白パンツのおすすめコーデ19選|スキニー・ワイド・ショートパンツの着こなし

爽やかで女っぽい!白パンツの着こなし例

すっきり見えて女らしい、夏の白パンツコーデを大特集。かっこよく仕上がるワイドパンツや、アクティブなショートパンツなど、今年っぽいおすすめの着こなしをお届けします。白パンツに合う靴の合わせも要チェック!

【目次】
白パンツを合わせる夏のレディースコーデ
白パンツに合う靴

白パンツを合わせる夏のレディースコーデ


【1】白パンツ×黒ワンピース

BITTER BLACK  ベージュ、カーキ、ブラウンなど、落ち着きのあるアースカラーを味方に付ければ、キレよくハンサムな‟辛い黒„の完成!リネンやコットンなど天然素材を選ぶことで、ひとさじの女らしさも漂って。

イタリア・CAVERNI社の上質なリネンワンピは、しっとり肌になじむ落ち感と、ほんのり透けるシアー感が魅力! キレよく着こなしたい日は、ワイドパンツを合わせてかっこよく。着回しが効くので、ときには一枚でワンピとして、前ボタンを開けてガウンとして…気分に合わせた着こなしが楽しめます。

CanCam2019年6月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/YUMBOU(ilumini) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/新城真紀

【2】白パンツ×白シャツ

ーAkane's Private Fashion Part①ー買ったばかりの新作服で私らしい〝大人シンプル〟普通のシンプルじゃつまらない。ちょっとひねって茜らしいスパイスをプラス。

さわやかな淡色コーデは初夏にぴったり! ニュアンスのあるアイボリーのセットアップは、ラフで大人っぽく着こなして♡ ちょっぴりクセのあるかごBAGやサングラスで、エフォートレスなコーデを今っぽく仕上げましょ。

CanCam2019年6月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈(スタイリング協力) ヘア&メーク/松田美穂 モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/稲垣あすか 構成/木村 晶

【3】白パンツ×ネイビーTシャツ

キャッチーなロゴTをボトムにINしたアクティブstyle

ロゴT×ワイドパンツのシンプルコーデに、斜めがけのウエストポーチで今っぽさをプラス! キャップ、Tシャツ、サンダルのカラーを同系色で合わせれば、ウエストポーチの差し色がグッと活きる&not子供っぽい印象に♪ こんな日は三つ編みヘアに挑戦して、ちょっぴりミーハーなかわいらしさをアピールしましょ。

CanCam2018年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/堀田茜(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子

【4】白パンツ×ベージュシャツ

予定アリの平日はキレイめショーパンで〝大人っぽく肌見せ〟

スカート感覚で違和感なくはけるのは、ボックスシルエットの長め丈ショーパン。オフィスコーデのマンネリ打破にも効く、ニューカマーです♪ ボトムがコンパクトな分、トップスは腰回りをカバーするくらいのボリューム感がバランスよし。

CanCam2018年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/まい(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子

【5】白パンツ×黄ビスチェ×ストライプワンピース

イエロー×オレンジのビタミンカラーで思いきりハジケて!

夏の休日シーンは、いつもよりちょっぴり大胆に肌見せしたい! オレンジのストライプワンピから、レースビスチェをちらりとさせて♡ 夏気分にぴったりな、Happyイエローも気分です。シルバーバッグやアクセサリーを投入して、子供っぽさは回避するのも忘れずに。

CanCam2018年8月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/楓(本誌専属) 構成/手塚明菜

【6】白パンツ×白タンクトップ×ビスチェ

ワイパンやキャップも、白のワントーンでレディ見え♪

コーディネート全体を白でまとめたワントーンコーデは、ビスチェのバックリボンがアクセントに。コンパクトなビスチェ×ワイドパンツで脚長効果も抜群です。男前なキャップやワイドパンツも、ホワイトに合わせれば上品レディに決まります。

CanCam2018年7月号より 撮影/柴田文子 スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/森 ユキオ(ROI)モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/渡辺みらの

【7】白パンツ×ネイビーブラウス

上品なブラウスにはキレのいいワイドパンツで美人度アップ!

