「デニムパンツ」の人気コーデ31選|フレア・サスペンダーなど流行ジーンズ【2021春夏レデイース】

デニムパンツコーデの春夏トレンドは?

デニムパンツコーデ

定番のデニムパンツを、春夏のトレンドスタイルに取り入れるなら? カジュアルからきれいめまで、鮮度高めの最旬スタイルを紹介します。この春夏は、女性らしいフレアデニムパンツやサスペンダー付きのデニムパンツに注目して。

この春夏おすすめのデニムパンツのデザイン

はくだけでトレンド感のあるコーデが楽しめるデニムパンツのデザインを紹介します。

■フレアデニムパンツ

デニムパンツコーデ

上品で女性らしいシルエットのフレアデニムは、カジュアルになりすぎずレディさを残したいときにもおすすめ。ショート丈のブラウスに合わせてスタイルアップを狙ったり、チュニック丈のブラウスに合わせるとトレンド感抜群の着こなしに。

■サスペンダー付きのデニムパンツ

デニムパンツコーデ

シンプルなデニムコーデがマンネリしてきたら、今シーズン人気を集めているサスペンダー付きが狙い目! 濃いめのブルーデニムなら、カジュアル感も程よくきれいめにも着回せます。インナー次第で、雰囲気を大きくチェンジできるのも魅力! Tシャツやカットソーを合わせてラフに、フリルブラウスで女っぽさをプラスするのもおすすめです。

■ニュアンスカラーのデニムパンツ

デニムパンツコーデ

グレーやベージュなど、ニュアンスカラーのデニムパンツも旬♡ シンプルなデニムコーデを組むだけでシャレ感がグッと高まります。きれいめな印象もあるので、×ジャケットを合わせるオフィスカジュアルにもおすすめ。

■ハーフ丈のデニムパンツ

デニムパンツコーデ

ショート丈には抵抗が…という人におすすめなのがハーフ丈のデニムパンツ。リネン素材のシャツやざっくりニットなど、大人カジュアルに落とし込むと印象がきれいめに仕上がります♡ ショーパン=休日と思い込まずに、シャツやジャケットなどを活用してデイリーコーデにも取り入れて。

デニムパンツコーデのポイント

デニムパンツコーデ

  1. フレアデニムを合わせるとフェミニンカジュアルな印象に
  2. お出かけコーデにはサスペンダー付きのデニムパンツが推し!
  3. グレーやベージュのニュアンシーなデニムパンツが使いやすい
  4. ショーパンの肌見せが苦手な人はハーフ丈デニムがおすすめ

2021春夏のデニムパンツコーデ

【1】デニムパンツ×白ニットトップス×赤バッグ

デニムパンツコーデ

ハイウエストデニムと好相性の短丈カーデでカジュアルだってスタイルアップ! 程よくウォッシュ加工されたリラックスデニムは、軽やかなクロシェニットやトリコロール配色で夏ムードを盛り上げて♪ 白サンダルで爽やかさをONしつつビビッドな赤バッグでコーデをきりっと。

CanCam2021年7月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【2】デニムパンツ×ブルーニット×ピンクサンダル

デニムパンツコーデ

ゆるっとラフなストレートデニムは、ヘルシーで色っぽいノースリニットを合わせてメリハリ&ギャップを狙って。カラフルな柄BAGなどカジュアル感の強い着こなしだから、足元のピンクヒールで女らしさを底上げしましょ♡

CanCam2021年7月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【3】フレアデニムパンツ×グリーンタンクトップ×チェック柄バッグ

デニムパンツコーデ

ノースリニットでヘルシーに肌見せ!ひざ下から広がるフレアラインと洗いをかけた淡いブルーが70’sライクなデニム。ぴたっとコンパクトなリブニットを合わせれば、メリハリのある女っぽシルエットが叶います。

CanCam2021年7月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/菜波(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【4】ブラウンデニムパンツ×ブラウンタンクトップ×白ジャケット

デニムパンツコーデ

リブニット&ジャケットで美人度UP! マニッシュな印象のジャケット×パンツも、ブラウンデニムを投入するだけで親しみやすい雰囲気に仕上がります。肌なじみのいいライトベージュやクリアバッグで初夏らしい軽やかさを加えて。

CanCam2021年7月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【5】デニムパンツ×黒ブラウス×キャメルバッグ

