【気温21度の服装】長袖?アウターは必要?気温別のおすすめコーデ31選|レディース

「気温21度」のおすすめコーデを大特集

暑くも寒くもない「気温21度」の日は、半袖?長袖?羽織りは必要? と、着るものに悩みますよね。最高気温or最低気温のどちらが21度なのか、天気は晴れているのか雨なのか、条件次第で服の選び方は大きく変わります。今回は、最高気温21度・最低気温21度、それぞれのおすすめコーデをご紹介します。


「最高気温21度」の服装

最高気温21度は、ちょうど半袖か長袖かを迷う境い目の気温。朝晩は肌寒い日も多いので、分厚すぎない春夏用の長袖アイテムが活躍します。例えば、一枚でさらっと着られるブラウスやデザイン性のある薄手ニットなど、ボトムとのワンツーコーデでもお洒落に見えるアイテムを活用するのがおすすめ。朝晩の外出がある日や半袖を選ぶなら、必ず長袖の羽織りやアウターを持参してくださいね。

【1】ふわっと広がるAラインがしごでき美人を約束!

気温21度服装

パリシックなムードが高まるボーダートップスを軸に、ペールトーンのグリーンスカートを合わせて、新鮮なマリンスタイルに。ハリ感のあるスカートが一枚あれば、着こなしがグッとドラマティックに♡ 気温差に対応できる半袖×カーデの肩巻きもおすすめです。

【2】視線を集めるニットを×ジャケットで大人かわいく♡

気温21度服装

ティアードのフリルデザインがキャッチーなニットを、ベージュ系のジャケットとスカートでなじませてきれいめなワントーンに。シルバーのバッグで抜け感を出せば、甘さが中和されこなれたフェミニンオーラが演出できます。

【3】シャツ×ビスチェレイヤードでジャケットを今っぽく

気温21度服装

オーバーサイズジャケット×メンズのオックスフォードシャツのざっくりしたシルエットで、媚びないカッコよさをアピール。×ショーパンの軽やかな着こなしには、トレンドのビスチェをプラスするひと手間で、今っぽさがUPして少年ぽさが払拭できます。

【4】白ブルゾンでブラウンコーデを軽快に

気温21度服装

ほんのりシアーな白ブルゾンは、コーデに爽やかさをプラスする効果が。インナーを落ち着いた色味でまとめても女っぽい印象をキープしてくれるのがうれしい! 足元はパイソン柄のサンダルを合わせて、まろやかなブラウンコーデをキレよく着こなして。

【5】優しい印象へ導くとろみのあるホワイトジレ

気温21度服装

ちょっぴり肌寒い日は長袖の薄手ニット×ジレの合わせが推し。洗練された印象に仕上がるので、シンプルな合わせでもこなれ感がアップします。トップスは白&ベージュ系、ボトムはピンクのワイドパンツで優しげな配色に。

【6】カットワークシャツを合わせてほんのり甘く♡

気温21度服装

季節の変わり目に便利なジレセットアップは、ベーシックすぎないくすみイエローでお洒落っぽく。コーデがさらに上級見えするカットワークブラウスを合わせれば、ひねりがプラスされた通勤カジュアルの出来上がり。

【7】セットアップは短丈の新バランスで今っぽく

気温21度服装

きちんと感漂うジャケットスタイルは、ミーハーなマインドで着るクロップド丈×ロングスカートが主流に! レザーのキャスケットやこっくりカラーのパンプスを合わせてちょいクラシカルに着こなして。

【8】カーヴィラインを味方につけた全身ブラックコーデ

気温21度服装

“ガールクラッシュ”を体現したような、色っぽいけど媚びない肌見せが目を引くブラックコーデ。チラリと肌を覗かせて抜け感を演出したら、鮮やかなグリーンバッグで遊び心をひとさじ♡

【9】肩に巻いたニットでカジュアル感をトッピング

気温21度服装

アイスグレーのピンストライプ柄ジャケットにマーメイドスカートでツヤっぽさをON。肩にカーデを巻いてカジュアル感をひとさじ足すと、コーデにこなれ感もプラスできます。カーデはアイスグレーになじむラベンダーカラーを選んでフェミニンに。シルバーウォッチやスクエアバッグで品よくきれいめに仕上げて。

