「ハイウエストデニム」の人気コーデ23選|スタイルがよく見えるデニムパンツの着こなし例

ハイウエストデニムのトレンドコーデを厳選!

脚長効果が絶大なハイウエストデニムを、より今っぽく着こなしたい! 今季はハイウエストのストレートデニムパンツや、おしゃれなシルエットが作れるワイドパンツなど、リラクシーなタイプに注目♡ ブルー・ブラック・ホワイトなどハイウエストデニムを合わせる最旬コーデをお届けします。

ハイウエストデニムのおしゃれっぽい着こなしポイント

大人カジュアルにぴったりのハイウエストデニムパンツは、今季選ぶならストレートやワイドなどゆとりのあるシルエットがおすすめです。トップスをボトムインすることですっきりと着こなせて、スタイルアップも叶います。黒や白などベーシックカラーのハイウエストデニムパンツなら、ブルーデニムよりきれいめに着こなせるのでオフィスコーデのボトムにも着回せます。

  1. ハイウエストデニムはストレートやワイドなどリラクシーなサイズ感が旬!
  2. きれいめコーデが決まる黒や白のハイウエストデニムはオフィスにもおすすめ
  3. トップスはパンツインですっきりまとめてスタイルアップ

ハイウエストデニムパンツのトレンドコーデ

【1】ハイウエストデニムパンツ×白ブラウス×白コート×白パンプス

ノーブルなおしゃれ感が宿るWHITE『イエベの人は…バニラ』

甘さのあるフリルブラウスに、ハイウエストのクロップドデニムを合わせて軽快にカジュアルダウン。女っぽさが香るマイルドな白コートをさらっと羽織れば、品のある春カジュアルが完成します。足元はフラットの白パンプスで、抜け感&春らしいトーンをキープして。

CanCam2021年4月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/菜波(本誌専属) 構成/山木晴菜

【2】ハイウエストデニムパンツ×黒トップス×ブルーコート×ブルーパンプス

ON&OFF使えるハンサムカラーBLUE『ブルベの人は…ソーダ』

デニム×ブルーコートのワントーンでラフなかっこよさをアピール! 黒ニットで引き締めつつブルーのグラデを作ることで、清涼感たっぷりの大人カジュアルが楽しめます。インナーの黒ニットはトレンドの襟付きを選んでかわいげも盛って♡

CanCam2021年4月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/山木晴菜

【3】グレーハイウエストデニムパンツ×ベージュブラウス×ゴールドパンプス

TREND03 甘トップスを受け止める太めのドライパンツがないと春は始まらない!

袖がふくらんだ華やかなブラウスは、×グレージュデニムでキレ味よく。色落ちデニムでブラウスの甘さを中和するとデイリーにすんなりと着回せます。ブラウンやゴールド小物など、デニム以外は艶っぽい女らしさを意識して。

CanCam2021年4月号より 撮影/須江隆治(see) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/楓(本誌専属) 構成/鶴見知香

【4】ハイウエストデニムパンツ×白ブラウス×グリーンバッグ

TREND02 コットンブラウスが今年はよりボリューミーに甘くなってレベルアップ!

パフ袖の襟コンブラウスは太めのハイウエストデニムでカジュアルダウン。今季はラフなデニムを合わせるほうがスキニーよりこなれて見えます♡ ヌーディなサンダルで抜け感を作りつつカラーバッグでアクセントも。

CanCam2021年4月号より 撮影/須江隆治(see) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良、田中かほ里 構成/鶴見知香

【5】ハイウエストデニムパンツ×黒トップス×ベージュワンピース×白パンプス

TREND02 大好きなシャツワンピも今年はアースカラーしか目に入らない

着回し力が高いワッシャー加工のワンピースを羽織りに投入! シンプルなカットソー×ハイウエストデニムにさらっと合わせてリラックスムード満点の春コーデを完成させて。引き締め役の黒トップスや春っぽい白ミュールなど、モノトーンを効果的に使ってメリハリもUP。

CanCam2021年4月号より 撮影/須江隆治(see) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/楓(本誌専属) 構成/鶴見知香

【6】ハイウエストデニムパンツ×ピンクブラウス

大人見えするくすみ感がニュアンスおしゃれ!ファジーピンク

今すぐコートの中に仕込みたいのは、1枚で春っぽさを堪能できるフェミニンなレースブラウス。ピンクとラベンダーの間のくすみピンクなら、レトロなレースブラウスも大人かわいく着こなせます。ボトムは、×デニムで親しみやすいカジュアルコーデに落とし込んで。

CanCam2021年3月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【7】ハイウエストデニムパンツ×ブラウンニット×ブラウンジャケット×黒パンプス

GAP『高見えベーシックならここ。着回し力は右に出るものなし』

美脚デニムと上品なキャメルニットで作るこなれコーデ。ニットと同色のテーラードジャケットを合わせるだけで、きれいめで今っぽい大人カジュアルの出来上がり♪ バッグはブラウンでコーデとなじませつつ、足元は黒パンプスでぱきっと締めて。

CanCam2021年2月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/山木晴菜

【8】ハイウエストデニムパンツ×白ブラウス×ブラウンコート×黒パンプス

CanCam的最愛ブランド名品、まだまだあります!

