失敗しないコツは2つだけ!【オールホワイトコーデ25選】|好感度高めの着こなし方♡

オールホワイトの今っぽコーデを大特集

オールホワイトコーデ

女性らしくて好感度も高い「オールホワイトコーデ」を厳選! 全身を白系のアイテムでまとめるときは、素材感の異なるものを合わせたり小物使いでメリハリをつけるのが得策です♪ のっぺり見えを回避するちょっとしたテクニックをマスターすれば、全身白のトレンドコーデも失敗知らず!

白のワントーンコーデはこう着こなす!

おしゃれだけど難しそうなオールホワイトコーデは、ポイントさえ押さえれば実は簡単に今っぽい着こなしが叶います。それでは早速、アイテムの組み合わせ方をレクチャー!

■色味の違いや異素材感を意識する!

オールホワイトコーデ

カットソーにはニットのスカートを合わせたり、白ニットに白シャツをレイヤードしたりと、素材感の異なるアイテムを合わせるとコーデに奥行きが生まれます。

オールホワイトコーデ

エクリュのような黄味のある白や、アイボリーのような象牙色など、トーンの異なる白を組み合わせる着こなしもおすすめです。

■ベージュやメタリック小物で引き締める

オールホワイトコーデ

ブラウンやベージュ系の靴や小物を合わせると、メリハリが出すぎず女性らしくて優しい雰囲気のコーデに仕上がります。

オールホワイトコーデ

足元におすすめなのは、シルバーやメタリックのサンダルやパンプスです。メタリック系の小物は単体だと存在感がありますが、オールホワイトコーデに馴染みやすく程よいアクセントになります。

オールホワイトコーデ

春夏ならかごバッグや麦わら帽子、秋冬ならファーやボアバッグなど、季節感のある小物を合わせるのもおすすめ! 

オールホワイトコーデをお洒落に着こなすポイント

オールホワイトコーデ

  1. 異素材感を意識して白のアイテムを組み合わせる
  2. 色調の異なる白を合わせるのもおすすめ
  3. ブラウンやベージュ小物で程よくメリハリを

大人カジュアルなオールホワイトコーデ

【1】ホワイトシャツ×ホワイトパンツ×グリーンインナー

オールホワイトコーデ

カジュアルなジャンプスーツは、メロー素材のタートルとパンプス×靴下の重ねワザで、ラフさを中和するのがおしゃれのコツ。ヒールパンプスや小さめのバッグなど、Notカジュアルな小物を取り入れるとおしゃれなギャップが生まれます。

CanCam2020年5月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メイク/川嵜 瞳(PEACE MONKEY) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/時吉 茜

【2】アイボリーサロペット×エクリュインナー×ホワイトバッグ

オールホワイトコーデ

細ストラップ&とろみ素材の大人サロペットは、アイボリー×エッグイエローのまろやか配色でフェミニンな印象に。ふんわり優しげなワントーンに夏らしいペイズリー柄のバッグをプラスすれば、おしゃれなメリハリがUPします。

CanCam2021年7月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/神戸春美 モデル/宮本茉由(本誌専属)  撮影協力/木谷成良 構成/手塚明菜

【3】ホワイトトップス×ホワイトパンツ×麦わら帽子

オールホワイトコーデ

真っ白なオールインワンをさらりと1枚で。ストローハットやミニバッグなど最小限の小物でまとめても、ホワイト~ベージュのワントーンなら洗練された夏スタイルが完成します。

CanCam2021年7月号より 撮影/東 京祐 スタイリスト/中井彩乃 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/hickory 構成/手塚明菜

【4】ホワイトニット×ホワイトシャツ×ホワイトパンツ

オールホワイトコーデ

画面越しでも伝わる”白”の清潔感は、白シャツ×ニットベストの重ね着がポイント! シャツレイヤードでちょっぴり知的に演出すると、初対面やリモート会議、お仕事スタイルにちょうどいいムードが作れます。パンツも白を合わせて、春らしいオールホワイトのコーデにレイヤードで奥行きを。

CanCam2021年5月号より 撮影/今城 純 スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メイク/KIKKU モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/権藤彩子

【5】ホワイトワンピース×ホワイトカーディガン

オールホワイトコーデ

スタンドカラーの白シャツワンピに生成りのニットを巻いてこなれ感を演出。どんなコーデにもなじみやすい生成りのキャンバス地トートは、レザーのハンドル&トリムで日常感がありながらも品のある佇まいがポイント。ゴールドのアクセを多めにつけて、ホワイトのワントーンを華やかに着飾って。

CanCam2021年3月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/福岡玲衣(TRON) モデル/まい(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【6】ホワイトトップス×ホワイトワイドパンツ

オールホワイトコーデ

淡いミルキーコーデにサテンパンツのツヤがメリハリをプラス。品のある光沢感やサイドのベルトデザインでセンシュアルな雰囲気に。ハイウエストから広がるフレアシルエットがスタイルアップも叶えてくれます♪

CanCam2021年1月号より 撮影/今城 純 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/神戸春美 モデル/松村沙友理(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/石黒千晶

