太って見えない!白ロングスカートのおすすめコーデ15選|脱コンサバに着こなすコツ【2021】

白ロングスカートのトレンドコーデを特集!

白のロングスカートでつくる最旬コーデをピックアップ♪ 女らしいフェミニンコーデやちょっぴりクールなきれいめカジュアルなど、白ロングスカートの最旬スタイルをお届けします。

白ロングスカートの上手な合わせ方

女性らしさをぐっと上げてくれる白のロングスカートですが、膨張して見えたりコンサバになりすぎないか気になる人もいますよね。そこで今回は、白スカートを今っぽく着こなす配色や合わせ方をご紹介します!

トップスをインにしてすっきりと着こなす!

華やかで品のある大人フェミニンスタイル 通勤ノーブル恋style 洋服を選ぶ基準は、上品さとオフィスで浮かない華やぎ。そして自分がより素敵に映るスタイルアップ服はマスト♡今シーズンもそのポイントは変わらずに、キレイ色や新鮮ディテールで春仕様にアップデート!『恋style2もはや定番!プリーツスカートは技アリな1枚を スカート派・恋の大好きアイテムといえばプリーツ! この春は異素材使いや切り替えなど進化形デザインがリリース。オフィスにふさわしいきちんとした洒落感が手に入る♪』

ロングスカートに合わせるトップスは、ボトムに裾をインしてすっきりと着こなすのがベター。縦長ライン=スタイルアップができるので膨張感が気になりません。ロング丈のトップスを合わせるなら、ベルトマークでメリハリをつけたり、デコルテの肌見せで抜け感をつくるのもおすすめです。

×トレンドカラーで失敗しない旬コーデに

彼女感のある(ワンピ)なら…ボリューム袖ブラウスにトキメキを託して♡

どんな色にも合わせやすい白のロングスカートですが、トレンドカラーを合わせて旬な着こなしに♡今季はイタリアンジェラートを彷彿とさせる、おしゃれっぽい淡色=ジェラートカラーに注目です!

ワントーンコーデは異素材mixを意識して

美月はこの春エモセンシュアルでいく!

おしゃれ上級者っぽいワントーンコーデは、素材感の違いを意識してコーディネートするのが成功の秘訣。トップスにシアー素材を選んだり、レースのアイテムを取り入れたり…、白ロングスカートの素材と差をつけることで立体感のある着こなしが完成します。

素材ごとに印象が変わる♡白ロングスカート

白のロングスカートと言っても、素材によってコーデの印象が変わります。今季おすすめな素材とコーデの印象について紹介します!

チュールなど透け感のある白ロングスカート

軽やかな装いで出かけたい春夏は、透け感が魅力のシアースカートがおすすめ。トレンド感のある着こなしになり、歩く度にふわりと揺れる♡女子力高めのスカートです。

上品&フェミニンなレースの白ロングスカート

レトロなレディムードを演出するならレースの白ロングスカートがおすすめ。シンプルなトップスと合わせるだけでもサマになるスカートなので時短コーデにも◎。締め色になる小物を合わせてコーデにメリハリをつけてみて。

■今っぽいエコレザー素材の白ロングスカート

今っぽくも女性らしくも着こなせるので一枚あると便利なエコレザースカート。中でも、ハードな印象から程遠い細かめのプリーツタイプがおすすめ。程よくツヤがあるのでワントーンコーデでものっぺりした印象にならずおしゃれっぽく着こなせます。

こなれ感あり!デニム素材の白ロングスカート

おしゃれっぽさを重視するならデニム素材が推し! カジュアルなデニムでも、白ならフェミニンで大人っぽい着こなしになります。タイトなシルエットを選ぶと女性らしいラインが引き立ちます。

女っぽく仕上がるサテンの白ロングスカート

光沢感が美しいサテン生地のナロースカートは、女性らしさを格上げしてくれる一枚。程よいツヤが大人っぽく、広がりすぎず落ち感のあるシルエットで体に沿いながらもスッキリと仕上がります。

白ロングスカートをコーデに取り入れるポイントは?

  1. 縦長シルエットを意識してすっきりとした着こなしに
  2. ワントーンコーデは異素材mixでメリハリをつける
  3. 狙いたい雰囲気によってスカートの素材や形を選ぶのも手!

