個性的なムードで今っぽく!カーキジャケットの春コーデ6選

辛口カーキジャケットの着こなし特集

はおるだけで辛口エッセンスが盛れるカーキジャケット。合わせやすいのに、個性的な雰囲気を演出してくれる春アウターとして、今シーズンも活躍すること間違いなしです! ワンピースやスカートと合わせる甘辛コーデや、パンツと合わせるメンズライクな着こなしまで、おすすめの春スタイルを紹介します。

カーキジャケットを合わせる春コーデ


【1】カーキジャケット×黒マキシワンピース

ロングワンピ初心者さんには、どんな色とも寄り添える黒のマキシワンピがおすすめ。エスニックなデザインが効いたワンピースも、シャープな黒なら都会的に着こなせます。はおりにはヴィンテージ感のあるカーキ色ジャケットをプラスして、ワンピの露出を上手にコントロール。やわらかな生地感だから黒でも重たい印象にならず、ほんのり女らしく仕上がります。

CanCam2019年4月号より 撮影/MARCO スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/遠藤郁子 モデル/楓(本誌専属) 構成/西村真樹

【2】カーキジャケット×ブラウンマキシワンピース

おしゃれなムードが今すぐ作れる、4つのトレンドKEYWORDHow to make 〝the mood〟? 1 ラフなシルエットから生まれる空気感でムードUP![ 女の子ワンピ ゆるはおり ]『まだ少し肌寒い今の季節には「ワンピ×はおり」の簡単かつ、ムーディな組み合わせが頼れる♪ 4つのトレンドワンピ×好相性なはおりで作る、4パターンのムードコーデをマスター。』

超ロングワンピには、短丈ジャケットでスタイルUPを♡ この春は程ゆるシルエットのミリタリージャケットがあると便利です。裾のフレア具合がレディなニットワンピに合わせることで、ヴィンテージっぽい空気感も漂ってぐっとおしゃれに着こなせます。

CanCam2019年4月号より 撮影/須江隆治(See) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【3】カーキジャケット×黒Tシャツ×デニムパンツ

Part04 シンプルコーデに映える「旬顔ボトム」なら?

デニムのフレアシルエットを引き立てるため、トップスはTシャツINですっきりと。フロントのボタン使いも目立つので、脚長効果もばっちりです♡ 小物は、抜け感のある白ブーツでワンランク上の着こなしに。黒小物を使わず、ベージュと白でまとめるのがコーデのメンズっぽさを中和させるテクニック。ロックテイストのハードさが、ちょっぴりマイルドに仕上がります。

CanCam2019年3月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini.) モデル/楓(本誌専属) 構成/浜田麻衣、石黒千晶

【4】カーキジャケット×カーキハーフパンツ×リブタンクトップ

Part03 はおるだけで絵になる「アウター」なら?

上品なのに今っぽい春ジャケットで、きれいめコーデを今年っぽくアップデート! ナチュラルな素材感や程よくゆとりのあるシルエットで、かっちりしすぎないのがポイントです。大人っぽいカーキのジャケットは、ハーフパンツとのセットアップでこなれ感がさらにアップ。インナーにはブラウンのリブタンクを選んで、女性らしさをプラスするのが正解です。

CanCam2019年3月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/青山絵美 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/浜田麻衣、石黒千晶

【5】カーキジャケット×ベージュTシャツ×黒ニットスカート

TREND PICKS #004 ひとくせデザインがおしゃれゴコロをくすぐるプレイフルスカート『かわいいだけじゃない、ちょっとした遊びゴコロのあるスカートが続々。サイドプリーツだったり、アシメトリーだったり、部分シースルーだったり…。手持ちのトップスと合わせるだけで一気に最旬コーデが完成するスカートを、まずは1枚手に入れて!』

編み方の切り替えで膝下だけが透けるニットスカートは、女らしさもモード感もアピールできる一枚。透け感とリネン素材がもつラフな雰囲気で、緊張感のある黒のロングタイトをこなれカジュアルにシフトして。個性的なプレイフルスカートは、カジュアルなTシャツやジャケットを合わせてデイリーに投入するのがオススメです♡

CanCam2019年3月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/石川 恋  構成/菊谷まゆ

【6】カーキジャケット×白レーススカート

MA-1ブルゾン×レーススカート

コーデに映えるスカートは、ヴィンテージ風の繊細なレースにキュン♡ ドキッとさせる裾の透け感に女っぽさも高まります。白×レースの甘々な着こなしにMA-1風のカーキブルゾンを合わせれば、エッジの効いた甘辛MIXスタイルが完成します。

CanCam2018年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈  ヘア&メーク/森 ユキオ モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/浜田麻衣、石黒千晶