【7】ホワイトスエット×ホワイトショートパンツ

オールホワイトコーデ

ショートボトムを合わせた上下スエットコーデ。スエットのプルオーバーは、シンプルな中にボリューム袖を取り入れたデザインがこなれ感◎。たっぷり生地を使ったロングスリーブが手元の仕草までおしゃれに演出してくれます。

CanCam2021年1月号より 撮影/今城 純 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/神戸春美 モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/石黒千晶

【8】ホワイトニット×ホワイトパンツ×ブラウンブーツ

オールホワイトコーデ

コーデを明るくしてくれる、白デニム×淡いベージュニットの白っぽワントーンが今っぽい♪ 白デニムはリラックス感のある太めタイプが、頑張りすぎなくておすすめです。仕上げは締め色のブラウンブーツでメリハリをつければ出来上がり♪

CanCam2021年1月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/菜波(本誌専属) 撮影協力/芝宮ゆかり 構成/権藤彩子

【9】ホワイトニット×ホワイトインナー×エクリュパンツ×ホワイトバケットハット

オールホワイトコーデ

白やエクリュのワントーンコーデは、サテンパンツで立体的に仕上げると洒落感UP! スエット、ニットベスト、サテンの異素材コンビなら淡いトーンにもメリハリが出ておすすめです。白のバケハのほかバッグと靴は黒で統一して、ぴりっと大人に引き締めて。

CanCam2020年12月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/秋山 瞳(PEACE MONKEY)モデル/小室安未(本誌専属) 構成/石黒千晶

【10】ホワイトロングシャツ×ホワイトインナー×ホワイトパンツ

オールホワイトコーデ

スリット入りのシャツワンピは、パンツを重ねた旬のバランスがおすすめ。ワンピースとして着たり、ボタンを開けてサラリとはおってもOKです。小物はベージュでまとめて、ワントーンの中にも大人っぽいメリハリを効かせて。

CanCam2020年10月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI(LINX) モデル/小室安未(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/鶴見知香

【11】ホワイトブラウス×ホワイトパンツ×ブラウンパンツ

オールホワイトコーデ

清潔感のあるオールホワイトコーデ。立体的に魅せてくれるシアーニットは、女らしさをキープしつつ白特有の膨張感が払拭できます。キツくならないブラウンのバッグとパンプスで、大人っぽい白コーデを完成させて。

CanCam2020年10月号より 撮影/須江隆治(see) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI(LINX) モデル/山下美月(本誌専属) 構成/石黒千晶、浜田麻衣

【12】ホワイトトップス×ホワイトスカート×ホワイトサンダル

オールホワイトコーデ

人気のALLホワイトコーデは、ショルダーパッド入りTシャツで旬のシルエットにアップデート。シンプルな中にワンディテールあるトップスなら、ミニスカートやサンダルを合わせたワントーンの着こなしもぐっと今っぽく仕上がります。

CanCam2020年9月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI(LINX) モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/田中絵理子

【13】ホワイトTシャツ×ホワイトスカート×ブラウンパンプス

オールホワイトコーデ

ロゴTシャツ×レーススカートを落ち着いたALLホワイトコーデでまとめてきりっとかわいく。コーデが締まるブラウンのシャツを筆頭に、バッグ&靴も同色で統一すればホワイトコーデがのっぺり見えずおしゃれムードが漂います♪

CanCam2020年9月号より 撮影/今城 純 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/kika モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/権藤彩子、時吉 茜、佐藤彩花

【14】ホワイトオールインワン×ホワイトトップス×シルバーサンダル

オールホワイトコーデ

品よく可憐な印象がかわいい温かみのあるホワイトコーデ。カッコよく転びがちな白のオールインワンも、エクリュトーンで合わせればまろやかな雰囲気にまとまります。抜けの出るヌーディサンダルとビーズバッグもカジュアルなデートコーデにもってこい♡

CanCam2020年9月号より 撮影/柴田フミコ スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI(LINX) モデル/松村沙友理(本誌専属) 構成/山木晴菜

【15】ホワイトブラウス×ホワイトスカート×かごバッグ

オールホワイトコーデ

さらっとしたリネン素材のスカートとブラウスのセットアップ。バッグと靴に天然素材×黒のコンビ小物をプラスして、淡色コーデに重すぎない締め色を効かせるのがメリハリポイント。品のあるエクリュトーンで上品かわいい印象に♡

CanCam2020年8月号より 撮影・スタイリスト・ヘア&メイク・モデル/加藤史帆(本誌専属) 構成/手塚明菜

【16】ホワイトTシャツ×ホワイトスカート×ブルーバッグ

オールホワイトコーデ

白Tシャツ×白の台形ミニのワントーンコーデ。空色のBAGを差し色に投入して爽やかな女の子スタイルに。ミニスカには厚底のスニーカーで足元にボリュームをもたせると、バランスがぐっとよくなります♡

CanCam2020年8月号より 撮影・スタイリスト・ヘア&メイク・モデル/加藤史帆(本誌専属) 構成/手塚明菜

【17】ホワイトTシャツ×ホワイトスカート×ホワイトブーツ

オールホワイトコーデ

フォトプリントのTシャツに、エクリュ系のミニスカートを合わせた同系色コーデ。足元に悩むミニスカートは、〝ドクターマーチン〟などのゴツめ靴を合わせると今っぽく仕上がります。全身をオールホワイトでまとめて、軽やかさをキープするのがポイント!

