なんでなん?確実に両思いなのに告白しない人の心理

確実に両思いなのに告白しない人の心理


 

両想いなのに告白しない人の心理

自分もそれとなく好意を示しており、相手も憎からず思ってくれている…… そんな状況なのに、いつまでも恋愛に発展せず、付き合うに至らない経験ってありませんか。周囲の友人たちは付き合ってるようなものじゃん、なんて言うけど決定的な言葉はまだない。そんなとき、相手は一体どのような気持ちなのでしょう。そこで今回は、「確実に両思いなのに告白しない人の心理」をご紹介いたします。

 

 

■好意が確信できず振られるのが怖い

どんなに自分の中で好意を伝えているつもりでも、それはあくまで主観的なものであり、相手に届いているかはわかりません。もしかするとあなたの伝え方が浅い可能性もありますし、相手が自分に自信がなく確信を得られないでいるのかもしれません。そんな状態だと、相手は振られるのが怖いと感じて、行動を起こせなくなってしまいます。彼が好意的なアクションをとったときに、あなたはそのお返しをしているでしょうか。心理学には好意の返報性という現象があり、自分のしたことは相手からも同様に返ってくるという期待を持っています。彼からのアクションに対して好意を返してあげれば、徐々に確信を得て、告白に踏み切ってくれるかもしれません。

 

■付き合うことで関係が変わるのを恐れている

付き合う前と付き合った後、いずれにしても必ずふたりの関係には何かしらの変化が訪れますよね。それまで仲のいい友達だった男女が恋人になることで、今までの関係が壊れて新たな関係が形成されます。そのことに対して、期待と同時に不安の感情を持つ人も少なくありません。人には一度決定した事を変えたがらず、継続しようとする心理傾向があります。これを一貫性と言います。もしもあなたと彼が友達関係にある場合は、付き合うことで関係が変化する、つまり一貫性が壊れることを恐れているのかもしれません。

 

■付き合うのがめんどくさい

付き合うというのは、相手に対して少なからず責任を負う行為です。相手を大切に思う、浮気をしない、もしくはふたりの取り決めを守る…… それらは考えようによっては、精神的な負担になるとも言えます。これはアカウンタビリティ(責任の概念)と言い、自分の行動の結果は自分が選択したことで起きたものであって、他の誰かの責任ではない、という考え方です。この概念が強いと、恋への期待感よりも自由が束縛されることへの恐れのほうが強くなり、付き合うことがめんどくさくなってしまうのです。その結果、あなたの好意を感じていたとしても、交際に対する決定打を保留するという形になっているとも考えられます。

 

■他に好きな人・気になる異性と比べている

人にはいい意味でも悪い意味でも、比較をしたがる心理があります。それは自分と他人だけでなく、他人と他人を比べる場合も少なくありません。なぜなら、自分にとって価値のある恋人や、付き合っている彼女を自慢したいと思うときも、他人と比べて優越感に浸ったり、周囲の人から羨ましがられることに快感を覚えるためです。そのため、あなたの好意を確実に感じ取っていたとしても、他に好きな人や気になる異性がいれば、あなたとその相手とをはかりにかけ比べる可能性があります。彼の中であなたのほうが魅力的だという結論が出るまで、告白することはないでしょう。あなたの魅力をアピールすることが大切です。

 

 

両思いなのに告白しない原因は、大きくふたつに分けられると言えます。ひとつめは、あなたの好意が相手に伝わっていない、もしくは確信が持てないため、あなたからのアクションを待っているケース。そしてふたつめは、相手があなたと付き合うかどうかを検討し、決めあぐねているケース。前者ならあなたが攻めに行くのが正しい選択ですが、後者の場合は様子を見たほうが無難だと言えます。相手をとりまく状況を観察しながら、どう動くべきかを決めるのがいいでしょう。(脇田尚揮)

脇田尚揮
認定心理士。Ameba公式No.1占い師として雑誌やTVなどに取り上げられ、現在テレビ東京「なないろ日和」にてレギュラーコーナー担当。また、自身が監修したアプリ 「マル見え心理テスト」はTBS 「王様のブランチ」 などでも紹介され、120万DL。著書『生まれた日はすべてを知っている。』(河出 書房新社)。

 

★正直しんどい…。一緒にいると疲れる友達の特徴13

★モテない女子の特徴はコレ!モテるためにすべきこと&心理学

>>CanCam.jp TOPヘ