ピンクシャツコーデ6選|顔映り良し♡実は着回せるピンクシャツの着こなし

着こなしをパッと明るく♡ピンクシャツコーデ集

女性らしいニュアンスをプラスするのにおすすめなピンクシャツのコーデを特集♡ 透け感がおしゃれなピンクシャツや、落ち着きのあるくすみピンクのシャツなど、お出かけコーデからオフィスカジュアルに使える最旬コーデを紹介します。

大人かわいい♡ピンクシャツの着こなし

質感や色でニュアンスたっぷり仕上げに♡ 色っぽエシカル・楓Style『楓style2春イチ買いは今っぽ透けアイテムで決まり!この春の新着キーワードと言えば、断然〝透け〟! トップスやアウターなどバリエ豊富に登場中♡ そのナチュラルな色っぽさが、楓の気分にマッチ。』

やわらかなフェミニンコーデはもちろん、パンツやデニムを合わせるメンズライクなコーデも、ピンクシャツを合わせると女子らしい雰囲気に♡ 靴やバッグなど小物にもピンクを選ぶと、シャツとのカラーリンクも楽しめてコーデのまとまりもUPします。ベージュやブラウンなどのトレンドカラーとも相性がいいので、落ち着いたピンクを選んでおけば着回しもOKです。

  1. メンズライクなアイテム合わせも女性らしい雰囲気になるピンクシャツ
  2. 小物にもピンクを選ぶとまとまりのあるコーデに
  3. ピンクシャツはブラウンや白、ベージュのアイテムと合わせやすい

★秋冬トレンドのジャケットコーデをチェック!


ピンクシャツを合わせるおすすめコーデ

【1】ピンクシャツ×ピンクプリーツスカート×白パンプス

シャツ×プリーツスカートの鉄板フェミニンもピンクのワントーンで新鮮に。ハリ感のある大きめシルエットのシャツを選べば、ピンクでも甘くなりすぎず大人っぽく着こなせます♡

CanCam2020年5月号より 撮影/有馬秀星(MOUSTACHE) ヘア&メーク/谷口里奈(&&eo) モデル/中村麻美 構成/時吉 茜

【2】ピンクシャツ×チェック柄ジャケット×デニムパンツ

ジャケット×デニムの男前コーデも、シアーシャツを挟むだけで女っぽく♡ バンドカラーのシャツなら、ピンク色もハンサムにきまります。バッグとサンダルもピンク系でリンクさせれば、コーデがより洗練された印象に。

CanCam2020年5月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/川嵜 瞳(PEACE MONKEY) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/時吉 茜

【3】ピンクシャツ×白スカート×ピンクパンプス

裾だけひらりと揺れる白のマーメイドスカートで、ちょっとした動きもドラマティックに♡ レース素材は辛口のとろみシャツとも相性抜群。ピンクのパンプスやスカーフなどやわらかな小物合わせで、品のある女の子らしさをもうひとオシ。今どきの抜け感がプラスできる甘×辛MIXが気分です。

CanCam2020年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/手塚明菜

【4】ピンクシャツ×ブラウンスカート×ブラウンブーツ

質感や色でニュアンスたっぷり仕上げに♡ 色っぽエシカル・楓Style『楓style2春イチ買いは今っぽ透けアイテムで決まり!この春の新着キーワードと言えば、断然〝透け〟! トップスやアウターなどバリエ豊富に登場中♡ そのナチュラルな色っぽさが、楓の気分にマッチ。』

微光沢とシワ加工が施されている透け感ブラウスをジャケット風に。ボトムに程よいフィット感のナロースカートを合わせて、ニュアンスのある女らしさを引き寄せて。ブラウンとピンクの色合わせは今っぽいメリハリ配色におすすめです。

CanCam2020年3月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/楓(本誌専属) 構成/佐藤彩花、石黒千晶

【5】ピンクシャツ×ブラウンスカート×白ブーツ

01 ブラウンは×キレイ色でまだまだ着る!『文句なしで2019年のNo.1トレンド、ブラウンコーデ。ワントーンで着るのに飽きてきたら、キレイ色をプラスして リニューアルすべし! ブラウンと相性よく着られてかつ、秋を華やかに彩るカラーを厳選してご紹介!』

ピンクシャツ×茶スカートの甘め配色は、くすみトーンを選んでアンニュイな方向に。落ち感のある素材や透け感などフェミニンな合わせをするときは、この絶妙なくすみ感がカギなんです。仕上げは曖昧カラーをぱきっと締める赤バッグで、コーデ全体を引き締めて。

CanCam2019年12月号より 撮影/花村克彦 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/楓(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【6】ピンクシャツ×白ハイウエストパンツ×ブラウンパンプス

05[薄てろボトム]『とろんと、たおやかに揺れる素材に薄手の頼りなさも相まって、品のよい色気をもたらしてくれる薄てろボトム。どこかリュクスなツヤめきがあるから、カジュアルコーデのドレスアップにも有効。』

タックやフリルなどディテールにこだわったくすみピンクのブラウスを、落ち感のあるワイドパンツにすっきりIN。脚長効果のあるハイウエストパンツは程よい辛さも演出OK! スイートなブラウスを大人の甘さに着地させてくれます♡

CanCam2019年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/出口奈津子 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/菜波(本誌専属) 撮影協力/玉木歩乃花 構成/石黒千晶、山木晴菜

★レディースコーデのトレンドはこちら♡


オフィスコーデにも着やすいピンクシャツ

お出かけコーデからオフィスコーデまで着回せるピンクシャツのコーデをご紹介しました。トレンドのダスティ系カラーをチョイスすると、他の色とのなじみがよく甘さより大人っぽさが引き立ちます。ジャケットやパンツなどメンズライクなアイテムと合わせても、女性らしい雰囲気を程よくプラスできるのでおすすめです。いつものコーデの印象を変えたいときに、ぜひ取り入れてみてくださいね。