CanCam2020年7月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メイク/Midori モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/田中絵理子

【18】ホワイトワンピース×ブルーサンダル×ホワイトバッグ

オールホワイトコーデ

ナチュラルなオフ白のワンピは、サンダルやピアスで色を投入することでグッと華やかに仕上がります。白ワンピースに白小物を合わせるとコンサバ感が強まるので、カラー小物でアクセントをつけるのがベター。

CanCam2020年6月号より 撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/森野友香子(Perle Management) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/岩附永子、権藤彩子、鶴見知香

【19】ホワイトブラウス×エクリュハイウエストパンツ×かごバッグ

オールホワイトコーデ

袖にボリュームがある白ブラウスも、腰位置が高く見えるハイウエストタイプのワイドパンツとならスタイルよく着こなせます♪ 全体を白~ベージュの淡いトーンでまとめてフェミニンなパンツStyleを完成させたら、大きめのバスケットやブラウンのパンプスでコーデをさりげなく引き締めて。

CanCam2020年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/としまえん 構成/手塚明菜

【20】ホワイトブラウス×ホワイトスカート×ホワイトパンプス

オールホワイトコーデ

流行のワントーンコーデは、揺れるスカートや透けるニットなどエモい質感を選ぶのが上級者♡ ベージュトップスや白スカートの淡色トーンに、大ぶりのピアスやブラウン小物を効かせてメリハリも意識。靴はヒール高めの白パンプスならロングスカートをバランスよく着こなせます。

CanCam2020年4月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/小松胡桃(ROI) モデル/山下美月(本誌専属) 構成/権藤彩子、鶴見知香

【21】ホワイトシャツワンピース×ホワイトタンクトップ×かごバッグ

オールホワイトコーデ

シャツワンピに白タンクを仕込めば、立体感が加わり白コーデのおしゃムードが急上昇。小物はターバンや技ありカゴバッグを盛って〝映え〟も意識! シンプルなのにこなれ感がすごいのは、個性ありの小物選びがポイントです。

CanCam2020年4月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI(LINX) モデル/楓(本誌専属) 構成/佐藤彩花、石黒千晶

【22】ホワイトニット×ホワイトパンツ×ブラウンパンプス

オールホワイトコーデ

ハイウエスト&ビッグリボンのフェミニンパンツは、透け感のある白ニットを合わせて爽やかに。洗練されたALLホワイトコーデは、異素材を組み合わせることでコーデに奥行きが生まれます。ワイドパンツでシルエットをカジュアルにまとめるのも、清楚な白コーデをおしゃれっぽく仕上げるコツ♡

CanCam2020年4月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/手塚明菜

【23】ホワイトニット×ホワイトシャツ×ホワイトパンツ

オールホワイトコーデ

白ニットに重ねたシャツは、裾だけでなく袖からもチラ見せ。このひと手間がコーデの完成度をブラッシュアップしてくれるんです! ボトムにも白デニムを合わせて、大人っぽくてのっぺり見えないワントーンコーデに♡

CanCam2020年3月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI(LINX) モデル/楓(本誌専属) 構成/佐藤彩花、石黒千晶

【24】ホワイトシャツジャケット×ホワイトスカート×シルバーパンプス

オールホワイトコーデ

白のCPOシャツにシンプルスカートを合わせた1+1コーデ。簡単な着こなしも白で統一すると鮮度がぐっと高まります♡ シャツはアウトして、”ゆるずる”っとしたバランスをメイク。仕上げはグレージュのファーBAGでやわらかな女らしさも効かせてみて。

CanCam2020年3月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI(LINX) モデル/楓(本誌専属) 構成/佐藤彩花、石黒千晶

【25】ホワイトニット×ホワイトスカート×ブラウンパンプス

オールホワイトコーデ

背中から素肌がのぞくことでメリハリが生まれて、白ニット×白スカートのワントーンにありがちなのっぺり見えをおしゃれにシフト! オールホワイトでまとめるときは、抜け感のほかアクセントカラーを加えるのもおすすめです。キャメルのパンプスで大人っぽく引き締めて。

CanCam2020年3月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI(LINX) モデル/楓(本誌専属) 構成/佐藤彩花、石黒千晶

簡単におしゃれ見えが叶う「オールホワイトコーデ」

おしゃれ上級者のムードが漂うオールホワイトコーデをご紹介しました。Tシャツやデニムなどのカジュアルなアイテムの着こなしも、オールホワイトなら清潔感があって上品に仕上がります。異なる素材感の白アイテムを組み合わせたり、色味の違う白を合わせて、今っぽいオールホワイトコーデを楽しんで♡