襟元&袖口のスカラップがCuteなコットンレースのブラウスは、さりげない肌見せで女の子らしさをアピールできるモテ♡アイテム。 好感度の高い甘ブラウスを、清楚な配色とワイドパンツ合わせでグッと大人っぽく着こなすのが推しコーデ。ちょっぴりクールで美人なスタイルには、イエローのバッグでトレンド感もプラスして。

CanCam2018年6月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/まい(本誌専属) 撮影協力/田邉沙緒莉 構成/浜田麻衣

【8】白パンツ×ピンクタンクトップ×シャツ

大好きなミルキー配色はソフトなピンクベージュを効かせ色に♡

爽やかにきめたい初夏の着こなしは、白が多めのワントーンの着こなしに決まり♡ 白のワイドパンツとピンクベージュのタンクトップで、淡いグラデスタイルに。タンクトップにシャツをプラスして露出度をコントロールするなら、今シーズンは肩や腰巻きにするよりも、たすきのように斜めに結ぶのが推しテクです。全体にのっぺりしない色&小物使いで、メリハリのあるホワイトコーデに仕上げましょ。

★【今日のコーデ】ミルキー配色が大人かわいい最旬ワイドパンツコーデ

【9】白パンツ×ボーダーカットソー

シャープな黒小物でキリリと!真夏の大人めマリン

夏の定番「マリンスタイル」も、落ち着いたモノトーンのボーダーカットソーを合わせるとグッと新鮮な印象に。あえて「赤」を使わない、クールで大人なマリンコーデは、こなれ感も抜群です♪ カジュアルなボーダーを爽やかに受けとめるなら、ボトムは白のワイドパンツが適役。夏のモノトーン配色は、つねに軽さを心がけて。おしゃれっぽい黒のキャスケットも、定番のボーダーコーデをちょっぴりハンサムに仕上げる必需品。足元は黒のコンバースで、全体の印象を引き締めて。

★【今日のコーデ】「黒」の分量がカギ!真夏の大人めモノトーン

白パンツに合う靴


【1】白パンツ×ベージュサンダル×ロングワンピース

アウター代わりにもなるロングワンピをワイドデニムにはおって、旬のルーズシルエットをmake! ラフさと優しげなオーラをいいとこ取りできるクリーム色のデニムには、淡いイエローの花柄やウッドソールのサンダルで気張らない〝ナチュラル感〟を後押しして。

CanCam2019年6月号より 撮影/須藤敬一 スタイリスト/橘内 茜 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/小室安未 構成/浜田麻衣

【2】白パンツ×ネイビースニーカー×黄ニット

ミニオンカラーがキュートな技ありカジュアル

イエローのニットとネイビーのコンバースで、人気キャラのミニオンとカラーリンク♡ カジュアル気分でいきたい日は、おしゃれで動きやすいコンバースが不可欠! 程よいウォッシュ感のあるヴィンテージネイビーは、オールスターシリーズの中でも人気のカラーです♪ 仕上げは、斜め掛けしたウエストポーチでコーデを今っぽく引き締めて。

CanCam2018年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子

【3】白パンツ×カラーサンダル×ブルー水着×白ガウン

白コーデに鮮やかブルーをちょっぴりONしたイベントコーデ

ホワイトでまとめた着こなしに、ブルーの水着を一点投入。ガウンや透け感のあるニット、そしてホワイトデニムで異素材をMIXすると、のっぺりしがちなワントーンに奥行きが生まれます。カラービキニやサンダルでさりげない差し色をプラスすれば、メリハリや華やかさはもちろん、グッとこなれて見えるんです。

CanCam2018年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/楓(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子

【4】白パンツ×白サンダル×白ニット

オールホワイト×ストローハットの爽やか配色

ニット×ワイドパンツの大人っぽいパンツスタイル。白で統一した着こなしに、夏っぽさ全開のストローハットとペタンコサンダルで抜け感を出せば、決め込みすぎないホワイトコーデが完成します。差し色を極力減らすことで、爽やかでイノセントな白の印象もキープして。

