簡単だからやってみて♡肩掛けカーディガンの秋冬コーデ11選|失敗しない洒落見えテク

肩掛けカーディガンの秋冬レディースコーデ

まいのハンサム気分な冬のスタメン服

着こなしにこなれ感をプラスする、カーディガンの肩掛けコーデを特集! 羽織りやトップスとしてロングシーズン着られるカーディガンですが、袖を通さず肩掛けする着こなし方もおすすめなんです。コーデのアクセントになる肩掛けカーディガンスタイルをご紹介します。

おしゃれっぽい肩掛けカーディガンコーデ

あの手この手で♡ 地味色コートはもっとかわいく着回せる!『頼れるベーシックカラーのコートだけど、毎日着るから飽きてきた!なんて人も多いはず。着こなしをアップデートしてくれる㊙テクニックをご紹介♪』

冬の着こなしにこなれ感をプラスするなら、肩にくるっとカーディガンを巻くアレンジがおすすめです。ボリュームのあるカーディガンならストールのような見せ方もできるので、手持ちのカーディガンでいろいろなアレンジを楽しんでみて。モノトーンで合わせたり、白やベージュ、ブラウンなど同系色のトーンでまとめると、大人っぽくバランスのいい肩掛けコーデが楽しめます。

  1. きれいめコーデにこなれ感をプラスする肩掛けカーディガンスタイル
  2. ボリュームのあるカーディガンはアウターと合わせてストール風の見せ方も
  3. トーンを合わせると大人っぽくバランスの良い配色のコーデに

★トレンド小物で今っぽ冬コーデ♡


肩掛けカーディガンのレディースコーデ

【1】白カーディガン×白トップス×ベージュパンツ

NATURALBEAUTYBASIC『着心地よし! コスパよし!機能性よし! 最強の通勤服』

優しげな白トップス×ベージュパンツのベーシックコーデは、肩に巻いたカーデで変化球を♪ 首元でなく肩あたりにくるっと巻くと、コンサバにならずこなれ感のある着こなしが完成します。

CanCam2021年2月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/山木晴菜

【2】グレーカーディガン×グレーニット×ピンクコート×黒タイトスカート

コンパクトなニットに黒のタイトスカートを合わせた正統派スタイル。シックな配色でまとめたら、グレーのニットと相性のいいモーヴピンクをコートに選んで女らしく♪ ストール代わりにグレーのカーディガンを肩に掛けると、コーデが一気に洒落見えします。

CanCam2021年2月号より 撮影/曽根将樹 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/手塚明菜、浜田麻衣

【3】ブラウンカーディガン×ブラウントップス×ブラウンコート×ボルドーパンツ

できるだけ着続けたいから 賞味期間が長い〝相棒〟コートを選んでみる。

ブラウン×ボルドーの大人配色コーデ。コートの上からふわっとボリューミーなカーデを巻くと今っぽいコンサバ感がプラスできます。防寒と着こなしの奥行き、両方を叶えてくれるテクニックは必見! パンツと同じ丈感のロングコートでおしゃれオーラをふりまいて。

CanCam2020年12月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/渡嘉敷愛子 モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/鶴見知香

【4】ベージュカーディガン×白トップス×グレーキャスケット×ベージュパンツ

まいのハンサム気分な冬のスタメン服

ベージュのデニムに同系色のトップスや小物を合わせたワントーンコーデ♡ すっきり仕上がったシルエットにざっくりニットをひと巻きすれば、コーデの奥行きも今っぽさもUPします。締め色になるキャスケットで淡いトーンにメリハリを。

CanCam2020年12月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/MAKI モデル/まい(本誌専属) 構成/西村真樹、田中涼子、佐藤彩花、田中絵理子、時吉 茜

【5】ベージュカーディガン×白トップス×ブラウンスカート

カットワークレースの黒スカートは、ノーブルな白トップスを合わせて大人シンプルに着こなして。ベージュのカーデを肩掛けにしたり、黒ブーツを合わせたり…かわいらしさより美人度が引き立つコーデがおすすめです。

CanCam2020年10月号より 撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/まい(本誌専属) 撮影協力/芝宮ゆかり 構成/権藤彩子

