通勤にもおすすめ【ピンクシャツの人気コーデ11選】|フリル襟やシアーブラウスなど【2022】

ピンクのシャツ&ブラウスコーデを大特集

ピンクシャツレディースコーデ

女性らしいニュアンスをプラスするのにおすすめなピンクのシャツ&ブラウスのコーデを特集♡ 透け感がおしゃれなシアーシャツや、トレンドのバンドカラー・ビッグカラーシャツなど、最旬アイテムを取り入れた人気コーデが大集合! 好感度が高くておしゃれっぽいのでオフィスカジュアルにもぴったりです。

ピンクシャツのおすすめポイント

ピンクシャツレディースコーデ

やわらかなフェミニンコーデはもちろん、パンツやデニムを合わせるメンズライクなコーデも、ピンクシャツを合わせると女性らしい雰囲気に♡ 靴やバッグなど小物にもピンクを選ぶと、シャツとのカラーリンクも楽しめてコーデのまとまりもUPします。ベージュや白を合わせてニュアンシーな配色にするのも今っぽくておすすめの着こなしです。

オフィスコーデには「バンドカラーシャツ」が旬!

ピンクシャツレディースコーデ

オフィス向けのファッションでは、肩の力が抜けたオシャレがしたい♡という人もいますよね。そんな方には、甘さのないスタイリッシュなデザインが人気のバンドカラーシャツがおすすめです。バンドカラーとは、バンド(band=帯)状になったカラー(collar=襟)のこと。

きちんと感もありつつ程よくラフに着られるバンドカラーシャツはカジュアルコーデとも好相性。首元がすっきり見えるので、襟が詰まっているシャツは苦手という人も安心。

ピンクシャツの着こなしのコツ

ピンクシャツレディースコーデ

  1. メンズライクなアイテム合わせも女性らしい雰囲気になるピンクシャツ
  2. 靴やバッグなど小物にもピンクを選ぶとまとまりのあるコーデに
  3. 白、ベージュを合わせるトレンドのニュアンス配色が今っぽい!
  4. 大人っぽく着るなら上品な印象のくすみピンクがおすすめ

ピンクのシャツ・ブラウスを合わせるコーデ

【1】ピンクシャツを×白レザーパンツでほんのり辛口に

@MEETING【会議の資料作りで、気合の残業!】

甘ブラウスを白のレザーパンツでキレよくおしゃれに。ピンク×エクリュのフェミニンな配色で優しげに見せつつ、今季は辛口レザーパンツでスパイスを効かせるのがおすすめです。小物は白で統一してすっきりと。

CanCam2022年2月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/手塚明菜

【2】軽やかなピンクブラウスで作るお出かけコーデ

DUSTY PINK×INK,ÉCRU like a ストロベリームース

ダスティピンクの甘ブラウスをエクリュデニムで品よくカジュアルダウン。ホワイトよりコントラストがつかないエクリュデニムやベージュの靴を合わせることで、コーデ全体がソフトな印象に仕上がります。

CanCam2021年11月号より 撮影/古水 良 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/岩附永子

【3】黒コーデにピンクシャツでかわいさをちょい足し

〝キャッチーな映え柄〟で一点突破!

淡色シャツでかわいさをちょい足しした黒コーデ。上下が黒ベースだと、イエロー&ブルーの刺しゅうパンツが一層映えて華やかさもひとしお。差し色を加えたり小物で抜け感を出したり、ちょっとしたテクニックでオールブラックが垢抜けます。

CanCam2021年9月号より 撮影/古水 良 スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 構成/岩附永子

【4】甘めブラウスはデニムパンツと相性抜群

デニムを買うべき理由3 誰でも簡単に、はくだけでスタイルよく見える!