CanCam2018年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子

【5】白パンツ×ベージュサンダル×キャメルブルゾン

上品さとおしゃれ感が両方手に入るキャラメル配色

キャメルやベージュを、白ですっきりとつなげた大人かわいいショーパンコーデ。ロゴTやブルゾンを合わせても、女子アナ風のキレイなお姉さんに仕上がるのが白ショーパンのチカラです♪ 足元はヌーディーカラーの華奢サンダルで脚長効果を狙いつつ、女性らしさもちゃっかりアピール。

CanCam2018年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/松村沙友里(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子

【6】白パンツ×イエローサンダル×カーキTシャツ

新鮮なバックロゴで大人コーデをカジュアルダウン

ロゴTが大流行の今、おしゃれなバックプリントも豊富なんです♡ 一見メンズライクなカーキのロゴTも、爽やかな白ワイドパンツに合わせればグッと上品な印象に。仕上げは、ヘアバンドとサンダルにイエローをリンクさせて、パッと目を引く鮮やかさをトッピング。

CanCam2018年7月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里  ヘア&メーク/河嶋 希(io) モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/AWABEES、PROPS NOW、田中かほ里 構成/浜田麻衣

【7】白パンツ×シルバーパンプス×ピンクTシャツ

8月19日、今日の東京は晴れ時々曇り。最高気温31度、最低気温21度の予報です(気象庁調べ)。

テンションが上がるピンクTシャツと爽やかな白スキニーで、クール&キュートな着こなしに。淡いトーンをキープするミニマルな小物使いで、すっきりとした大人めカジュアルを堪能して。ウエストバッグは、ピンク×白の配色を邪魔しないPVC素材をセレクト。シャイニーなパンプスも投入して、Tシャツ×デニムコーデをフェミニンに仕上げています。

★【今日のコーデ】大人のTシャツコーデ。「ヴェルサーチ」が気になる!

【8】白パンツ×黒パンプス×黒キャミソール×ガウン

爽やかな白ショーパンで、ヘルシーかわいい夏コーデ

爽やかな白ショーパンに、締め色の黒キャミをコーディネート。キャミソールをショーパンにINすることで、ハイウエストを強調し脚長効果も抜群に♡ 羽織るだけでこなれて見えるガウンは、透け感のある薄手素材と軽やかな着心地が夏向きな一枚。露出度が高まる夏のコーデに合わせれば、日焼け防止にもひと役買います。カジュアルなショーパンの日は、お嬢さんライクなカゴバッグとレディなヒールパンプスを投入して、きちんと感を意識するのを忘れずに♡

★【今日のコーデ】体型カバーもおしゃれも決まるショーパンコーデ

【9】白パンツ×シルバーサンダル×白タンクトップ×ガウン

異素材レイヤードで魅せるオールホワイトコーデ

プチプラで見つけたタンクトップとパンツをホワイトで統一。そこに、レース素材のガウンで奥行きをプラスすれば、ワントーンコーデにありがちなのっぺり感が阻止できます。透け感のある素材を重ねたことで、さりげない体型カバーと縦シルエットも期待度大♡ 小物使いが重要なオールホワイトの着こなしには、「白」の世界観をキープしつつ、コーデにメリハリを加えてくれるシルバー小物が必須。バッグ・靴・アクセで、全体にバランスよく投入して♪

★【今日のコーデ】プチプラブランドで完成!夏映えするオールホワイト♡

【10】白パンツ×水色サンダル×黒Tシャツ

キャッチーなトレンド小物で王道モノトーンを旬顔に♡

着回し力の高い黒Tシャツは、この夏「あると便利」なオススメアイテム。スカートにもパンツにも、テイストを問わずさらりと合わせられるので、ONもOFFも重宝します。ボトムには、爽やかな白のワイドパンツを投入して、クールで大人っぽいモノトーンコーデに。ウエストINで腰位置を高く見せれば、スタイルアップも思いのままです♡

★【今日のコーデ】トレンド小物で盛り上げる♡サマーモノトーンコーデ

 

★大人フェミニンな流行色♡ベージュワンピースのおすすめ夏コーデ4選

>>CanCam.jp TOPへ戻る