スタイルがよく見える♡【きれいめパンツスタイル29選】|オフィスや休日向けコーデ【2022】

スタイルがよく見える♡【きれいめパンツスタイル29選】

レディースきれいめパンツスタイル

オフィスやデートシーンに役立つきれいめパンツスタイルを大特集! 楽ちんさで選びがちなアイテムだからこそ、パンツをレディに着こなしたり、スタイルよく魅せるテクニックは重要♡ 今っぽい着こなしが叶う、透け素材やレースを使ったアイテムにも注目してくださいね。

きれいめなパンツスタイルの作り方

スカートよりも登場回数が多い!という人も増えているパンツ人気。ブラウスなどのレディなアイテムを合わせたり、靴に女性らしいデザインを選ぶことで、フェミニンムードが簡単にプラスできるのもパンツの魅力。まずは、きれいめなパンツスタイルをつくるおしゃれのコツを紹介します。

■カラーパンツで新鮮なコーデに

レディースきれいめパンツスタイル

普段のパンツスタイルにマンネリしたときにおすすめなのがカラーパンツ。今季は鮮やかなボールドカラーを選ぶと、より今っぽいトレンド感のある着こなしに。ベーシックカラーのトップスに合わせるだけで新鮮な着こなしが楽しめます。

■フレアパンツでフェミニンに

レディースきれいめパンツスタイル

レッグラインがほっそり長く見えるセミフレアのパンツは、計算されたシルエットでスタイルも好感度もUP♡ 上品できちんと感があるので、オフィスコーデにもマッチします。ハイウエストのタイプなら、腰位置の高さを強調した縦長ラインですっきりコーデに。

■カジュアルパンツは×きれいめアイテムで大人っぽく

レディースきれいめパンツスタイル

デニムパンツなどカジュアルなパンツを大人っぽい着こなしにするなら、旬のツイードジャケットやトレンチコートなどきれいめなアイテムと合わせるコーデがおすすめです。

■グレーやベージュのデニムパンツを合わせる

レディースきれいめパンツスタイル

デニムパンツを今っぽいこなれ感のあるコーデにするなら、グレーやベージュなどあいまいな色味のデニムを選ぶのがおすすめ! 黒や白のアイテムと合わせるモノトーンコーデはもちろん、ラベンダーやモーヴピンクなどニュアンシーな色とも好相性。

■フリルやレースなど甘トップスを合わせる

レディースきれいめパンツスタイル

黒やネイビーなどシックな色のパンツは、ビッグカラーやフリルなどデザインが甘めのトップスもおすすめ。パンツがハンサムな分、顔回りが華やぐことで女性らしいパンツスタイルが完成します。

きれいめパンツスタイルの着こなしポイント

レディースきれいめパンツスタイル

  1. カラーパンツは、白、ネイビー、グレーなど定番色トップスに合わせやすい
  2. カジュアルデザインのパンツはきれいめアウターやトップスで大人っぽく
  3. デニムはグレーやベージュを選ぶときれいめな印象に仕上がる

通勤におすすめなきれいめパンツスタイル

【1】白ブラウスとグリーンパンツの大人きれいコーデ

RULE1 クロップド初心者はブラウスなら間違いない♡『着慣れたブラウスなら、流行りのクロップド丈も手が出しやすい♡ いつものブラウススタイルも短丈にするだけで、即スタイルよく見える新鮮バランスに!』

くすみグリーンのスラックスに白のフリルブラウスを投入。フリルの存在感をクロップドでおしゃれっぽく取り入れると、切れ味のいいフェミニンスタイルが完成します。

CanCam2022年5月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メイク/小松胡桃(ROI) モデル/菜波(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/石村真由子

【2】カラーパンツで作るきれいめブラウスコーデ

02 透けないブラウスには防寒インナーを仕込む!『スクエアネックブラウス×深Vインナー』

こっくりピンクのパンツに鎖骨を美しく見せてくれるスクエアネックのブラウスをIN。夜のシーンにも映える大人っぽい配色と、さりげない肌見せがポイントです。パールのネックレスや白バッグで女っぽい抜け感も。

CanCam2022年3月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【3】きれい色のセットアップは小物でハズシをきかせて

ニュアンスカラー&柄で映え!テーラードジャケット『春のワードローブに1枚は入れておきたい、王道テーラード。定番アイテムだからこそ、明るいカラーやクラシカルなチェック柄で盛り上げて、周りと差をつけたい!』

ダスティブルーのセットアップにロゴTをINして、カジュアルな抜け感をプラス。×Tシャツは、きちんと感のある着こなしにこなれ感が演出できる簡単テク。ロゴT、かごバッグ、ボーダー…カジュアルな要素できれいめパンツスタイルを着くずすのが今っぽい!

