冬→春のスイッチコーデが知りたい!3月のおすすめファッション30選|トレンチコートやニットの着こなし

通勤やデートにおすすめ♡3月の着こなしをチェック!

顔映りのいい発色でイキイキとした表情に コーラルピンク

レディース向けの3月コーデをピックアップ! 気温の変化に悩んだときのアウター選びやお花見デートにぴったりなフェミニンコーデ、そしてオフィス向きのきちんとコーデなどおすすめの春コーデをご紹介します♡

3月のコーデを選ぶときのポイントは?

暖かさも寒さも感じる季節の変わり目は、アウターもまだまだ必要。羽織るならオンオフ着られるトレンチコートや、カジュアルコーデに合わせやすいGジャン、カーディガンなど軽さのあるアウターがおすすめです。また、ピンクやラベンダーなど華やかな色を取り入れた春らしい着こなしや、ショート丈ボトムやワンピースにロングブーツを合わせる着こなしは、お出かけやデートコーデにおすすめです♡

  1. ピンクやラベンダーなどカラーアイテムを取り入れて春らしい着こなしに
  2. ショートボトムには防寒&トレンドを叶えるロングブーツがおすすめ
  3. 羽織るならトレンチコートやGジャン、ロングカーディガンなどが軽やか

3月のデートにおすすめな春コーデ

【1】ピンクコート×ブラウンニット×チェック柄スカート

シンプルorハンサムデザインで大人顔にPINK『イエベの人は…ピーチ』

イエロー系のツイードスカートをブラウンで優しく締めてほんのりレトロに。くすみピンクのコートのアンティークなかわいさをくずさない、穏やかなトーンがポイントです。やわらかで春らしい配色ながら、しっかり暖かいスイッチコーデはマネしたい♡

CanCam2021年4月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/菜波(本誌専属) 構成/山木晴菜

【2】黒ワンピース×ブラウンロングブーツ

Parisガーリーなかとしのミニ×ブーツはこう着る!

パフ袖にバックシャン♡甘ディテールの黒ミニワンピは一枚で着映え度バツグン。大人っぽいかわいさをキープしたいので、トレンドのロングブーツで肌見せ面積は控えめに。ひざ上だけをチラリと見せるバランスが抜け感づくりにもちょうどです。肌寒い日は、ざっくり編みのカーディガンが一枚あるとおしゃれ&便利です。

CanCam2021年4月号より 撮影/東 京祐 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/加藤史帆(本誌専属) 構成/手塚明菜

【3】黒スエット×白インナー×黒ミニスカート×黒ロングブーツ

安未は東京カジュアルなミニ×ブーツ

トレンドのレザーミニは、オーバーサイズのゆったりスエットからチラッと見せるバランスがおしゃれ♡ 足元は黒ブーツでシンプルなALLブラックにまとめて。地味に見えがちな黒コーデだけど、白Tシャツを重ねたりアニマル柄BAGを合わせればおしゃれなメリハリが生まれます♡ おしゃれなロンT+スエット重ねは、防寒もできて一石二鳥。

CanCam2021年4月号より 撮影/東 京祐 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/小室安未(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/手塚明菜

【4】ベージュニットワンピース×イエローバッグ×ベージュブーツ

yellow×Beige

シンプルなベージュワンピにキャッチーなイエローを一点投入!イエロー初心者さんなら、まずは小物をワンポイントでプラスするのが簡単かつ効果的♡ しなやかな曲線美をメイクしてくれるベージュのリブニットワンピで、ほんのり色気が香る春コーデを楽しんで。

CanCam2021年4月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/手塚明菜

【5】黒キャミワンピース×ミントインナー×黒ブーツ

週3日着たい!センシュアルワンピ着回し

黒のキャミワンピの下にコンパクトニットを仕込んで、きれいめ→カジュアルに変換! オールブラックに明るいミントニットを効かせると春らしさもアピールできます。INするニットは、すっきりとしたコンパクトサイズがバランス◎。ワンピのⅠラインシルエットが強調されてスタイルアップも叶います。

CanCam2021年3月号より 撮影/寺田茉布(LOVABLE) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/MAKI モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/石黒千晶

【6】ピンクワンピース×ブラウンロングブーツ×ブラウンコート

顔映りのいい発色でイキイキとした表情に コーラルピンク

ふわふわ軽やかなピンクのシフォンワンピはブラウンとの合わせでウォーミーに。手首がきゅっと絞られたパフ袖や、ウエストの切り替えから広がるAラインで360度隙なしのかわいさが完成します♡ ピンクは淡いトーンでまとめるとガーリーになってしまうので、こげ茶のコートを相棒に据えるのが大人見えの秘訣。