デニムパンツコーデ

カットワークの黒ブラウスはデニム合わせでラフに投入! ハイライズなストレートデニム×フラットシューズのカジュアル感で糖度をオフ。キャメルカラーのバッグとメタリックサンダルで小物は軽さを意識して。

CanCam2021年7月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/山下美月(本誌専属) 構成/岩附永子

【6】デニムパンツ×ブラウンボーダー柄タンクトップ×白ジャケット

デニムパンツコーデ

ラフなデニムにタンクとシャツジャケットを合わせたリラクシーコーデ。デコルテやサンダルの抜け感で、濃いめのデニムも初夏ムード♡ 1枚で下着の役割も果たしてくれるカップ付きのボーダータンクは、おしゃれなツーマイルコーデに最適です。

CanCam2021年6月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/浜田麻衣、手塚明菜

【7】サスペンダー付きデニムパンツ×黒ブラウス×赤サンダル

デニムパンツコーデ

バルーン袖トップスとサスペンダーデニムの今っぽかわいい旬コーデ♡ 小物はドットのBAGや赤サンダルでレトロガーリーに仕上げて♡ トップスにボリュームがある分、華奢サンダルで足元に肌感を見せるとすっきり&バランスよくまとまります。

CanCam2021年6月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/浜田麻衣、手塚明菜

【8】サスペンダー付きデニムパンツ×ボーダー柄ニット×黒キャスケット

デニムパンツコーデ

パリシックなボーダー×デニムの王道コーデも、NEWトレンドのサスペンダー付きパンツを投入すればグッと今年らしく決まります。小物はキャスケットやかごバッグでこなれ感をUPさせてムードのある大人カジュアルの出来上がり。

CanCam2021年6月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/浜田麻衣、手塚明菜

【9】デニムパンツ×ブラウントップス×黒インナー×ブラウンバケットハット

デニムパンツコーデ

ざっくりラフに結んだようなビッグリボンのバックシャンブラウス♡ こっくりとしたブリックブラウン×ヴィンテージライクなデニムなら、大人の余裕を感じさせるこなれたムードに仕上がります。夏素材のバケットハットでおしゃれっぽいアクセントを。

CanCam2021年6月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/菜波(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/浜田麻衣、手塚明菜

【10】ベージュデニムパンツ×白トップス×ブラウンインナー

デニムパンツコーデ

アイボリーのニット、ニュアンシーなベージュデニム、中から効かせたブラウンのタンクトップ…近しい色を重ねるだけでおしゃれ感度の高い洗練グラデーションコーデが完成! サンダルとリンクさせたブラウンのインナーでほんのりと引き締めれば、淡色コーデにメリハリもつけられます。

CanCam2021年6月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/菜波(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/浜田麻衣、手塚明菜

【11】デニムパンツ×ストライプ柄ジャケット×白インナー

デニムパンツコーデ

ストライプのリネンジャケットでシンプルデニムをセンスアップ! シアー素材のトップスをインナーに仕込むと、コーデ全体がおしゃれっぽくなり春らしさもONできます。

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/トラウデン直美(本誌専属)構成/浜田麻衣

【12】デニムパンツ×ベージュチュニック丈ブラウス×ブラウンパンプス

デニムパンツコーデ

辛口派にもおすすめなのがベルトでウエストマークするシャツブラウス! なめらかな質感とメリハリのあるシルエットが品のよさを引き立てます。ヴィンテージライクな淡色デニムでカジュアルダウンさせれば、こなれ感漂う〝オトナきれい〟スタイルが完成。

CanCam2021年5月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/小松胡桃(ROI) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/手塚明菜

【13】グレーデニムパンツ×ベージュトップス×メタリックパンプス

デニムパンツコーデ

袖がふくらんだ華やかなブラウスは、×グレージュデニムでキレ味よく。色落ちデニムでブラウスの甘さを中和するとデイリーにすんなりと着回せます。ブラウンやゴールド小物など、デニム以外は艶っぽい女らしさを意識して。

CanCam2021年4月号より 撮影/須江隆治(see) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini) モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良、田中かほ里 構成/鶴見知香

【14】グレーデニムパンツ×ブルージャケット×グレーインナー

デニムパンツコーデ

メンズライクなジャケットも、サックスブルーの爽やかさでまろやかな印象に。ラフなダメージデニムと白スニーカーを合わせて、ジャケットをカジュアルダウンするのもこなれテク。白でなくグレーのTシャツでなじませつつ、肩にひと巻きしたブルーニットで洒落感強めの春コーデが完成します。

