白シャツコーデ19選|きちんと見えて今っぽいトレンドの着こなし♡【2020春夏秋冬】

季節別におすすめ♡白シャツコーデ特集

質感や色でニュアンスたっぷり仕上げに♡ 色っぽエシカル・楓Style『楓style4定番ワントーンはベージュを経てオール白 楓が愛してやまないなじませ配色。春は、ナチュラルな白を主役にして爽やかさ増し増しに♡ 甘くならないようキレのあるアイテムを選ぶのがコツ!』

爽やかで女らしい白シャツは、永遠のベーシックアイテム。フェミニンなスカートと合わせるきれいめコーデや、パンツと合わせるカジュアルコーデなど、今っぽさを効かせたおすすめの着こなしを紹介します♪ 白シャツのインナーや、白シャツをアウターにしたコーデも必見です!

【目次】
清潔感のある白シャツのトレンドコーデ
春夏の爽やか白シャツコーデ
白シャツを秋冬スタイルに着こなす
白シャツをアウターにするコーデ
定番の白シャツを今っぽく着こなす!

清潔感のある白シャツのトレンドコーデ


シンプル透けワンピでオンナっぽ♡

着回しが効いて使いやすい白シャツは、清潔感があり女性らしさをプラスしたいコーデにおすすめ! スカートやデニム、カラーパンツなど、どんなボトムスでも合わせやすいアイテムです。選びのポイントは、ジャストなサイズ感よりも、ゆとりのあるシルエットをチョイスすること! はおりにしたり、抜き襟にしたり、インナーを重ねたり…と、正統派な着こなし以外にも活躍します。

Point
・レースやデニム、シースルーなど素材に個性のあるボトムで地味見えを回避!
・個性的なバッグやヘアアクセなど、白シャツに映える小物で遊ぶのもおすすめ
・白シャツをゆるっと着ると今っぽいこなれ感が生まれる!

春夏の爽やか白シャツコーデ


【1】白シャツ×ピンクベージュスカート

柄物代わりに華やかさを投入!繊細レース『柄物を着ないので、全部無地だとのっぺりとしてしまうことも。そんなとき頼りになるのがレース。大人っぽく着るのがMYルールです』

女性らしく着映えるレーススカートは、大きめサイズのシャツをゆったり着てちょこっとラフに。合わせるシャツの襟を抜いて、女っぽく着くずすのもポイントです。時計やバッグに黒を加えて、淡いトーンを大人っぽく引き締めて。

CanCam2020年6月号より 撮影/北浦敦子 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/中村麻美 構成/山木晴菜

【2】白シャツ×デニムショートパンツ

最近増えているのが…ホワイトアイテム

トレンドのビッグシャツを合わせたヘルシーなデニムスタイル。ダボっとした白シャツは、ボトムのデニムショーパンが見えるか見えないか…の絶妙なボリューム感が今っぽい! あえての靴下×スニーカー合わせもポイントです。

CanCam2020年6月号より 撮影/有馬秀星(MOUSTACHE) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/Midori モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/田中絵理子

【3】白シャツ×黒スキニーパンツ

レザー×デニムのバイカラージーンズには、シンプルな白シャツを合わせておしゃれの引き算を。ラフなスニーカーで、コーデをとことんハズすのがポイントです♡

CanCam2020年5月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/石黒千晶

【4】白シャツ×ミントグリーンスカート

エモフェミニンをつくる、10Keywords『Keywords7 淡くてキレイな色が豊作!あいまいパステル』

㊨淡〜いミントのプリーツスカートは、ニットやブラウスをINして着るとややコンサバすぎるので、今季はシアーなシャツと合わせてゆるっとラフに。トレンド感抜群の透け感もエモさ抜群!

