2019夏・春のおすすめコーデ42選|デート・女子会・通勤の着こなし

トレンド感抜群!2019夏&春の着こなしを大特集

20代後半の女子向けファッションをピックアップ。プチプラブランドを合わせるコーデから、ちょっぴりオトナな着こなしまで、デート・女子会・通勤に活躍する、最旬スタイルを紹介します♡

【目次】
20代後半におすすめ 夏ファッション
20代後半におすすめ 春ファッション

20代後半におすすめ 夏ファッション


【1】黒ワイドサロペット×カンカン帽

GUの夏イチ♡アイテムで作る、着回しアラビーコーデ!

ボタン付きのサロペットは、さらりとした肌触りで暑い日や旅先でも大活躍! ドロストデザインのウエストで、カジュアルだけど女の子らしいメリハリ感がキープできます。肩紐が太いタンクトップ型のサロペットなら、ブラも見えにくいので安心。素肌に重なるサロペットって、どこか懐かしくてきゅんとときめく♡ 海外なら思い切って大胆に、レトロかわいく着こなしたい。

CanCam2019年8月号より 撮影/土山大輔(TRON) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/NAYA モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/PROPS NOW 構成/手塚明菜

【2】白キャミソール×黒ワイドサロペット×ネイビーシャツ

GUの夏イチ♡アイテムで作る、着回しアラビーコーデ!

さらりとした肌触りで、夏にも活躍してくれるボタン付きサロペット。ウエストゴムのドロストデザインが、メリハリのある女の子シルエットを作ってくれます。白タンクのほかにも、中に着るインナーやはおり次第で印象チェンジも簡単♪ 白インナーで夏らしい爽やかさをプラスしつつ、ドット柄シャツをさらりとはおれば、フレンチガーリーなモノトーンコーデが完成します。

CanCam2019年8月号より 撮影/土山大輔(TRON) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/NAYA モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/PROPS NOW 構成/手塚明菜

【3】ベージュキャミソール×パープルロングスカート

GUの夏イチ♡アイテムで作る、着回しアラビーコーデ!

夏らしい大胆カラーも、フェミニンなロングスカートなら難なく取り入れられる♪ キャミと合わせれば、近場の海から常夏の旅先までリゾートコーデにもぴったりです。トップスは白を合わせず、パープル×ベージュのまろやかな配色で大人っぽく仕上げましょ♡

CanCam2019年8月号より 撮影/土山大輔(TRON) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/NAYA モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/PROPS NOW 構成/手塚明菜

【4】白Tシャツ×パープルロングスカート

GUの夏イチ♡アイテムで作る、着回しアラビーコーデ!

ボリューム感が贅沢なティアードスカートは、シンプルなトップスを合わせるだけでコーデがかわいくキマります。スカート以外はモノトーンでまとめてパープルを引き立てつつ、キャップやスニーカーでちょっぴりやんちゃにストリートな味付けを。

CanCam2019年8月号より 撮影/土山大輔(TRON) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/NAYA モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/PROPS NOW 構成/手塚明菜

【5】黒ベアトップ×シャツ×ブラウンワイドパンツ

GUの夏イチ♡アイテムで作る、着回しアラビーコーデ!

大流行中のニットパンツは、一枚持っているだけでコーデのしゃれ感が急上昇! 体のきれいなラインを程よく拾う細リブ、サイドスリットなど、ディテールも完璧です。シャツをきゅっと前結びにして、脚長効果もちゃっかりアピール。ブラウスと同系色のバッグを合わせて、軽やかな夏コーデを楽しもう♡

CanCam2019年8月号より 撮影/土山大輔(TRON) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/NAYA モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/PROPS NOW 構成/手塚明菜

【6】黒ワンピース×ブラウンワイドパンツ

GUの夏イチ♡アイテムで作る、着回しアラビーコーデ!