コーラルピンクのブラウスにデニムを合わせた甘カジュアル。ハイウエスト&脚のラインを拾いすぎないストレートデニムが、自然と美スタイルをメイク。優しげな色合わせで、デートっぽいフェミニンムードが漂います♡ ブラウンのショルダーバッグを斜めに掛けて、コーデにメリハリを効かせるのも計算。

CanCam2021年7月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/楓(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【5】ピンクシャツ×イエローパンツのフェミニン配色

デートスタイルの着こなしVariation もっと見せます!『公園デートは袖コンブラウス×パンツで〝接近映えカジュアル〟に』

気持ちも感度も上昇する、ピンク×イエローのダスティなカラーミックス。ふんわりしたフレアスリーブが肩のラインを包み込み、ストレートパンツに前だけをINすることでスタイルアップ効果も倍増します。淡いトーンでまとめたら、スカーフ柄のショルダーバッグでニュアンス配色にメリハリを。

CanCam2021年7月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/山下美月(本誌専属) 構成/岩附永子

【6】デニムコーデをピンクのシアーシャツで女っぽく

Q.たくさん着回せる服しか買いたくないんです!『A.アイディア満載のマルチwayが使える!』

デニムを女らしく着たい日は、ノースリニットに透けシャツをまとうヘルシーで女っぽいトップス合わせがおすすめ。くすみのあるニュアンスカラーと相性のいいグレーデニムの存在も大人カジュアルのカギなんです♡

CanCam2021年6月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/トラウデン直美(本誌専属)  撮影協力/木谷成良 構成/浜田麻衣、手塚明菜

【7】トレンドのビッグカラーは小物使いで洒落感UP

08モードめビッグカラー×今っぽアクセ

ピンク×ラッフルフリル襟が映えるブラウスは、グッドガールなメガネが好相性。華奢フレームのウェリントン型なら今どき感も好感度も手に入ります。

CanCam2021年5月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/加藤史帆(本誌専属) 構成/手塚明菜

【8】ピンクシャツのフェミニンなグラデコーデ

Pink×Beige『Pink×Beige Variation』

ピンクや白のスイートな配色はつなぎのベージュ小物でなじませるのが正解! 靴のベージュでコーデをつなげば、コントラストが中和されてまろやかな優しげグラデに。クリーンな白のニットパンツは落ち感があるのでスタイルアップも叶います。

CanCam2021年4月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/手塚明菜

【9】ピンクシャツを合わせる大人カジュアルコーデ

顔映りのいい発色でイキイキとした表情に コーラルピンク

ピンク系のワイドパンツにピンクのシアーシャツをはおって絶妙な甘辛バランスに。気負わないコーラルピンクなら辛口なワイドパンツもマイルドに着こなせます。赤バッグや白コンバースで外すおしゃれテクも大人カジュアルのポイント。ピンクや白などやさしい色味だけで構成すると、辛口なワイドパンツコーデがフェミニンにシフトします。

CanCam2021年3月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【10】くすみピンク×デニムのカジュアルなパンツスタイル

大人見えするくすみ感がニュアンスおしゃれ!ファジーピンク

今すぐコートの中に仕込みたいのは、1枚で春っぽさを堪能できるフェミニンなレースブラウス。ピンクとラベンダーの間のくすみピンクなら、レトロなレースブラウスも大人かわいく着こなせます。ボトムは、×デニムで親しみやすいカジュアルコーデに落とし込んで。

CanCam2021年3月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【11】ハッピー感溢れる花柄ブラウス×赤パンプスコーデ

6 いつものデニムも花柄でかわいく盛る!

花柄ブラウスは甘さを程よく引き算してくれるデニムと合わせてカジュアルダウン。ガーリーなピンクの花柄とハイウエストのデニムに、ビビッドな赤パンプスをプラスして海外の女のコみたいなヘルシーかわいいコーデを楽しんで♡ ラフなデニムを挟むことで、赤×ピンクもうるさくならずおしゃれっぽく決まります。

CanCam2021年3月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/河嶋 希(io) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/手塚明菜

ピンクシャツやブラウスはオフィスにもおすすめ

お出かけからオフィスコーデまで着回せるピンクシャツのコーデをご紹介しました。トレンドのダスティ系カラーをチョイスすると、ベーシックカラーとのなじみがよく甘さより大人っぽさが引き立ちます。ジャケットやパンツなどメンズライクなアイテムと合わせても、まろやかな雰囲気を程よくプラスできるのでおすすめです。ピンクシャツを着ると気分も印象も変わるので、ぜひ取り入れてみてくださいね。