【清楚系コーデ30選】好感度UPするトレンドの着こなしを大特集!|通勤やデートにおすすめ

「清楚系コーデ」で好印象もかわいさも手に入れて!

みんなが知りたい、男子ウケも女子ウケも狙える清楚系コーデを大特集! ワンピースやロングスカートなど、レディなアイテムでつくる旬の着こなしはオフィスにもデートにも大活躍。デイリーに取り入れやすい、清楚系なパンツスタイルも必見です!

男子人気NO.1「清楚系女子」がウケる理由って?

「清楚系」な女性はなぜ人気があるの? 好印象を持たれるその理由をご紹介します。

付き合ったら一途になってくれそう…恋人に一途そうなイメージを持たれる、清楚系女子。自分を一途に想い続けてくれそうな雰囲気が人気の理由。

一緒にいて安心感がある…清楚系は親ウケもよく、誰に紹介しても間違いない“きちんとさ”がある。

自慢の彼女…清楚系に憧れる男性が多いことから、清楚系女子=自慢の彼女として鼻が高い!というのもモテ要素のひとつ。

清潔感がある…清楚な印象につながる「清潔感」。見た目だけでなく洗練された振る舞いにも見え隠れする。

「清楚系ファッション」はこんなイメージ!

清楚系コーデ

清楚系女子のファッションといえば、女子アナ系に代表されるようなきれいめスタイル。モテるファッションとしても定番で、万人ウケする爽やかな清潔感や上品なアイテム選びが特徴です。トレンドにはあまり左右されない「フレアスカート」や「レースブラウス」のような定番アイテムが人気です。

清楚系コーデ

最近では、テーパードパンツなどのきれいめアイテムをMIXしたり、帽子やデニムパンツでカジュアルダウンしたり、きれいめなアイテム合わせにほんのりこなれ感をプラスする着こなしもおすすめです。

「清楚系コーデ」におすすめな色

「清楚系コーデ」におすすめな色をご紹介します。迷ったら参考にしてみて!

■やわらかでフェミニンな「白」

清楚系コーデ

清潔感があってコーデがフェミニンな印象に。ブラウスやワンピースで取り入れると顔周りが明るくトーンアップします。

■肌映り抜群の華やかカラー「ピンク」

清楚系コーデ

女の子らしくて清楚系コーデの定番でもある「ピンク」。色彩心理学によると、男女問わず優しさや愛情を感じさせる色であり、この色に包まれると人は温かみや安心感を抱くのだとか♡ デートコーデに取り入れたいカラーです。

■お洒落っぽい甘さが盛れる「ジェラートカラー」

イタリアンジェラートのような淡い色味が特徴で、女らしさもおしゃれっぽさもアピールできるトレンド色! ベージュや白など手持ちの定番トップスとも相性がいいので、今っぽい清楚系コーデが楽しめます。

「清楚系コーデ」のおしゃれポイント

清楚系コーデ

  1. 男女ともに好感度が狙えるアイテム選びや色合わせが必須!
  2. きれいめなコーデにカジュアル小物を足すとこなれ感もONできる
  3. ジェラートカラーの旬アイテムで今っぽい清楚系コーデが完成
  4. パンツスタイルならブラウスなど甘めのトップスがおすすめ

モテの鉄板スタイル♡「清楚系スカートコーデ」

【1】ラベンダースカート×黒ブラウス

シアーブラウス×ギャザースカートはフェミニン派の王道的組み合わせ。たっぷりの生地を使ったボリューミーなスカートなら、ちょっぴり特別な日の装いにもぴったり。淡いジェラートカラーを黒で引き締める大人っぽさもポイントです。

CanCam2021年5月号より 撮影/須江隆治(see) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI モデル/山下美月(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/岩附永子、山木晴菜

【2】ベージュスカート×ラベンダーブラウス×ベージュサンダル

10きれいめカットソー×映えフレア

ベージュのフレアスカートにライラックのコンパクトカットソーを効かせたまろやか配色コーデ。シンプルなフレアスカートはレザー風の質感を選ぶとおしゃれ度UP! バッグもサンダルもベージュでまとめて、ヌーディな大人オーラを発揮して。