注目のバックシャンワンピに、ニットパンツを重ねた今っぽコーデ♡ ニットパンツをプラスするだけで、おしゃれムードが一気に高まるレイヤードテクはやらなきゃ損! 体のきれいなラインを程よく拾う細リブやサイドスリットなど、ディテールも完璧なニットパンツは、今からゲットしておきたいアイテムです。服にボリュームがある分、ワンピのツイストデザインやスリットで夏らしい肌の抜け感を♡

CanCam2019年8月号より 撮影/土山大輔(TRON) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/NAYA モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/PROPS NOW 構成/手塚明菜

【7】白タンクトップ×ボタニカル柄ショートパンツ

GUの夏イチ♡アイテムで作る、着回しアラビーコーデ!

しゃり感のあるシアー素材のガウンは見た目も涼しげ! ビーチウエアとして水着の上にさらりとはおってもよし、ベルトをしてワンピ風に着てもよし♡ ボタンを開ければロングガウンとしても着回せます。夏気分が一気に高まるボタニカル柄のショートパンツにはおって、大人なムードをひとさじプラス。白タンクとあいまって、爽やかで涼しげな印象です。

CanCam2019年8月号より 撮影/土山大輔(TRON) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/NAYA モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/PROPS NOW 構成/手塚明菜

【8】黒キャミソール×白ガウン×黒プリーツスカート

GUの夏イチ♡アイテムで作る、着回しアラビーコーデ!

透け感のある繊細なガウンは見た目も涼しげ! プリーツスカートを合わせてベルトをすれば、メリハリ効果もばっちりです♡ シアーなガウン×プリーツの軽やかな素材なら、モノトーンでも重くならず爽やかにまとまります♪

CanCam2019年8月号より 撮影/土山大輔(TRON) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/NAYA モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/PROPS NOW 構成/手塚明菜

【9】グレーTシャツ×グレーロングスカート

高見え&コスパ抜群のプリントスカートは、 Tシャツと合わせてカジュアルに着崩すのがアラビー的! 小物はスポサンやウエストポーチでとことんスポーティに振り切って、海辺で気軽にはしゃげるくらい、ラフにかわいく仕上げるのがポイントです。

CanCam2019年8月号より 撮影/土山大輔(TRON) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/NAYA モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/PROPS NOW 構成/手塚明菜

【10】白Tシャツ×アイボリーワイドパンツ

おしゃれ感度高めなニットパンツに、メンズのTシャツを合わせて“ゆるっと・ずるっと”な旬バランスに。ルーズなシルエットも、オールホワイトでまとめれば品よく仕上がります♪ デザイン豊富なGUのメンズTシャツも今っぽコーデに活躍! メンズのLサイズを、あえて女の子がゆるっと着るのがかわいいんです♡

CanCam2019年8月号より 撮影/土山大輔(TRON) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/NAYA モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/PROPS NOW 構成/手塚明菜

【11】カーキワンピース×アイボリーレギンス

着るだけでアラビー的リラクシーが手に入る、ゆるっとしたTシャツワンピをセレクト。しっかり地厚なスエット素材で、GUならではの高見え感がすごすぎる! 1枚で着るのもいいけれど、レギンスをレイヤードするのが今どきバランス。カーキ×サンドカラーのナチュラルな配色もアラビーコーデにぴったりです♡ 

CanCam2019年8月号より 撮影/土山大輔(TRON) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/NAYA モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/PROPS NOW 構成/手塚明菜

【12】赤のロングワンピース×トートバッグ

U_¥10,000で〝大人ジェニワンピ〟をGETするなら…♡『汚れても気にならないものが欲しい! 夏の旅行用にたくさんGETしたい! そんな気持ちにフィットしてくれる、高見えプチプラワンピ集めました♡』

Aラインの赤ワンピは、視線を集めるバックシャンなデザインが特徴! 背中のリボン&フリル使いで、赤ワンピをより女っぽく盛り上げて。はおり代わりの白シャツも、こなれたワンピコーデに最適です。

CanCam2019年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/楓(本誌専属) 構成/石黒千晶

【13】白のミニワンピース×ショルダーバッグ

U_¥10,000で〝大人ジェニワンピ〟をGETするなら…♡『汚れても気にならないものが欲しい! 夏の旅行用にたくさんGETしたい! そんな気持ちにフィットしてくれる、高見えプチプラワンピ集めました♡』

刺しゅうがアクセントになったミニワンピを、ラフィア素材のウエポでヘルシーに。リラックス感と可愛らしさがMIXする着こなしは、男女ウケどちらも狙えてオススメです!