CanCam2022年5月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/トラウデン直美(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜 構成/手塚明菜

【4】甘めブラウスはハンサムなジレで糖度控えめに

シンプル服にキレをプラス!モード顔ジレで一点突破!『いつものコーデにプラスするだけで   おしゃれ感度を底上げしてくれるジレ。直線的なシルエットのおかげで、  スタイルアップも叶えてくれる優れもの♪   ドラマティックなロング丈も、軽快なショート丈も、今季は豊富に登場!』

端正なジレを甘ブラウスの締め役に合わせたら、シャープな黒パンツできりっとハンサムに。サイドスリット入りでスマートに決まるショート丈ジレはジャケットよりも軽やか。フェミニンかつキリッと見える甘辛MIXは、通勤スタイルにもおすすめです。

CanCam2022年5月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/YUMBOW(ilumini) モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【5】イエロー×ブラウンの上品配色で洗練ムードに

No.4 盛りブラウス×ハンサムシャツ

トラッドなパンツでチアフルなイエローのフリルブラウスの糖度をオフ。オンラインでも映えること間違いなしのフリルブラウスもイエローを選ぶとトレンド感が即UP! イエローとブラウンのまろやか配色で、きちんと見えつつ春らしさも演出しましょう。

CanCam2022年4月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/田中絵理子

【6】ピンクのセンタープレスパンツで端正な通勤コーデに

No.2 バンドカラーシャツ×鮮やかカラーパンツ

ボリューム袖のブラウスにハイウエストパンツを合わせてスタイルアップ。ピンクパンツのフェミニンさは、チャコールグレーのミニマルなバンドカラーシャツで程よく中和。グレージュのバッグや黒パンプスなど、端正なきれいめ小物で大人っぽさもプラスしてオフィス仕様に仕上げましょ。

CanCam2022年4月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/田中絵理子

【7】トレンドのジレセットアップで通勤スタイルを新鮮に

No.1 ジレセットアップ

シャープなセンタープレスパンツにノーカラージレを羽織る今っぽ通勤スタイル。シンプルなジレにはデザイン性のある華やかなブラウスがマッチ。靴はエナメルのローファーで、きちんと感がありつつコンサバすぎないモードな着こなしを楽しんで。

CanCam2022年4月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/田中絵理子

【8】ブラウン~ベージュの洗練されたグラデーション配色

No.1 ジレセットアップ

セットアップ・ニット・バッグもキャメルのグラデ配色でまとめて、ぐっと洗練された印象に。インナーにラフなニットを挟んでキメすぎないのがポイントです。大きめのバッグにはくるっと鮮やかなスカーフを巻いて差し色をプラス。

CanCam2022年4月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/田中絵理子

【9】オレンジトップスにネイビーパンツできちんと感を

ORANGE

端正なネイビーパンツに印象的なオレンジトップスを合わせて品よく華やかな印象に。重たいコートを脱ぐ季節は、さりげないデザイン性が目を引く1枚サマトップスの出番です。ジューシーオレンジの鮮やかさで、トップス×パンツの簡単ワンツーコーデでも抜群の映え感が手に入ります。

CanCam2022年4月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/後藤若菜 モデル/菜波(本誌専属) 構成/岩附永子

【10】ゆったりチュニックブラウスは細身パンツでバランスよく

ハイウエストテーパードパンツを骨格タイプ別に冬→春着回し『NATURAL』

ゆったりとしたシルエットでリラクシーに体が泳ぐチュニックは、裾に向かって徐々に細くなるテーパードパンツと合わせることで美スタイルが際立ちます。サンドベージュ×ピーコックブルーのこなれ配色も洒落感たっぷり。小物はブラウスと同系のベージュやブラウンで統一して今っぽい配色に。

CanCam2022年3月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/岩附永子

【11】シンプルだけど今っぽい♡くすみピンク×チュニックコーデ

くすみピンクのセミフレアパンツを骨格別に冬→春着回し『STRAIGHT』

ニュアンスピンクのパンツにハリのある白ブラウスをプラス。シンプルなのにスタイルがよく見えて顔映りもいい着こなしは通勤にもおすすめです。パンツのセンタープレスも下半身を直線的に見せてくれてGOOD。

CanCam2022年3月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/後藤若菜(ROI) モデル/菜波(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/岩附永子

【12】紺ジャケット×白デニムの清潔感抜群なパンツスタイル

Keyword8 淡色ローファー

紺のジャケットにラフなグレーTシャツと白パンツを合わせた大人カジュアル。定番のフラットシューズやパンプスの代わりに、今年は上品なローファーをチョイスしてこなれ感を意識。トラッドが香る絶妙なカジュアルスタイルはオフィスにもおすすめです。