大人フェミニンな白ロングスカートコーデ

【1】白ロングスカート×白トップス×ブラウンブーツ

ほのか色っぽHAPPYになれるブランド4

白からベージュの淡色グラデで、ひと際目を惹くフェミニンオーラをGET! シルエットに余裕のあるハイネックニットにベルトをマークするだけで、重めのロングスカートともすっきりバランスよくまとまります。ファー小物やベージュブーツで小物選びもやわらかく♡

CanCam2020年11月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/川嵜 瞳(PEACE MONKEY) モデル/ほのか(本誌専属) 構成/鶴見知香

【2】ドット柄白ロングスカート×白Tシャツ×ラベンダーカーディガン

ドット柄スカートにTシャツをINして女っぽいアイテムをカジュアルダウン。ラベンダーのニットを肩掛けすると、顔まわりを明るく見せたりやさしい印象がプラスできます。

CanCam2021年5月号より 撮影/渡辺謙太郎 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/松田美穂 モデル/宮本茉由(本誌専属)  撮影協力/木谷成良 構成/岩附永子、山木晴菜
 

【3】白ロングスカート×ラベンダーブラウス

彼女感のある(ワンピ)なら…ボリューム袖ブラウスにトキメキを託して♡

フリル襟やギャザーなど、ときめくディテールをぎゅっと凝縮したブラウスは、きれいめ配色でとことんフェミニンに着こなして。ブラウスにボリュームがある分、ボトムはコンパクトなタイトスカートを合わせるとバランスよくまとまります。

CanCam2020年9月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/手塚明菜

【4】白ロングスカート×ブラウントップス×白スニーカー

ブラウンニット×白クロシェスカートのフェミニンな着こなしには、抜け感をプラスしてくれる爽やかな白コンバースがおすすめ。スカートの白とつながって見えることで脚長効果も期待できます♡

CanCam2020年6月号より 撮影/須藤敬一 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/山下美月(本誌専属) 構成/岩附永子、権藤彩子、鶴見知香

【5】白ロングスカート×ラベンダージャケット×ブラウンインナー

ベージュのインナー×エクリュスカートの優しげなミルキーコーデ。ウエストベルトをキュッと絞ったジャケットは、まろやかなラベンダーを選んで女性らしさを高めて♡ 小物はカゴBAGとトレンドのメッシュミュールをベージュカラーで統一すると、全体の淡いトーンが引き立ちます。

CanCam2020年5月号より 撮影/Chopper スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/石黒千晶

【6】白ロングスカート×ブルーシャツ×ブラウンインナー

モカのキャミとエクリュのクロシェスカートに、くすみブルーのゆるシャツをプラス。絶妙なニュアンス配色をキープするために、足元は素肌がのぞくメッシュ靴で今っぽく引き締めて。足をスポッと入れるだけでキマるスリッパ風ミュールは、女っぽナチュラルなトレンドコーデの相棒にぴったりです。

CanCam2020年5月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/楓(本誌専属) 構成/岩附永子

【7】白ロングスカート×イエロートップス×白パンプス

Item2 裾ひらナロースカート

女のコっぽい白スカートは、清楚なレース&ひざ下からふわっと広がるマーメイドシルエットが印象的。春カラーのイエローニットと合わせてとことんレディに着こなすのが気分です。バッグはかごをチョイスして爽やかな季節感を取り入れて。

CanCam2020年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/小室安未(本誌専属) 構成/手塚明菜

【8】白ロングスカート×ミントブラウス×ブラウンサンダル

ギャザーブラウス×レザースカートで、春イチオシの大人フェミニンスタイルに。ボリューミーなブラウスは、×タイトスカートにするとすっきりまとまりデイリーになじみます。小物でレザーのツヤ感を足すと、シンプルなワンツーコーデも即こなれ見え♡

CanCam2020年5月号より 撮影/有馬秀星(MOUSTACHE) ヘア&メーク/谷口里奈(R&eo) モデル/中村麻美 構成/時吉 茜

【9】白ロングスカート×白ブラウス×白パンプス

美月はこの春エモセンシュアルでいく!

