妥協で夫と結婚した、その後。後悔している条件1位は「○○」

「結婚に多少の“妥協”はつきもの」という言葉を耳にすることはありませんか?

完璧に理想を追い求める人よりも、少し理想から離れている部分も受け入れて結婚へ踏み切る人のほうが、現実世界では多いのではないでしょうか。

(c)shutterstock.com

今回は、結婚相談所事業の株式会社Trinity questが結婚経験がある30才~55才の女性600人を対象におこなった調査をもとに、女性が結婚相手へ妥協したこと、妥協して後悔したことについて探っていきます。

結婚相手(夫)に妥協した条件、ある?ない?

7割近くが「結婚相手に妥協した点があった」と回答。では、具体的にどのような条件に妥協したのでしょうか?

結婚相手に妥協した条件TOP6

1位:見た目

顔や身長、スタイル、服装や身に付けるものなど、「外見」についての回答が約4割で最多に。見た目があまりタイプじゃないけれど、生理的な嫌悪感がないならパートナーとしてアリだと思う女性は少なくないはず。相性がよくて好きであれば、だんだん見た目を気にならなくなる場合もあるでしょう。男性からしても同じことが言えそうですね。

2位:収入などの金銭面

「愛はお金で買えない」と言われるように、愛情や信頼関係を重視するのであれば相手の「収入」は二の次という考えもあるはず。また最近では、結婚後もキャリアを積みたいという女性も増えていることから、夫に稼ぎを任せきりにせず共働きの道を選ぶ夫婦も多そう。

3位:性格

結婚で重視されることが多い「性格」ですが、意外にも妥協した人が多いよう。
性格とひと口にいっても様々な要素がありますよね。似た者同士が心地よいと思う人もいれば、ふたりの性格が異なるからこそ、自分だけでは知り得なかった新しいものに出会えることを魅力に感じる人もいるはず。
完璧に気の合う人というのはなかなか見つからないもので、過ごすうちに「こういう人なんだ」と慣れてくる場合もあります。

4位:価値観の不一致

生活、仕事、子育て、趣味、金銭感覚など…あらゆる物事の捉え方において、異なる部分がひとつやふたつは出てきます。完全に価値観が一致することはまずありえないでしょう。極端な価値観の違いでなければ、すこし妥協して寛容になることも大切になってくるはず。

5位:趣味の不一致

趣味への浪費に不満を持つ場合や、何事も夫婦一緒に楽しみたい人であれば、趣味の不一致は苦痛でしょう。休日にやりたいことが違ったり好きなものが違ったり、たとえ相手の趣味に興味がもてなくても、それぞれの価値観を認め合えるのであれば結婚生活も上手くいくはず。

6位:年齢

年下または年上がいい、歳の差はあまりないほうがいいなど「年齢」にこだわりすぎてしまうと、出会いの幅は狭くなります。結婚を考えているけれど相手の年齢だけが足かせとなっているのだとしたら、一度その条件を考え直してみてもいいかもしれませんね。


さて、ここで気になるのが「結婚相手に妥協したことを、今になって後悔しているか」ということ。

ぶっちゃけ、妥協して後悔してる?

かなり後悔している 20.57%
少し後悔している 35.43%
後悔はない 44%

後悔はない派と後悔している派、意見がふたつに分かれる結果となりました。

「かなり後悔している」「少し後悔している」と答えた女性は、具体的にどんな条件を妥協して後悔しているのでしょうか? 

妥協して後悔した結婚相手の条件TOP6

1位:性格

パートナーとの性格の不一致は、結婚後に後悔しやすいことが判明。恋愛時代は多少いい顔をして自分を偽っている可能性もあるため、結婚前に相手の本性を冷静に見つめることがカギとなるでしょう。

2位:価値観の不一致

全てにおいて価値観が一致することは難しいので、ときにはどちらかが価値観をすり合わせることも大切。ですが「これだけは譲れない!」と思う価値観においてパートナーとズレが生じている状態では、ストレスや不満が溜まってしまうはずです。

3位以下はほとんど同じ割合に。ざっと見ていきましょう。

3位:収入などの金銭面
4位:趣味の不一致
5位:年齢
6位:見た目


ここまでで、結婚相手は「内面的な相性」を妥協すべきでないことがわかってきました。結婚したことを後悔している女性のなかで、どれくらいの人が「離婚」を考えているのかも気になるところ。

妥協して後悔。離婚について考えたことある?

すでに離婚している 16%

離婚について本気で考えている 6%
離婚について少し考えている 16.57%

今のところ離婚は考えていない 61.43%

6割が「今のところ離婚は考えていない」と回答しましたが、残りの4割が離婚について少しでも考えていたり、離婚へふみきったりしている結果に…。

妥協して後悔→「離婚」を考えた結婚相手の条件TOP6

1位:価値観の不一致
2位:性格
3位:見た目
4位:年齢
5位:収入などの金銭面
6位:趣味の不一致

離婚を考えるきっかけとして最も多かったのが「価値観の不一致」、次いで「性格」でした。
価値観の不一致によりパートナーと摩擦が生じたときに、きちんと話し合いができなかったり向き合ってくれなかったりすると、「この人とはもう無理…」「何を話しても無駄」と諦めざるを得ない心境に陥ることもあるでしょう。
また3位に「見た目」がランクインするという意外な結果に。歳を重ねると見た目にも変化が出てくるのは自然なことで、それはお互いさまですが…あまりにも容姿に気を遣わないでいると相手を後悔させてしまうことも…? これは難しい問題ですね。


結婚への妥協は男女お互いさま。結婚は恋愛の延長線上にあると捉えることもできますが、結婚生活では相手の良い部分だけを見ていられることはなく、良くない部分にも向き合う場面が出てくるはず。今回の調査でも挙げられたように、「性格」「価値観」が合う相手を選ぶことが、結婚後も幸せな生活を送る秘訣となるようです。(Mai)

情報提供元/株式会社Trinity quest