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/MAKI モデル/小室安未(本誌専属) 構成/石黒千晶

【3】ラベンダースカート×白トップス×白サンダル

10きれいめカットソー×映えフレア

透け感が上品なシアートップスに歩く度にふわっと揺れるフレアスカートをプラス。透明感たっぷりの新生フィット&フレアスタイルは、清楚感も今っぽさもアピールできる理想のコーデ。小物もエクリュでまとめればフェミニンな春コーデが完成します。

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/松村沙友里(本誌専属) 構成/石黒千晶

【4】ブルースカート×白ニット×ベージュサンダル

あざときれいな肌見せならバックシャントップス×ロングスカートがおすすめ! 前から見るとごくシンプルなのに、後ろは大胆な背中見せというギャップに、思わずドキッ♡ 小物まで全身を柔らかなペールトーンで統一して、色気がトゥーマッチにならないように優しく着こなすのがポイントです。

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞  ヘア&メーク/神戸春美 モデル/生見愛瑠(本誌専属) 構成/石黒千晶

【5】黒スカート×白ニットトップス×黒サンダル

02肌見せニット×マーメイドスカート

華やかなレーススカートも、マーメイドシルエットでより今年っぽくアップデート! Vネックのリブニットでスッキリとまとめると、オフィスにもOKな好感度高めな上品コーデが完成します。

CanCam2021年5月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/小松胡桃(ROI) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/石黒千晶

【6】ピンク花柄スカート×ブルーニット×白ブーツ

mite『お手頃でモテが叶う♡』

とろんとした質感のロングスカートは春色ブルーのニットを合わせて優しげな配色に♡ ベージュのバッグと白ブーツで小物を軽やかにまとめて、あったかいけど春っぽいきれいめコーデを楽しんで。

CanCam2021年2月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/山木晴菜

【7】オレンジ花柄スカート×オレンジトップス×ブラウンバッグ

&.NOSTALGIA『ディテールも繊細&大人っぽくて高見えする洋服が多数』

レース×イエローの最旬スカートは、ほんのり透ける裾がエモい♡ 女らしいシルエットを作るマーメイドラインなので、トップスをコンパクトに合わせるとおしゃれ&女っぽく仕上がります。トップスは同系のオレンジ、小物はブラウンでまとめてトレンドのワントーンコーデを楽しんで♪

CanCam2021年2月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/山木晴菜

【8】グリーン花柄スカート×ピンクニット×ブラウンパンプス

CanCam的最愛ブランド名品、まだまだあります!

スカートは品のある小さめの花柄で糖度の高い甘さをキープ♡ リブニットをすっきりとウエストにしまって、華奢見えする美シルエットをメイクすれば清楚で華やかなコーデの出来上がり。ピタッとしたトップスや動くたびに揺れる裾フレアが、しなやかで優しい女らしさを演出します。バッグやパンプスは淡いベージュでフェミニンに。

CanCam2020年11月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/川嵜 瞳(PEACE MONKEY) モデル/石川恋(本誌専属) 構成/鶴見知香

【9】花柄スカート×ピンクトップス×ブラウンバッグ

I amネット通販フリーク♡

ピンクトーンで繋いだ夏の愛されコーデ♡ 顔映りのいいペールピンクニットに鮮やかな水彩プリントスカートを合わせれば、上品なのに華やかな夏コーデが完成します! 

CanCam2020年8月号より 撮影/まい(本誌専属) スタイリスト/まい(本誌専属) ヘア&メーク/まい(本誌専属) モデル/まい(本誌専属) 構成/菊谷まゆ

【10】ドット柄スカート×黒トップス×イエローバッグ

三姉妹が大好きな、エモくてかわいいもの、もっと!