CanCam2021年3月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【7】花柄ワンピース×ピンクニットカーディガン×黒ブーツ

顔映りのいい発色でイキイキとした表情に コーラルピンク

青空に映えるコーラルピンクのニットカーデで花柄スカートをよりかわいくアップデート! 短めの着丈だから、ロングスカートともバランスよく決まります。甘い柄やピンクニットを引き締める黒ブーツの存在も大切♡

CanCam2021年3月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI モデル/加藤史帆(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【8】黒ニット×ピンクスカート×白スニーカー

大人見えするくすみ感がニュアンスおしゃれ!ファジーピンク

甘めのレーススカートも、しっとりした落ち感のあるシルエットで大人顔に。プレーンな黒タートルを合わせた定番の配色は、スニーカーのカジュアルダウンでコーデの鮮度がアップします!

CanCam2021年3月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【9】ミントグリーンカーディガン×ベージュインナー×ベージュデニムパンツ×ブルーパンプス

かわいいカジュアル 菜波『定番デニムのニューカマーはニュアンスカラーデニム』

今季はカジュアルだけど洒落見えするベージュデニムがおすすめ。同系色のベージュキャミをインナーに合わせてトレンドのワントーンにまとめたら、くすみグリーンの短丈カーデで春らしい配色に。リラクシーで洗練されたきれいめカジュアルが完成します。靴はあえてのブルーでグリーンカーデとの春カラーMIXを楽しもう♡

CanCam2021年3月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/MAKI モデル/菜波(本誌専属) 撮影協力/木谷成良、楫 真梨子 構成/鶴見知香

【10】黒ニット×イエロー花柄スカート

1 チアフルなイエローで花柄を思いっきり楽しむ!

顔から離れたボトムで派手プリントもさらっと攻略。トップスは花柄を大人っぽく引き立ててくれる黒ニットが正解! 肩のフリルや透け感もコーデのワンポイントになっています。

CanCam2021年3月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/河嶋 希(io) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/手塚明菜

3月の気温に合うオフィスコーデはコレ!

【1】ベージュトレンチコート×ドッキングワンピース

Q.3リモート勤務も増えた今、オン/オフ着られる便利な服しか欲しくないんです。『A.大人っぽフレアワンピなら、平日も休日も着倒せて確実にモトがとれる!』

シーンを選ばない上品なドッキングワンピがオフィスコーデに大活躍! 仕事ではスクエアバッグにパンプスでキレイめに着こなすと好感度もアップします。オフの日は揺れるピアスやサンダルなど華奢小物を合わせてデートにも♡

CanCam2021年4月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/MAKI モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/田中絵理子

【2】ミントグリーンコート×ブルートップス×花柄ワンピース×イエローパンプス

大人っぽくこなれる控えめな甘さ♡GREEN『イエベの人は…ピスタチオ』

黒地の花柄スカートにブルーのトップスを合わせた春っぽコーデに、深みのあるピスタチオ色のコートをON。イエローのカラーパンプスでぱきっとしたインパクトをプラスすると、トレンドのカラーMIXコーデにこなれ感が上乗せできます♪

CanCam2021年4月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/菜波(本誌専属) 構成/山木晴菜

【3】ストライプ柄ジャケットセットアップ×ブルーニット×黒サンダル

Blue×Beige

通勤に頼れるストライプのジャケットセットアップは、合わせるインナー次第で印象がChange。きちんと感はそのままに、爽やかなブルーのニットを重ねて女性らしく着こなして。ブラウン小物で引き締めれば大人っぽいメリハリも効かせられます。

CanCam2021年4月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI) モデル/まい(本誌専属) 構成/手塚明菜

【4】イエローシャツ×イエローベージュワイドパンツ×白パンプス

yellow×Beige

肌なじみのいいイエロートップスで、パンツスタイルもマイルドに。あいまいなイエローベージュのワイドパンツならなじみもよく、ハンサムなパンツStyleも柔和で優しげに決まります♡ ニュアンスカラー同士の色合わせが、きれいめなのに親しみやすい理想の雰囲気作りに貢献!