CanCam2021年4月号より 撮影/須江隆治(see) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini) モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良、田中かほ里 構成/鶴見知香

【15】デニムパンツ×ブラウンシアートップス×オレンジバッグ

デニムパンツコーデ

こっくり色のシアーブラウスは、淡色デニムと合わせてヘルシーな女らしさを極めて。胸元がVカットに開いたキャミソールをインナーに選んで、デコルテに視線を集める透け加減も計算済みです。コーデ全体がトーンアップするオレンジのクラッチもブラウンやデニムとの相性ばっちり♪

CanCam2021年3月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 撮影協力/木谷成良、楫 真梨子 構成/鶴見知香

きれいめコーデにおすすめの白デニムパンツ

【1】白デニムパンツ×エクリュジャケット×ブラウンインナー

デニムパンツコーデ

ジャケットコーデがラフで今っぽくきまるのは、デニム合わせやトレンドのベージュ×茶のグラデ配色がポイント。頭から足元までトーンをそろえたカフェラテ配色で大人っぽさも◎。ダブルのジャケットはリネン混のくたっとした素材で、堅苦しさのないお仕事コーデが演出できます♡

CanCam2020年6月号より 撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/森野友香子(Perle Management) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/岩附永子、権藤彩子、鶴見知香

【2】白デニムパンツ×ニットカーディガン×イエローインナー

デニムパンツコーデ

ベージュのクロシェニットカーデ×イエローのタンクトップというガーリーな組み合わせには、ちらりと肌をのぞかせるヘルシーな透け感コーデが効果的♡ 白デニムでクリーンな印象に寄せつつ、タンクトップよりも鮮やかなイエローのサンダルでメリハリや春らしさを意識して。

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/小室安未(本誌専属) 構成/手塚明菜

【3】白デニムパンツ×ベージュスエット×白アウター×イエローバッグ

デニムパンツコーデ

ワントーンに奥行きを作るエアリーな白トレンチで春色コーデをアップデート! 新鮮な白のトレンチは、ベージュスエット×白デニムに白のスニーカーを合わせて清潔感のあるカジュアルワントーンに。パーカとトレンチのレイヤード感で絶妙な今っぽさが演出できます。

CanCam2021年4月号より 撮影/東 京祐 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini) モデル/小室安未(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/手塚明菜

【4】白デニムパンツ×ブラウンニットトップス×ブラウンサンダル

デニムパンツコーデ

脚のラインをカバーしてくれる太めのストレートデニムにブラウンのツインニットをIN! 小物も茶系で揃えて、ベージュ〜ブラウントーンのシンプル配色でまとめると品のいいカジュアルコーデに仕上がります。

CanCam2020年9月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/手塚明菜

【5】白デニムパンツ×ブラウンタンクトップ×かごバッグ

デニムパンツコーデ

スポーティなアメリカンスリーブのビスチェは、クリーンな白デニムでアーバン仕様に。真っ白でなくオフ白のデニムを合わせることで、ブラウンとの色馴染みもばっちり♡

CanCam2020年7月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【6】白デニムパンツ×黒Tシャツ×パープルサンダル

デニムパンツコーデ

古着風のTシャツに白デニムを合わせて、カジュアルだけど清潔感のある着こなしに。配色が無難に見えないように、パープル小物を2点差しして彩りをプラス。これだけでおしゃれ感が上昇します♪

CanCam2020年6月号より 撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/森野友香子(Perle Management) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/岩附永子、権藤彩子、鶴見知香

大人カジュアルなデニムのワイドパンツコーデ

【1】ワイドデニムパンツ×ブラウンジャケット×ミントインナー

デニムパンツコーデ

淡色トーンをこっくりブラウンのジャケットで優しく引き締め! ニュアンスカラーにダークブラウンをのせた、チョコミント配色が新鮮おしゃれ。程ワイドなシルエットと色落ち感がカジュアルなデニムには、かっちりしすぎないリネン風素材のジャケットをはおってこなれムードたっぷりに。

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【2】ワイドデニムパンツ×ベージュブラウス×ラベンダーバッグ

デニムパンツコーデ

定番のデニムに肌見せトップスを合わせて今どき感をプラス! アシメニット×ウォッシュ加工されたハイウエストデニムなら、シンプルな組み合わせでもサマになる♡ ラベンダーブルーのバッグとベージュ系のメッシュパンプスで、小物はトレンド盛りが正解です。