CanCam2022年3月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/生見愛瑠(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜、金 世娜 構成/鶴見知香

【13】今年トライしたいボールドカラーのパンツコーデ

ORANGE

トレンチやブラウスなど清潔感のある白の分量を多めにして、鮮烈なネオンオレンジのパンツを包み込むようにコーディネート。定番色やくすみカラーでなく今季らしいオレンジにしてみると、よりハツラツとしたムードに仕上がります。

CanCam2022年4月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/岩附永子

【14】柔らかなオレンジで大人っぽいパンツコーデに

2 コットンブラウス×セミフレアパンツ『上品見えする〝ナチュラル素材〟で優しく♡』

透け感が女っぽい黒ブラウスにやわらかな色合いのオレンジパンツをコーディネート。トレンドアイテム同士を組み合わせても、パンツのシルエットにきれいめなものを選べばバランスよくまとまります。足元は白のフラットシューズで軽やかな抜け感を。

CanCam2022年4月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【15】鮮やかグリーンをモノトーンで大人に着こなす

Keyword9 ボールドカラーボトムス

カラーパンツ初心者は、流行色のグリーンからまずはトライ。センタープレス入りのハイウエストパンツに辛口なモノトーンアイテムを合わせると、グリーンが浮かずおしゃれっぽくまとまります。

CanCam2022年3月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜、金 世娜 構成/鶴見知香

休日向け♡大人っぽいきれいめパンツスタイル

【1】きれいめジレは×デニムパンツで抜け感をプラス

セットアップのジレをきちんと&カジュアルに着回し!

休日のデニムスタイルにトレンド感を添えてくれるのが、旬のジレ。アウター感覚でゆるっとはおるだけで今っぽさが上昇して、テクニックなしでおしゃれ上手な印象に仕上がります。

CanCam2022年5月号より 撮影/須江隆治(See) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/只友謙也(LINX) モデル/生見愛瑠(本誌専属) 構成/岩附永子

【2】グリーンが新鮮♡ショート丈パンツセットアップ

ショートパンツ×ジャケットのセットアップにローファー気分でブラウンのグルカサンダルを投入! ゴツめサンダルをコーデのハズしに抜擢すれば、おしゃれ感度がUPします。

CanCam2022年5月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メイク/小松胡桃(ROI) モデル/佐々木莉佳子(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/石村真由子

【3】モードなディテールで都会的なパンツスタイルに

カジュアルなスエット風素材のセットアップは、ショートパンツの大胆な脚出しでほっこり感を回避♡ 小物は白でまとめてクリーンな雰囲気をプラスして。

CanCam2022年5月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メイク/小松胡桃(ROI) モデル/小室安未(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/石村真由子

【4】透け感のあるピンクシャツなら合わせやすい

最高にかわいくなれるピンクベースのキュン配色『発色がよく明度の高いピンクは、甘さがトゥーマッチにならないように、カジュアルな素材感やシルエットで抜けよく。そして「あいまいトーンで優しく」or「引き締め色でメリハリよく」着るカラーパレットが、今っぽくて推し!』

エクリュのワイドパンツに白Tを合わせたホワイトコーデ。アクセントに羽織ったシャツは、濃いピンクでも透明感のあるシアー素材なら肌になじみ着やすさも◎。エクリュパンツとのやわらかな色合いで、親しみやすさも高まります♡

CanCam2022年5月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/石黒千晶

【5】色の濃さに差をつけた上級カラーミックスコーデ

グリーンベースの今っぽ配色でプレイフルに『柄モノやトレンドディテールで、ポジティブに楽しみたい旬色グリーン!×モノトーンとのおなじみ配色も、鮮度高く仕上がります。より気分をアゲたい日は、大胆なカラーミックスでHAPPYオーラ全開に着こなすのもアリ♡』

パッと目を引くグリーン&イエローは、今季ならではのニュースな配色。ベージュの延長で使えるたまごイエローのシアーシャツなら、ハツラツとしたグリーンパンツともケンカせずにしっくりとなじみます。小物はブラウンを取り入れてまろやかに。

CanCam2022年5月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/石黒千晶

【6】カジュアルもモノトーンならきれいめに仕上がる

女っぽ小物でオトナにシフト クロップド丈セットアップで一点突破!『この春も気になるセットアップは、スタイルアップが叶う短丈シルエットが大本命。  目新しいアイテムゆえ、きれいめ小物で大人に落とし込むのがベター。』

