効かせ色で差をつけて♡赤のおすすめコーデ12選【2019秋冬】

おしゃれ感がカギ☆秋冬に映える赤コーデ集

黒やネイビーを合わせる正統派の配色はもちろん、今シーズンはブラウン系を合わせた赤コーデがイチオシ! 赤みのあるブラウンなら、より今年っぽいなじませコーデが完成します。スカートやパンツのほか、ブラウン系アイテムが多いジャケットとのコーデもおすすめです。秋らしい色合わせで、今っぽいカラーMIXを楽しんで。ダークカラーが映える着こなしは、秋冬コーデにぴったりです♡

 

赤を合わせるレディース秋冬コーデ


【1】赤タイトスカート×黒ロングニット

ロング×ロングの長めシルエットなら、定番の黒ニットもこんなに新鮮! 服にボリュームがある分、ぽってりした厚底のローファーだとバランスが取りやすいのでおすすめです。

CanCam2019年11月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/河嶋 希(io) モデル/山下美月(本誌専属) 撮影協力/Paris COFFEE 構成/浜田麻衣、手塚明菜

【2】赤タイトスカート×白カットソー

カットソー×スカートのカジュアルコーデは、小物で品よく仕上げるのがおすすめ。ボリュームのある黒ローファーなら、コーデをキリリと引き締めつつ今どきの足元バランスに仕上がります。

CanCam2019年11月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/河嶋 希(io) モデル/山下美月(本誌専属) 撮影協力/Paris COFFEE 構成/浜田麻衣、手塚明菜

【3】赤タイトスカート×白カットソー×チェック柄ジャケット

女っぽさを意識したいデートの日は、キャメルブーツ×赤スカートで上品に。メンズっぽいチェックジャケットを合わせても、どこか女らしく着こなせます♡ 

CanCam2019年11月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/河嶋 希(io) モデル/山下美月(本誌専属) 撮影協力/Paris COFFEE 構成/浜田麻衣、手塚明菜

【4】赤フレアスカート×ベージュカットソー×ネイビーシャツ

02[彼っぽCPOシャツ]『アメリカ海軍の制服がルーツなだけに、デザインはメンズライク。ここに肌感のあるインナーやメリハリシルエットを加えることで、彼のシャツを着たような女らしさ際立つ色っぽスタイルが叶うんです♡』

彩度を抑えた赤なら、黒とのコントラストも強く見えずおしゃれっぽく馴染みます。ベージュを挟んだり白バッグで抜け感を作ったり、軽さをMIXするのもポイントです。

CanCam2019年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/出口奈津子 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumin) モデル/菜波(本誌専属) 撮影協力/玉木歩乃花 構成/石黒千晶、山木晴菜

【5】赤タイトスカート×ベージュカーディガン

赤系のタイトスカートをブラウンやベージュで上手にまとめて、派手さよりも女らしさをアピール。足元は低めヒールでやさしい雰囲気をまとって。

CanCam2019年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/楓(本誌専属) 構成/権藤彩子

【6】赤フレアスカート×ブラウンタートルネックニット

クラシカル小物でとことん上品リッチに レディなトレンドが多い今季。小物も品があってかっちりしたものを買い足そうかなと計画中です。ビジュー付きのものやキャスケットなど、シンプルコーデに一点投入するだけで華やかに仕上げてくれるものがいいな♪

レディな赤のフレアスカートは、ブラウンのトップスを合わせて今っぽいカラーMIXを。足元はビジューが並んだ黒のフラットシューズでかわいく締めて♡

CanCam2019年10月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/田臥曜子 ヘア&メーク/sachi モデル/まい(本誌専属) 構成/石黒千晶

【7】赤パンツ×ベージュタンクトップ×ブラウンジャケット

上品でトレンド感があって、しかも着映えも…手っ取り早く秋コーデを楽しむなら、どこか懐かしさが漂うチェック柄のおじジャケットがオススメ! カラーパンツにプラスして、モードな秋コーデを楽しんで。肩周りにゆとりのあるダブルボタン&ハリ感のあるジャケットなら、カジュアルに着くずしてもきれいめな印象がキープできます。