CanCam2019年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/楓(本誌専属) 構成/石黒千晶

【14】花柄のマキシワンピース×白サンダル

U_¥10,000で〝大人ジェニワンピ〟をGETするなら…♡『汚れても気にならないものが欲しい! 夏の旅行用にたくさんGETしたい! そんな気持ちにフィットしてくれる、高見えプチプラワンピ集めました♡』

すっきり見えるVネックでロング丈ワンピを軽快に。腰部分に大きめのリボンが付いているので、後ろ姿も絵になります♡ ブラウンや白小物で、やわらかな印象にまとめましょ。

CanCam2019年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/石黒千晶

【15】グリーンのマキシワンピース×白バッグ

U_¥10,000で〝大人ジェニワンピ〟をGETするなら…♡『汚れても気にならないものが欲しい! 夏の旅行用にたくさんGETしたい! そんな気持ちにフィットしてくれる、高見えプチプラワンピ集めました♡』

ボリューミーな生地に多めに入った切り替えが、きれいなAラインをメイク。トレンドのティアードを胸下から入れることで、何気ない脚長効果もいただきです! 涼しげな白バッグとヌーディなサンダルで、夏のグリーンを爽やかに着こなして。

CanCam2019年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/石黒千晶

【16】白キャミソール×花柄ロングスカート×シャツ

ヴィンテージムード漂う女の子コーデは、フレンチシックな小花柄スカート×キャミから華奢なデコルテをのぞかせて♡ 小寒いときにも便利なはおりシャツをプラスして、大人っぽいワントーンにまとめれば完成です。実はこのシャツ、メンズのもの。ゆとりのあるサイズ感といい、薄手で光沢感のある素材といいすべてが絶妙。抜き襟でこなれ感を漂わせつつ、ベルトマークで女の子らしいメリハリシルエットをメイクして。

CanCam2019年8月号より 撮影/土山大輔(TRON) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/NAYA モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/PROPS NOW 構成/手塚明菜

【17】ネイビーのマキシワンピース×ピンクサンダル

女っぽキャミワンピ『キャミワンピでリゾートらしく肌見せスタイルに挑戦を!幼い印象にならないように、長め丈はマスト。さらに、ディテールやシルエット、素材感などに女性らしさをプラスするのが大人に映えるコツ。』

大人のリラックス感をアピールするなら、表情豊かなシワ加工プリーツがオススメ。シンプルながらニュアンスたっぷりのデザインは、体型カバーにもばっちりです♡ てろりんとしたシルキーな質感に、大人っぽさがさらに高まる!

CanCam2019年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/石黒千晶

【18】クリームのマキシワンピース×黒サンダル

女っぽキャミワンピ『キャミワンピでリゾートらしく肌見せスタイルに挑戦を!幼い印象にならないように、長め丈はマスト。さらに、ディテールやシルエット、素材感などに女性らしさをプラスするのが大人に映えるコツ。』

コンシャスなベージュワンピなら、色っぽさは最高潮に♡ 肌色に近いベージュは、×黒アイテムでキレよくまとめてメリハリ&大人っぽさを意識して。

CanCam2019年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/楓(本誌専属) 構成/石黒千晶

【19】ネイビータンクトップ×水色マキシスカート

グラデーション配色なら大人っぽく着こなせる

ブルーの濃淡で上下をつなげたグラデスタイルは、上品で今年っぽいAラインシルエットに注目して。分量感のあるサーキュラースカートなら、動くたびにドラマティックな印象がアピールできます。ブルー系×白×シャイニーシルバーは、夏にぴったりの涼しげ配色。肌見せ、ふんわり広がるフレア、揺れるピアスという女っぷり高めの組み合わせだからこそ、プラスチックのカゴBAGやトングサンダルのキッチュな抜け感が効果的です♡

