日焼けや冷房対策にも!「カジュアルシャツ」の夏コーデ18選【2021レディース】

カジュアルなシャツコーデを特集

カジュアルシャツ夏コーデ

この夏のトレンドを取り入れたシャツコーデを厳選! 旬なシアーシャツを合わせる着こなしや、オフィスにもおすすめなシャツスタイルを紹介します。強い日差しや室内の冷房対策としても、さっと羽織れるシャツは重宝。夏のアウターとしても活躍するアイテムです。

ユニクロのシャツであか抜けシミラーコーデ

顔まわりがパッと明るくなるようなシャツを取り入れると、ベーシックな着こなしでもトレンド感溢れるコーデが完成。例えばシャツ×デニムの定番コーデも、カラーシャツやニットの巻き方テクをマスターすれば今っぽさが演出できます。

カジュアルシャツ夏コーデ

今季は同じ色のアイテムを重ねる「シミラー配色」が今っぽくておすすめ! イエローのシャツにイエローのニットをくるっと巻いて奥行きを。”似ている(=シミラー)色同士を組み合わせる”という簡単なテクニックなのですが、コーデがあか抜けて見えるので試してみて下さいね(スタイリスト・たなべさおり)

シャツの今年っぽい着こなしアイデア

■シャツ×ハーフ丈パンツの大人カジュアル

カジュアルシャツ夏コーデ

今シーズンは、トレンドのバミューダパンツにシャツを合わせる大人カジュアルがおすすめ! 太ももが見えるほど短かったり、ボーイズっぽい雰囲気のデザインでなく、膝丈のバミューダ丈をチョイスすると、シャツの大人っぽさと相まってこなれ感がUPします。

■シアーシャツで程よい抜け感を出す

カジュアルシャツ夏コーデ

透けシャツの肌見せ効果で、ワントーンコーデを立体的に。シャツの透け感を活かしたエアリーな雰囲気で季節感や透明感もUPさせて。

■オーバーサイズをゆるっとこなす

カジュアルシャツ夏コーデ

メンズライクなオーバーサイズのシャツは、×スカートで大人カジュアルに♡ きちんとしすぎないシャツコーデが楽しめます。

カジュアルなシャツコーデのポイント

カジュアルシャツ夏コーデ

  1. 夏はアウターとしてもおすすめなシャツ
  2. ×ハーフ丈パンツの着こなしで今っぽい大人カジュアルに
  3. オーバーサイズのシャツは、×スカートでフェミニン要素をプラス
  4. シアーシャツならワントーンでも立体的な着こなしが完成

大人カジュアルなレディースのシャツコーデ

【1】ベージュシャツ×黒ハーフパンツ×白バッグ

カジュアルシャツ夏コーデ

ラフなハーフパンツをベージュの開襟シャツできれいめにシフト。トレンドのハーフパンツは、ベージュ、白、黒などの定番カラーでまとめて、あくまでオトナコーデに仕上げるのがオススメ!

CanCam2021年9月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/生見愛瑠(本誌専属) 構成/鶴見知香

【2】ドット柄シャツ×黒ショートパンツ

カジュアルシャツ夏コーデ

ドットの開襟シャツはほんのりパフスリーブで、上品な女のコらしさとヘルシーな肌見せを両立。切りっぱなしのデニムショーパンでスパイスも投入!

CanCam2021年9月号より 撮影/須江隆治(See) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜、金崎吏穏 構成/権藤彩子

【3】花柄シャツ×イエローパンツ

カジュアルシャツ夏コーデ

小花柄のシャツは、アロハな雰囲気も醸し出せるツワモノ。イエローのパンツとのハイコントラストな組み合わせが、おしゃれの上級テクニック。人気の黄色もマイルドなたまごイエローを選ぶと、あたたかみのある印象がGETできます。

CanCam2020年9月号より 撮影/今城 純 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/kika モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/権藤彩子、時吉 茜、佐藤彩花

【4】ピンクシャツ×白インナー×黒スキニーパンツ

カジュアルシャツ夏コーデ

きれい色シャツ×スミ黒パンツで、大人っぽいこなれコーデに。白タンクで抜け感を作ったり、シルバー小物やビーサンを取り入れて、夏の黒を軽やかに着こなして。

CanCam2020年9月号より 撮影/小川健太郎 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/まい(本誌専属) 構成/山木晴菜

【5】ピンクシャツ×白Tシャツ×ピンクパンツ

カジュアルシャツ夏コーデ

くすみピンクのパンツ×白Tで今っぽい配色に。ベリーカラーのシャツや薄ピンクのパンプスなど、ニュアンシーなワントーンでまとめると大人なピンクが楽しめます。かわいい印象が強かったピンクだけど、トレンドのくすみカラーを選べばヘルシーでほんのり色っぽさも漂います♡

CanCam2020年9月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/手塚明菜

【6】白シャツ×ブラウンハーフパンツ×ブラウンバッグ

カジュアルシャツ夏コーデ

ベージュ〜ブラウンの同系色でまとめれば、シャツ×ショートパンツの簡単コーデも季節感&こなれ度UP! ベーシックカラーで頑張ってる感はないけれど、トレンド見えはばっちりです♡ 大人っぽいサファリテイストの着こなしも、まろやかカラーなら女っぽい!

