ジーンズのおすすめ夏コーデ29選|テーパード・ボーイフレンド・スキニーデニムの着こなし

E-girls、楓のデニム

こなれアイテムNo.1♡夏のイチ推しデニムスタイルを大特集

デイリーはもちろん、アウトドアやデートスタイルにも欠かせないデニムコーデが知りたい! 夏に役立つ最旬のジーンズコーデと、ジーンズに合う靴の選びをレクチャーします。

 

【目次】
ジーンズ夏コーデ
ジーンズに合う靴

ジーンズ夏コーデ


【1】デニムパンツ×カーキ水着×白ガウン

ゆるはおり × 服見え水着『トレンド感のあるカラーリングやプリント、幅広ストラップ、チューブトップデザイン…。見せてもいやらしくない、服っぽ要素のある水着は、ラフなはおりをプラスする水着主役の大胆レイヤードにチャレンジ!』

ビーチやフェスには、キャミ見えするワンピース水着をトップス代わりに投入して。大人っぽいくすみグリーンなら、街スタイルにもぴったりです。ボトムにデニムを合わせつつ、ドラマティックに広がるコットンレースのガウンをバサっとはおって、感度高めに仕上げましょ。

CanCam2019年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/石黒千晶

【2】デニムパンツ×赤ワンピース

エモT屋さんのおすすめ/01  Tシャツワンピ『ワンピという女子っぽ要素とゆるっとした脱力系シルエットのギャップがエモい♡ 1枚でも、レイヤードしても今っぽく仕上がる万能アイテム!』

夕陽みたいな朱赤のワンピは、サイドの深めスリット&金ボタンでカジュアルな中にもフレンチシックなムードが漂うデザイン。クリーンなコットン素材や、立体的なコクーン袖がトレンド感抜群です♡ 程よく女らしい仕上がりなので、古着っぽいデニムを合わせるカジュアルな重ね着も上品に。スカーフを頭に巻いたり、ぺたんこサンダルとカゴBAGで、ラフでこなれた夏コーデを完成させて。

CanCam2019年7月号より 撮影/山岸和人 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/kika モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/STRANGER 構成/佐藤彩花

【3】デニムパンツ×白チュニック

ロング丈のトップスからデニムをちらっとのぞかせる、今季イチ推しのレイヤードスタイル。軽やかに揺れる白トップスの質感に合うように、ボトムは程よいウォッシュと淡色が爽やかなブルーデニムをセレクトして。今っぽいヴィンテージ感が漂うサングラスやスカーフ使いに反して、足元はビーサンでスッと力を抜くのがポイントです。

CanCam2019年6月号より 撮影/須藤敬一 スタイリスト/橘内 茜 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/メドウズ舞良 構成/浜田麻衣

【4】デニムパンツ×水色Tシャツ×カーキシャツ

ドライに着る カーキも魅力的

カジュアルコーデはあくまでも〝シンプル〟を軸に、シルエットや素材感でほんのりと女っぽさをプラスするのがおすすめ♡ シアーなTシャツとスキニーデニムなら、飾らない女らしさがアピールできます! トレンドのシアーな糸を使用したTシャツは、ルーズなシルエットで今っぽさも抜群。無造作にはおるだけで今年っぽい、カーキのBIGシャツをアウター代わりにプラスするのもポイントです。タイトにまとめた着こなしと、ゆるシャツのギャップ効果で華奢見えコーデが完成します。

CanCam2019年6月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/楓(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【5】デニムパンツ×白Tシャツ

この春、楓のおしゃれどう変わった?

