彼女に飽きた男性が見せるサイン。彼が冷める瞬間と退屈させない彼女になるには

彼女に飽きた経験がある男性はどのくらいいるの?

(c)shutterstock.com

恋人とずっとラブラブ状態でいられれば幸せかもしれませんが、距離が縮まるほど飽きてしまうこともあるある。今回は、彼女に飽きた経験があるのか、そのときに出したサインなどを男性のリアルな声を聞いてきました!

 

Q:好きだけど彼女に飽きたなと思ったことはある?

ある…21%

ない…35%

付き合ったことがない…44%

 

まずは彼女に飽きてしまった経験はあるか、男性に調査! 結果はある21%、ない35%と、ない派が上回りました。ちょっと安心ですが、一定数飽きてしまっているという事実も判明しました。



Q:付き合ってどれくらいで飽きを感じましたか?

1か月未満…6%

1か月~3か月未満…13%

3か月~半年未満…38%

半年~1年未満…22%

1年~2年未満…6%

2年以上…15%

 

続いて、付き合ってどのくらいで飽きを感じたか聞いたところ、一番多かったのが「3か月~半年未満」次いで「半年~1年未満」という結果に。一緒にいる時間が長くなってきて、新鮮味がなくなってくる時期でしょうか…? なんとなく想像がつくかも。


彼女に飽きた男性が見せるサイン

彼女に飽きたり冷めたりしているとき、男性はどんな行動を取るのでしょうか? 飽きやマンネリした関係が続くと、最悪お別れにもなりかねません。ただ、この冷めたサインを少しでも早く察知すれば、対策を打てるかも! 早速チェックしていきましょう。

 

1.連絡しない

  • 「しばらく連絡しないとか」(28歳・沖縄県)
  • 「電話に出ないとか」(23歳・秋田県)
  • 「返信を遅らせる」(33歳・大阪府)
  • 「連絡する頻度を減らした」(28歳・広島県)

 

マメに連絡をくれていた彼から、急に連絡が来なくなったら飽きてしまったサインの可能性大。これはわかりやすい行動かも…。頻度が落ちたくらいのときから、冷めた理由を聞いて早めに修復した方が良さそう。

 

2.少しそっけなくする

  • 「あえて冷たくしてみた」(28歳・神奈川県)
  • 「本音を隠して話す」(35歳・兵庫県)
  • 「なるべく距離をとるようにした」(22歳・学生)

 

返事が適当だったり、近づいても触れてくれなかったり…。わかりやすく態度に出すという声も多く挙がりました。

 

3.別れをほのめかす

  • 「別れをほのめかす様な事を言ってみて反応を見る」(28歳・愛知県)
  • 「距離をおく」(27歳・東京都)

 

飽きたとき、ストレートに別れをほのめかす男性も少なくないよう。言われた側はかなり傷つくので、本気で思っていないなら言わない方がいいですよ!

 

4.会わなくなる

  • 「そもそも会わない」(29歳・神奈川県)
  • 「誘われても、予定がわからないと言う」(28歳・兵庫県)
  • 「会う回数を減らした」(29歳・高知県)

 

これは決定的な飽きているサイン。特にコンスタントに会っていた場合、頻度が減ったり会わなくなったりするとすぐに違和感を感じますよね。


彼女に飽きた原因は?

そもそも、彼女に飽きた原因って何なのか気になりますよね。男性のリアルな意見を聞いてきました!

 

マンネリ

  • 「マンネリ」(回答多数)
  • 「一緒にいる時間が長くなって」(25歳・東京都)
  • 「会いすぎた」(28歳・京都府)
  • 「デートがワンパターン」(24歳・広島県)

 

特に多かったのが「マンネリ」という意見。お付き合い期間が長くなると、どのカップルもぶつかる壁です! いい意味で変化をつけて、飽きない関係を目指したいもの。

 

話が合わなかった

  • 「話していて面白くなくなった」(28歳・三重県)
  • 「もともと趣味とか価値観が同じではなかったので」(25歳・東京都)

 

話していて楽しいだったり価値観が同じだったりすることは、長く一緒にいる上で必要不可欠ですよね。飽きたかも? と思っても、それを乗り越えれば居心地の良さに繋がるかも!

 

見た目の変化

  • 「彼女が太った」(28歳・神奈川県)
  • 「見た目含め魅力的だったがずっといると飽きてしまった」(28歳・兵庫県)

 

一目惚れなど見た目で好きになった場合は、ちょっとでも崩れたりイメージと違かったりすることが愛情の低下の原因に…。中身も含め好きになってもらえたら話は別なはず。

 

なんとなく

  • 「なんとなく」(回答多数)
  • 「わからない」(回答多数)

 

正直、具体的な理由はわからないという男性もかなり多かったです。わかっていれば、対策を打てますもんね!


