信用できない彼氏|信頼関係が崩れる原因と対処法、彼に問題がなくてもそう思う女子の特徴11選

「彼氏を信用できない!」と思ったら…

(c)Shutterstock.com

浮気が発覚したり、深刻な裏切りがあったりという理由から「彼氏を信用できない!」と思ったら、どうすべきか迷いますよね。限界に感じているなら、別れるのも選択肢。けれど、修復できるのであればもう一度頑張りたいと考えているときほど、悩みのタネにもなりがちでしょう。そこで今回は、恋人を信用できなくなるきっかけや対処法を中心に解説します。

 

信頼関係崩壊の原因!女子が彼氏を信用できなくなる理由5選

(c)Shutterstock.com

(1)浮気をされた

浮気をされれば、それ以降は恋人を信用できなくなるのが、多くの女子の心理。浮気発覚と同時に別れるカップルも多いけれど、修復の道を選んだ場合、再び恋人を信用できるようになるまでは、かなりの時間を要しますよね。

(2)自分の悪口を言われていた

彼氏が、彼女である自分の悪口を他の人に言っていたと知れば、恋人とは言え信用できなくなるのが一般的な心理。どんなときにも一番の味方でいてもらいたい人に、陰で悪く言われていたと知れば、信用できなくなるだけでなく、深く傷つきますよね。

(3)嘘をつかれた

事情はどうであれ、彼氏に嘘をつかれていたことが発覚すれば、信頼関係が崩壊するきっかけに。彼が「良かれ」と思っての嘘であったとしても、嘘をつかれていた彼女からすれば「許せない!」となりがちです。

(4)いつも連絡がとれない

連絡がとれないことが多い彼に対しては、どんどん不信感が募るのも女子の心理。浮気疑惑を向けたくなるのに加え、恋人に言えない秘密があるんじゃないか……など、彼が音信不通になる頻度が多いほど、不安も大きくなりがちです。

(5)お金にルーズすぎる

お金にルーズな人には、不信感を抱く女子も多いですよね。恋人がお金にルーズな性格だと、最初はよくても、ルーズな面を見せつけられるたびに、だんだんと不安になるのも女子の心理。貸したお金を返してもらえなかったり、何かと立て替え払いを頼まれたりするたびに、気持ちが冷める女子も多いでしょう。

 

彼氏を信用できないときの対処法3つ

(c)Shutterstock.com

彼のことを信用できないと思ったら、別れるのも選択肢のひとつ。けれど、別れる前に、もう少しがんばってみたいと思うならば、やっておきたい対処法もあります。

(1)信用を失うことをしている理由を尋ねる

彼が、恋人である女性の信頼を失う行動をするときには「どうして、それをやってしまうのか」の理由を尋ねてみると、思わぬ原因がわかることもあります。よくあるパターンとしては、彼女は彼に対して失望をしていても、本人は「そんなに大事なことだと思わなかった」「自分の行動が、彼女を失望しているとは思いもしなかった」というもの。

そんなふうに、彼が深く考えずにしている行動によって、ふたりの関係が悪くなっている場合には、きちんと理由を聞くことにより、関係の改善を図るヒントを掴みやすいです。

(2)今後について話し合いをする

すでに彼に対して信頼を失ってしまった場合には、彼がよほど改心してくれないと、関係修復を図るのは難しいもの。お付き合いを続けていくのであれば、きちんとふたりで話し合い、今後どうしていくのか、さらには信頼関係を取り戻すためにはどうするべきなのかなどを話し合うべきでしょう。

(3)ふたりの間にルールを作る

信頼関係を失う行動を繰り返さないためには、ふたりの間でルールを作ることも有効です。ガチガチに自由を奪うルールはおすすめできませんが、彼の軽率な行動によって彼女が信頼できなくなっている場合には、同じことを二度と繰り返さないための約束も大事。「破ったら、○○ね」とペナルティーを決めておくやり方もあります。

 

彼には原因がないのに「恋人を信用できない」と思ってしまう女子の特徴3つ

(c)Shutterstock.com

彼が彼女を裏切ったわけではなくても、自分自身の不安から「恋人を信用できない」と思う女子もいます。そこで、そんなふうになりがちな女子の特徴をお伝えします。

(1)自分に自信がない

自分に自信がない女子ほど、恋人に対しても疑心暗鬼になりがちです。彼は誠意をもって向き合ってくれていても、自分自身の問題によって、そんな彼に対して「もっともっと」と求めすぎてしまったり、自分の思い通りに動いてくれないと不満や不安を抱いたりしがち。理想通りにならない彼に対して「信用できない」といった感情も抱きやすいでしょう。

(2)過去の恋人に裏切られている

すでに別れた恋人に、以前に裏切られた経験がある女子は、新しい恋人ができても、過去をひきずってしまいがち。「新しい彼もまた、浮気をするのではないか」「新しい彼も、元カレと同じように、私に秘密を持っているのではないか」などと疑いの気持ちが強くなってしまい、彼を信頼できなくなってしまうケースも多いでしょう。

(3)自分が彼に秘密を持っている

自分自身が、彼に知られたくない秘密を抱えていると「きっと彼も、私に言えないことがあるはず」などと考える傾向に。その結果、彼に対して心から信頼することができずに、疑心暗鬼な気持ちを持ち続ける女子も少なくありません。

 

まとめ

(c)Shutterstock.com

交際期間が長くなるにつれて、カップルには試練もつきもの。倦怠期を迎えると、恋人といるのが当たり前になりすぎてしまって、相手の信頼を失う行動をしてしまう男子も少なくありません。「もう絶対に無理!」と思うところまで信頼関係が崩れてしまえば、その先には別れしかないのも事実。だけど、まだ彼に愛情が残っていて「うまくやっていけるなら、やっていきたい」という気持ちがあるならば、ふたりで話し合いをして改善策を見つけていきたいですよね♡