CanCam2020年4月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/菜波(本誌専属) 構成/手塚明菜

【5】白シャツ×ピンクテーパードパンツ

カジュアル服にキレイめエッセンスをプラス!渋谷シンプル茜Style『茜style4色を取り入れるならパキっとカラーパンツ 色を取り入れるならトップスよりもパンツで、が茜らしい感じ。美脚効果のあるセンタープレス入りでキレイめカジュアルを完成させて。』

ともすれば、コンサバアイテムにもなりうるテーパードパンツ。カジュアル派のヘビロテアイテム・CPOシャツを合わせることで、抜け感のあるこなれスタイルに変身させて。

CanCam2020年3月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/佐藤彩花、石黒千晶

【6】白シャツ×白スカート

質感や色でニュアンスたっぷり仕上げに♡ 色っぽエシカル・楓Style『楓style4定番ワントーンはベージュを経てオール白 楓が愛してやまないなじませ配色。春は、ナチュラルな白を主役にして爽やかさ増し増しに♡ 甘くならないようキレのあるアイテムを選ぶのがコツ!』

CPOシャツにシンプルスカートを合わせた1+1コーデ。簡単なのに、白で統一すると鮮度がぐっと高まります♡ シャツはアウトして、ゆるずるバランスをメイク。仕上げはグレージュのファーBAGで柔らかな女らしさも効かせて。

CanCam2020年3月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/楓(本誌専属) 構成/佐藤彩花、石黒千晶

【7】白シャツ×ピンクボーダー柄スカート

ボーダーのニットスカートに、白シャツと白サンダルで女らしさをプラス。爽やかな白シャツはスタイルアップ効果のある前結びで、リゾーティな印象を盛り上げるのが狙いです。

CanCam2019年8月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/室橋佑紀(ROI) モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/SEA DAYS 構成/佐藤彩花

【8】白シャツ×グリーンスカート

白シャツ×フレアスカートの女性らしい着こなしに、ハズしとしてスニーカーをプラスした今どきスタイル♡ ヘアターバンやビーズBAG、そしてダッドスニーカーなどトレンド小物を盛ることで、いつものシンプルコーデがぐっと今年っぽく仕上がります。

CanCam2019年6月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/神戸春美 モデル/菜波(本誌専属) 構成/石黒千晶

【9】白シャツ×グリーンチェック柄パンツ

“エキップモン”の白シャツは、仕立てと素材の良さが大人の女らしさを演出してくれる魔法の一枚。ボトムは白に映えるチェックのリネンパンツを投入して、ちょっぴり個性的で今っぽい印象に。バッグと靴はベージュでまとめて女らしく♡

CanCam2019年6月号より 撮影/峠 雄三 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/岡田知子(TRON) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/時吉 茜

【10】白シャツ×黒インナー×黒パンツ

SNS映えするきれいめモノトーンカジュアル!黒デニムでモノトーン

黒で繋げた着こなしに白シャツを無造作にON! シンプルながら今っぽくて女らしい理想の白シャツスタイルは、簡単なのにこなれて見える推しコーデ。ニュアンスたっぷりのビッグシャツとスキニーで、メリハリをきかせたバランスも今旬。

CanCam2019年5月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/神戸春美 モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/L’IGNIS、北村緋菜 構成/稲垣あすか、石黒千晶、佐藤彩花、時吉 茜、木村 晶

白シャツを秋冬スタイルに着こなす


【1】グレーニット×白シャツ×黒パンツ

ワークマンをいつものコーデに取り入れてみたら…『タウン向けから、ガチ作業服まで!本当に使えるワークマンの注目アイテムを冬コーデに投入♡「これ本当にワークマン?しかもこの価格!?」と、サプライズなおしゃれをお届けします♪』

ロング丈トップス×スリムパンツは間違いない組み合わせ。インナーに白シャツを仕込んで奥行きのあるモノトーン配色に。引き締め効果のある黒パンツが、スタイルアップも叶えます。靴はラフなスニーカーで軽やかに仕上げて。

CanCam2020年2月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/深瀬介志(sui) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/石黒千晶

【2】黒ベレー帽×チェック柄ジャケット×白シャツ×白パンツ

MONOTONE2 白ならほっこりしすぎず、キレイめに 冬素材の白パンツ『重くなりがちな冬コーデを軽快に!コーデュロイやニットなど、ゆるっとはける カジュアル素材でトレンド感も狙って!』

