そろそろ…春アウターを予習!おすすめカラーやタイプ別の着こなし20選|2021レディース

おすすめの春アウターコーデを特集

美しい陰影に色っぽさ漂うツヤてろワンピ

まだまだ寒い日が続きますが、おしゃれな人はすでにチェックしている春アウター。そこでCanCamではトレンド感ばっちりのおすすめアウターコーデを大特集! 定番のトレンチコートや、オンオフ着られるジャケット、季節の変わり目に便利なカーディガンなどを合わせる春コーデを紹介します。

春アウターのトレンドは?

白が混ざったクリーミィさが今っぽい まろやかイエロー

春はきれいめアウターにスニーカーやリラクシーなワンピースを合わせる上品カジュアルがおすすめ。定番のトレンチや薄手のライトアウターのほか、引き続きトレンドのジャケットセットアップは、ピンクやブラウンなど優しい色味を取り入れることでシャープになりすぎず女性らしいムードが演出できます。ベーシックカラーの春アウターには、イエローやピンクのアイテムで春っぽさをプラスするのもおすすめです。

  1. プリーツスカートやロングブーツでトレンド感のある春アウターコーデに
  2. ジャケットセットアップも引き続き人気!
  3. カーディガンやシャツはロング丈で抜け感を
  4. ベーシックカラーのアウターにはイエローやピンクのアイテムを足して春っぽさを

今すぐチェック!レディースの春アウターコーデ

【1】白コート×ベージュワンピース×ラベンダーパンプス

美しい陰影に色っぽさ漂うツヤてろワンピ

美しい光沢とまろやかなトーンで叶える大人きれいスタイル。シルエットが美しいきちんと感のある1枚は、通勤やデートにぴったり。さらっと羽織れる春アウターも同系カラーで統一して、美人オーラを振りまいて。

CanCam2021年3月号より 撮影/寺田茉布(LOVABLE) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/MAKI モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/石黒千晶

【2】ラベンダーコート×白ワンピースベージュパンプス

美しい陰影に色っぽさ漂うツヤてろワンピ

ロマンティックな白ワンピをツヤ素材で美人顔にアップデート。微光沢がやわらかなプリーツも手伝って、いつもより上品な自分に出会えます♡ ゆるシルエットのトレンチを合わせて、甘めのワンピを大人っぽくアップデート。バッグで加えるさりげないカラーMIXもきれいめに。

CanCam2021年3月号より 撮影/寺田茉布(LOVABLE) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/MAKI モデル/松村沙友理(本誌専属) 構成/石黒千晶

【3】白ロングシャツ×ミントキャミワンピース×黒パンプス

美しい陰影に色っぽさ漂うツヤてろワンピ

あえてリラクシーに着たいサテン素材のキャミワンピに、羽織り代わりのロングシャツをさらっとプラス。色っぽいワンピースをロングシャツやカゴバッグでラフに振って、セクシーよりもこなれた印象にまとめるのがちょうどいい!

CanCam2021年3月号より 撮影/寺田茉布(LOVABLE) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/MAKI モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/石黒千晶

【4】ピンクシャツ×白インナー×ベージュパンツ

顔映りのいい発色でイキイキとした表情に コーラルピンク

気負わないコーラルピンクなら辛口パンツもマイルドな印象に。さらっとした同系ピンクのシアーシャツをはおって絶妙な甘辛バランスを実現。コンバースで外すおしゃれテクも、大人カジュアルのポイントです。

CanCam2021年3月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【5】白コート×ピンクワンピース×黒ブーツ

大人見えするくすみ感がニュアンスおしゃれ!ファジーピンク

コートからちらりと揺れるプリーツワンピで春気分をMAXに。落ち着きのあるシックなムードを醸すファジーピンクのワンピならコート合わせでも春らしい印象に♡ 黒のブーツやミニバッグで淡いトーンにメリハリをつけると、甘さより品の良さがアピールできます。

CanCam2021年3月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【6】ブラウンジャケット×ベージュキャミワンピース×イエローインナー×ブラウンブーツ

