタートルニットはフリルブラウスを忍ばせて今っぽい女らしさを。彩度高めのグリーンタートルはシュッと見えするネイビータイトを受け手にすると、きれいめ&お仕事モードに仕上がります。首元や袖口からのぞかせたドット柄フリルでかわいさもちらりと。

CanCam2022年4月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/岩附永子

【7】清楚な白スカートにニットベストでラフさをON

KEYWORD3 足取りもはずむボリュームスカート『体を締め付けないエフォートレスなシルエットが 心地よいのに、着映え力も抜群! 動きに合わせてはずむスカートのボリューム感に 気分がアガって、思わず足取りも軽くなる♡』

白カットソー×白スカートのワントーンにグレーのベストをレイヤード。ベストやカットソーなどのベーシックアイテムも、純白のボリュームスカートのおかげで高揚感たっぷりに着こなせます。カゴや靴は黒をMIXして淡い配色にメリハリを。

CanCam2022年4月号より 撮影/柴田フミコ スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メイク/福岡玲衣(TRON) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 撮影協力/浜崎真衣 構成/鶴見知香

【8】ニュアンシーな配色でオンオフOKな清楚系コーデ

エコレザーのマーメイドスカートを骨格タイプ別に冬→春着回し『WAVE』

ふんわりしつつ透け感ありのシアー袖トップスはマーメイドスカートと相性抜群。女らしさたっぷりのコーデなので、小粒のパールネックレスやコロンとした小さめバッグなど、小物も華奢にまとめましょう。透け感やカーヴィなスカートでさりげない華やかさも。

CanCam2022年3月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/岩附永子

【9】甘トップスはくすみグリーンのスカートで糖度オフ

01 タートルINで今っぽレイヤード『レースブラウス×タートルカットソー』

辛口なカーキスカートやブラウンのインナーなど、落ち着いた色を加えることでカットワークレースの白ブラウスを大人の甘さに昇華。ふんわりした袖とタイトなウエストの対比で、メリハリのきいた女っぽシルエットがつくれます。

CanCam2022年3月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/小室安未(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【10】爽やかなイエローボーダーをネイビースカートで引き締め

ブルベさんに似合う春イエローは…清涼感たっぷりのレモンライム

爽やかなライムイエローの清楚ニットは、ボーダー&フリル襟で甘さを盛って華やかに。ぴたっとコンパクトなニットにはボリューミィなスカートを合わせて大人かわいいシルエットをつくるのがおすすめです。仕上げは大ぶりのシルバーピアスでさらに顔映りよく。

CanCam2022年3月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/山下美月(本誌専属) 構成/浜田麻衣

清楚系ワンピースが映える「正統派モテコーデ」

【1】ふんわりボリュームがかわいいデニムワンピコーデ

01 ガーリーデニムでリンク♡『この春はデニムが大復活! 定番のパンツだけじゃない、ワンピやサロペットの主役級デニムで、ほんのりガーリーに着こなすのがふたりの気分♡』

一枚で映えるデニムワンピはボリューミーなパフ袖×タイトミニの絶品シルエットが魅力。メリハリのあるタイトめシルエットだから、ミニ丈でも大人っぽく着こなせておすすめです。足元はウェスタン風のブーツで、甘すぎないコーデを心がけて。

CanCam2022年5月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/神戸春美 モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/手塚明菜

【2】きちんとかわいいコーデは白シャツワンピが正解

No.3 シャツワンピ×スクエアバッグ

着映え度バッチリな白ワンピは、トレンチや小物をグレーやベージュのやわらかカラーでまとめて、老若男女に好かれるモテコーデに。ホワイトやベージュだけでまとめずオレンジを差し色にすることでコーデ全体が明るくなり洗練された印象に仕上がります。型押しバッグを合わせるとホワイトワンピのキレ味も◎。

CanCam2022年4月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/田中絵理子

【3】ほっこり感のある白ワンピはミニ丈が今っぽい!

KEYWORD 03 大人でもOKなデザイン性がウリ♡変形ミニワンピ

ほっこりしがちなホワイトワンピは、ミニ丈&お目立ち襟で切れ味よく。Aラインシルエットのミニワンピは清楚なのにこなれ見えも叶うから、海外セレブの休日みたいに着こなせます。小物はブルーグレーのバケツバッグで白ワンピにメリハリ&ラフさを足して。

CanCam2022年4月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞  ヘア&メイク/MAKI モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜 構成/石村真由子

【4】パフ袖がフェミニンなラベンダーのワンピース

KEYWORD 01 今年は大人っぽくさらに進化!袖コン&襟コンワンピ

丸みのある袖が印象的なコットンワンピは、春のロマンティックコーデにぴったり。足元は黒のミュールサンダルを合わせて淡いカラーを引き締めるとシャープさも◎。甘いムードのラベンダーは小物次第で、フェミニンにもきちんとモードにもシフトできます。

