トレンドのパンツの種類は?シーン別「おすすめパンツコーデ20選」|【2021レディース】

トレンドのデザインは?レディースの最旬パンツコーデ

パンツ種類

ワイドやスキニーといったデザイン以外にも、パンツはニットやレザーなど素材のバリエーションも豊富! 種類がたくさんある中で、TPOに合ったパンツはどう選ぶのが正解なのか? 今回は、休日や通勤などシーン別のおすすめパンツコーデを紹介します。

【種類別】通勤コーデに合わせたいトレンドパンツ

オフィス向けパンツといえばベーシックカラーのスラックスなどが定番ですが、それ以外のきれいめに履けるパンツもコーデに最適。ピンクやグリーンなどカラーパンツを取り入れるなら、落ち着いたくすみ系の色が合わせやすくておすすめです。

■センタープレスパンツ

パンツ種類

脚長効果でスタイルアップが実現するセンタープレスパンツはオフィスコーデにぴったり。ピンクなどのカラーボトムでも、センタープレス効果できれいめな印象になります。まろやかな配色なら、×ジャケットなど着こなしで大人っぽく振るのがポイント。

■ハイウエストパンツ

パンツ種類

腰位置が高く見えてスタイルアップ効果抜群の「ハイウエストパンツ」も通勤コーデにおすすめ。きちんと感と華やかさを両立するスイートなブラウスで大人キレイに着こなして♪

■ワイドパンツ

パンツ種類

上品で大人っぽいシルエットで、下半身カバーにもひと役買ってくれるワイドパンツ。トップスはインしてすっきりと着こなすとバランスの良いコーデになります。低身長さんは、やや短め丈のワイドパンツを履くと、よりスタイルアップできますよ。

【種類別】休日コーデにぴったりなカジュアルパンツ

カジュアルボトムの定番といえばデニムパンツやチノパンツなどがありますが、お出かけコーデに履くなら、流行のレザーやコーデュロイパンツもおすすめ。季節感のあるコーデも楽しめます。

■レザーパンツ

パンツ種類

普段のパンツコーデをアップデートしたいときにおすすめな「レザーパンツ」。ツヤ感があるのでワントーンコーデも地味にならず、奥行きのある着こなしが決まります。

■コーデュロイパンツ

縦にでこぼこした畝(うね)のある生地が特徴の「コーデュロイ」は、暖かそうな見た目や保温効果が秋冬のファッションにぴったり。カジュアルに着こなしたいときは畝の幅が広いものを、上品に仕上げたいときは畝の幅が狭いものを選んでみて。

■ハーフ丈パンツ

パンツ種類

脚を出すのに抵抗がある人におすすめなハーフ丈のパンツは、黒などベーシックカラーを選ぶと幼くなりすぎない着こなしに。ベージュやオフ白などフェミニンなカラーを使ってワントーンにまとめるのも◎。

■サスペンダー付きパンツ

パンツ種類

今っぽパンツコーデが即作れるサスペンダー付きパンツ。ベーシックカラーのトップス1+ボトム1のワンツーコーデでも圧倒的にかわいくて旬な着こなしが決まります。

■フレアパンツ

パンツ種類

細身のセミフレアパンツなら、好感度も今っぽさも両立してくれる新しいシルエットに。チュニック丈のブラウスなど長めトップスとも相性良く合わせられます。

シーンに合ったパンツ選びのポイント

パンツ種類

  1. くすみカラーのパンツはオフィスコーデにも合わせやすい
  2. スタイルアップにはハイウエストやワイドパンツがおすすめ
  3. コーデュロイやレザーなど素材感に特徴のあるパンツはワントーンにも◎

休日におすすめなレディースパンツコーデ

【1】フレアデニムパンツ×ベージュニット×オレンジカーディガン

パンツ種類

メンズっぽいデニムを女っぽく落とし込んだ最旬コーデ♡ ×デニムならセンシュアルなシアートップスも色っぽくなりすぎず、ヘルシーにキマります。マウジーの名品デニムは、腰からのラインが抜群に美しいのでスタイルアップ効果もバッチリ。ほんのりフレアシルエットでトレンドとモテの両方が叶います!