【10】あえて締め色を使わないオールホワイトコーデ

気温21度服装

ニットワンピにレザーのころんとしたバッグ、ミルキーベージュのブーツなど白っぽ小物をトッピング。潔く小物まで白でまとめると見た目の印象もフレッシュに。モード見えするクロップドニットやサイドゴアブーツで差がつく着こなしが完成します。

【11】ブラウン×オレンジの秋色モードスタイル

気温21度服装

おなじみのジャケパンセットアップも、ジャケットの丈感やサスペンダーで鮮度を上げつつ今年らしく更新! 薄手のスエードのようなツイル素材も着心地よし。小物をライトベージュでまとめると、ブラウン系のグラデコーデがソフトな雰囲気に仕上がります。

【12】旬のトラッドを短丈ニットでデイリーに

気温21度服装

トレンドのクロップドニット×シャツのトラッド風レイヤードは、通勤コーデにもおすすめ。アイテム自体がベーシックだから、ヒールローファーやメガネを盛ってもtooマッチにならず、おしゃれっぽく着こなせます。さりげなく防寒出来る短丈ニットは季節の変わり目に推し。

【13】ベージュワントーンは質感ミックスで奥行きを

気温21度服装

引き続き人気なのが、ベージュワントーンの着こなし。ワークデザインの辛口デニムジャケットと女らしい華奢キャミワンピという、キャラが相反するアイテムをかけ合わせると、淡色の中にメリハリが生まれて目を引く上級者ムードが漂います。パッと羽織れる短丈ジャケットも最適!

【14】ベージュワントーンは質感を変えて奥行きを

気温21度服装

根強い人気のジャンスカは、やんちゃに見えないV開きが狙い目。白やエクリュなど、まろやか配色でまとめれば、思わず守ってあげたくなるようなかわいらしい雰囲気が手に入ります。小物を黒でまとめて、優しげな白っぽコーデを大人に引き寄せて。

【15】重厚感のある黒ブーツが白のセットアップに映える

気温21度服装

シンプルなデザインながら、ツイード素材で存在感たっぷりのセットアップ。ツイードとスエードブーツの秋っぽ素材をミックスすることで、奥行きのあるモノトーンスタイルが完成。バッグでベリーペリを差すとコーデ全体の印象が女っぽく色付けできます。

【16】チュールスカートのレディなワントーンコーデ

気温21度服装

ミックスニットに黒のドット柄チュールスカートを合わせたブラックコーデ。チュールスカートの裾からチラッと見えるレタードストラップや、キラッと輝くジュエリーなど、黒のワントーンコーデは映える小物が必要不可欠! 全身バランスもおしゃれ見えします。

【17】慣れ親しんだボーダーを旬のオレンジで刷新!

気温21度服装

鮮やかなオレンジの強さを程よく軽減してくれるのが、ボーダーニット。ダークオレンジのサテンスカートを合わせたワントーンコーデで、この色がもつポジティブオーラを全身でまとって。ジャケットやスクエアバッグなど、かっちりしたアイテムがお仕事感を後押し。

【18】気持ちがはずむボリュームスカートを味方に

気温21度服装

体を締め付けないエフォートレスなシルエットが心地いいニットベスト×白スカートの着こなし。ベストやカットソーなどのベーシックアイテムも、純白のボリュームスカートのおかげで高揚感たっぷりに仕上がります。

「最低気温21度」の服装

「最低気温21度」の日は、日中の最高気温をまずチェック! 昼間は30度近くなったり、それ以上の気温になるときは、迷わず半袖やノースリーブコーデを取り入れましょう。一日を通して気温が高くても、車内や室内との温度差に備えて薄手のカーディガンやジャケットを持っておくと安心。雨の予報や最高気温が上がらない日は、リネンなど薄手のシャツも便利です!

【1】ケープ風の映えデザインで洒落ムード全開に

気温21度服装

ケープとしても着られるマルチWAYシャツはブルーを引き立てるベージュスカートできれいめに。レトロな表情のシャツ×ローファーのトラッドスタイルに、キレのいいスリットスカートを合わせることで、ちょいモードなコーデがつくれます。

【2】クリーンな白シャツを濃色デニムで引き立てて

気温21度服装

甘めに転びがちなカットワークレースの白シャツは、ダークカラーの辛口デニムでコントラストを効かせて切れ味よく。シルエットがきれいなデニムにシャツの効果的な肌見せで女っぽさを程よくプラスして、全方位感度の高い着こなしを完成させて。

