圧倒的な透明感も♡【人気の紫コーデ19選】|ラベンダー、ライラック、くすみパープルが旬【2022春】

人気の「パープル」は春コーデにおすすめ

レディース紫コーデ

フェミニンな紫のアイテムを使った春コーデを大特集! 優しくて春らしいラベンダーのアイテムや、上品で大人っぽいくすみパープルの着こなしなど、トレンドを押さえた最旬コーデを厳選しました。トップス、ボトム、アウターのアイテム別にご紹介します♡

紫アイテムに合う色は?

レディース紫コーデ

上品フェミニンな紫コーデは、白やベージュ、アイスグレー、薄めピンクと合わせるニュアンシーな配色が今年っぽい♡ 優しげな色味で、スカートはもちろんパンツスタイルも女性らしくまとまります。パンツスタイルをより今っぽくするなら、ハイウエストタイプがおすすめ。知的かつトレンド感のある印象になり、脚長効果も得られます♡

レディース紫コーデ

ラベンダーやライラックなど淡い紫アウターなら、羽織るだけで透明感のあるフェミニンコーデが作れます。

おしゃれな紫コーデの着こなしポイント

レディース紫コーデ

  1. 白やベージュといった定番色のほか、アイスグレーやピンクなど淡いカラーと相性◎
  2. きれいめでフェミニンな着こなしになるのでオフィスコーデにもおすすめ
  3. シンプルコーデ×ラベンダーアウターで軽やかで春らしい着こなしが完成!

オンオフ合わせやすい紫系のボトムコーデ

【1】淡い紫のハーフパンツに白ブラウスできちんと感を

今年っぽい白ブラウスにショート丈のフレアパンツを合わせるトレンドコーデ。一気に洒落感が出るラベンダーのハーフパンツは、難易度高めに見えて実は簡単。ブラウスやヒール靴などキレイめに合わせると、少年感が減ってバランスよく着こなせます。小物はゴールドアクセやベージュバッグで大人フェミニンに仕上げて。

CanCam2022年5月号より 撮影/古水 良 スタイリスト/菅原萌衣 ヘア&メイク/福寿瑠美(PEACE MONKEY) モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜、田中かほ里、木谷成良、浜崎真衣 構成/鶴見知香

【2】ハイウエストパンツ×短丈トップスでスタイル美人

2 コットンブラウス×セミフレアパンツ『上品見えする〝ナチュラル素材〟で優しく♡』

ハイウエストのフレアパンツとショート丈ブラウスで最強の美人バランスに♡ 甘く転んでしまいそうな白のコットンブラウスも、センタープレスパンツのきちんと感で大人っぽいムードに昇華。トレンドのラベンダーもコーデの鮮度UPに効果的です。

CanCam2022年4月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【3】紫パンツでつくるすっきりIラインスタイル

Q.たくさん着回せる服しか買いたくないんです!『A.アイディア満載のマルチwayが使える!』

ラベンダー色のパンツは透明感のあるきれいめコーデにおすすめ。透け感のあるロング丈シャツは、アウター代わりにゆるっと着ると華奢見えに効果あり。中はリブタンクときれいめなセンタープレスパンツですっきりまとめて縦ラインをさらに強調。エクリュやラベンダーの配色も今っぽさ満点です。

CanCam2021年6月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/浜田麻衣、手塚明菜

【4】淡色でまとめる春のきれいめオフィスコーデ

05シャツonニットレイヤード×きれいめパンツ

ジェラートカラーのパンツを爽やかな白シャツで春らしく。端正な白シャツにロング丈のゆるニットベストをONすることで、コーデ全体のトレンド感がUPします♡ 上半身がマニッシュな分、パンツはライラック&とろみ素材の優しい1枚を。さらにポインテッドトウパンプスで女らしく振るのが好バランス。

