意外と知らない!「陛下」と「殿下」の違い、知っていますか?

「陛下」と「殿下」の違い、知っていますか?


普段なにげなく使っていても、「そういえば正しく読めているのかな?」と不安になる日本語ってありますよね。
これまでCanCam.jpでは、「相槌」「定礎」「流石」「愛猫」など、読めそうで読めない日本語の数々をご紹介してきました。

とうとう新元号「令和」1日めを迎えた本日のお題は……こちら!

 

陛下

そう、天皇陛下の「陛下」です。よく聞く言葉なのでもちろんちゃんと読めているとは思いますが……念のため再確認しておきましょう。

正解は……そうです、「陛下」は「へいか」です。あなたは正しく読めていましたか?

……ところで、偉い人につける敬称にもいろいろあります。よく聞くものだと「陛下」「殿下」「閣下」「猊下」あたりでしょうか。なんとなく使い分けてはいますが、「どう違うの?」と聞かれると答えに詰まってしまうかも。

陛下殿下閣下

読み方ついでに違いも覚えちゃいましょう♪ 

 

▼陛下、殿下、閣下、猊下…それぞれどう違うの?


陛下、殿下といった敬語は、呼びたい対象の人物によって使い分けられています。

 

◆陛下(へいか)

一般的に、日本では最も聞く機会が多いであろう「陛下」。こちらは敬称の中でもかなり対象範囲が狭く、具体的には次の方々のみに用いられます。

天皇
天皇の妻(皇后)
先代天皇の妻(皇太后) ※先々代以前の方が存命の場合も「陛下」です。

簡単に言えば、天皇とその妻のみに使われるのが「陛下」なのです。

ちなみに、現在の天皇は5月1日に退位した後「上皇」という肩書きに変わります。存命中の天皇がその位を皇太子に譲るのは、約200年ぶりの出来事。というわけで、敬称を「陛下」にすべきかそれ以外にすべきかが改めて協議されました。
(結果的には、敬称はそのまま「上皇陛下」と呼ばれる予定になりました。)

 

◆殿下(でんか)

陛下の次に耳にすることが多いと思われる「殿下」。こちらは、「陛下」と呼ばれる対象者以外の皇族のための敬称です。具体的には、皇太子、皇太子妃、皇女、皇孫などに用いられます。

◆閣下(かっか)

「閣下」になると、やや我々よりの立場になります。こちらは将官の軍人(少将、中将、大将など)を中心とした、位の高い人のための敬称です。また、外国の大統領や大使、領事、貴族などに用いられることもあります。

ちなみに、白塗りメイクと逆立った金髪、「ワハハハハハ、吾輩は……」のフレーズで有名なマルチタレントのあの方も「◯ーモン閣下」と呼ばれていますよね。こちらのケースはあくまでも芸名の一部のような扱いですが、個人的にはこの方のお名前が一番なじみ深いかも♪

◆猊下(げいか)

こちらは歴史の教科書で見た記憶があるかもしれません。「猊下」は、位の高い宗教者のための敬称です。「教皇猊下」「法王猊下」というふうに使われます。

「〜下」という敬称って、結構いろいろあるんですね。
譲位を控え、ロイヤルなニュースが増えるであろうこの時期。「陛下」「殿下」に関する豆知識もぜひ会話のタネにしてみてください♪
(豊島オリカ)

 

★まだまだチャレンジしてみる? 漢字クイズ 記事一覧はコチラ

 

★読めないまま使ってない?宛名に書く「御中」ってなんて読む?

>CanCam.jp TOPにもどる