春はとびっきりピュアなドット柄を白スカートで取り入れて。黒のパフスリトップスでモノトーンシックにまとめると、あどけない少女らしさが際立ちます♡ 仕上げはイエローのミニバッグで、白黒でまとめたコーデに華やかさをプラス。

CanCam2020年4月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/小松胡桃(ROI) モデル/山下美月(本誌専属) 構成/権藤彩子、鶴見知香

清楚系ワンピースで「正統派モテコーデ」

【1】白ワンピース×ベージュブーツ×ベージュバッグ

09Aラインミニワンピ×春ブーツ

かわいさを直球で狙うなら、清楚な印象が一瞬で手に入る白ワンピースがおすすめ。ロマンティックなワンピースをベージュ小物でまろやかに仕上げるとフェミニンムードが盛り上がります。ミニ丈と相性のいいショートブーツで肌見せバランスを調節するのもポイント!

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/MAKI モデル/小室安未(本誌専属) 構成/鶴見知香

【2】ブルーワンピース×白ジャケット×白パンプス

洒落た遊びを効かせてプレイフルニットワンピ

シアーな風合いと繊細なプリーツ加工に春気分がUP! トレンドの透け感をニットワンピで取り入れてジャケットをプラスすればきれいなお姉さんスタイルに。白パンプスで上品に仕上げつつ、バッグはあえてのポシェットでおしゃれっぽいハズしを効かせて。

CanCam2021年3月号より 撮影/寺田茉布(LOVABLE) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/MAKI モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/石黒千晶

【3】白ニットワンピース×ベージュバッグ

ニットワンピのやわらかさが引き立つニュアンシーなオフホワイトでモテオーラをGET。パールのアクセやベージュのバッグなど、まろやかトーンの小物でまとめると女性らしくて優しい表情が生まれます♡ 自分ウケはもちろん、誰からも愛される好感度の高い着こなしをマスターして。

CanCam2020年12月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI モデル/山下美月(本誌専属) 構成/石黒千晶

【4】花柄ワンピース×オレンジバッグ×黒ブーツ

簡単なおしゃれなら、ロマワンピ×重めブーツのワンツーコンビ!

甘いワンピにこそ、強めのブーツでおしゃれのギャップを効かせるのがおすすめ。ロマンティックなパワショルがガーリー好きの心をくすぐる花柄ワンピは、キレのあるポインテッドトウのブーツでメリハリをつけるとバランスよく仕上がります。甘くもフェミニンにもなりすぎないオレンジのボアバッグで明るいカラーMIXも楽しんで。

CanCam2020年11月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【5】ベージュワンピース×ブラウンバッグ×ブラウンパンプス

ウエストがキュッと細見えするカシュクールワンピは、上品なベージュを選んで清楚な印象に。小物はヴィンテージっぽいアイテムを取り入れると脱コンサバに仕上がります。トートバッグやフラットのパンプスをこっくりブラウンでまとめるとコーデのトレンド感もさらにアップ。

CanCam2020年10月号より 撮影/須江隆治(see) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/石黒千晶、浜田麻衣

【6】ピンクワンピース×白バッグ×白ブーツ

ロマンティックワンピース

スタンドカラーのクラシカルな雰囲気に、シフォン素材のやわらかさが加わったムーディなワンピース。胸下のウエスト切り替えでスタイルアップも叶います。バッグとブーツはやさしいエクリュでほんのりと女っぽさを後押し。

CanCam2020年10月号より 撮影/生田昌士(hannah) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【7】ラベンダーワンピース×ピンクカーディガン×白サンダル

気分を上げたい日は着映えワンピで華やかに。上半身がシンプルなので、顔周りが洒落て見えるようカーディガンを肩に巻いてアクセントを。白のサンダルで抜け感をつくればロングワンピもさらっと軽やかに着こなせます。

CanCam2020年6月号より 撮影/須藤敬一 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/山下美月(本誌専属) 構成/岩附永子、権藤彩子、鶴見知香

【8】グレー花柄ワンピース×ベージュバッグ×ベージュサンダル

いつもより少しだけ女性らしくいたいから…♡デートに行くなら何を着る?『あやみは…ヴィンテージライクな花柄ワンピ』

スタイル美人なメリハリワンピは、寒色系の小花柄で品のある落ち着き感を演出。派手さよりも清楚な印象が引き立つ淡色プリントは好感度も高め♡ 小物はヌーディなベージュで統一すれば、全体のフェミニンオーラも上昇します!