CanCam2019年10月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/手塚明菜

【8】赤ジャンパースカート×白ニット

9位 着回せておしゃれ感もあるって♡ ジャンスカって、やっぱり頼れる!コンパクトトップス×ジャンスカ『インナー次第で、印象を変えられるのがジャンスカのいいところ♡リブニットやレースなどのコンパクトトップスと合わせて、きちんと見せるのが流儀のようです!』

上品かわいいジャンパースカートは、深みのある赤なら秋冬コーデにもぴったり。首詰まりニットと合わせて、とことんレトロシックに着こなして♡ ウエストのベルトはスタイルアップだけじゃなく、キレイなフレア感も演出できます。

CanCam2018年11月号より 撮影/坂田幸一 スタイリスト/奥富思誉里 撮影協力/田中かほ里 構成/菊谷まゆ、時吉 茜、石黒千晶、浜田麻衣、八木橋佳世

【9】赤パンツ×ブラウンニット

6位 「パンツなのに女っぽい♡」とスカート派からも票が多数!肌見せトップス×ハイウエストパンツ『〝コーデを考えるときに大切なこと〟1位の「スタイルがよく見える」を、簡単に叶えてくれるハイウエストパンツ!抜け感のある肌見せトップスを合わせれば、相乗効果でさらにGOODバランスが完成します☆』

ペプラムデザインのベルトディテールがメリハリの効いた美シルエットを実現。旬の太ベルトの中でも、ペプラムデザインは脚長&細見え効果が絶大です。フィット感のあるニットをINにして、すらっとしたⅠラインをメーク。

CanCam2018年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/松田美穂、林 由香里(ROI)、MAKI(P-cott) モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/汐田中かほ里 構成/菊谷まゆ、時吉 茜、石黒千晶、浜田麻衣、八木橋佳世

【10】赤ワンピース

コルセットでヴィンテージ感をプラスして貴婦人のような佇まいに

深みのある赤のワンピースは、ハロウィンナイトにぴったりの華やかさ。結婚式の2次会でも活躍してくれそうなキレイめワンピが、小物でこんなに変身するんです!

CanCam2018年10月号より 撮影/SASU TEI(W) スタイリスト/Remi Takenouchi(W) ヘア&メーク/森 ユキオ(ROI) ネイル/依田絢子 モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【11】赤花柄×ドット柄スカート×白Tシャツ

花柄×ドットのスカートは最高にジェニックな存在

花柄×ドットの柄MIXスカートはインパクト大! トップスは白Tですっきりまとめつつ、小物でスカートの赤をリフレインすれば統一感もUPします♡

CanCam2018年9月号より 撮影/須江隆治(See) スタイリスト/丸林広奈  ヘア&メーク/神戸春美  モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/石黒千晶

【12】赤スカート×黒ニット

MAIMAI 'S PRIVATE FASHION まいまいの秋は、「華やぎクラシカル♡」「秋冬はクラシカルな、オードリー・ヘップバーンっぽい感じがいちばん好き♥」というまいまいだけど、今年の秋は少し変化が!? 一見シンプルでも素材やディテールが実は華やかなものを好んだり、カジュアルなアイテムもキレイめに合わせて取り入れたい気分だそう。この秋も気になる、まいまい流の華やかクラシカルファッションをお届けします!『Rule:03 秋は、ミモレ丈+ヒール靴が鉄板!基本スカート派のまいまいは、秋冬はスカート×ヒール靴の組み合わせがいちばん多いそう。着慣れているからなのか、まいまいのミモレ丈スカートコーデは実に絵になると、編集部内でも評判なんです!トップスをINして作る王道のフィット&フレアシルエットで、バランスよく着るのがまいまい流。』

ネイビーのリボンが華やかにあしらわれたスカートは、ハリ感もあってドラマティック♥ 印象深い赤スカートはモノトーンでまとめて大人クラシカルに。チェーンBAGやヒールパンプスで、コーデをさらに格上げしましょ。

CanCam2017年11月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリング協力/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI(P-cott) モデル/まい(本誌専属) 撮影協力/田邉沙緒莉、田中かほ里 構成/権藤彩子

ひと言で赤といっても、くすみがあったり発色が鮮やかだったり、色味によって印象もさまざま。上品にインパクトを与えられるカラーなので、ダークカラーが増える秋冬シーズンにぜひ取り入れて! 

★顔映り抜群の女っぽカラー♡ピンクベージュのおすすめコーデ4選

>>CanCam.jp TOPへ戻る