美シルエットなデニムは、ごくシンプルに着こなすのがおしゃれ上級者! 白の無地T×デニムというTHEベーシックな組み合わせには、サングラスとコンバースで最低限の小物合わせを意識して♪ 引き算の着こなしこそ、おしゃれ偏差値の高さが発揮できるんです♡

CanCam2019年6月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/楓(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【6】スキニーデニム×黒ブラウス×黒パンプス

デニムスタイルはアップデート!小物かポイントのコーデ

一見シンプルなデニム×黒ブラウスのコーデを格上げするのは、上品なギャザー入りブラウス♪ 女性らしいシルエットのトップスに、カジュアルなデニムを合わせて初夏の甘辛MIXスタイルを楽しんで。カジュアルな印象のストローハットも、リボンの付いた女優帽のようなデザインならフェミニン派の人でも挑戦しやすいのでオススメです。カジュアルにまとめた日は、レディなパンプスやショルダーバッグを合わせて女性らしさも忘れずに。

撮影/中田陽子 スタイリスト/丸林広奈(@hironamarubayashi) ヘア&メイク/菊池かずみ(P-cott/@kikku726) モデル/堀田茜(@akanehotta) ディレクション/石黒千晶 WEB構成/尾身綾子

★【今日のコーデ】デニムスタイルをもっとおしゃれにするには?

【7】デニム×黒ニット×イエローレースビスチェ

デニムスタイルはイエローのレースビスチェで華やかにアップデート

黒ノースリ×デニムの定番コーデを今っぽくアップデートしてくれるのは、今年っぽいイエローのレースビスチェ。一枚着るだけでパッと華やかになる上に、全体のオシャレ度もアップするんです! ビスチェをバランス良く着こなすコツは、ボトムとの隙間をあけすぎないこと。合わせるデニムはハイライズのものを選ぶのがオススメです♪ 足元は、スエードのビッド付きミュールで、今年らしいトラッドMIXを楽しんで♡

撮影/石山貴史 スタイリスト/奥冨思誉里(@shiyoo1225) ヘア&メイク/菊池かずみ(P-cott/@kikku726) モデル/堀田茜(@akanehotta) ディレクション/石黒千晶 WEB構成/尾身綾子

★【今日のコーデ】定番デニムスタイルをイエロービスチェで華やかにアップデート

【8】ボーイフレンドデニム×キャラT×赤バッグ

キャッチーなキャラTが主役のサマーカジュアルコーデ

夏カジュアルといえな、Tシャツ×デニムの鉄板コーデ。定番の合わせだからこそ、こなれ感を高めるハイウエストやカットオフデザインのデニムをチョイスするのが必須です。TシャツはINにしたり、足首を見せるきれいめのパンプスを選べばすっきりと着こなせます。サーフボードを持った、キュートなミッキーTは、ちょっぴりルーズなサイズ感がおしゃれ♡ 袖をまくって着ると、ぐっとオシャレ度がアップするのでぜひマネしてみて♪ がっつりカジュアルでまとめた日は、レディなパンプスやハート型のバッグを合わせましょ。

撮影/中田陽子 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/坂口勝俊(sui) モデル/堀田茜(@akanehotta) ディレクション/石黒千晶 WEB構成/尾身綾子

★【今日のコーデ】キャラTを大人かわいく着るワンテクニック

【9】ダメージデニム×オフショルトップス×白スニーカー

レディなオフショル×ダメージデニムの楽チンおでかけコーデ

デニム×白スニーカーの楽ちんコーデで、アクティブなおしゃれを満喫♡ スカートとも相性がいいレディなオフショルを、あえてダメージデニムとスニーカーでカジュアルダウンさせるのが今の気分。体にフィットするシャーリング入りのオフショルは、ボトムにインしてすっきりと。トップスをコンパクトにまとめることで、スタイルアップが叶います♪ 小物は、ナチュラルなカゴバッグで季節感をプラス。お気に入りのファッションで、夏のおでかけを楽しみましょう!