流行のワントーンコーデは、揺れるスカートや透けるニットなどエモい質感を選ぶのが上級者♡ ベージュトップスや白スカートの淡色トーンに、大ぶりのピアスやブラウン小物を効かせてメリハリも意識。靴はヒール高めの白パンプスでロングスカートをバランスよく着こなして。

CanCam2020年4月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/小松胡桃(ROI) モデル/山下美月(本誌専属) 構成/権藤彩子、鶴見知香

【10】白ロングスカート×白シャツ×ベージュパンプス

華やかで品のある大人フェミニンスタイル 通勤ノーブル恋style 洋服を選ぶ基準は、上品さとオフィスで浮かない華やぎ。そして自分がより素敵に映るスタイルアップ服はマスト♡今シーズンもそのポイントは変わらずに、キレイ色や新鮮ディテールで春仕様にアップデート!『恋style2もはや定番!プリーツスカートは技アリな1枚を スカート派・恋の大好きアイテムといえばプリーツ! この春は異素材使いや切り替えなど進化形デザインがリリース。オフィスにふさわしいきちんとした洒落感が手に入る♪』

旬の〝透け〟を取り入れるなら、安心感のあるプリーツスカートがおすすめ♡ 落ち感のあるブラウスやきれいめパンプスをエクリュのワントーンでまとめれば、ノーブル気分がさらに上昇。スカートのふんわり感とやさしい色味でモテオーラを振りまいて。

CanCam2020年3月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/佐藤彩花、石黒千晶

白ロングスカートのきれいめカジュアルな着こなし

【1】白ロングスカート×ブラウンジャケット×ブラウンインナー

春夏こそきれいに見せたいデコルテ。白のティアードスカートは、ベージュのキャミにブラウンのカシュクール風トップスを重ねて、女らしくておしゃれっぽいワントーンコーデを堪能♡ 大ぶりのバッグやブラウンのサンダルで小物にこなれ感を意識するのがポイントです。

CanCam2020年5月号より 撮影/須藤敬一 スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/丸林広奈 構成/浜田麻衣

【2】白ロングスカート×ブルーシャツ×白ブーツ

Mila Owen『元取れセットアップと女っぽワンピにハズレなし 』

ハリのあるフレアシルエットの白スカートに、大きめのシャツジャケットを合わせて今っぽく! きれいめなスカートとメンズライクなジャケットのコンビなら旬のバランスをメイクできます。ブーツはスカートと同じ白を繋げて、下半身をすっきりまとめるのがポイントです。

CanCam2021年2月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI モデル/まい(本誌専属) 構成/山木晴菜

【3】白ロングスカート×カーキトップス×ブラウンブーツ

プレイフルなあやみニットをまず1枚

女らしいハイウエストのタイトスカート×サテンの異素材MIXニットでセンシュアルに。シンプルなタイトスカートがトップスのデザインを引き立ててくれるので、全身のバランスもきれいにきまります。小物はカーキと相性のいいキャメルで全体のまとまりよく。

CanCam2020年12月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/石黒千晶

【4】白ロングスカート×白ジャケット×ブラウンインナー

キレイめコーデの抜け感づくりにリネン素材『ナチュラルな風合いのリネンは、コンサバティブに取り入れるのが私らしい形。女らしいアイテムもどこかおしゃれな雰囲気に♡』

サファリジャケットにタイトスカートを合わせた女っぽい着こなし。かっちりしすぎないのにきちんと見えが叶うのは、オフホワイトのやわらかトーンのおかげ。インナーはブラウンを選んで、今っぽく引き締めて♡

CanCam2020年6月号より 撮影/北浦敦子 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/中村麻美 構成/山木晴菜

【5】白ロングスカート×白ニット×ブラウンパンプス

質感や色でニュアンスたっぷり仕上げに♡ 色っぽエシカル・楓Style『楓style4定番ワントーンはベージュを経てオール白 楓が愛してやまないなじませ配色。春は、ナチュラルな白を主役にして爽やかさ増し増しに♡ 甘くならないようキレのあるアイテムを選ぶのがコツ!』

背中から素肌がのぞくことでメリハリが生まれて、白ニット×白スカートのワントーンにありがちなのっぺり見えをおしゃれに回避! オールホワイトでまとめるときは、抜け感のほかアクセントカラーを加えるのもおすすめです。キャメルのパンプスで大人っぽく引き締めて。

CanCam2020年3月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/楓(本誌専属) 構成/佐藤彩花、石黒千晶

男女どちらかも好感度が高い♡白ロングスカート

男女問わず好感度がGETできる、白ロングスカートのコーデをご紹介しました。白のロングスカートは素材感や形で印象が変わるので、フェミニンならレースフレア、大人っぽくならデニムタイトなど、仕上がりのイメージで選ぶのもおすすめです。