CanCam2022年4月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜 構成/石村真由子

【5】甘めな黒ワンピはショート丈×ブーツで大人っぽく

4 ちょいボヘワンピ×まろやかバッグ『ニュアンシーな〝まろやかシルエット〟で優しく♡』

黒ミニワンピのエアリーなかわいさを、優しいミントのまるっこバッグで引き立てて。合わせるロングブーツは太めの筒を選んで、程よいラフさを残すのが今どき。カラーは黒でなくブラウンを選ぶことで全体の印象がソフトになります。

CanCam2022年4月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/神戸春美 モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【6】定番の白ワンピはボヘミアンテイストで今っぽく

4 ちょいボヘワンピ×まろやかバッグ『ニュアンシーな〝まろやかシルエット〟で優しく♡』

ボヘデザインの白ワンピはシンプル小物ですっきりと合わせるのが大人ポイント。ミニマルな黒レザーバッグとオープントウのブーツでスタイリッシュな雰囲気に着こなすと、甘さだけじゃないシャープな印象もGETできます。

CanCam2022年4月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/神戸春美 モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【7】イエローや白の清楚カラーでワンピコーデに愛らしさを

KEYWORD1 いつまでも大好き!コットンレースワンピ『ちょっぴりノスタルジックなコットンレースのワンピは、 袖を通すだけでなんとも優しい気持ちに。 動くたびに揺れる裾も楽しげで、周りの人に 明るい気分をお裾分けできちゃう♡』

レトロディテールやボリューム感がかわいいワンピースは、この春トレンドのパステルイエローを選んで目にも優しく。あえて締め色なしで全体を淡いトーンでまとめるのも、ワンピースの繊細なレースや刺しゅうが引き立つポイントです。

CanCam2022年4月号より 撮影/柴田フミコ スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メイク/福岡玲衣(TRON) モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/浜崎真衣 構成/鶴見知香

【8】華やかな花柄ワンピは白ブーツで抜け感を

イエベさんに似合う春イエローは…まろやかなたまごイエロー

気合いの入るお出かけは、トレンドのイエロー×花柄で上品な甘さをまとまって。ヴィンテージっぽいたまごイエローなら〝オトナきれい〟に着こなせます。顔周りが華やぐ大ぶりフリルにウエストがきゅっと締まったメリハリシルエットのガーリーワンピも、甘くなりすぎずこなれた雰囲気に。足元は白を選んで爽やか&抜け感を。

CanCam2022年3月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/生見愛瑠(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【9】ロマンティックなワンピはシンプル小物ですっきりと

Keyword3 ロマンティックセットアップ

フロントのギャザーや袖コンなど着映え度高めのロングワンピは、小物をシンプルにまとめてすっきりと。ベージュのデニムジャケットやブラウンのチェーンバッグ、シャイニーなフラット靴で全体をワントーンにまとめると、ワンピのシルエットが引き立ちます。

CanCam2022年3月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜、金 世娜 構成/鶴見知香

【10】フレンチシックなドット柄×ビッグカラーワンピース

05 セーラー襟

セーラー襟&ドット柄のワンピでフレンチガーリーな着こなしに。コーデを華やかに盛り上げてくれるセーラー襟は、往年のフレンチシネマ女優のようにドット柄ワンピでレトロかわいく着こなすのがおすすめです。落ち着いたブラウンベースなら、甘めデザインも大人っぽく着地。

CanCam2022年3月号より 撮影/Ryuji Sue(See) スタイリスト/Erina Kawase ヘア&メイク/Rei Fukuoka(TRON) モデル/Ayami Nakajo(CanCam exclusive) 構成/Haruna Tezuka

清楚系に仕上げるパンツのトレンドコーデ

【1】鮮やかブルーと白のショーパンで爽やか休日コーデ

美人な春色といえば BLUE『ブルーはこんな人にオススメ大人っぽく洗練されたムード希望シンプルなおしゃれが私らしいいつものコーデはベーシックカラーが多め』

上品なロイヤルブルーは、オトナきれいコーデに欠かせない春カラー。エアリーに広がるフレアシルエットのチュニックで取り入れると、憧れ感のあるカジュアルLOOKに仕上がります。クリーンな白とのコンビに爽やかさも高まり好感度もアップ!

