「然々」って読める?「ぜんぜん」ではなく、絶対知ってるあの単語!

「然々」って読める?「ぜんぜん」ではなく、絶対知ってるあの単語!


世の中には、読めそうで読めない日本語がたくさんあります。

たとえば、

「掠める」(すずめる、ではありません)
「阿る」(ある、ではありません)
「汎用」(ぼんよう、ではありません)
「進捗」(しんぽ、ではありません)
「態々」(たいたい、ではありません)

……など。

読めそうで読めない日本語の数々をご紹介するCanCam.jpの日本語クイズ。本日のお題はコチラです。

然々

「然々」。デジタル大辞泉(小学館)には「然然」という形で掲載されていますが、読み方は同じです。

この日本語、あなたは読めますか? もちろん「ぜんぜん」ではありませんよ。

「然々」の意味は、次のとおり。

「繰り返して言わないとき、わかりきったことをいちいち言わないとき、または必要のないことなので省略するときなどに、その代わりに用いる。かようかよう。かくかく。うんぬん。」(デジタル大辞泉「然然」の項目より抜粋)

「かくかく」のところでピンときた人もいるのでは? では早速、正解を見てみましょう。

 

然々の読み方

そうです。「然々(然然)」の読み方は「しかじか」でした!

「かくかくしかじか」という言葉はたまに聞きますが(以前車のCMにも使われていましたよね)、じつは「かくかく」も「しかじか」も同じ意味を持っていたんですね。

言葉にちょっと詳しくなれちゃう日本語クイズは毎朝6時更新です。明日もお楽しみに!
(豊島オリカ)

 

★他にもトライしてみる? 漢字クイズ 記事一覧はコチラ

 

★「熨斗」って読める?社会人は知らないと恥ずかしいかも…!

>CanCam.jp TOPにもどる