CanCam2020年5月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/佐藤彩花、権藤彩子、鶴見知香

【9】ミントニットワンピース×白カーディガン×ベージュパンプス

華やかで品のある大人フェミニンスタイル 通勤ノーブル恋style 洋服を選ぶ基準は、上品さとオフィスで浮かない華やぎ。そして自分がより素敵に映るスタイルアップ服はマスト♡今シーズンもそのポイントは変わらずに、キレイ色や新鮮ディテールで春仕様にアップデート!『恋style4モテとおしゃれが叶うニットワンピ 恋ならではの女性らしさが即GETできる、上品ニットワンピ。ペールトーンと華奢見えが叶うウエストマークタイプを選べば、メンズウケも上々♡』

ドラマティックに広がる美シルエットやプリーツ加工が目を引くニットワンピース。フィット&フレアはスペシャルなかわいさがあるから、仕事帰りのデートにもぴったりです♡ 小物はブラウンやベージュ小物できちんと&女らしくまとめて。

CanCam2020年3月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/佐藤彩花、石黒千晶

【10】ミント花柄ワンピース×白バッグ×ベージュブーツ

ときめくガーリー要素にエモさをトッピング♡エモかわガーリーあやみstyle『あやみstyle3ヴィンテージライクな花柄ワンピ一生LOVEです♡ブレずに、ずっと心ときめく花柄アイテムは、シルエットや柄のデザインでどんどん今っぽくアップデート。春の気分は、ヴィンテージな小花柄♡』

顔周りを明るくしてくれるミントグリーンのワンピースはレトロディテールで上品さも◎。ヴィンテージライクな色味に合わせて、エクリュのバッグやベージュブーツで大人っぽさと高見えを意識して♪ 上級者っぽいニュアンス配色ならフェミニンでやわらかな印象がアピールできます。

CanCam2020年3月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/佐藤彩花、石黒千晶

「清楚系」に仕上げるトレンドのパンツコーデ

【1】ミントセンタープレスパンツ×白ジャケット×ベージュインナー

きれいめなジャケパンスタイルを淡色でまとめて、堅すぎない通勤コーデに。ベージュジャケット×くすみミントのパンツなら、やわらかで品のある女性像が演出できます。インナーは濃いめのベージュタンクでコーデ全体をやさしく引き締めて。

CanCam2021年5月号より 撮影/渡辺謙太郎 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/松田美穂 モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/岩附永子、山木晴菜

【2】ミントセンタープレスパンツ×白トップス×白パンプス

04チュニックブラウス×セミフレアパンツ

清楚さとモード感のバランスがちょうどいい白チュニックで定番コーデを今どきにアップデート! ほんのり甘さが漂うミント色パンツを合わせれば、春らしさ全開のニュアンス配色が完成します。ほっこりしないよう、小物はポインテッドトウパンプスや小さめバッグでフェミニンムードを盛り上げて。

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/石川恋(本誌専属) 構成/手塚明菜

【3】デニムパンツ×ベージュブラウス×ブラウンサンダル

04チュニックブラウス×セミフレアパンツ

ボリューミーなフリルカラーのブラウスは、シンプルにデニムと合わせるだけで今っぽさが手に入る旬顔アイテム♪ 切りっぱなしのラフなデニムとデザイン性の高いサンダルで、足元まで抜かりなくスタイリッシュに♡ アクセントになるバッグは、存在感&デザイン性のあるものをチョイスしてコーデのほっこり感を払拭するのがおすすめです。

CanCam2021年5月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/小松胡桃(ROI) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/手塚明菜

