はじめての年下彼氏|かわいいけどお金のことや結婚は?メリット&デメリットを徹底解剖!

年下彼氏のメリット&デメリットについて徹底解剖!

(c)Shutterstock.com

年上と年下、どちらの男性にもそれぞれ魅力はありますが、最近は自立した女性が増えてきたからか、ちょっとかわいい「年下彼氏」が注目を集めています。はじめて年下男子を好きになったりおつきあいをしたりするときには戸惑うことも多いかも。
そこで今回は、実際に年下男子とつきあったことがある諸先輩たちからリサーチしたその魅力や、年下だから許せると思ったこと、正直残念だったことなど、メリット&デメリットについて根掘り葉掘り聞いてきました!

 

年下彼氏のメリット&デメリット

そもそも、実際どのくらいの人が年下の男性とつきあったことがあるのでしょうか? CanCam編集部で200名の女性にアンケートをとったところ、以下のような結果に。

Q:年下の男性とつきあったこと、ありますか?

 

はい…112人
いいえ…88人

 

2人に1人が、実際に年下彼氏とつきあった経験があることが判明! さらに、「年下彼氏、アリ!」という意見は約70%も。そこで、年下の男性とつきあったことのある人に、そのメリットとデメリットを聞いてみると…?

 

年下彼氏のメリット

まずは年下彼氏と付き合って感じたメリットを集めました♡

 

  • 「一緒にはしゃげるし、癒やされる♡」(23才・専門学校生)
  • 「可愛いもかっこいいもどっちもある」(30才・アルバイト)
  • 「私の意見を尊重してくれる」(25才・会社員)
  • 「年下だからかわいいと思って許せることが多い」(27才・会社員)
  • 「甘えてくれるから、自分も甘えやすくなる」(24才・アルバイト)
  • 「ノリがいいし、世話好きでもウザがられない」(23才・アルバイト)

 

年下彼氏のデメリット

続いては年下彼氏と付き合って感じたデメリットをご紹介します。

 

  • 「一緒にご飯を食べたりしたとき、払ってもらうのが申し訳なくなる」(25才・会社員)
  • 「子供っぽく見えることもある」(18才・高校生)
  • 「依存されるとつらい…」(30才・会社員)
  • 「世話を焼くことに疲れても私が年上だからと思うとそれを伝えることができず、ストレスが溜まった」(28才・アルバイト)
  • 「体力があるからHのときもタフで嬉しいけど、ついていけないときもある」(34才・会社員)
  • 「いざというときに頼れなかったりする」(26才・会社員)

 

実際に年下彼氏とつきあったことのある人の意見、リアルですね…! 全体的に、メリットとしては「かわいい」「癒やされる」「対等でいられる」といった意見が、デメリットとしては「頼りない」「金銭面でバランスがとりにくい」「面倒を見ることに疲れる」などの意見がよく見られました。

 


結婚前提でつきあえる?年下彼氏との年齢差とそのギャップ

(c)Shutterstock.com

つきあったその先に考えるのは、やっぱり結婚のこと。年齢問わずおつきあいをするなら、いつかはこの人と…? と考えるのはごく普通のことですが、年下の彼だと、彼自身がイマイチ結婚ということにピンと来なかったりも…? そこで、どのくらいの年齢差まで恋愛対象としてアリなのか、その理由を聞きました。

 

Q:年下彼氏、何歳下までアリですか?

