2019夏春♡おすすめ柄スカートコーデ19選|花柄・レーススカート

上品で華やか♡柄スカートの着こなし例

トレンドの柄スカートは、シンプルなトップスと合わせて大人っぽい着こなしを楽しんで♡ 花柄スカートを取り入れたレトロな着こなしや、柄プリントのスカートコーデを集めました♪

【目次】
花柄スカートのレトロな着こなし
柄スカートのおすすめコーデ

花柄スカートのレトロな着こなし


【1】ブラウンの花柄スカート×白キャミソール×シャツ

ヴィンテージムード漂う女の子コーデは、フレンチシックな小花柄スカート×キャミから華奢なデコルテをのぞかせて♡ 小寒いときにも便利なはおりシャツをプラスして、大人っぽいワントーンにまとめれば完成です。実はこのシャツ、メンズのもの。ゆとりのあるサイズ感といい、薄手で光沢感のある素材といいすべてが絶妙。抜き襟でこなれ感を漂わせつつ、ベルトマークで女の子らしいメリハリシルエットをメイクして。

CanCam2019年8月号より 撮影/土山大輔(TRON) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/NAYA モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/PROPS NOW 構成/手塚明菜

【2】赤の花柄スカート×グレーキャミソール

旬柄スカートでこなれたムードに仕上げる

ノスタルジックなムードを漂わせる小花柄のラップスカート。ほっこりしがちな柄だから、ヌーディベージュのキャミを使って色っぽく攻めるくらいがちょうどです。肌見せ多めのコーデには、おもちゃみたいなバッグとサンダルで茶目っ気をプラス♪ おしゃれでかわいいカラーMIXコーデは、デートにもぴったりです♡

CanCam2019年8月号より 撮影/熊木 優(io) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/松村沙友理(本誌専属)  構成/木村 晶

【3】ベージュの花柄スカート×黒キャミソール

旬柄スカートでこなれたムードに仕上げる

花柄よりもしゃれた雰囲気に仕上がる、グリーン多めなボタニカル柄のマキシスカート。思い切り長い柄スカートに合わせる華奢キャミは、潔く肌見せしてギャップを狙うと好バランス。キャミソールは、スカートの柄から1色拾うと大人っぽく仕上がります。

CanCam2019年8月号より 撮影/熊木 優(io) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/木村 晶

【4】イエローの花柄スカート×黒ブラウス

服がプリプラのときはバッグに〝イイもの〟がMyルール 「シンプルかわいいプリプラ服が大好き♡ だけど、小物の中でも存在感の大きいバッグは、年齢に合ったちゃんとしたものを持って、高見えさせます!」

黒のノースリニットに花柄スカートを合わせた、ちょっぴりクラシカルな大人スタイル。スクエアフォルムのバッグを合わせて、リラクシーな着こなしにクラス感をプラスして♡ ビビッドな花柄スカートには、ベーシック色のアイテムを合わせてプリントを引き立てるのが正解です。

CanCam2019年6月号より 撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/まい(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【5】ベージュの花柄スカート×白ブラウス

白ブラウス×花柄の淡いトーンの着こなしに、〝LOEWE〟のカゴバッグをプラス! カジュアルなカゴバッグは、小ぶりなサイズ感をチョイスすればレディな服とも相性抜群。白とベージュでまとめたやわらかな配色も、大人かわいい夏コーデにひと役買います♡

CanCam2019年6月号より 撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/まい(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【6】ブラック刺しゅうスカート×黒オフショルダーニット

濃い色デニムとロゴTで70’Sスタイルに

シンプルニットの感覚で着られるオフショルなら、肌見せコーデもすんなり。いつもより大人っぽく、女性らしく、そんな着こなしに挑戦したい女心に応えてくれるアイテムです。秋を先取りするなら、レトロな刺しゅうスカートやファーバッグを合わせて、レディなモノトーンスタイルを意識して。

CanCam2017年10月号より 撮影/西出健太郎  スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/サンタルチア トラットリア 構成/浜田麻衣

【7】ピンク花柄スカート×黒ニット

濃い色デニムとロゴTで70’Sスタイルに

小花を贅沢にあしらったブーケ風の花柄スカートに黒ニットをON。ふんわり香るレトロな雰囲気が、たまらなく素敵♪ 落ち着きのあるダスティな色味ならピンクも甘すぎず、しっとりエレガントな印象に仕上がります。

CanCam2017年10月号より 撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) スタイリスト/青山絵美 ヘア&メーク/菊池かずみ(P-cott) モデル/まい(本誌専属) 構成/新城真紀

【8】ピンク花柄スカート×ボルドーニット

濃い色デニムとロゴTで70’Sスタイルに

いちごミルクみたいな淡~いピンクに、ヴィンテージ感のあるレトロな雰囲気のお花をON♡ 視線を集める小悪魔的なかわいさは、デートシーンで最上級の効果を発揮します! 同系色のボルドーをプラスして大人っぽくまとめることで、女らしさもよりアップ♪

CanCam2017年10月号より 撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) スタイリスト/青山絵美 ヘア&メーク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/新城真紀

【9】ネイビー花柄スカート×ベージュライダースジャケット

濃い色デニムとロゴTで70’Sスタイルに

ほんのり辛さをミックスしつつ、いつもの花柄スカートをブラッシュアップ! やわらかなスエード素材がしなやかに体にフィットして、シルエットも女性らしい雰囲気に。ネイビーの大人っぽい花柄と、温かみのあるブラウンベージュのライダースとの相乗効果で、レトロで今っぽい着こなしが仕上がります♡