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/まい(本誌専属) 構成/石黒千晶

【5】ふんわりブラウスでパンツスタイルを女らしく

01ロマンティックブラウス×ジェラートカラーパンツ

ラベンダーパンツにエアリー袖のブラウスを合わせたフェミニンコーデ。パフ袖がかわいいベージュブラウスで好感度を上げつつ、華やかなラベンダーパンツとの絶妙な配色で人とかぶらないセンスのよさをアピールして。ブラウスはすっきりとパンツにINすれば、淡いトーンでもメリハリがつけられます。

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/生見愛瑠(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【6】透明感のあるライラックカラーのパンツコーデ

01ロマンティックブラウス×ジェラートカラーパンツ

品と色気を兼ね備えたライラック色のパンツに黒のオフショルブラウスを合わせて、かわいいだけじゃない洒落感たっぷりのきれいめスタイルが完成。ロマ度が高いギャザーデザインのオフショルブラウスも、黒ならモード見えするのでおすすめです。黒とライラックの配色が大人かわいいムードをつくる近道♡

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【7】淡い紫スカートを黒シャツで大人に引き締め

甘くないフレアが断然新しい♥ハリ感フレアスカート『Lavender』

女らしいフレアスカートをリラクシーな黒ブラウスでゆるく仕上げて。フレアボトムをフィット&フレアで着ないのが甘く見せないコツ。あえてメリハリを作らないゆるっとしたシルエットで、今どきのエフォートレスなコーデが完成します。淡いラベンダーは黒で締めてほんのりクールさも足して。

CanCam2021年4月号より 撮影/菊地 史(impress+) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【8】上品できれいめなライラック色のパンツがおしゃれ

辛口キレイに着る!センタープレスストレートパンツ『Lilac』

色っぽきれいなライラックカラーのパンツは、潔い白シャツ合わせで清楚に仕上げて。ウエストにINしないチュニックブラウスをゆるっと合わせて、シルエットを今っぽくアップデートするのもおすすめです。バッグは白、靴はラベンダーで明るめに。

CanCam2021年4月号より 撮影/菊地 史(impress+) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【9】春のカラーコーデなら紫のスカートがおすすめ

上品で大人っぽいベージュトレンチで甘さのあるラベンダーのプリーツスカートを大人っぽく! 顔映りのいい色合わせは、春らしい季節感が表現できるおすすめ配色。ベージュやブラウンでまとめた淡色のトーンも好感度ばっちりです。

CanCam2021年4月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良、シオン 構成/石黒千晶

紫トップスを合わせる春のレディースコーデ

【1】男前なビッグシャツコーデでこなれ見え

ビッグサイズのパープル系ストライプシャツをゆるっと合わせてきれいめなベージュパンツにこなれ感をプラス。足元はベージュになじむ白グルカでハンサムコーデを春らしく整えて。メンズっぽいコーデに白グルカを投入すると軽やかさがプラスできます。

CanCam2022年5月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メイク/小松胡桃(ROI) モデル/佐々木莉佳子(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/石村真由子

【2】ライラックとベージュのやさしげ配色が好印象

10きれいめカットソー×映えフレア

ベージュのフレアスカートに、ライラックのコンパクトカットソーを効かせたまろやか配色コーデ。シンプルなフレアスカートはレザー風の質感を選ぶとおしゃれ度UP! バッグもサンダルもベージュでまとめて、ヌーディな大人オーラを発揮して。

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/小室安未(本誌専属) 構成/石黒千晶

【3】女っぷり高め♡紫ニットのワントーンコーデ

02肌見せニット×マーメイドスカート

パープルニットに甘さたっぷりなピンクレースのスカートを合わせた大人コーデ。マーメイドラインのスカートは上品なマキシ丈なので、深めのラウンドネックニットを合わせてもセクシーすぎずちょうどいい塩梅に♡ 仕上げに黒小物で全体を引き締めて、かわいいよりも“オトナきれい”なアプローチを。TPO次第でゆるっとジャケットを羽織ってもおしゃれです。