CanCam2020年9月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/加藤史帆(本誌専属) 構成/手塚明菜

【7】ブラウンシャツ×白トップス×ミントパンツ

カジュアルシャツ夏コーデ

ブラウンシャツにブルーのパンツを合わせた今っぽ配色コーデ♡ シャツは斜めにたすきがけすることで、縦長ラインを強調した美シルエットに! 濃いめブラウンをバッグとリンクさせて、淡色のワントーンコーデにメリハリをプラス♪

CanCam2020年7月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【8】イエローシャツ×ブラウントップス×ピンクパンツ

カジュアルシャツ夏コーデ

色気を感じさせるハイネックのノースリで、ピンクのカラーパンツも大人顔に♪ モカベージュのトップスにイエローのシャツを斜めに巻いて、コーデのメリハリや夏っぽさをプラス。小物はブラウンでやわらかく引き締めるのがポイントです♡

CanCam2020年7月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【9】ストライプ柄シャツ×白トップス×オレンジパンツ

カジュアルシャツ夏コーデ

ストライプシャツ×オレンジ系の配色が夏モード全開! カラーパンツに挑戦するときは、センタープレスをチョイスすればきちんと感が出せておすすめです。カラーが多めのときは、足元はヌーディなベージュを選んで肌なじみよく♡

CanCam2020年7月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【10】ベージュシャツ×ベージュTシャツ×白パンツ×白スニーカー

カジュアルシャツ夏コーデ

王道のデニム×Tシャツも、ベージュと白のミルキートーンにすることで新鮮に! シンプルな合わせには、肩に巻いたシャツやおちゃめバッグ、BIGピアスでさらに洒落感を盛るのがおすすめです♡ 靴も白コンバースでなじませてトレンドのワントーン配色に。

CanCam2020年6月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI(LINX) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/石黒千晶

羽織り代わりのシャツの着こなし

【1】白シャツ×ピンクキャミソール×ピンクスカート

カジュアルシャツ夏コーデ

無条件にかわいいダスティピンクはワントーンでまとめるのもオシャレ♡ 甘いピンクをあえて抜け感シャツで辛口に仕上げると今っぽさもGETできます。トレンドのビーズアクセやカラーメイクも色味をそろえて完成度高く。

CanCam2021年8月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メイク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/金崎吏穏 構成/権藤彩子

【2】ベージュシャツ×ベージュニットワンピース

カジュアルシャツ夏コーデ

休日コーデにもおすすめのシアーシャツ×ニットワンピの組み合わせ。ピンク×ベージュのヌーディなコーデは、あざとかわいさ抜群です♡ 合わせるアイテムや肌とのコントラストをつけないのが、透けシャツを品よく見せるポイント。

CanCam2020年9月号より 撮影/前 康輔 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI(LINX) モデル/山下美月(本誌専属) 構成/権藤彩子、時吉 茜、佐藤彩花

【3】ベージュシャツ×グレーインナー×デニムパンツ

カジュアルシャツ夏コーデ

トレンドのシアーシャツはタンクにさらっとはおるくらいが大人っぽくて◎。ラフなコーデの日はじゃらっとネックレスで女っぽさをONしたり、優しげなカラー小物をプラスすると洗練されたデニムスタイルに仕上がります。

CanCam2020年9月号より 撮影/前 康輔 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI(LINX) モデル/山下美月(本誌専属) 構成/権藤彩子、時吉 茜、佐藤彩花

【4】ブラウンシャツ×白Tシャツ×クロシェ編みスカート

カジュアルシャツ夏コーデ

ロゴTシャツ×レーススカートを、落ち着いたALLホワイトコーデでまとめてきりっとかわいく。コーデが締まるブラウンのシャツを羽織りに合わせて、バッグ&靴も同色で統一すればホワイトコーデがのっぺり見えずおしゃれムードが漂います♪

CanCam2020年9月号より 撮影/今城 純 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/kika モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/権藤彩子、時吉 茜、佐藤彩花

【5】ピンクシャツ×黒ワンピース

カジュアルシャツ夏コーデ

旬のシアーシャツは、女っぽさと清涼感を叶えてくれる優れもの。ラインのきれいなワンピにふわっと羽織ってキレイめにコーディネート。カーヴィーなシルエットがほんのり透けてさりげなくスタイルアップも叶います。

CanCam2020年8月号より 撮影/寺田茉布(LOVABLE) スタイリスト/宮本茉由(本誌専属) ヘア&メイク/宮本茉由(本誌専属) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/権藤彩子

【6】パープルシャツ×黒インナー×デニムパンツ

カジュアルシャツ夏コーデ

シンプルなタンクトップに、透け感のあるパープルのシャツをON! しなやかな素材感やキャミの肌見せで、男っぽいデニムを合わせてもどこか女らしくきまります。

CanCam2020年8月号より 撮影・スタイリスト・ヘア&メイク・モデル/楓(本誌専属) 構成/権藤彩子

【7】ベージュシャツ×白Tシャツ×黒フレアパンツ

カジュアルシャツ夏コーデ

モノトーンで統一したデニム×フォトTでシックなカジュアルコーデに。TシャツはウエストにINして脚長に見せつつ、オーバーサイズのシャツでゆるっとリラクシーな大人カジュアルを完成させて。足元は肌感のあるサンダルで、黒デニムをすっきり見せるのが狙いです。

CanCam2020年6月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/石黒千晶

【8】白シャツ×ベージュニットワンピース×マルチカラーバッグ

カジュアルシャツ夏コーデ

クロシェ編みのワンピースは、女っぽいマーメイドラインにキュン♡ キャミの露出は透けシャツでカバーして、全体の軽やかさをキープするのがおしゃれのコツ。鮮やかカラーのバッグでアクセントを加えて、エクリュコーデののっぺり感も阻止しましょ。

CanCam2020年6月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/後藤若菜(ROI) モデル/菜波(本誌専属) 構成/田中絵理子

夏の日差しや冷房対策にもシャツはおすすめ

定番でオンオフ着られるシャツですが、今季はシアーシャツを選んだり、×ハーフパンツを合わせて抜け感をつくったり、今っぽいおしゃれのコツを取り入れて。カーディガン代わりに持ち歩けば、日差しや室内の冷房対策としても活躍します。