CanCam2022年5月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/室橋佑紀(ROI) モデル/ほのか(本誌専属) 構成/石黒千晶

【2】ナチュラル素材のトップスはきれいめパンツですっきりと

2 コットンブラウス×セミフレアパンツ『〝素材〟で優しく』

清楚な白ブラウスをブルーグレーの美脚パンツで大人っぽく! 優しげなオーラが漂うチュニック丈のコットンブラウスには、脚をすらりと見せてくれるセンタープレス入りのセミフレアパンツが好相性。ほっこり見えずにスタイルアップも狙えます♪ バッグはカジュアルなニットトートで全身のバランスを整えて。

CanCam2022年4月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/神戸春美 モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【3】アクティブに過ごせるワンピ×デニムレイヤード

KEYWORD2 心がほどけるパステル『寒〜い冬が終わり、新しい季節を迎えたら お花みたいなパステルカラーが着たくなる! ふわふわのトキメキカラーを全身にたっぷり盛り込めば、 心もゆるっとほどけて誰だって笑顔になっちゃう♪』

桜のようにエアリーなピンクワンピでフェミニンオーラ全開に。デートコーデにもおすすめの着こなしは、媚びないかわいらしさが演出できます。ピンクやシフォンの甘めアイテムは、×デニムでカジュアルダウンするのがポイント。

CanCam2022年4月号より 撮影/柴田フミコ スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メイク/福岡玲衣(TRON) モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/浜崎真衣 構成/鶴見知香

【4】甘めのブラウスは黒パンツでシックに着こなす

02 透けないブラウスには防寒インナーを仕込む!『五分袖ブラウス×半袖インナー』

キリっと見える黒パンツは甘めのトップスを着たい日におすすめ。ストライプが爽やかなフリルブラウスにメガネをトッピングして甘トラッドにまとめて。黒パンツでキリリと引き締めると、品のあるスタイリッシュなコーデが完成します。

CanCam2022年3月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【5】短すぎないショートパンツなら清楚な印象に

ブルベさんに似合う春イエローは…清涼感たっぷりのレモンライム

今年っぽいプリーツショーパンにキャッチーなロマブラウスをプラス♪ 瑞々しいフレッシュなレモンライムのブラウスには、爽やかな白が間違いない組み合わせ。小物はアイスブルーのバッグで青みを足して透明感のあるかわいさを引き立てましょう。

CanCam2022年3月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/山下美月(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【6】ショート丈トップス×ハイウエストデニムでスタイルよく

イエベさんに似合う春イエローは…まろやかなたまごイエロー

いつものデニムを春っぽく更新するなら、フレッシュイエローのトップスが間違いない♡ たまごイエローと華やかなフリルデザインのブラウスは、コンパクトなショート丈なのでハイウエストデニムを合わせてスタイルよく仕上げましょう。

CanCam2022年3月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/生見愛瑠(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【7】しゃり素材のブラウスで今っぽフェミニンに♡

Keyword4 しゃり素材

濃いめのデニムに透け感のあるレースブラウスを合わせて清楚な女らしさをプラス。ともすれば色っぽくなりすぎてしまうレースも、マットなしゃり感素材のおかげで等身大かつ今っぽい印象に着こなせます。

CanCam2022年3月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜、金 世娜 構成/鶴見知香

【8】シンプルな着こなしは上品なミニバッグで大人要素を

レディでクラシカルなブラウスは、ピンクやフリルの甘さを中和させてくれるワイドデニムが好相性。ころんとしたフォルムと淡ピンクがかわいいバッグを合わせて、品よく甘い大人カジュアルを完成させて。

CanCam2022年3月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/小松胡桃(ROI) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/菊谷まゆ

【9】ニュアンス配色でツイードジャケットを大人かわいく

02 ツイードジャケットならきちんと+αの華やかさ

ブラウンニットやベージュのツイードジャケットに、ラベンダーのパンツを合わせたニュアンシーなカラーコーデ。やわらかで大人っぽい配色で好感度の高いフェミニンスタイルが完成します。バッグはふわふわのファーバッグでカジュアルさをプラスすれば、コーデに抜け感が生まれて清楚な中にこなれ度もUP!

CanCam2022年2月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【10】今季はきちんと感のあるバンドカラーシャツが推し!

@MEETING【会議の資料作りで、気合の残業!】

甘ブラウスを白のレザーパンツでキレよくおしゃれに。ピンク×エクリュのフェミニンな配色で優しげに見せつつ、今季は辛口レザーパンツでスパイスを効かせるのがおすすめです。小物は白で統一してすっきりと。

CanCam2022年2月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/手塚明菜

定番×トレンドで「清楚系コーデ」を今っぽく!

清潔感があり、男女問わず好感を持たれる「清楚系コーデ」を紹介しました。今季はあいまいカラーのトップスやボトムを合わせて今っぽさをプラスしたり、パンツスタイルには甘めデザインのブラウスやニットを合わせてフェミニンムードに寄せるのがおすすめです。ご紹介したコーデを参考に、オフィスもデートもトレンドを網羅した清楚系ファッションを楽しんでくださいね♡