【4】イエローパンツ×白ブラウス×エクリュベレー帽×白サンダル

04チュニックブラウス×セミフレアパンツ

大人フェミニンなワントーンコーデは、NEWシルエットで鮮度UP。オーバーサイズのブラウス×スリット入りの旬顔パンツなら、シンプルなワンツーコーデも今っぽく見違えます♪ 洗練見えするエクリュのバッグや白のバーサンダルもこなれ感ばっちり。

CanCam2021年5月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/小松胡桃(ROI) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/手塚明菜

【5】白パンツ×イエロータンクトップ×ベージュカーディガン

03春イエロー×大人ベージュのまろやか配色

ベージュのクロシェニットカーデ×イエローのタンクトップというガーリーな組み合わせには、ちらりと肌をのぞかせたヘルシーなコーデが効果的♡ 白デニムでクリーンな印象に寄せつつ、タンクトップよりも鮮やかなイエローのサンダルでメリハリや春らしさを意識して。

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI モデル/小室安未(本誌専属) 構成/手塚明菜

【6】イエローパンツ×白ブラウス×ベージュバッグ

01ロマンティックブラウス×ジェラートカラーパンツ

パフ袖ブラウス×レモンイエローパンツの合わせは、シャープさも今っぽさも手に入る旬のコーデ。どんなカラーパンツとも好相性の白ブラウスはこの春ヘビロテの予感♡ キャッチーなイエローパンツも白ブラウスとならTRYしやすくおすすめです。ヘアバンドやカゴバッグでチャーミングな魅力を上乗せすればキャッチーな初夏コーデの出来上がり♪

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【7】ラベンダーパンツ×黒ブラウス×白バッグ

01ロマンティックブラウス×ジェラートカラーパンツ

ロマ度が高いギャザーデザインのオフショルブラウスも、黒ならモード見えするのでTRYしやすい。そこに品と色気を兼ね備えたライラック色のパンツを合わせて、かわいいだけじゃない洒落感たっぷりのスタイルを堪能。黒とライラックの配色が大人かわいいムードをつくる近道です♡

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【8】ミントセンタープレスパンツ×白ブラウス

ロマンティックなブラウスは、フロントの華奢なリボンに胸元のギャザー、パフスリーブなど、細部も大人かわいいディテールがたくさん。王道なデニム合わせもいいけれど、春らしいミント色パンツで感度高めに仕上げるのが断然おすすめ♡

CanCam2021年5月号より 撮影/今城 純 スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/KIKKU モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/権藤彩子

【9】カーキパンツ×白ブラウス×ブラウンバッグ

TREND03 甘トップスを受け止める太めのドライパンツがないと春は始まらない!

カットワークの甘ブラウスをカーキの辛口パンツで大人めにシフト。ミリタリーパンツのドライな雰囲気が、ガーリーブラウスのコケティッシュさを引き立たせるポイントです。靴は抜け感のあるブラウンのサンダルでおしゃれっぽく着こなして。

CanCam2021年4月号より 撮影/須江隆治(see) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良、田中かほ里 構成/鶴見知香

【10】ラベンダーパンツ×白ニット×ブラウンインナー

大人見えするくすみ感がニュアンスおしゃれ!ファジーピンク

カジュアルとキレイが調和したタックパンツで甘くないピンクコーデにTRY! くすみがかったピンクなら白ニットともなじみがよく、パンツスタイルに程よい甘さが香ります♡ べっ甲モチーフがついた白パンプスを合わせてレトロ感もほんのりMIX。品もインパクトもある春コーデが完成します。

CanCam2021年3月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI モデル/加藤史帆(本誌専属) 構成/浜田麻衣

定番×トレンドで「清楚系コーデ」に今っぽさを

清潔感があり、男女問わず好感を持たれる「清楚系コーデ」を紹介しました。定番のフレアスカートにジェラートカラートップスを合わせたり、甘ブラウスにセンタープレスパンツを合わせたり、定番のアイテムに今っぽさをプラスするのがおすすめです。オフィスもデートもトレンド感を網羅した清楚系ファッションを楽しんで♡