白が混ざったクリーミィさが今っぽい まろやかイエロー

さりげなく仕込んだイエローのタートルが春ムードを後押し! ベージュのキャミワンピにたまご色のタートルをINすることで、絶妙なまろやかグラデが誕生します。ソフトなトーンは奥行きの出る質感の差で印象的に。コーデュロイのジャケットを羽織るギャップも今っぽさUPの秘策♡

CanCam2021年3月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI モデル/加藤史帆(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【7】ベージュアウター×ベージュニット×エコレザーパンツ

辛口キレイめ 安未『辛口派だからこそ着こなせる説 スクエアネックトップス』

シンプルなワンツーコーデはレザー風パンツでトレンド感をキープ! ニットの甘さを引き締めつつ暖かさもキープしてくれるから、アウターが薄くなる季節の変わり目におすすめです。ノーカラーのコートと白スニーカーで女性らしいカジュアルコーデを完成させて。

CanCam2021年3月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/MAKI モデル/小室安未(本誌専属) 撮影協力/木谷成良、楫 真梨子 構成/鶴見知香

【8】黒アウター×グレーパーカ×黒インナー×グレースカート

辛口キレイめ 安未『スエットワンピ このリラクシー&セクシーさ、オンリーワン!』

パーカ×スリットスカートの女っぽカジュアルに、黒のロングコートで切れ味をプラス。ロングコートからチラ見えする太ももで抜け感を作れば、かっこよさと女らしさの両方をゲットできます♡ 首元もタートルをレイヤードして肌見せは脚のみにするのが潔い。

CanCam2021年3月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/MAKI モデル/小室安未(本誌専属) 撮影協力/木谷成良、楫 真梨子 構成/鶴見知香

【9】白Gジャン×花柄ワンピース×ベージュブーツ

5 ヴィンテージライクな花柄ワンピで色っぽ♡

1枚でおしゃれ見えする花柄ワンピは、合わせるアウターや小物次第でグッと大人めに♡ 白Gジャン、ベージュブーツのエクリュなトーンで優しくなじませれば、洗練されたクリーンな印象が生まれます。

CanCam2021年3月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/河嶋 希(io) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/手塚明菜

【10】ブラウンコート×黒ワンピース×黒ロングブーツ

かわいいカジュアル 菜波『ロマンティックワンピをちょっぴり着くずすのが気分♡』

ひらっとしたワンピの甘さをブラウンのコートと重めのロングブーツで引き締めて。冬から春へのスイッチコーデは、ロングコートよりミドル丈をチョイスするのがおすすめ。ひざがチラ見えする抜け感がちょうどいいバランスなんです。

CanCam2021年3月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/MAKI モデル/菜波(本誌専属) 撮影協力/木谷成良、楫 真梨子 構成/鶴見知香

春アウターにおすすめのジャケットコーデ

【1】ベージュジャケット×黒ワンピース×白バッグ

週3日着たい!センシュアルワンピ着回し

1枚でサラリと着たキャミワンピに、ジャケットをバサッとON。コンサバに転ばないように、ミュールや巾着バッグなどのトレンド小物で大人な遊びゴコロを効かせれば、抜け感ときちんと感が絶妙な、洗練コーデができあがり!

CanCam2021年3月号より 撮影/寺田茉布(LOVABLE) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/MAKI モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/石黒千晶

【2】白ジャケット×ブルーワンピース×白パンプス

洒落た遊びを効かせてプレイフルニットワンピ

シアーな風合いと繊細なプリーツ加工に春気分がUP! トレンドの透け感をニットワンピで取り入れつつ、ジャケットをプラスすればきれいなお姉さんスタイルに。バッグはあえてポシェットで、おしゃれっぽいハズしを効かせて。

CanCam2021年3月号より 撮影/寺田茉布(LOVABLE) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/MAKI モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/石黒千晶

【3】ブラウンジャケットセットアップ×ピンクニット

顔映りのいい発色でイキイキとした表情に コーラルピンク

ハンサムなセットアップの中はピンクニットで愛嬌をプラス♡ ジャケット×ハーフパンツのトレンドど真ん中なセットアップには、コンパクトなニットをINしてシャープにまとめて! キレ味鋭い着こなしも、ヘルシーなピンクで程よくまろやかに仕上がります。

