レトロかわいい「赤」は小物で♡赤バッグのおすすめ春コーデ9選

差し色にぴったり♡赤バッグのコーデ集

インパクトのある赤バッグをプラスした、おすすめの春コーデを特集。存在感のあるカラーなので、初心者さんは小物で取り入れるのがオススメなんです。いつものコーデをぐっとおしゃれに格上げしてくれる、赤バッグ×トレンドコーデを紹介します♪

マウンテンパーカ×リブニットワンピ

【目次】
可愛い赤バッグに映える春コーデ
赤ショルダーバッグの春コーデ

可愛い赤バッグに映える春コーデ


【1】赤バッグ×赤ストライプシャツ×白パンツ

史帆はこの春フェロモンカジュアルでいく!

ビッグシャツ×ショーパンでキャッチーな肌見せ♡カジュアルなショーパンコーデだって、リップや小物の「赤」の力を借りればオンナ度高めに早変わり。シャツの裾は左右のどちらかだけINするのが今季の気分!

CanCam2020年4月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/神戸春美 モデル/加藤史帆(本誌専属) 構成/権藤彩子、鶴見知香

【2】赤バッグ×ネイビージャケット×白Tシャツ×カーキスカート

渋谷シンプル茜のエモフェミ7days

カジュアルコーデと相性のいい紺ブレは、足元がスニーカーでもきちんと見えする優秀アイテム。プリントTシャツをインナーに仕込めば、こなれ感もアップします!

CanCam2020年4月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/佐藤彩花、石黒千晶

【3】赤バッグ×ネイビージャケット×赤ストライプカットソー×デニムパンツ

カジュアル服にキレイめエッセンスをプラス!渋谷シンプル茜Style『茜style3春のオフィスはおりはゆるジャケット 社会人らしくジャケット着用の日も、自分なりのカジュアルに落とし込むのが茜マインド。お尻まですっぽり隠れる長め丈がセレクトのポイント。』

ゆるジャケットは、オフィスで使える軽いはおりとしても持っておきたい万能選手。定番のデニムのほか、赤ボーダー&ビビッドな小物使いで真面目さを払拭して♪

CanCam2020年3月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/佐藤彩花、石黒千晶

【4】赤バッグ×ネイビーブラウス×デニムパンツ

ギャザーブラウス×クラッシュデニムのヴィンテージコーデ。クラッシュの入った淡色デニムをチョイスすれば、ラフなテンションで着こなせます。仕上げのキャスケットで今っぽい味付けも♡

CanCam2019年5月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美、松田美穂 モデル/堀田茜(本誌専属) 撮影協力/北村緋菜 構成/稲垣あすか、石黒千晶、佐藤彩花、時吉茜、木村晶

【5】赤バッグ×白パーカ×ベージュワンピース

マウンテンパーカ×リブニットワンピ

やさしい白とベージュのカラーバランスで、好感度の高いカジュアルコーデに。上品なミルクティー配色は、スポーティなのに愛らしさもあるので男性ウケもばっちり♡ 彼から借りたようなビッグサイズのマウンテンパーカで、爽やかなカジュアル感を堪能しましょ。

CanCam2019年4月号より 撮影/須江隆治(See) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/間 隆行(Lila) モデル/松村沙友理(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【6】赤バッグ×黒ブラウス×デニムパンツ

TREND PICKS #005 1枚でもレイヤードでも使える ロマブラウス『スタンドカラーや袖コンシャス、レースなど女っぽいニュアンスが詰まったロマブラウスは、季節のつなぎ役として大活躍♡ ニットの襟元からフリルをチラ見せしたり、主役としてだけでなく脇役としても活躍してくれる優秀アイテムです!』

凝ったデザインもデイリーに引き寄せてくれる黒ブラウスを選べば、カジュアルなデニムとの相性も抜群です。メンズっぽい無骨なデニムは、甘さのあるブラウスをモードに着こなすのに最適。こなれ感のあるレトロコーデに仕上がります。

CanCam2019年3月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/菊谷まゆ

【7】赤バッグ×ネイビーブラウス×白パンツ

TREND PICKS #002 レトロムードが断然、気分! ヴィンテージ風小花柄『春になるとうずうず、なぜか着たくなる花柄。今年は「かわいい!」よりも「ちょい渋」なヴィンテージっぽい雰囲気の小花柄がおしゃれ♡ 柄がレトロなぶん、スカートだったらハイウエストやスーパーロング丈など、シルエットやディテールで今っぽく!』

今年は「かわいい!」よりも「ちょい渋」なヴィンテージっぽい小花柄がおしゃれ! 柄がレトロなぶん、ボトムはカジュアルなチノパンで甘さ控えめがおすすめです。甘いアイテムとカジュアルなチノパンのMIXコーデは、春のおしゃれにぴったりです。

CanCam2019年3月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/菊谷まゆ

赤ショルダーバッグの春コーデ


【1】赤ショルダーバッグ×ブラウンカットソー×チェック柄パンツ

TREND PICKS #005 1枚でもレイヤードでも使える ロマブラウス『スタンドカラーや袖コンシャス、レースなど女っぽいニュアンスが詰まったロマブラウスは、季節のつなぎ役として大活躍♡ ニットの襟元からフリルをチラ見せしたり、主役としてだけでなく脇役としても活躍してくれる優秀アイテムです!』

袖コンシャスやパフスリーブなど、女っぽいニュアンスが詰まったロマブラウスをコーデの主役に。ボトムには、チェック柄のワイドパンツを合わせて、フレンチシックな着こなしに。甘さのあるブラウスをこなれたワイドパンツで着崩すのが、おしゃれの腕の見せどころです♡

CanCam2019年3月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/菊谷まゆ

【2】赤ショルダーバッグ×白カットソー×白パンツ

TREND PICKS #003 彼のを借りちゃった! 風なだぼっとスエット『1サイズ上ぐらいのイメージのゆるっとしたスエットで、ストリートのノリを味方に。カジュアル感の強いアイテムだから、原色やプリントものは避けるのがベター。家着っぽくならないように、着こなしに女らしさを投入することもお忘れなく!』

スポーティに寄りがちなスウェットも、パキッとした白ならシャープで女らしく着こなせます。長めのリブ襟や肩の切り替えデザインなど、モードな要素も洗練を後押し。ベージュストライプのキュロットパンツを合わせて、清潔感のある柔らかトーンにまとめましょ♪

CanCam2019年3月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/菊谷まゆ  

★2020春トレンドは「トランスペアレント」♡おすすめの透けアイテム&コーデ10選

★おすすめブラウスコーデ12選|レース・タック・フリル・ボウタイなど人気ブラウスを厳選!

>CanCam.jp TOPに戻る