撮影/中田陽子 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/坂口勝俊(sui) モデル/堀田茜(@akanehotta) ディレクション/石黒千晶 WEB構成/尾身綾子

★【今日のコーデ】オフショルにはおだんごヘアが最強の相性♡

【10】デニム×ベージュブラウス×黒サンダル

肌さわり抜群のベロアオフショルが主役のカジュアルMIXコーデ

顔映りのいいベージュのベロアオフショルで、爽やかなデニムスタイルに♡ ピンク味のあるベージュと袖のフリルが女の子らしさを高めてくれるので、デニムを合わせてカジュアルに振るのがオススメです。トップスは、きっちりではなく少しゆるっとさせておくのが、こなれ感を引き立たせるコツ。全体を薄いカラーでまとめた日は、足元に黒をプラスして引き締めると、まとまりのあるスタイルが完成します。

撮影/中田陽子 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/菊池かずみ(P-cott) モデル/堀田茜(@akanehotta) ディレクション/石黒千晶 WEB構成/尾身綾子

★【今日のコーデ】これは使える!季節の変わり目にぴったりなトップスを発見

【11】デニム×ドット柄ブラウス×赤サンダル

ドット柄オフショルで、初夏のフェミニンコーデを満喫

甘さのある白黒のドットブラウスを、シンプルなデニムでデイリー仕様に。デニムを合わせたことで、オフショルや袖のフリルなどのフェミニンなディテールも、今っぽい印象にアップデート。バッグ&靴で「赤」を差して、コーデをフレンチ風味にシフトさせれば完成です。ヘアはすっきりハーフアップで、上品な女の子スタイルを満喫しましょ♡

撮影/女鹿成二(@seiji_mega) スタイリスト/青山絵美(@emi_aoyama)ヘア&メイク/林 由香里(ROI)(@yukarihayashi) モデル/堀田 茜(@akanehotta) ディレクション/浜田麻衣 WEB構成/尾身 綾子

★【今日のコーデ】ドット柄で女子力アップ!サマーモノトーンの着こなし

【12】デニム×ワンピース

リゾートにもぴったり♡ 鮮やかなロングワンピースが主役

着心地も見た目も軽やかなリネン素材のワンピースは、フロントを開ければ羽織りとしても使える優れもの! 1枚で着てもかわいいけれど、旬な着こなしはデニムとのレイヤード。程よくカジュアル感も足せて、ぐっとリラクシーなムードに。存在感のある色や足首まであるマキシ丈が、一瞬でおしゃれ上級者のムードを高めてくれます♡ さらに、上品なスタイルにトレンド感をプラスするなら、透け感のあるサンダルやドット柄のバッグをチョイス。おしゃれ小物を加えて、とことん今っぽく着こなして。

撮影/女鹿 成二(@seiji_mega) スタイリスト/青山絵美(@emi_aoyama)ヘア&メイク/林 由香里(ROI)(@yukarihayashi) モデル/石川恋(@ren_ishikawa)ディレクション/浜田 麻衣 WEB構成/尾身 綾子

★【今日のコーデ】ワンピース×デニムのレイヤードスタイル

【13】デニム×パープルニット×ネイビーパンプス

流行色のパープルで、定番のデニムコーデを今っぽく♡

ちょっぴりお天気が不安な日は、ニット×デニムの定番ワンツーコーデに旬カラー・パープルを投入して気分をUP! 雨に濡れてもサッとふける、トレンドのクリアバッグをアクセントに♡ 涼しげな見た目もキュートです。

撮影/tAiki スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/菊池かずみ モデル/松村沙友理  ディレクション/新城真紀 WEB構成/吉川 歩

★【今日のコーデ】旬カラーのトップスで雨の週末もHAPPYに♡

【14】デニム×パイナップル柄シャツ×イエローサンダル

人気のパイナップル柄で、定番デニムを今年モードに♪

パイナップル柄のアロハシャツを主役に、夏らしいデニムスタイルを楽しみたい! ボトムに、ヴィンテージ感のあるデニムを合わせれば、今っぽいコーディネートが完成します。シャツはデニムにINすることで、きちんと&女の子らしい印象に♡さらに、シャツの下に、コンパクトな白キャミをレイヤードすれば、男前な柄シャツも女のコらしい表情にシフトします。小ぶりの巾着型バッグを選んで女らしさとトレンド感をプラスしたり、パイナップルを連想させるフレッシュなイエローパンプスを差し色に加えるのがポイントです。足元は高めのピンヒールでレディに盛って♡