CanCam2021年5月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/小松胡桃(ROI) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/石黒千晶

【4】透明感のある紫ブラウス×グレースカートが上品

Q.1オンライン会議におすすめなトップスが知りたいです!『A.1万5,000円以下のちょい甘トップスで華やかに盛るべし。』

オフィスなど品よく清楚な雰囲気には、きれい色のボウタイブラウスが出番。アイスグレーのハイウエストスカートにINして淡色のワントーンにまとめると、フェミニンさはキープしつつデキる女風コーデがまとえます。

CanCam2021年4月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/田中絵理子

フェミニンな紫ワンピースの着こなし

【1】紫ワンピ×かごバッグで春夏らしさをプラス

程よくドレス感を出したい日は柄ワンピース1枚で華やかに。ウエストのシャーリングなど着るだけでスタイルアップできちゃう優秀ワンピはデートコーデの強い味方。やわらかなラベンダー色を引き立てる小ぶりのかごバッグで爽やかに仕上げましょう。

CanCam2021年5月号より 撮影/渡辺謙太郎 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/松田美穂 モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/岩附永子、山木晴菜

【2】紫のワンピースコーデを黒小物で引き締める

KEYWORD 02 さらっと着られるのに手抜き感ゼロ レイヤード風ワンピ

ラベンダーが春らしい、ノースリワンピ×半袖トップスのレイヤードコーデ。淡いカラーワンピを着るときは、白の羽織りや黒小物でメリハリを意識するのが大切です。

CanCam2022年4月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜 構成/石村真由子

【3】パフ袖がフェミニンな紫ワンピでロマンティックに

KEYWORD 01 今年は大人っぽくさらに進化!袖コン&襟コンワンピ

丸みのある袖が印象的なコットンワンピは、春のロマンティックコーデにぴったり。足元は黒のミュールサンダルを合わせて淡いカラーを引き締めるとシャープさも◎。甘いムードのラベンダーは小物次第で、フェミニンにもきちんとモードにもシフトできます。

CanCam2022年4月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜 構成/石村真由子

【4】紫の花柄ワンピースでおうちコーデも愛らしく

ラベンダーの花柄カシュクールワンピで、おうち時間も女のコ気分を満喫♪ もふもふカーデをゆるっと羽織ってリラクシーかつガーリーなコーデを楽しんで。

CanCam2021年5月号より 撮影/須江隆治(see) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/山下美月(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/岩附永子、山木晴菜

春らしさをまとえる紫アウターの旬コーデ

【1】モノトーンにきれいめな紫コートで今っぽさをON

6 春カラー×淡色デニム『〝色〟で優しく』

デニム×ボーダーのカジュアルコーデを春色コートでオトナきれいに更新! 着るだけで華やかなムードをONできるきれい色コートは、デニムで抜け感を加えつつボーダーを締め色代わりに取り入れて淡いトーンで仕上げるのがポイント。品があって優しげなきれいめカジュアルが完成します。

CanCam2022年4月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【2】グリーンパンツ×ラベンダーカーデの春カラーコーデ

ラベンダーのニットにニュアンスグリーンのパンツを合わせたカラーMIXコーデ。インナーは白のロゴTシャツを選ぶと、程よいカジュアル感がプラスできます。靴とリンクする黒のロゴが締め色的な役割もしてくれます。

CanCam2021年5月号より 撮影/渡辺謙太郎 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/松田美穂 モデル/宮本茉由(本誌専属)  撮影協力/木谷成良 構成/岩附永子、山木晴菜

紫のアイテムで上品かわいい春コーデを堪能♡

この春おさえておきたい紫のアイテムを使ったおすすめコーデをご紹介しました。フェミニンで品のある紫アイテムは、ニュアンシーな色味を選ぶと派手にならず幅広いTPOに活躍します。大人っぽさもかわいらしさも手に入るので、春色コーデに最適です♡