キャメルのトレンチコートは、どんなコーデにもなじみやすいから季節を問わず活躍度大! ボウタイブラウス×濃い色デニムの着こなしに羽織るだけで、今っぽいマニッシュコーデが完成します。コートの袖からブラウスをちょこっと見せるのも今っぽい着こなしテク。小物はバレエシューズと赤バッグでフレンチテイストを盛って♡

CanCam2020年11月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/川嵜 瞳(PEACE MONKEY) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/鶴見知香

【9】黒ハイウエストデニムパンツ×黒トップス×チェック柄ジャケット×黒パンプス

秋ジャケットはデニムでカジュアルダウン!

上品なチェックジャケットは、クールなブラックデニムにはおるだけでキレのある表情にチェンジ! ボトムに黒デニムを選べば一気にクールな印象に変わります。デコルテの開いたインナーやリボンパンプスで女っぽさも忘れずに。

CanCam2020年11月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/松村沙友理(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【10】ハイウエストデニムパンツ×ブラウントップス×チェック柄ジャケット×ブラウンローファー

秋ジャケットはデニムでカジュアルダウン!

グレーのチェックジャケット×ハイウエストデニムで、今っぽさときちんと感の両立コーデ。デニムは細身タイプを合わせるとダブルジャケットとの相性がGOOD。ベージュのリブインナーとキャメルローファーで曖昧さをキープするのが今年っぽい色合わせのポイントです。

CanCam2020年11月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/後藤若菜(ROI) モデル/山下美月(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【11】ハイウエストデニムパンツ×白トップス×黒パンプス

個性が映える大ぶりフリルのケーブルニットで印象的に。顔周りが華やぐフリルニットは、シンプルなデニム合わせでカジュアルダウン。H&Mなら、エコな素材を使いながらも凝ったデザインが手に入ります♡ 足元はクラシカルなパンプスで今っぽく着こなして。

CanCam2020年11月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【12】ハイウエストデニムパンツ×ラベンダートップス×ストライプ柄ガウン

タンク×デニムのヘルシーな組み合わせは、ロング丈のはおりで見違えるほどレディにアップグレード! タンクの淡いパープルとはおりのやわらかな色味もマッチ♡ なじみのいいベージュ小物を取り入れて明るい色合わせを楽しんで。

CanCam2020年9月号より 撮影/今城 純 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/kika モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/権藤彩子、時吉 茜、佐藤彩花

【13】ハイウエストデニムパンツ×ピンクニット

リラックスしすぎずきっちり見えすぎず、好感度抜群のデニムスタイル。ピンク×薄手のリブカーデなら、デニムコーデの手抜き感を回避しつつ女らしさを漂わせることもできちゃいます。

CanCam2020年6月号より 撮影/須藤敬一 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/山下美月(本誌専属) 構成/岩附永子、権藤彩子、鶴見知香

【14】ハイウエストデニムパンツ×白ブラウス

News6ニューフェイスのシャーリングが気になる!『女性らしい抜け感ときちんと上品なルックスを持ち合わせた新顔のシャーリング。合わせ次第でONにもOFFにも振れるのがうれしい♪』

プレーンな白ブラウスは、身ごろとスリーブの部分的なシャーリングがニュアンスたっぷり♡ 辛口デニムをすっきり合わせて、程カジュアルに着こなして。

CanCam2020年3月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/浜田麻衣

ワイドシルエットのおすすめハイウエストワイドコーデ

【1】ハイウエストワイドデニムパンツ×黒ブラウス×黒サンダル

シックな黒ブラウスは太めのカットオフデニムで女らしさを引き立てるのがポイント。女性らしいデザインをかごバッグとデニムで引き算すれば、こなれ感も高まります。デニムはフレア×ダメージをチョイスしてトレンド感も忘れずに。