撮影/tAiki スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/菊池かずみ モデル/トラウデン直美 ディレクション/新城真紀 WEB構成/吉川歩

★【今日のコーデ】ピンヒールで女度UP!アロハシャツでつくる最旬デニムコーデ

【15】デニム×白プリントTシャツ×チュールスカート

夏の定番コーデをチュールワンピでアップデート!

夏の鉄板コンビ、Tシャツ×デニムをそのまま着るのは物足りない! そんなときは、トレンドのチュールワンピをレイヤードして、おしゃれもかわいさも重ねていくのが最旬ルール。手持ちのTシャツとデニムに重ねるだけで、今どきコーデが完成します♡ ポップな小物も投入して、moreキャッチーに。

撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/NAYA モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/EASE、浦田聡美、田中かほ里 構成/手塚明菜

【16】デニム×グリーンTシャツ×白パンプス

旬のグリーンとボックスロゴでデニムコーデに差をつけて

鮮やかなグリーンに映える、おしゃれなロゴTシャツはお目立ち度も抜群。ひとクセあるデザインデニムを相棒に、おしゃれ上級者の着こなしをアピールして。足元はキレイ目なパンプスでスタイルアップ。シャープなポインテッドトウなら、女性らしさもキープできます。

撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/森 ユキオ(ROI) モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/AWABEES、PROPS NOW、田中かほ里 構成/浜田麻衣

【17】カラーデニム×白クロシェトップス×クリアサンダル

トレンドのカラーデニムは×ホワイトで爽やかに投入♡

トレンドのカラーデニムに挑戦するなら、白パンツ感覚で着こなせるパステルピンクがオススメ。トップスに華やかなクロシェニットを合わせれば、品のある女の子カジュアルが楽しめます。HAPPYなパイナップル柄のクラッチバッグで、淡色コーデにアクセントを♪

本誌撮影時スタッフ: 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子

【18】黒デニム×刺繍ブラウス×白スニーカー

刺繍ブラウス×最旬デニムで鮮度の高いカジュアルに☆

一枚にトレンド感が凝縮された刺繍入りのカフタンブラウスは、OFFシーンのおしゃれに不可欠♪ マンネリになりがちなデニムは、フロントボタンが今年っぽい黒スキニーを投入して最旬コーデにアップデート。動きやすいストレッチスキニーは、アウトドアやショッピングなど友達とすごすアクティブな予定にもぴったりです。足元は、スキニーデニムと相性のいいスニーカーがオススメ♡ すっきりと履きこなせます。

本誌撮影時スタッフ: 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/楓(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子

ジーンズに合う靴


【1】デニムパンツ×黒サンダル×チェック水着×ガウン

海外リゾートでは、 水着×はだけ服で現地っぽレイヤード『リラクシーな空気が流れる海外リゾートでは、 キメすぎないことがおしゃれ感UPのヒケツ。水着の上に肌感多めのアイテムを重ねたラフなレイヤードスタイルで、 思う存分チルしよう♡』

ビスチェ風のギンガム水着を、ピンクのロングガウンで甘カジュアルに。ニットガウンは、軽やか&涼しいシアーなものを選ぶことで紫外線対策にもひと役。古着っぽいデニムを合わせて、程よいヴィンテージ感を演出しましょ♡

CanCam2019年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/楓(本誌専属) 構成/石黒千晶

【2】デニムパンツ×白スニーカー×ベージュキャミソール

“太陽の下で長時間”そんな日は、お腹がちらりとのぞく風通しのいいキャミを選んでヘルシーな着こなしに。足元は白のローカットスニーカーで抜け感を出すことで、ゆるっとデニムを夏っぽく投入できます。