CanCam2019年8月号より 撮影/熊木 優(io) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/木村 晶

【20】黒キャミソール×ブラウンプリーツスカート×ジャケット

ドット柄×細プリーツのスカートは、トレンドのキャラメルブラウンでおしゃれっぽく! 黒キャミやミリタリージャケットで、可憐なドットスカートをスパイシーに仕上げれば甘さよりも大人っぽさが引き立ちます。

CanCam2019年7月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/AWABEES 構成/石黒千晶

【21】ラベンダーニット×イエローロングスカート

イエローのロングスカートにラベンダーのニットをIN! くすみのあるカラーでまとめれば、派手にならず大人っぽくまとまります。足元はどんなカラーともなじみやすい、パイソン柄がオススメ! ラフでインパクトのあるBIGトートもかわいいです♡ この夏はダスティなカラーMIXで〝おしゃれ上級者〟をイメージして。

CanCam2019年6月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/神戸春美 モデル/菜波(本誌専属) 構成/石黒千晶

【22】黒キャミソール×黒レース×ベージュスカート

SWEET BLACK  さりげない肌見せデザインに、クラシカルな柄、上品シルエットに、エレガントな透け素材… 女性らしさを感じさせる〝甘い黒〟で、大人っぽさとかわいさが同居した「レディな私」を表現したい♡

繊細なレースとニットキャミをドッキングさせた、一枚でサマになるこなれ顔トップス。デコルテに施されたレースは、上品な光沢やしなやかな素材感で繊細な女らしさを演出します。遠目でも近くで見ても美しいニットは、スペシャルな日にもぴったり♡ ベージュの長めスカートを合わせて、今っぽく着こなして。袖のレースは、肩周りを華奢に見せてくれるスカラップ仕様に。トレンドの大ぶりアクセやPVCバッグを白で統一すれば、黒が主役のスタイルも春らしくきまります。

CanCam2019年6月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/YUMBOU(ilumini) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/新城真紀

【23】花柄ブラウス×黒デニムパンツ

SWEET BLACK  さりげない肌見せデザインに、クラシカルな柄、上品シルエットに、エレガントな透け素材… 女性らしさを感じさせる〝甘い黒〟で、大人っぽさとかわいさが同居した「レディな私」を表現したい♡

ヴィンテージ調の小花柄と可憐なキャップスリーブで、小粋なフレンチガールを気取って♡ ボトムはウオッシュ感のあるブラックデニムなら、適度に抜け感が生まれて黒×黒でも優しい印象に仕上がります。アクセントのサングラスと夏らしいカゴBAGで、大人の夏コーデを完成させて

CanCam2019年6月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/YUMBOU(ilumini) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/新城真紀

【24】黒ニット×チェックフレアスカート

SWEET BLACK  さりげない肌見せデザインに、クラシカルな柄、上品シルエットに、エレガントな透け素材…女性らしさを感じさせる〝甘い黒〟で、大人っぽさとかわいさが同居した「レディな私」を表現したい♡

ひざ下まで広がるフレアシルエットが、上品で女らしいバイアススカート。モノトーンのギンガムチェックが、クラシカルなムードを醸します。素材はやわらかなサマーコーデュロイ。パイル織りで通気性がよく、ドライな肌触りがポイントです♡ トップスはコンパクトなノースリニットをすっきりIN! 仕上げに赤いバッグをプラスすれば、女度もよりUPします。

CanCam2019年6月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/YUMBOU(ilumini) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/新城真紀