コケティッシュなムードのギンガムチェック柄パンツ×ブラウスコーデ。気負いのないデザインでかわいいギンガムチェックをリラクシーに着こなしたら、ジャケットもシックなモノトーンでまとめつつ、鮮やかに映えるブルーの華奢サンダルでほのかな色気をONしましょう。

CanCam2022年5月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/YUMBOW(ilumini) モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【7】大人なデニムコーデはニュアンスカラーがおすすめ

6 春カラー×淡色デニム『マイルドな〝あいまいカラー〟で優しく♡』

くすみグリーンのスタンドカラーコートとグレージュデニムで、凛とした大人カジュアルが完成。パイソン柄のパンプスであいまいカラーにスパイスをひとさじONするとコーデの洒落感が高まります♡

CanCam2022年4月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【8】イエロートレンチをダークトーンできりっと引き締めて

6 春カラー×淡色デニム『マイルドな〝あいまいカラー〟で優しく♡』

トレンチコートを春らしくアップデートするなら、ベージュ感覚で着られるまろやかイエローがおすすめ。フレア袖とトレンドのイエローで優しいムードもプラスできます。インナーはデコルテの開いたニットで女っぽさを足して、ボトムはグレーデニムでキレよく仕上げて。

CanCam2022年4月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【9】ニュアンス配色やカットワークレースで旬のスタイルに

2 コットンブラウス×セミフレアパンツ『上品見えする〝ナチュラル素材〟で優しく♡』

ロマンティックなレースブラウスをウエストアウトにして、セミフレアパンツに合わせるとモード見え。全身を淡色でまとめると優しさと春らしさもさらにアップするので、デートにもおすすめです。

CanCam2022年4月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【10】ジャケットコーデはカジュアル小物でこなれ感を

チェッカー柄バッグ

襟付きトップスにバミューダパンツを合わせた最旬スタイル。差し色のイエローカーデもコーデの奥行きにひと役。ニットカーデはレイヤードしたり1枚で着たり活躍シーンも多め。仕上げのチェッカー柄小物がコーデのいいスパイスになっています。

CanCam2022年3月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メイク/福岡玲衣 モデル/佐々木莉佳子(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/田中絵理子

【11】華やかジャケットでカジュアルコーデを上品に

03 襟コンブラウスは上に重ねて華やか盛り!『ビッグカラーブラウス×ツイードカーデ』

襟の大きなブラウスにツイードの羽織りを重ねたレイヤードスタイル。カーデとブラウスは、同色でなじませるのが大人っぽさのコツ。デニムでカジュアルダウンして、肩の力が抜けたきれいめカジュアルに仕上げましょう。

CanCam2022年3月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/小室安未(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【12】肌に馴染むベージュトップスで大人カジュアルに

ブルベさんがたまごイエローを着るなら…『攻略02 パーソナルカラーの締め色との配色が好バランス』

ハイウエストの技ありデニムを取り入れると、シンプルなワンツーコーデも新鮮顔に。たまごイエローのニットとインディゴブルーの色合わせでカジュアルかわいいデニムスタイルが完成します。ピアスはシルバー、バッグと靴は万能なブラックで締めて、大人っぽく着こなして。

CanCam2022年3月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/山下美月(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【13】シアーシャツが映える女らしいマニッシュスタイル

イエベさんレモンライムを着るなら…『攻略テク01 今っぽ〝透け〟アイテムで軽やかにまとって』

ボリューミーなワイドパンツは、軽さの出せるシースルーシャツなどトップスでバランスを取るのが重要。きれいに透けるマットな質感のシースルーシャツに、スクエアネックのノースリーブニットの組み合わせも秀逸。マニッシュで女らしい印象が残せます。

CanCam2022年3月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/生見愛瑠(本誌専属)構成/浜田麻衣

【14】カラーパンツをまろやかベージュでフェミニンに

Keyword5 進化形トレンチ

くすみ系のオレンジパンツに異素材トレンチを合わせたフェミニンコーデ。一部がやわらか素材のプリーツに切り替わった薄手アウターは、動くたびにしなやかに揺れてフェミニンムードたっぷり。仕上げに濃いめのオレンジパンプスを合わせてトーンを崩さず引き締めましょ。

CanCam2022年3月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜、金 世娜 構成/鶴見知香

オフィスも休日もきれいめパンツスタイルが活躍

お出かけはもちろん、きれいめなパンツスタイルはオフィスカジュアルにもぴったり! おしゃれ上級者見えするカラーパンツや、スタイルアップを狙えるフレアパンツなど、トレンドのパンツを合わせて今っぽいパンツスタイルを楽しんでくださいね♡