CanCam2019年8月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/室橋佑紀(ROI) モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/AWABEES、道の駅富楽里とみやま、SEA DAYS 構成/佐藤彩花

【3】デニムパンツ×白サンダル×アイボリーニット

ニットキャミに合わせたのは、世界初のブルージーンズでもあるLevi’s®のアイコンデニム・501®を今のトレンドにアップデートしたスキニーパンツ。淡いブルー×程よいクラッシュのデニムで、かわいさの中にも今どきの抜け感がプラスできます。股上深めのハイライズ&脚をスリムに見せてくれる細身のシルエットは、さらっと着てもサマになる仕上がり。服がシンプルな分、スカーフ使いやチェックのカゴBAGでパンチを効かせて、夏気分を盛り上げたい♪

CanCam2019年7月号より 撮影/東 京祐 ヘア&メーク/林 由香里(ROI) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/手塚明菜

【4】デニムパンツ×黒トップス×イエローサンダル×カンカン帽

カンカン帽が主役の大人かわいいカジュアルスタイル

夏の日差しに合わせて、カンカン帽をチョイス♡ シンプルなデニムコーデをフレンチシックなモードに格上げしてくれます。ハイライズが今年っぽいスキニーデニムは美シルエットが自慢。トップスはドット柄の生地にコットンレースがMIXされているこだわりのデザイン。シンプルにデニムと合わせても上品に仕上がります。足元はイエローのサンダルを合わせて季節感も意識して。

撮影/中田陽子 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/坂口勝俊(sui) モデル/堀田茜(@akanehotta) ディレクション/石黒千晶 WEB構成/尾身綾子

★【今日のコーデ】カンカン帽がかわいすぎ!フレンチシックなデニムコーデ

【5】デニムパンツ×赤ニット×白バッグ

一点投入で即おしゃれ!「ロゴ」を大人っぽく取り入れる

ニットとデニムをあわせた王道コーデも、きれいめパンプスを合わせるだけでぐっと垢抜けた印象に。はき口が浅いパンプスは、足を綺麗に見せてくれるのでオススメです。バッグのベルトカラーと、赤ニット×デニムの配色をリンクさせるのも上級テク。体のラインが出るリブニットには、程よくゆるっとしたボトムを選ぶのが好バランス★ ロールアップでこなれたムードを演出しましょ。

撮影/女鹿 成二(@seiji_mega) スタイリスト/青山絵美(@emi_aoyama)ヘア&メイク/林 由香里(ROI)(@yukarihayashi) モデル/堀田 茜(@akanehotta) ディレクション/浜田 麻衣 WEB構成/尾身 綾子

★【今日のコーデ】トレンド「ロゴ」を大人っぽく取り入れる

【6】デニムパンツ×小花柄ブラウスが新鮮

ノスタルジックなグリーンが主役。小花柄ブラウスが今また新鮮

旬のグリーンをトップスで取り入れると、たちまち今っぽい表情に。ハッと目を引くイエローの小花柄も、グリーンに映えてフォトジェニックな仕上がりです♡ ボトムにはハイウエストデニムを合わせて、旬の詰まったヴィンテージライクなコーディネートに。アクセントのピアスもグリーンでまとめて、おしゃれな統一感を意識。顔まわりが華やかな分、ボトムはシンプルなデニムとぺたんこ靴でカジュアルダウンするのがおすすめです♡

撮影/tAiki スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/菊池かずみ モデル/トラウデン直美  ディレクション/新城真紀 WEB構成/吉川 歩

★【今日のコーデ】小花柄ブラウスが、今また新鮮!