冬こそ楽しみたいALLホワイトコーデは、シャツ×ニットパンツの異素材を組み合わせてメリハリをつけるのがコツ。ずるっと長い旬シルエットでこなれ感も手に入ります。ベレー帽やミニBAGで、洗練された小物使いを楽しんで。

CanCam2019年12月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/手塚明菜

【3】白シャツ×黒デニムパンツ

Saint Laurent

白シャツ×デニムの鉄板コーデには、アクセントになる小物合わせがマスト! シンプルなスタイリングにこそ映えるクラシカルなモノグラムバッグで、今どきのヴィンテージ感をプラスして。

CanCam2019年10月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini.) モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/浜田麻衣

【4】白シャツ×ベージュワイドパンツ

ロングトップス×ベルト の新シルエットにTRYしてみたい! by 安未

ベージュのワイドパンツに重ねたのは、べっ甲風ボタンが効いたヴィンテージ調のロング白シャツ。レトロテイストのレザーベルトでウエストマークすれば、どこかエモい秋コーデが完成します。

CanCam2019年9月号より 撮影/小川健太郎 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/石黒千晶

白シャツをアウターにするコーデ


【1】白シャツ×ネイビーキャミワンピース

タウンユースなキャミワンピをとことん着倒す予定!

シンプルな黒のキャミワンピは差し色やレイヤードを楽しむのが醍醐味! トレンドのシアーシャツをゆるっとはおって、ライム系の小物をプラス♡ エモさ抜群の夏コーデは男女ウケ抜群です。

CanCam2020年7月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/石黒千晶

【2】白シャツ×ベージュワンピース

シンプル透けワンピでオンナっぽ♡

クロシェ編みのワンピースは、女っぽいマーメイドラインにキュン♡ キャミの露出は透けシャツでカバーして軽やかさをキープするのがコーデのコツです。

CanCam2020年6月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/後藤若菜(ROI) モデル/菜波(本誌専属) 構成/田中絵理子

【3】白シャツ×黒タートルネック×デニムパンツ

02[彼っぽCPOシャツ]『アメリカ海軍の制服がルーツなだけに、デザインはメンズライク。ここに肌感のあるインナーやメリハリシルエットを加えることで、彼のシャツを着たような女らしさ際立つ色っぽスタイルが叶うんです♡』

黒タートル×デニムにトレンドのCPOジャケットをON! レトロ感のあるキルティングバッグやチェックのパンプスを盛って、デニムコーデにエレガントな味付けを。

CanCam2019年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/出口奈津子 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/玉木歩乃花 構成/石黒千晶、山木晴菜

【4】白シャツ×マスタードワンピース

02[彼っぽCPOシャツ]『アメリカ海軍の制服がルーツなだけに、デザインはメンズライク。ここに肌感のあるインナーやメリハリシルエットを加えることで、彼のシャツを着たような女らしさ際立つ色っぽスタイルが叶うんです♡』

立体感のあるコーデュロイシャツには、軽やかなキャミワンピがお似合い。エクリュ×ブラウンの旬グラデで、気張らない女らしさをゲットして。

CanCam2019年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/出口奈津子 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/玉木歩乃花 構成/石黒千晶、山木晴菜

【5】ベージュキャップ×ストライプ柄白シャツ×ブラウンタンクトップ×白パンツ

1枚は欲しい♥茶系 きゃみたん で秋っぽ配色コーデ

ラフなニットタンクにゆるシャツ、ボトムは白のワイドパンツでエフォートレスに仕上げて。チラッと見える肩や深めに開いたデコルテの肌見せが、コーデに女っぽい抜け感を生むんです。仕上げにONしたベージュのキャップで淡い配色を引き締めて。

CanCam2019年9月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/木村 晶

定番の白シャツを今っぽく着こなす!


きちんと感や女性らしさが演出できる、白シャツコーデを紹介しました。シーズン問わず使える白シャツは、スカートやパンツなどボトムを変えるだけでも印象の違いが楽しめます♪ 上品なコンサバコーデに取り入れるのもアリですが、今シーズンの白シャツはちょっと大きめサイズや、シルエットがゆるっと見えるものをチョイスして、全体にリラクシーに着こなすのがおすすめです。

 

>CanCam.jp TOPに戻る