CanCam2021年4月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子  ヘア&メーク/林 由香里(ROI) モデル/まい(本誌専属) 構成/手塚明菜

【5】ブラウントップス×ラベンダースカート×グレーパンプス

Iラインでスタイルアップ!ほっそりボックススカート『Lilac』

可憐な雰囲気を醸すライラック色のスカートは、こっくりとしたブラウンカーデでメリハリの効いた配色に。タイトにまとめたシルエットは、デコルテや脚の肌見せで軽やかな印象を取り入れるのがおすすめです。

CanCam2021年4月号より 撮影/菊地 史(impress+) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【6】ベージュコート×黒ニット×ブルースカート

アラウンド¥30,000インパクトBAG

黒のニットにロング丈の柄スカートを合わせてトレンチを無造作にON。引き続きトレンドのブラウン系ワントーンコーデは、大きめのレザーバッグでクールなアクセントをプラス。パープルのワンポイントが効かせ色になり、差のつくワントーンコーデが完成します。

CanCam2021年3月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/福岡玲衣(TRON) モデル/まい(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【7】ベージュジャケット×アイスグレーワンピース×白パンプス

洒落た遊びを効かせてプレイフルニットワンピ

シアーな風合いと繊細なプリーツ加工に春気分がUP! トレンドの透け感をニットワンピで取り入れつつジャケットをプラスすればきれいなお姉さんスタイルに。白パンプスで上品に仕上げつつ、バッグはあえてのポシェットでおしゃれっぽいハズしを効かせて。

CanCam2021年3月号より 撮影/寺田茉布(LOVABLE) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/MAKI モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/石黒千晶

【8】ベージュコート×白トップス×ラベンダープリーツスカート

甘さのあるラベンダーのプリーツスカートをトレンチコートで大人っぽく! 顔映りのいい色合わせは春らしい季節感が表現できるおすすめ配色。ベージュやブラウンでまとめた淡色トーンも好感度ばっちりです。

CanCam2021年4月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/MAKI モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良、シオン 構成/石黒千晶

【9】白ブラウス×グレーパンツ×イエローパンプス

Q.1オンライン会議におすすめなトップスが知りたいです!『A.1万5,000円以下のちょい甘トップスで華やかに盛るべし。』

デザイン性のある白ブラウスなら、チェックパンツを合わせるシンプルコーデでも地味にならず好感度もトレンド感も◎。黒ベルトでメリハリをつければスタイルアップも叶います。

CanCam2021年4月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/MAKI モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/田中絵理子

【10】ミントグリーンブラウス×白パンプス×ブラウンパンプス

Q.1オンライン会議におすすめなトップスが知りたいです!『A.1万5,000円以下のちょい甘トップスで華やかに盛るべし。』

春らしいミントグリーンのブラウスでフレッシュさ満点♪ ボトムは淡色を引き立てる白パンツでやわらかな配色に。ベージュやブラウン小物を上手に使って、さりげないメリハリ感をプラスして。

CanCam2021年4月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/MAKI モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/田中絵理子

3月に合わせるアウターの着こなし

【1】ベージュジャケット×イエローワンピース×ベージュパンプス

yellow×Beige

トレンドのニュアンスカラーコーデは、フレッシュなイエロースカートでチャーミングな魅力も上乗せ♡ 透けるシアー素材に、軽やかなプリーツ…着映え度抜群な春色スカートが主役です♡ ゆるっとしたレザー調のベージュジャケットを合わせれば、今っぽさも漂う絶妙な甘辛バランスに。

CanCam2021年4月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/手塚明菜

【2】白ブルゾン×白Tシャツ×ピンクエコレザースカート

甘くないフレアが断然新しい♥ハリ感フレアスカート『Fresh Peach』

ロマンティックなピンクスカートはこなれ感漂う春レザーを選んで糖度オフ! 春にあえてのレザー風素材が鮮度アップに効果的。今季はブルゾンやスニーカーでラフに着くずすのが気分です♪

CanCam2021年4月号より 撮影/菊地 史(impress+) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【3】白カーディガン×イエローインナー×ベージュスカート

TREND01 女っぽくて色っぽいたまご色×ベージュトーンがオススメ♡

白とベージュのグラデーションだけだとちょっと地味?というときは、どちらのカラーとも相性のいいトレンド色・たまごイエローのインナーをプラス! たまご色が入るだけで、シンプルな配色が一気に今年っぽいムードに仕上がります。小物に巾着バッグやヌーディなパンプスを選んでこなれフェミニンを完成させて。