20代後半におすすめ 春ファッション


【1】ピンクニット×ブラウンスカート

REN's STYLE 〝今買ってすぐ使える〟春のItアイテムで10days着回し

ざっくりニット一枚にひらひら揺れるレディなスカートで、〝大人な甘さ〟を堪能♡ 足元には軽やかさと今年らしいこなれ感が手に入る、白のショートブーツをセレクトしましょ。

CanCam2019年4月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/深瀬介志(Sui/楓分)、斉藤 誠(Lila) モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/FLAMEbike、横浜チョコレートファクトリー&ミュージアム 構成/浜田麻衣、石黒千晶

【2】グリーンニット×花柄ロングスカート

KAEDE's STYLE 〝今買ってすぐ使える〟春のItアイテムで10days着回し

ゆるっとしたニットをスカートにONして、ゆるゆるっとしたシルエットに。深いグリーンや黒スカートをチョイスすれば、ルーズなシルエットも大人顔に仕上がります。

CanCam2019年4月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/深瀬介志(Sui) モデル/楓(本誌専属) 構成/浜田麻衣、石黒千晶

【3】ベージュトレンチコート×黒ニット×デニムパンツ

AYAMI's STYLE 〝今買ってすぐ使える〟春のItアイテムで10days着回し

デニムと黒ニットを合わせたシンプルコーデに、大人っぽいトレンチをON。トレンチコートはフロントを閉じて、ワンピ風に着こなしをアレンジ。バレエシューズを合わせるとパリジェンヌ風コーデが完成します♡ コートを背抜きにするだけで、見た目のこなれ感もぐっとアップ!

CanCam2019年4月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/浜田麻衣、石黒千晶

【4】ベージュトレンチコート×ラベンダーニット×白スカート

AYAMI's STYLE 〝今買ってすぐ使える〟春のItアイテムで10days着回し

きちんと感とフェミニンさを両立した、バックプリーツトレンチのきれいめコーデ。ラベンダーニット+チュールスカートの甘めスタイルも、すっきり大人めに仕上がります。

CanCam2019年4月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/FLAMEbike、横浜チョコレートファクトリー&ミュージアム 構成/浜田麻衣、石黒千晶

【5】ピンクコート×白ニット×ブルースカート

品よくかわいい♡ シャレ感レディ AKANE's STYLE『〝上品な甘さ〟がモットーの茜は、フェミニンで華やかな春色を取り入れて、程よくトレンドIN。今っぽい着こなしと好感度の高さを両立します!』

肌寒さが残る季節の変わり目には、Vカラー×くすみピンクの春コートを投入して品よくかわいいシャレ感レディに♡ きれい色同士の組みわせなら、ロング×ロングのバランスでも重たく見えず軽やかに着こなせます。大人かわいいダスティピンクと爽やかなブルーの配色で、春気分を存分に楽しんで。

CanCam2019年4月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/斉藤 誠(Lila) モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/FLAMEbike、横浜チョコレートファクトリー&ミュージアム 構成/浜田麻衣、石黒千晶

【6】花柄ワンピース×スニーカー

グリーン地のレトロブラウスに白スニーカーで抜け感を。黒のバッグでさりげなくコーデを締めつつ、大人のワンピスタイルを完成させて。

CanCam2019年4月号より 撮影/来家祐介(aosora) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/林 由香里(ROI) モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/斉藤裕子

【7】白シャツ×ピンクワイドパンツ

おしゃれなムードが今すぐ作れる、4つのトレンドKEYWORDHow to make 〝the mood〟? 3 素材やデザインで即おしゃれ顔♡[ プレイフルボトム ]『派手色や柄物を取り入れるならトップスではなく、顔から離れてるボトムに差し込むのが「ムードあるおしゃれ」的には正解!』

春のピンクはトレンドのミュートカラー&甘さ控えめのワイドパンツで、大人めに取り入れるのが正解! テラコッタ色のインナーで淡いトーンを引き締めつつ、ゆるっとはおった白シャツで春らしい印象を引き立てて。セレクトショップで見つけたような、小ぶりのカゴBAGやチェック柄の靴で今っぽさをプラスすれば、こなれ感のある春色コーデが完成します♡