CanCam2021年11月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/菅原萌衣(COZ.inc) ヘア&メイク/加藤志穂(Peace Monkey) モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/金 世娜、浜崎真衣 構成/鶴見知香

【2】黒スキニーパンツ×白Tシャツ×グレーコート

パンツ種類

フォトTシャツ×黒スキニーに、ケープ付きの羽織りをプラス。ワンピとしても着られる羽織りは、モノトーンを明るく仕上げる甘めのディテールがポイントです。靴やバッグは黒でまとめて小物はシックに。

CanCam2021年11月号より 撮影/渡辺謙太郎 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/菜波(本誌専属) 構成/鶴見知香

【3】グレーデニムパンツ×黒ロングブーツ×グレーコート

パンツ種類

フォルムが際立つダークグレーのポンチョで、目を引くおしゃれコーデが即完成! ゆったりしてるのにウエストキュッ♡のデザインは脚長効果もバツグンです。スキニーデニムをブーツインして、全身バランスもすっきりとまとめましょう。

CanCam2021年11月号より 撮影/須藤敬一 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【4】グレーデニムパンツ×白Tシャツ×グレーロングカーディガン×白パンプス

パンツ種類

柔和なライトグレーで秋カジュアルをブラッシュアップ。ラクーンのロングカーデは、本格的な冬コート登場までのブリッジアウターとして活躍。一段薄いニュアンスグレーのデニムであいまいなグラデをつくると、カジュアルな中に女っぽさが香ります♡

CanCam2021年11月号より 撮影/古水 良 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/岩附永子

【5】グレーサスペンダー付きパンツ×白ニット×黒パンプス

パンツ種類

ひとくせパンツでシンプルでも今っぽムード全開に。生地を折り返したウエストデザインとサスぺ付きのワイドパンツなら、オフホワイトのリブニットを合わせただけのワンツーコーデも絵になります。白バッグをリンクさせて清潔感も◎。

CanCam2021年11月号より 撮影/古水 良 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/岩附永子

【6】チェック柄パンツ×ブラウンニット×白ロングシャツ

パンツ種類

チュニックシャツにショート丈ニットを重ねた旬シルエットがお洒落! 高めの位置からひらっと揺れるシャツは、お腹周りをカバーしつつ脚長効果もGETできます。×チェック柄パンツでトラッドに振れば、今っぽさときちんと感を両立したきれいめスタイルが完成します。

CanCam2021年11月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【7】カーキテーパードパンツ×ブラウンニットジャケット×白カットソー

パンツ種類

アンゴラ混のふわふわニットジャケットは大人っぽいモカブラウンで秋らしく。ジャケット自体がフェミニンだから、ボトムはカーキのテーパードパンツで辛さをMIXするとこなれ感がアップします。襟元にブローチを重ね付けして華やかに盛るのも、この秋ぜひ取り入れたいテクニック。

CanCam2021年10月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/手塚明菜

【8】グレーデニムパンツ×白ニットアンサンブル×黒パンプス

パンツ種類

たぷっとしたボレロがインナーの女性らしさを引き立ててくれる大人めデニムカジュアル。ラフなカットオフデニムと襟ぐり広めのニットタンクがいい女っぽさを後押しし目を惹くコーデに仕上がります♡ 足元はヒール高めのミュールブーティでシルエットにシャープさを。

CanCam2021年10月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/金 世娜 構成/鶴見知香

【9】ベージュハーフパンツ×黒ブラウス×白バッグ

パンツ種類

気分を盛り上げてくれるロマンティックなフリルブラウスをハイウエストのバミューダパンツでカジュアルダウン。360°あしらわれたフリル襟で顔まわりの印象も華やぎます。ベージュかつ長め丈のショートパンツは秋のおしゃれにも活躍させて。

CanCam2021年9月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini) モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良  構成/田中絵理子

【10】チェック柄パンツ×ネイビーニット×赤パンプス

パンツ種類

レトロモダンなロゴ入りニットと爽やかなギンガムパンツが好マッチ! チェックパンツなど柄ボトムと合わせると、レトロニットがより今っぽく着こなせます。全体をネイビー系でまとめたら、差し色の赤パンプスでパキっとシャープなアクセントを。

CanCam2021年9月号より 撮影/古水 良 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 構成/岩附永子

通勤・オフィスコーデに合うパンツスタイル

【1】ベージュセンタープレスパンツ×グレーコート×ブラウンローファー

パンツ種類

ベージュのワントーンコーデにシャープなかっこよさのあるスタンドカラーコートを投入! アウターは同色ベージュで合わせるより、洗練感のあるグレーを選ぶとスタイリッシュに決まります。コンサバになりすぎないように、ファーバッグやスリットパンツで茶目っ気も加えて。

CanCam2021年11月号より 撮影/須藤敬一 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【2】黒スキニーパンツ×白ニット×イエローコート

パンツ種類

ショートコートのアクティブさが今また新鮮! ゆるニット×スキニーデニムの大人カジュアルに、ふわっと広がるAラインコートを羽織ることで品のあるラフさが手に入ります。足元は太ヒールパンプスでモード感を加えて女っぷりUP!