CanCam2021年4月号より 撮影/須江隆治(see) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良、田中かほ里 構成/鶴見知香

【4】ベージュジャケット×黒ワンピース×黒サンダル

緊張感のあるテーラードジャケットやツヤワンピは、ラフなフラットサンダルで〝抜け〟を作ってリラクシーに。ベージュ、ブラック、白の3色に限定したのも、大人見えのカギ。

CanCam2021年4月号より 撮影/須江隆治(see) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良、田中かほ里 構成/鶴見知香

【5】ベージュロングカーディガン×花柄ワンピース×黒バッグ

アラウンド¥15,000のフレンドリーBAG

ベージュ系の花柄ワンピにゆるっとしたニットカーディガンを重ねてフェミニンに。春のアウターにも使えるロングニットは、シルエットがこなれてるコクーンタイプを選ぶのがおすすめです。小物はメッシュレザーのバッグでやわらかな印象に。

CanCam2021年3月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/福岡玲衣(TRON) モデル/まい(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【6】ピンクコート×ピンクニット×チェック柄スカート×白パンプス

大人見えするくすみ感がニュアンスおしゃれ!ファジーピンク

ほんのり色づく微彩なピンクコートにペールピンクのニットを合わせて春らしく。こなれたワントーンでまとめると、ピンクの甘さが中和できて今っぽく仕上がります。間延びしないように、抜けを作るシアーニットや白パンプス、目を引くチェック柄スカートでポイントを効かせるのも重要。

CanCam2021年3月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【7】白コート×ピンクワンピース×黒ブーツ

大人見えするくすみ感がニュアンスおしゃれ!ファジーピンク

コートからちらりと揺れるプリーツワンピで春気分をMAXに。落ち着きのあるシックなムードを醸すファジーピンクのワンピならコート合わせでも春らしいムードに♡ 黒のブーツやミニバッグで淡いトーンにメリハリをつけると、甘さより品の良さがアピールできます。

CanCam2021年3月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【8】ブラウンジャケット×ベージュキャミワンピース×イエローインナー

白が混ざったクリーミィさが今っぽい まろやかイエロー

さりげなく仕込んだイエローのタートルが春ムードを後押し! ベージュのキャミワンピにたまご色のタートルをINすることで、絶妙なまろやかグラデが誕生します。ソフトなトーンは奥行きの出る質感の差で印象的に。コーデュロイジャケットを羽織るギャップも今っぽさUPの秘訣です。

CanCam2021年3月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI モデル/加藤史帆(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【9】白Gジャン×黒ワンピース×イエローパンツ

かわいいカジュアル 菜波『ロマンティックワンピをちょっぴり着くずすのが気分♡』

ボリューミーなバックシャンワンピをブラウス風にコーディネート。ボトムはあえてのフレアパンツでワンピとシルエットを合わせると、新しいおしゃれバランスが作れます♡ オフ白のデニムジャケットやベージュのサンダルで、春はワンピース以外に黒を入れない色合わせもおすすめ。

CanCam2021年3月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/MAKI モデル/菜波(本誌専属) 撮影協力/木谷成良、楫 真梨子 構成/鶴見知香

【10】ピンクコート×ベージュワンピース×白インナー×ベージュパンプス

大人フェミニン ほのか『カラートレンチで定番コートに差をつけて♡』

落ち着いたベージュコーデは、ほんのりピンクがかったアウターを選んで華やかにアップデート♡ ベージュのワンピースや小物をワントーンで統一すると、春を先取りしたような最旬コーデに。アウターは袖を通さず肩に羽織ると、今っぽいムードが盛り上がります。

CanCam2021年3月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良、楫 真梨子 構成/鶴見知香

3月は薄アウター×カラーアイテムで華やかな着こなしに♡

トレンチコートやGジャンなど、まだまだ羽織りものが必要な3月のおすすめコーデを紹介しました!ピンクやラベンダー、イエローといったジェラートカラーのアイテムを取り入れるだけで、トレンド感も春らしい華やかさもGETできるのでぜひ参考にして下さいね♡

◆価格表示に関するお知らせ◆ CanCam.jpでは、総額表示に関する特別措置法の2021年3月31日終了に伴い、2021年4月1日より、すべての価格表示を総額表示に統一します。 なお、2021年4月1日以前の記事、またそれらを参照している記事については、記事により税抜・税込の表示が異なるケースがあります。