【7】デニム×イエロータンク×キャップ×白スニーカー

旬のスポーツMIXは、ウエストバッグで差をつけて

フレッシュなイエローのショート丈タンクトップで、シンプルなデニムスタイルを夏モード全開に☆ ボーイズライクな装いのときは、トップスもボトムも細身のものを選ぶのが正解です。さらに、スポーティな小物をMIXして「今っぽさ」をトッピングするのもオススメ。ワークキャップ、スニーカー、ウエストバッグの斜めがけで、ちょっぴりボーイッシュに着こなして。カジュアルなコーデでも白のスニーカーや大ぶりのアクセサリーをプラスすれば、どこか女のコらしく仕上がります♡

撮影/tAiki スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/菊池かずみ   モデル/松村沙友理  ディレクション/新城真紀 WEB構成/吉川 歩

★【今日のコーデ】セクシー&ヘルシー!ショート丈トップスの着こなし

【8】デニム×黒レーストップス×赤パンプス

視線を集める黒レースの透け感で、ラフなデニムをリッチに格上げ!

レースや刺繍をあしらった大人めなブラウスを、デニムと差し色で大人かわいく。主役は涼しげなレースをあしらった黒ブラウス。キュートな小花柄の刺繍をレディにシフトしてくれる、クールで女っぽい夏の「黒」がポイントです。ボトムは、透けレースをデイリーに落とし込んでくれるデニムを指名。あえて男前なヴィンテージ風デニムを合わせることで、甘さの引き算もちょうどよくきまります。仕上げは美人なパンプスで華やかな「赤」をそっと添えて。差し色をうまく使った上級者コーデが完成します♡

撮影/tAiki スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/菊池かずみ モデル/松村沙友理 ディレクション/新城真紀 WEB構成/吉川歩、、

★【今日のコーデ】真夏の本命ブラウスを投入!デコルテの透け感でドキッとさせて♡

【9】デニムパンツ×黒ロゴTシャツ×パープルパンプス

ちょっぴり背伸びなロゴTを、ペイントデニムでやんちゃコーデに♡

ちょっぴり背伸びなロゴTを、ペイントデニムでやんちゃコーデに♡ 夏に欠かせないTシャツも、人気ブランド『MSGM』のロゴデザインを選べば手抜き感ゼロ。ボトムにやんちゃ感のあるペイントデニムを合わせて、おしゃれプロっぽいこなれコーデを楽しんで。小物はチェーンBAGやパープルのパンプスをプラスして、ちょっぴりパンチを効かせるのがポイントです。ロゴやパンプスとリンクさせたパープル使いは、マネしたいおしゃれ上級者のテクニック♪

撮影/石川純平 スタイリスト/田邉沙緒莉 ヘア&メイク/坂口勝俊(Sui) モデル/石川 恋 ディレクション/長谷川 礼 WEB構成/吉川 歩  撮影協力/晴海客船ターミナル、BOTANIST Cafe

★【今日のコーデ】おしゃれプロ御用達♡ロゴTシャツで乗りきる猛暑日コーデ

【10】デニム×白レースブラウス×黒パンプス

あえてシンプルに着るクラシカルブラウスが今旬!

レースやドット、そして大ぶりフリルなど、フェミニン要素たっぷりなクラシカルブラウスが続々登場♡ 一枚でも存在感は抜群なので、ボトムはベーシックなものを合わせてオトナに振るのが正解です。クリアホワイトのレースブラウス×ウォッシュデニムのコーデなら、夏らしい爽やかさもアピールできます。

CanCam2018年9月号 ちょっぴりオトナ♥「今、着たい」It コーデ より

【11】黒デニム×パープルニット

鮮やかなパープルニットはブラックデニムでキレよく

女らしい濃いめのパープルに黒デニムを合わせた、クールで女らしいコーデが今の気分♡ PVC素材のサンダルやサングラスで、夏らしいハジけた遊びゴコロも忘れずに♡

CanCam2018年9月号 ちょっぴりオトナ♥「今、着たい」It コーデ より

★デニムのワイドパンツで魅せる♡カジュアルかわいい最旬コーデ11選

 

★夏の終わりこそデニムの出番! 脚が長く見える「ディーゼル」の美脚デニムがすごすぎる!

>>CanCam.jp TOPへ戻る