CanCam2017年10月号より 撮影/江原英二(Astro) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/河嶋 希(io) モデル/松村沙友理(本誌専属) 撮影協力/田邉沙緒莉 構成/田中絵理子

【10】レトロフラワー柄スカート×ボルドーニット

レトロフラワーはちょっぴりシックに取り入れて♡

永遠に好き♡な花柄は、小花×ダークトーンがシックな〝レトロフラワー〟をチョイス。ブラウンニットやベージュ小物など、全体を落ち着いた色味でまとめれば、落ち着きのある女性らしさがより引き立ちます。自然と秋っぽさも高まって♪

CanCam2018年9月号より 撮影/須江隆治(See) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/松村沙友理(本誌専属) 構成/石黒千晶

【11】花柄チュールスカート×ブラウンノースリーブニット

レトロフラワーにチュールを重ねたスカートでヒロイン気分♡

プリーツ加工されたイエローの小花柄に、繊細なチュールをON! ひと目でかわいい♡が決まる技アリのデザインが、定番の花柄スカートを今っぽくアップデートしてくれます。ほんのりビターなブラウンのノースリニットで、イイ女っぽく着こなして♪

CanCam2018年9月号より 撮影/須江隆治(See) スタイリスト/丸林広奈  ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/松村沙友理(本誌専属) 構成/石黒千晶

【12】小花柄スカート×赤ニット

赤ニット×小花柄の長め丈スカートで今年っぽくレトロな雰囲気に♡

インパクトのある柄スカートに赤ニットを投入したヴィンテージスタイル。ニットはピュアウールを使用した、なめらかであたたかな素材感も◎。カーデとして着るほか、深Vネックのプルオーバーにもなる前後2wayです!

CanCam2018年10月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里、篠原里緒 構成/渡辺みらの

柄スカートのおすすめコーデ


【1】黒のレオパード柄スカート×グリーンタンクトップ

旬柄スカートでこなれたムードに仕上げる

スパイシーなレオパード柄は、too muchにならないように抜け感を意識! シンプルなコットンタンクやトングサンダルでラフに着くずすイメージが、レオパード攻略の近道です。合わせるトップスが白や黒だと辛口になるけど、フレッシュなグリーンタンクなら等身大の着こなしに。

CanCam2019年8月号より 撮影/熊木 優(io) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/木村 晶

【2】ブルーの柄スカート×グレーニット

女らしいラメ×ベージュのノースリニットは、存在感はありつつも柄モノにもスッと馴染む万能アイテム。古着屋さんにあるようなヴィンテージライクなスカートを合わせると、どこか懐かしい趣のある着こなしが完成します。

CanCam2019年7月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/AWABEES 構成/石黒千晶

【3】白の柄スカート×ブラウンキャミソール×チュールシャツ

やわらかなチュール素材のブラウスは、まとうだけでしぐさや表情まで優しくなるエモアイテム。光に透けるシースルーが、セクシーさよりモードな印象を与えるのは、トレンド感やおしゃれっぽさが漂うブラウンならではです。ちょっぴり懐かしい花柄スカートで、品よくおしゃれに着こなして♡

CanCam2019年7月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/百々千晴 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/楓(本誌専属) 構成/木村 晶

【4】ドット柄スカート×マスタードニット

楓の1か月着まわしコーデ!【Vol.13】

マスタードイエローのニットは、投入するだけでコーデ全体が抜群に映える推しアイテム。合わせる色を選ばないので、秋のワードローブにオススメです。鎖骨がきれいに見えるボートネックや、ウエストをほっそり見せてくれるカッティングも高ポイント♡ ボトムは、夏に引き続き人気続行中のドット柄スカート。小粒のドット柄&ひざ下丈で秋らしさも大人っぽさも手に入る一枚です。

★【今日のコーデ】鉄板の肌見せニットはマスタードカラーで秋っぽく♡

【5】水玉スカート×パープルブラウス

女っぽパープルで、かわいいだけじゃない大人な私に♡

こっくりとしたパープルは、秋らしさと色っぽさを両方GETできるオススメカラー。そんなパープルを、今っぽいボリューム袖のブラウスで取り入れれば、パッと目を引く印象的な着こなしが完成します。シンプルに黒や白の単色ボトムと着こなすのもいいけれど、より女度高めを狙うならマーメイドラインの水玉スカートとの合わせにチャレンジして!

CanCam2018年9月号より 撮影/須江隆治(See) スタイリスト/丸林広奈  ヘア&メーク/菊池かずみ  モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/石黒千晶

【6】小花柄スカート×スエットトップス

メンズが好みそうなロゴや色は、スカートがBESTマッチ!

小花柄のロングスカートを合わせて、スポーティ×ヴィンテージの今年らしいMIXコーデに! バーガンディ色のロゴが、ボーイズライクなスエットに女の子らしさをプラスしてくれます。

CanCam2018年10月号より 撮影/柴田フミコ  スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/松村沙友理(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里、篠原里緒 構成/渡辺みらの

【7】ドット柄スカートを×パーカ

温度調整できるパーカでカジュアルコーデ!

上品なドット柄スカートに、季節の変わり目や旅先で便利なパーカをプラス。パーカ合わせでもカジュアルになりすぎないのは、パール付きのニット素材だから♡ モノトーンの差し色に加えたフューシャピンクのバッグもキュートです。

CanCam2018年10月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/松村沙友理(本誌専属) 構成/田中絵理子

 

★大人っぽいシャレ感を♡黒×ベージュのおすすめコーデ10選【2019・夏秋】

>>CanCam,jp TOPへ戻る