CanCam2019年4月号より 撮影/伊原木美香 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/笹本恭平(ilumini.) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/手塚明菜

【8】黒マウンテンパーカ×ニットワンピース

マウンテンパーカ×ニットワンピース

Ⅰラインのニットワンピにコンパクトなマウンテンパーカを合わせた、メリハリ感のあるリラックスコーデ。色味をダークトーンでまとめれば、スポーティな着こなしも大人顔に仕上がります。ゆるっとしたニットワンピは、ツヤ感を抑えたマットな黒パーカを合わせることで落ち着いた印象に。大ぶりのピアスをプラスして、どカジュアルになりすぎない工夫も忘れずに。

CanCam2019年4月号より 撮影/須江隆治(See) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【9】ジャケット×花柄ブラウス×ワイドデニムパンツ

カントリー調のフラワー柄ブラウスと、ブルーのワイドデニムを合わせたレトロコーデ。70’Sムードをほんのり香らせて、春も人気続行のヴィンテージテイストを完成させて。さらにテーラードジャケットとスクエアパンプスをプラスして、シャープさや大人っぽい締めを意識すれば今っぽくきまります。

CanCam2019年3月号より 撮影/須藤敬一 スタイリスト/兵藤千尋 ヘア&メーク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/ほのか 構成/木村 晶

【10】ベージュトレンチコート×黒ニット×白パンツ

白パンツ×ウエストポーチをアクセントに

デコルテ開きのリブニットに変形デニムをコーディネート。カジュアルすぎるのは避けたいので、リブニットはスクエア型の大人デザインをセレクトするのがオススメです。首元はドット柄のスカーフをプラスして、上品でこなれたフレンチシックな着こなしに♡ バッグはトレンドのウエストポーチでハズしをON。ベルト代わりの細ストラップで、メリハリ&スタイルアップも叶えましょ。

CanCam2019年3月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/青山絵美 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/浜田麻衣、石黒千晶

【11】モカ色スエット×幾何学模様スカート

Part05 パッと目を引く「柄」なら?

女っぽいのにちょっぴりモード!そんな理想の着こなしを叶えるなら、幾何学模様スカート×スウェットのシャレ見えコーデがオススメ♡ 色合いや素材にひとクセあるツイードスカートに、BIGシルエットのモカ色スエットをラフに合わせて、大人ぽさをキープするのがポイントです。

CanCam2019年3月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/浜田麻衣、石黒千晶

【12】カーキジャケット&ショートパンツ×ブラウンタンクトップ

Part03 はおるだけで絵になる「アウター」なら?

上品なのに今っぽい春ジャケットで、きれいめコーデを今年っぽくアップデート! ナチュラルな素材感や程よくゆとりのあるシルエットで、かっちりしすぎないのがポイントです。大人っぽいカーキのジャケットは、ハーフパンツとのセットアップでこなれ感がさらにアップ。インナーにはブラウンのリブタンクを選んで、女性らしさをプラスするのが正解です。

CanCam2019年3月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/青山絵美 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/浜田麻衣、石黒千晶

【13】グレーニット×ラベンダースカート

Part01 春気分を盛り上げる「トレンドカラー」なら?

濃いめのラベンダー色スカートには、抜け感のあるライトグレーのニットやフレッシュな白小物を合わせて美人度をアップ。細かいひだとリッチなツヤで大人見えするプリーツスカートなら、シンプルな着こなしでも上品で華やかな印象が叶います♡ おしゃれ感のあるラベンダーは、甘さ控えめな女らしさが演出できるので男女ウケどちらもばっちりです!