CanCam2021年11月号より 撮影/須藤敬一 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【3】白パンツ×ブラウンタートルネック×ベージュコート

パンツ種類

ブラウンのハイネックにエクリュのデニムを合わせたきれいめカジュアル。エレガントなのに“力まずキレイ”を叶える、あいまいカラーの配色がおしゃれ! 左胸にあしらわれたハンサムなガンフラップで大人なムードを盛り上げて。着映える美人コートこそ、優しいトーンで品よく着るのがトレンドです。

CanCam2021年11月号より 撮影/須藤敬一 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【4】ピンクセンタープレスパンツ×ラベンダーニット×白カーディガン

パンツ種類

ピンクonピンクはパンツスタイルでさっぱり仕上げると大人めに。感度高めのピンクグラデは、かわいさよりもヘルシーさを意識するとうまくいきます。たすき掛けしたオフ白ニットも、上下の濃淡ピンクをなじませる橋渡しとして重要な存在。白ローファーで抜け感を出せば全身バランスもばっちりです。

CanCam2021年11月号より 撮影/古水 良 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/後藤若菜(ROI) モデル/小室安未(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/岩附永子

【5】ベージュパンツ×ミントニットブラウンパンプス

パンツ種類

コンパクトなリブニットをハイウエストパンツにインした美人コーデ。シンプルな着こなしでも無難に見えず印象的にキマるのは、ピスタチオタルトのようなまろやか配色がポイント。スクエアネックの開きで、抜け感と女っぽいムードも漂わせて♡

CanCam2021年11月号より 撮影/古水 良 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/岩附永子

【6】黒パンツ×ボーダー柄カットソー×白ジャケット

パンツ種類

ほんのりレトロなニットジャケットは、モノトーンで小粋なフレンチシックに。バイカラーデザインにビジューボタンなど、ちょいレトロムードがかわいいので、全身を白黒でまとめても着映え度は満点です。シュッと見える細身の黒パンツでジャケットの甘さを抑えつつ、ボーダーや赤パンプスでハズしを効かせておしゃれ度高く着こなして♪

CanCam2021年10月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/手塚明菜

【7】白パンツ×ブラウンニット×白インナー

パンツ種類

旬のエクリュデニムでこなれ感たっぷりの淡色ワントーンに♡ 洒落感のあるミルクティーベージュ~エクリュのあか抜け配色で好印象もいただきです。より洗練させる秘訣は、Vネックカーデからのぞく肌見せや華奢サンダルの抜け感にアリ。トレンドのストラップサンダルは太めのヒールでスタイルアップも期待して。

CanCam2021年9月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/神戸春美 モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/木谷成良、金 世娜 構成/田中絵理子、石黒千晶

【8】ピンクワイドパンツ×ブラウンカットソー×ボーダー柄トップス

パンツ種類

ベージュトップス×大人っぽいくすみピンクのパンツでニュアンスたっぷり。肩掛けのボーダートップスや小物でブラウンを効かせて、淡色コーデをさりげなく引き締めると洗練度も上がります。

CanCam2021年9月号より 撮影/渡辺謙太郎 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メイク/MAKI モデル/まい(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/山木晴菜

【9】グレーパンツ×グレーインナー×ベージュジャケット

パンツ種類

堅めのオフィススタイルが求められる日は、着心地ときちんと感を重視したセットアップがおすすめ。みんな大好きUNIQLOの超優秀3点セットは、やわらかさのあるグレーベージュで女らしさもキープ。ハイウエストパンツにトップスをINすればスタイルアップも完了します♪ 小物も強いカラーは入れずグレーのトートバッグとラベンダーのパンプスで品よくまとめて。

CanCam2021年4月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/田中絵理子

【10】ブラウンパンツセットアップ×ブルーツインニット

パンツ種類

ジャケット×パンツのセットアップで機動力バツグンのお仕事コーデに。淡いブルーのツインニットをインナーと肩掛けに取り入れて、今っぽいこなれ感と清潔感をプラス! バッグはターコイズブルーをパキッと効かせてクールなコーデにメリハリを。

CanCam2021年4月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/田中絵理子

TPOに合うパンツでおしゃれなスタイルを楽しんで

オフィスコーデならセンタープレスやワイドパンツなど、シルエットがきれいに見えるボトムで上品なパンツスタイルに。休日向けのカジュアルなコーデには、サスペンダー付きなどのトレンドボトムやレザーやコーデュロイなど季節感のある素材を選ぶのもおすすめです♡