CanCam2020年9月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/山下美月(本誌専属) 構成/手塚明菜

【3】黒ワイドデニムパンツ×黒トップス×クリアバッグ

デニムパンツコーデ

デニムでもイイ女感が漂うALLブラックコーデ。ウォッシュ加工されたブラックデニムなら、ワイドシルエットでも、黒×黒コーデでも重くならず、キリッと辛口な女っぽスタイルに仕上がります。小物はクリアBAGやサンダルで抜け感を出し軽やかにまとめて。

CanCam2020年9月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/加藤史帆(本誌専属) 構成/手塚明菜

【4】ワイドデニムパンツ×マスタードトップス×イエローバッグ

デニムパンツコーデ

きれいめなワイドデニムにタイトなトップスをすっきりIN! シルエットで女っぽさをアピールすれば、ゆるデニムのおしゃれっぽさが引き立ちます。コーデがシンプルな分、カラフル小物や肩見せニットでほんのり個性を光らせて。

CanCam2020年9月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/手塚明菜

【5】ワイドフレアデニムパンツ×黒タンクトップ×黒ハット

デニムパンツコーデ

Vカットビスチェにセンタープレスデニムを合わせたエモカジュアル。ハイウエスト×センタープレスのワイドデニムなら、きれいめ&脚長効果も期待できます。つば広ハットやビーズBAGを合わせてみたり、コーデがシンプルだと小物選びも楽しめます♡

CanCam2020年7月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【6】ワイドデニムパンツ×アイボリートップス×白バッグ

デニムパンツコーデ

やさしい雰囲気がプラスできるアイボリーのリブニットビスチェはレトロな着こしにもぴったり。水色のワイドデニムを合わせて淡め配色でまとめれば、ガーリーっぽさも急上昇♡ カジュアルなのに女の子らしい夏コーデが完成します。

CanCam2020年7月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【7】ワイドデニムパンツ×ベージュブラウス×ブラウンパンプス

デニムパンツコーデ

西海岸風のこなれカジュアルが作れる、オフショルブラウスとワイドデニムの組み合わせ♡ 女っぽい肌見せとカジュアルなデニムのギャップがおしゃれコーデに最適です。今っぽいワイドデニムなら、トレンドのブラウンやイエローを大人カジュアルにまとめてくれます。

CanCam2020年6月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/石黒千晶

【8】ワイドデニムパンツ×ピンクニット×黒サンダル

デニムパンツコーデ

濃いめのインディゴが特徴のワイドデニムに、バックシャンニットをコーディネート。背中をチラ見せする女っぽさと、ボーイズっぽいワイドデニムが絶妙にマッチします。ピンクのバッグで甘さをリンクさせつつ、足元は黒で大人っぽく引き締めるのがベストバランス!

CanCam2020年6月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/石黒千晶

【9】ワイドデニムパンツ×黒ブラウス×黒サンダル

デニムパンツコーデ

万能に活躍してくれるベーシックなワイドデニムは、トレンドのシアーブラウスなど遊びのあるアイテムが好相性! シックなカジュアル感がありつつ、女らしい軽さもプラスしてくれます。ブラウスとリンクする黒小物やサングラスで大人っぽく仕上げましょ。

CanCam2020年6月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/石黒千晶

【10】ワイドデニムパンツ×グリーントップス×かごバッグ

デニムパンツコーデ

くしゅっと感がレトロなミントのレーストップスを古着風デニムでカジュアルダウン。ミント色と淡いデニムの合わせもどこかヴィンテージライクで、記憶に残る春コーデに仕上がります。ベージュのかごバッグでトーンアップすれば、爽やかな季節感もさらにアピールできちゃいます♪

CanCam2020年4月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/神戸春美 モデル/加藤史帆(本誌専属) 構成/権藤彩子、鶴見知香

トレンドデニムで定番コーデをアップデート!

カジュアルの定番でもあるデニムパンツは、トレンドのシルエットやデザインを選んで旬のムードを意識! ベーシックなアイテムだからこそ微妙にアップデートさせることが、あの人おしゃれ♡と思われるポイントなんです♪ 今季は女性らしいフレアデニムや、サスペンダー付きのデニムパンツに注目! オフィスカジュアルなら、ニュアンシーなグレーやベージュの淡色デニムパンツもおすすめです。