【6】ブラウンカーディガン×ブラウンニット×ベージュパンツ

暑いの?寒いの?肌見せニット

定番のブラウンニット×ベージュパンツは、簡単なのに今っぽい肩掛けカーデでこなれ見え♡ 定番のノースリニットに同じ素材のカーデをくるっと巻けば、上半身にアクセントがついてバランスよくまとまります。アクセントは流行のゴブラン織りバッグでクラシカルに印象づけて。

CanCam2020年10月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/小室安未(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/鶴見知香

【7】ブラウンカーディガン×ブラウンニット×白スカート

サテン&フェイクレザー

人気のプリーツスカートも、白ならトレンドを取り入れながらきちんと感もキープ。トップスは上品なニットアンサンブルを合わせてきれいめコーデに。ラフに掛けたカーディガンがロングスカートとのバランスをとってくれるので、全身のシルエットもきれいにまとまります。小物もニットのブラウンに合わせて、マイルドな秋っぽフェミニンに♡

CanCam2020年10月号より 撮影/生田昌士(hannah) スタイリスト/川瀬英里奈  ヘア&メーク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【8】ボーダー柄カーディガン×グレートップス×黒コート×デニムパンツ

あの手この手で♡ 地味色コートはもっとかわいく着回せる!『頼れるベーシックカラーのコートだけど、毎日着るから飽きてきた!なんて人も多いはず。着こなしをアップデートしてくれる㊙テクニックをご紹介♪』

デニム×ニットのシンプルコーデは、コートの上に定番のボーダーニットなど長袖トップスをくるっと巻いてこなれ感をUP! ひと手間加えるだけで、見た目のコーディネート感が盛り上がります。小物もモノトーンで統一して程モードな配色をキープ。

CanCam2020年1月号より 撮影/峠 雄三 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/手塚明菜

【9】ピンクカーディガン×ピンクニット×デニムパンツ

楽しみな反面不安も…友人の赤ちゃんに会う日 汚れても安心ニット×デニムで動きやすく『ニットは、汚れがついても気にならないウォッシャブルorプチプラが◎。安全性を考えて、口や目に入りそうな毛足が長いものはNG。×デニムで思いっ切り赤ちゃんと遊んで♪』

ニット×デニムのワンツーコーデを肩掛けカーデで今っぽくアップデート! 上品でおしゃれっぽいピンクアンサンブルが優しげな表情をメイク。フレアデニムで今っぽフェミニンに着こなせば、こなれ感のある淡色コーデが完成します♡ ニュアンス配色を邪魔しない、肌なじみのいいパイソン靴もおすすめ。

CanCam2020年1月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/石黒千晶

【10】グレーカーディガン×チェック柄ワンピース×黒ロングブーツ

〝白ショート〟〝効かせる黒〟ブーツ 着回しにTRY!『「FABIO RUSCONI」の 黒ニーハイブーツを着回し!』

クラシカルなドット柄のAラインワンピースを、ぺたんこの黒ニーハイで大人めレディにシフト。黒タイツで上品にまとめるより、ニーハイならではの程よいラフさをプラスするのが今っぽい着こなしのポイントです。

CanCam2019年12月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/菅博子、鶴見知香

【11】ミントカーディガン×ミントニット×ブラウンパンツ

01 ブラウンは×キレイ色でまだまだ着る!『文句なしで2019年のNo.1トレンド、ブラウンコーデ。ワントーンで着るのに飽きてきたら、キレイ色をプラスして リニューアルすべし! ブラウンと相性よく着られてかつ、秋を華やかに彩るカラーを厳選してご紹介!』

マニッシュなチェックパンツ、いわゆる〝おじパン〟は、爽やかなミントブルーニットの力で女子度を高めて。クルーニットにカーデを肩掛けすると、上品なチェックパンツにこなれ感が漂います。ヒール靴やピンク小物を上手に使って女らしさも後押ししましょ。

CanCam2019年12月号より 撮影/花村克彦 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/佐藤彩花

★着膨れしやすい冬服はこちらを参考に着こなして!


コーデのアクセントになる肩掛けカーデスタイル

羽織りとして活躍するカーディガンを肩に掛けるテクニックは、いつもとは違った冬服のアレンジにおすすめ。カーディガンを肩に掛けたり巻いたりすることで、きれいめなシャツやニット、アウターにこなれ感がプラスできます。冬以外にも、温度調節が必要な季節の変わり目に活躍するので、手持ちのカーディガンで試してみてくださいね。