1~4歳差…58%
5~9歳差…27%
10~15歳差…10%
15歳以上…5%

 

女性に年下とつきあうなら何歳下までアリか聞いたところ、1番人気は1~4歳差でした! 年下だけどあくまで同年代くらいの男性がいいのでしょうか? とはいえ、10歳近く離れていてもアリという女性もいます! それぞれの意見を聞いてきました♪

年下彼氏「アリ」な女性の意見

 

  • 「7才くらい。自分の気持ち的に許せて、話も分かるくらいの歳の差かなぁと思うので」(29才・自営業)
  • 「3つ下まで。あんまり離れていると弟に感じそう」(28才・会社員)
  • 「限度は2才。2才以上差があると精神年齢やものの考え方がだいぶ違う傾向がある」(22才・大学生)
  • 「3才です。4つ以上離れているとジェネレーションギャップがありそうで、自分が年上なのが恥ずかしくなりそうだから」(23才・会社員)
  • 「1才差。これからおつきあいをする人とは結婚を考えているので、2個以上下はまだ若手だし調子に乗ってる時期だから疲れそう(笑)」(27才・会社員)

 

いちばん多かったのが3才下(39人)、次いで5才下(32人)、2才下(23人)がランクイン。話題や見た目にジェネレーションギャップを感じない範囲がいい、というのが大多数の意見でした。一方、「8才下。今好きな人がそうなので…」(30歳・アルバイト)、「10才下。今つきあっている彼です♡」(33才・会社員)という現在進行形のホットな声も♡

 


結婚したがるけど反対?!年下彼氏の気になるお金事情

(c)Shutterstock.com

年下彼氏はかわいい!というのは納得として、デメリットのところでも声が上がっていたのが、お金関連のこと。やはり自分より収入が少なかったりすることで、我慢せざるを得ないことも多いようで…。将来のことを考えるにしても、切っても切れないのがお金のハナシ。そのあたりは実際どうなのか、こちらも経験者の皆様からのリアルな声を集めました。

 

Q:年下の彼とつきあうことで、金銭的にストレスだったことは?

 

  • 「私のほうが収入が多いのはなんとなくお互いわかっていたけど、いつのまにか外食しても彼が財布を出さなくなった。奢ってほしい訳じゃないけど、せめて出すポーズくらいしてほしかった(笑)」(27才・会社員)
  • 「ミュージシャンになりたい!という夢を追いかけていた10コ年下の彼。練習時間を確保するために定職にはつかず、アルバイトで食いつないでいる状態だったので、いつもお金がなくて…。記念日にちょっと素敵なレストランに行くとか、旅行をするとか、そういうことが一切できなかった。同世代の彼とつきあっている友達が普通にそういうことをしているのを見ると、やっぱり羨ましい…と思っちゃいましたね」(36才・会社員)
  • 「ご飯代をどちらが出すべきかとか、気を使う」(23才・大学生)

 

愛はお金じゃ買えない、なんて言うけれど、金銭面でのモヤモヤが愛にほころびを生むことがあるのも確か。年下彼がみんなそうという訳ではないけれど、基本的にはご飯は割り勘、くらいの気持ちでいたほうが、自分もモヤッとせずに済むかも?
ただ付き合う分にはそれでいいかもしれませんが、結婚相手に経済力を求める場合、アンケートを見る限り年下彼氏とは難しいことも多そうですよね。結婚願望があるならその辺はシビアに考えた方がよさそう!

 


年下彼氏はかわいいし好きならそれでいい!?

年下彼氏に関してのメリットやデメリットなど、リアルな声を集めながら検証してきました。最後に、実際に年下彼氏とおつきあいしている皆さんからの、愛あるメッセージをお届けします♡

 

  • 「好きになった人なら、何歳下とか気にしない!」
  • 「彼と釣り合っていようと、美意識を高く保てる♡」
  • 「結局はかわいくて、些細なことはまぁいっか、と思えるようになります(笑)」

 

このように考えることは色々あるけれど、好きになった人がたまたま年下だっただけと捉えている女性は多いことがわかります♡

 


【まとめ】

年下でも年上でも同い年でも、メリットデメリットはあります。大切なのは相手を想う気持ちとふたりの相性ですよね! 年齢が原因で迷っている女性がいたら、後悔のないようまずは突き進んでみてもいいかも。 年下の男性が気になっている皆さんの恋が、上手くいきますように…♡