CanCam2019年3月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/青山絵美 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/浜田麻衣、石黒千晶

【14】ブルーのシャツワンピース×シースルーのシルバー靴

知的なブルーストライプワンピは、小物で味変

大人かわいいシャツワンピースは、旬のストライプ柄で一気に爽やかに♡ くしゅっとした袖やゆるっと肩落ちするシルエット、パターン違いのストライプなど、一枚で着映えるデザイン性の高さがポイントです。足元にはシースルーのシルバー靴を合わせて、「小物で外す」のがおしゃれ見えのルール。

CanCam2019年3月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/青山絵美 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/浜田麻衣、石黒千晶

【15】マウンテンパーカ×白スカート

マウンテンパーカ×膝下チュールスカート

感度高めのカジュアルは、マウンテンパーカやダッドスニーカーで今どきのスポーティ感をMIXするのがオススメ♡ そんな先取りトレンドを押さえつつ、ボトムはチュールスカートを指名した甘辛コーデに。甘めスカートは長めの丈感を選べば子供っぽく見えず、おしゃれっぽく着られます。小物は抜け感のある白スニーカーと、締め色の黒バッグでメリハリ効果を。春に向けて、カジュアルさの中にちょっぴり大人っぽさも欲しいから、上下をダスティトーンでそろえて落ち着いた雰囲気に。

CanCam2019年3月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/楓(本誌専属) 構成/浜田麻衣、石黒千晶

【16】レースのブラウス×ワイドパンツ

TREND PICKS #005 1枚でもレイヤードでも使える ロマブラウス『スタンドカラーや袖コンシャス、レースなど女っぽいニュアンスが詰まったロマブラウスは、季節のつなぎ役として大活躍♡ ニットの襟元からフリルをチラ見せしたり、主役としてだけでなく脇役としても活躍してくれる優秀アイテムです!』

繊細なテープレースやフリルなど、ヴィンテージライクなディテールと大人っぽい透け感が魅力のロマブラウス♡ 凝ったデザインもデイリーに引き寄せてくれる黒を選べば、カジュアルなデニムとの相性も抜群です。メンズっぽい無骨なデニムは、甘さのあるブラウスをモードに着こなすのに最適。こなれ感のあるレトロコーデに仕上がります。

CanCam2019年3月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/菊谷まゆ

【17】グレージュスエット×ブラウンパンツ

TREND PICKS #003 彼のを借りちゃった! 風なだぼっとスエット『1サイズ上ぐらいのイメージのゆるっとしたスエットで、ストリートのノリを味方に。カジュアル感の強いアイテムだから、原色やプリントものは避けるのがベター。家着っぽくならないように、着こなしに女らしさを投入することもお忘れなく!』

ストリート系でなく、トレンドのスウェットを取り入れたい♡ そんな人は、原色やプリントものを避けてニュアンス系カラーをゲットして。グレージュのスエットにブラウン系のパンツを合わせたグラデコーデなら、ぬくもりとおしゃれっぽさが上手にMIXできるので季節の変わり目にもぴったり。小ぶりのレトロバッグやレオパード柄のスカーフなど、女らしくて今年っぽい小物合わせもラフなスエットを大人め&きれいめに着こなすコツなんです。

CanCam2019年3月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/菊谷まゆ

【18】白シャツ×花柄のレトロスカート

TREND PICKS #002 レトロムードが断然、気分! ヴィンテージ風小花柄『春になるとうずうず、なぜか着たくなる花柄。今年は「かわいい!」よりも「ちょい渋」なヴィンテージっぽい雰囲気の小花柄がおしゃれ♡ 柄がレトロなぶん、スカートだったらハイウエストやスーパーロング丈など、シルエットやディテールで今っぽく!』

レトロな花柄スカートは、黒×イエローのノスタルジックな配色で大人ぽい甘さを演出♡ とろみのあるブラウスを合わせて軽やかなニュアンスをキープすると、かわいらしさより大人っぽさが際立ちます。さらに、インナーにブラウンのキャミを重ねれば、コーデに奥行きが出ておしゃれ度もアップ! ブラウンや白小物を上手に使って、まろやかで女らしい配色を意識して。

CanCam2019年3月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/菊谷まゆ

 

★超定番アイテムは今季もマスト!白Tシャツのおすすめコーデ16選

>>CanCam.jop TOPへ戻る