彼女に飽きてしまった後、どのように乗り越えた?もしくは乗り越えられなかった?

 

乗り越えられた…28% 

乗り越えられなかった…72%

 

まず、彼女との関係が冷めたあと修復できたかどうか聞いたところ、今回の調査では乗り越えられたのは28%という結果に。乗り越えられなかったふたりが圧倒的に多く、少しショックかも。では、乗り越えられたカップルはどのようにして修復したのか、聞いてきました!

 

時間が解決

  • 「時間が解決したため」(27歳・東京都)
  • 「時間を置くことで、新鮮な気持ちになれた」(29歳・高知県)

 

ちょっと飽きたときがあっても、一瞬で終わるかもしれません。一時の感情で、不安になったり別れたりするのはもったいない! 本当に好きなら相手を信じて、時間が解決するのを待つのも手ですね。

 

距離を取った

  • 「あえて連絡やデートを控えた」(28歳・神奈川県)
  • 「SNSでフォローするのをやめた」(28歳・兵庫県)

 

これからも一緒にいたいからこそ、距離をおく時間も必要なのかも。本当に縁があればそれでもまた繋がるはず!

 

新鮮な気持ちに

  • 「いつも行かない場所でデートをした」(26歳・青森県)
  • 「旅行に行った」(28歳・東京都)

 

マンネリ知らずのカップルも、常に新しいデートスポットを探したりイメチェンをしたりと、新鮮さを大切にしているんだとか。一緒にいる時間を、少しでも充実させたい・楽しみたいという姿勢が大切なのかも!


飽きられない彼女になる方法

飽きられないためにはそれぞれの努力も必要です! 最後に、ずっと好きでいてもらうために大切な5つのことを集めました。

 

1.お互いの時間を大切にする

  • 「ほどよく距離を置く」「干渉しない・求めすぎない」(回答多数)

  • 「依存し過ぎない関係を保つ」(35歳・専門職)

 

ひとつめは程よい距離感を保つこと。好きすぎるあまりに頻繁に会おうとしたり、相手のことを知りたくなる気持ちはわかります。しかし相手に依存しすぎてしまうと、負担になり、鬱陶しい存在に。重荷にならないためには「自立すること」「適度な連絡」に気をつけて。

 

2.自分磨きを怠らない

  • 「自分磨きを続ける」(30歳・会社員)
  • 「新しい自分を見せる」(31歳・専門職)

 

見た目・中身含め、常にアップデートしている人のことは尊敬できるし、追いかけたくなりませんか? マンネリ防止のために「新鮮さ」はとても大切なKWです。意識高い系とまではいかなくても、好きで居てもらう努力、そのための自分磨きは続けましょう!

 

3.ケンカしてもその日に仲直りする

  • 「その日のうちに仲直りする」(33歳・自営業)

  • 「けんかしたあとは一緒のベッドで寝る」(30歳・会社員)

 

もしも喧嘩をしてしまったならば、喧嘩後どうするのかルールを決めるておくのが大事なのかも。たとえばその日中に仲直りをしたり、一緒のベッドで寝たり……それぞれに合ったルールを考えてみましょう◎。

 

4.言葉で気持ちを伝える

  • 「感謝と謝罪を忘れない」「『ありがとう』の言葉をこまめに伝える」(回答多数)
  • 「ちゃんと言葉で伝えること」(31歳・会社員)
  • 「自分が悪いときはすぐ謝る」(18歳・学生)
  • 「ちゃんと『好き』って言葉で伝える」(21歳・学生)

 

相手の存在が当たり前になってくると忘れがちな、感謝や謝罪。しかし同じときを一緒に過ごしていることは、当たり前なようで実は特別なこと。「会ってくれてありがとう」と感謝の気持ちを伝えたり、相手に不快な思いをさせてしまった時は謝罪の言葉をお忘れなく。また「好き」と愛情表現することも忘れずに!

 

5.相手を尊重する

  • 「相手の意見・話を聞く」「相手の立場に立って考える・話す」「相手の嫌なこと・自分がされて嫌なことをしない」(回答多数)
  • 「尊重し合う」(28歳・会社員)
  • 「価値観を押し付けない」(18歳・学生)

 

誰しも価値観がぴったり同じということはありません。どちらかの考えを押し付けたり、否定するのではなく、お互いの考えを聞いて尊重することも大切です。また自分勝手な考えや妄想ではなく、相手の立場になって考えることで、相手を傷つける言動や衝突がなくなりますよ。


【まとめ】

彼女に飽きた原因は、彼氏にも当てはまることかも。お互いにマンネリしないために、常に新鮮でいる努力をすれば乗り越えられそう! あとは冷め期や倦怠期はあって当然くらいに思った方が良いでしょう! そこでお別れするようなら、そこまでの関係。本当に縁がある二人ならピンチをチャンスにしてより仲良くなれるはずですよ♡