CanCam2020年5月号より 撮影/有馬秀星(MOUSTACHE) ヘア&メーク/谷口里奈(R&eo) モデル/中村麻美 構成/時吉 茜

【2】グレーハイウエストワイドデニムパンツ×黒トップス×マルチカラーバッグ

人混みの中でも目を引くバックシャントップスは、武骨なグレーデニムでラフに着こなすのが正解。肌見せのセクシーさとヘルシーなデニムのバランスが絶妙です。上下をシンプルに合わせた分、カラフルな茶目っ気小物でアクセントを足すと王道のモノトーンが今っぽく仕上がります。

CanCam2020年5月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/石黒千晶

【3】ハイウエストワイドデニムパンツ×ベージュブラウス×メタリックパンプス

女っぽさと洒落感が高まる楓レザー

ギャザーブラウスで叶えるガーリーレトロなデニムコーデ。女性らしいブラウスは、×インディゴデニムでフレンチガールなアプローチをすると、デイリーに溶け込む今どき感が演出できます。レオパード柄のカチューシャでアクセントをプラスしつつ、ふわもこバッグやメタリックパンプスで軽さと女の子らしさを盛って♡

CanCam2020年12月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI モデル/楓(本誌専属)構成/石黒千晶

【4】ハイウエストワイドデニムパンツ×グリーンニットトップス×ベージュパンプス

ほのか色っぽHAPPYになれるブランド4

くびれまで美しく包み込むハイウエストデニムに、フェミニンなVネックカーデをコーディネート。シンプルなワンツーコーデでも、プルオーバーのように着こなしたカーデの程よいフィット感が女らしさ&きれいめな印象をプラスしてくれます♡ ベージュパンプスやカゴバッグの上品ムードも◎。

CanCam2020年11月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/川嵜 瞳(PEACE MONKEY) モデル/ほのか(本誌専属) 構成/鶴見知香

【5】ハイウエストワイドデニムパンツ×ベージュビスチェ×ベージュシアーインナー

透けブラウスレイヤード

ベージュのシアーブラウスに、スエード風のビスチェをON! カジュアルなデニムの力を借りて透け感をヘルシーに楽しんで♡ ボトムはヴィンテージっぽいハイウエストデニムで女っぽいトップスと対比をつけるとおしゃれ感がUPします。

CanCam2020年10月号より 撮影/生田昌士(hannah) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【6】黒ハイウエストワイドデニムパンツ×赤ニット×ブラウンサンダル

彼女感のある(ワンピ)なら…ワイドデニムで自然体な女っぽさを♡

デニムを女っぽく着るなら、相性のいい赤を効かせてパリムードを意識するのがGood! バックシャンのリボンがかわいい赤ニット×インディゴデニムでフレンチシックに着こなして。こなれて見えるワイドデニムでキメすぎないのが今年っぽい♡

CanCam2020年9月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/加藤史帆(本誌専属) 構成/手塚明菜

【7】ハイウエストワイドデニムパンツ×ベージュトップス×ベージュメッシュサンダル

彼女感のある(ワンピ)なら…ワイドデニムで自然体な女っぽさを♡

定番のデニムに肌見せトップスを合わせて今どき感をプラス! アシメニット×ウォッシュ加工されたハイウエストデニムなら、シンプルな組み合わせでもサマになる♡ ラベンダーブルーのバッグとベージュ系のメッシュパンプスで、小物はトレンド盛りが正解です。

CanCam2020年9月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/山下美月(本誌専属) 構成/手塚明菜

【8】ハイウエストデニムワイドパンツ×ベージュニット×イエローバッグ

彼女感のある(ワンピ)なら…ワイドデニムで自然体な女っぽさを♡

きれいめなワイドデニムで女らしさもアピール! 腰回りはキュッとコンパクト、ヒップから裾にかけて広がったワイドシルエットは、はくだけでスタイルアップが叶います。コーデがシンプルな分、肌見せできる肩見せニットでほんのり個性を光らせて。

CanCam2020年9月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/手塚明菜

【9】白ハイウエストデニムワイドパンツ×赤トップス×ブラウンサンダル

彼女感のある(ワンピ)なら…ワイドデニムで自然体な女っぽさを♡

脚のラインをカバーしてくれる太めのストレートデニムにブラウンのツインニットをON! 小物も茶系で揃えて、ベージュ〜ブラウントーンのシンプル配色でまとめると品のいいカジュアルコーデに仕上がります。

CanCam2020年9月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/手塚明菜

大人カジュアルにはハイウエストデニムパンツが活躍!

おしゃれでスタイルアップも叶うハイウエストデニムパンツの着こなしをご紹介しました。今季履くなら、ワイドやストレートなどゆとりのあるタイプがイチオシ♡ ブラウスやニットをパンツインする、ちょっぴりクラシカルな雰囲気のコーデもおすすめです。