CanCam2021年3月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【4】ベージュジャケットセットアップ×ブラウンスエット×白インナー

かわいいカジュアル 菜波『ショーパンセットアップで大人っぽさとやんちゃさのいいトコどり!』

まだまだ寒い季節の変わり目に短めボトムを先取りするなら、こっくり配色で見た目から暖かく♡ ブラウンのセットアップはインナーに濃いめブラウンのスエットと白Tシャツの抜け感を仕込んで、落ち着きのある大人グラデを完成させて。小物のブラックとリンクする肩掛けニットは、洒落感+ストール代わりの防寒にもひと役。

CanCam2021年3月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/MAKI モデル/菜波(本誌専属) 撮影協力/木谷成良、楫 真梨子 構成/鶴見知香

春アウターの定番トレンチコートコーデ

【1】ベージュトレンチコート×黒ニット×グレースカート

アラウンド¥30,000インパクトBAG

ブラウンのニットにロング丈の柄スカートを合わせてトレンチを無造作にON。引き続きトレンドのブラウン系ワントーンコーデは、大きめのレザーバッグでクールなアクセントをプラス。パープルのワンポイントが効いて差のつくワントーンコーデが完成します。

CanCam2021年3月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/福岡玲衣(TRON) モデル/まい(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【2】ベージュトレンチコート×白パーカ×イエロープリーツスカート

白が混ざったクリーミィさが今っぽい まろやかイエロー

コートからのぞくイエロープリーツで春っぽさ満開のトレンドコーデに。足取り軽やかなダッドスニーカーとフーディで、きれいめなスカートとトレンチコートをちょうどよくなじませて。

CanCam2021年3月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【3】ピンクベージュトレンチコート×黒インナー×柄スカート

大人フェミニン ほのか『カラートレンチで定番コートに差をつけて♡』

柄スカートに黒のモヘアニットをINして大人かわいいモノトーンコーデに。春先はブーツで寒さ対策をしたり、同系色のストールを合わせておくのが賢明。モノトーン系コーデに映えるピンクの春アウターは、顔映りもパッと明るく見えておすすめです。

CanCam2021年3月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良、楫 真梨子 構成/鶴見知香

さらっと羽織れるカーディガンを春アウターに

【1】ベージュカーディガン×花柄ワンピース

アラウンド¥15,000のフレンドリーBAG

ベージュ系の花柄ワンピにゆるっとしたニットカーディガンを重ねてフェミニンに。春のアウターにも使えるロングニットは、シルエットがこなれてるコクーンタイプを選ぶのがおすすめです。小物はメッシュレザーのバッグでやわらかな印象に。

CanCam2021年3月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/福岡玲衣(TRON) モデル/まい(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【2】エクリュカーディガン×白ワンピース×ベージュトートバッグ

アラウンド¥45,000のアップグレードBAG

スタンドカラーの白ワンピに生成りのニットを巻いてこなれ感を演出。どんなコーデにもなじみやすい生成りのキャンバス地トートは、レザーのハンドル&トリムで、日常感がありながらも品のある佇まいがポイント。ゴールドのアクセを多めにつけて、ホワイトのワントーンを華やかに装飾して。

CanCam2021年3月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/福岡玲衣(TRON) モデル/まい(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【3】白カーディガン×白Tシャツ×イエローパンツ

白が混ざったクリーミィさが今っぽい まろやかイエロー

パンツスタイルをマイルドに仕上げるあいまいイエローが春のトレンド。主張しすぎないまろやかなイエローとクリーンな白との配色なら、マニッシュなパンツスタイルも優しげなルックスが叶います♡ 肌寒い日はアウター仕様のニットカーデでぬくもり感も重ねて。

CanCam2021年3月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/浜田麻衣

アウター合わせで春を先取り♡

オンオフ着られるきれいめコートや、春アウターの王道トレンチコート、季節の変わり目に使いやすいカーディガンなど、注目の春アウターを合わせる最旬コーデを紹介しました。まだまだ寒い日が続きますが、春が待ち遠しくなる軽めのアウター合わせはこれからの時季に活躍します。参考にして下さいね!