【3】大胆なフリルブラウスでデニムスタイルを女っぽく

気温21度服装

袖のフリルにほんのり透けるシアー素材、繊細なマーブルタッチ…盛りすぎなくらいが今っぽい甘ブラウスは着映え度も満点♡ 辛口気分の今季は、はき慣れたデニムと合わせてかっこよくカジュアルに着くずして。

【4】ゆるアイテム同士を合わせた今っぽシルエット

気温21度服装

袖口のリボンがかわいい細ストライプのロングシャツ。リラクシーな雰囲気をそのまま楽しみたいから、リネンライクなくたっと素材のワイドパンツと合わせて、程よく力の抜けた着こなしに。フレッシュグリーン×渋めブラウンのこなれ配色もツウな印象。

【5】ティアードスカートにパニエを重ねてドラマティックに♡

気温21度服装

古着からインスパイアされたデザインを展開中のブランド“フリーダ”の刺しゅうワンピースをガウンとしてレイヤード。くたっとしたレザーの小物使いやターコイズネックレスなど細部までボヘミアンなテンションをくずさないのが、ヴィンテージライクに仕上げる秘訣!

【6】爽やかエアリーなオールホワイトでハッとする存在感に

気温21度服装

目を引くボリューム袖シャツにひらひら揺れるギャザースカートをセットで着れば、大人かわいい華やかさがまとえます。シーズンムード高まるさらっと軽やかな生地感で、今っぽい抜け感も加わって。

【7】撥水ネイビーのジレをパンツスタイルの引き締め役に

気温21度服装

不快指数高めの時季は、ジャケットよりライトな着心地のジレが活躍。ガンフラップなどのトレンチ風ディテールや、肩が隠れるフレンチスリーブなど、きちんと感のあるデザインがお仕事向き! インナーにはボーターニットを合わせて、梅雨のじめじめ感を払拭する爽やかな着こなしに。

【8】レイヤードコーデは、透けた肌で魅せるエアリー感が旬♡

気温21度服装

センシュアルなスキンカラーのシアーカーデは、黒で引き締めて辛口に振ると、甘さと洒落感のバランスが絶妙に。帽子やバッグでもモード感をプラスして感度高めに着こなして。

【9】青空ブルー×ネイビーで品よくかわいく♡

気温21度服装

爽やかなアイスブルーのロングスカートは、タックが作るボリューム感がワンランク上のムードを演出。ネイビーのパフスリニットやカチューシャを合わせて、大人かわいいレディコーデを楽しんで。

【10】一枚で完結するクラシカルな美シルエット

気温21度服装

今季取り入れたいデニムワンピは、ボリューミーな袖とキュッと引き締まったウエストで、遠目からでも映える美人スタイルが即完成! ワンハンドルのモノグラムバッグを投入して、クラシカルなテイストをひと盛りするのがポイントです。

【11】Y2Kコーデをシックなカラーで洗練させて

気温21度服装

ギャルマインドなY2Kは引き続き注目トレンド。色味を抑えるとグッと大人っぽく取り入れやすいので、黒のぴたニット×グレンチェックのミニボトムでクラシカルに。配色を落ち着かせるとキャッチーな腹チラコーデも大人かわいく着こなせます。

【12】ギンガムチェックのセットアップでガーリーに

気温21度服装

ボリュームのあるパフショルダーや大きめの襟がレトロかわいいチェック柄セットアップは、クロップド丈のトップスからお腹がちらりするのがかわいい♡ 切り返しのあるマーメイドシルエットなど華やかなディティールが光るアイテムなら、モノトーンでも存在感バツグンです。

【13】モードなレイヤードをピンググラデで柔和に

気温21度服装

ふんわりとしたピンクのティアードスカートは、実はストラップが付いていてキャミワンピとしても使える優れもの。華やかなカラーアイテムを思い切ったワントーンコーデで楽しむのが今っぽさ◎。足元を厚底ブーツで重めにするとコーデの甘さが程モードにオフできます。

気温21度の服装のポイント

服を着込まなくても快適に過ごせる「気温21度」のおすすめコーデを紹介しました。最高気温21度の日は、朝晩の気温差や雨や風といった天候によって気温が低く感じることも。ジャケットや薄手のロングアウターなど体温調整しやすい羽織りものがあると安心&便利です。また、夏に多い最低気温21度の日は、日中の最高気温が30度近くまで上がることもあるので暑さ対策も忘れずに! 一日を通して気温が高くなりそうな日は、涼しいコーデ+帽子など日差し対策ができる小物も意識してみてくださいね。