夏のきれいめパンツスタイル22選|今っぽく見える黒、白、カラーパンツの合わせ方

かっこいいけど女らしい♡最旬パンツコーデ集

オフィスやデートシーンに役立つきれいめパンツスタイルを大特集! 楽ちんで選びがちなアイテムだからこそ、パンツをレディに着こなす&スタイルよく魅せるテクニックは必見です♡ 今っぽい着こなしが叶う、透け素材やレースを使ったアイテムにも注目して。

【目次】
夏のきれいめレディースパンツスタイル
きれいめコーデにおすすめの白パンツ
黒パンツのきれいめスタイル
カラーパンツでつくるきれいめパンツスタイル

夏のきれいめレディースパンツスタイル


トレンドのカラーパンツは、シャツ合わせでこなれたラフ感を演出 ノースリwithシャツ×カラーパンツ『トレンドに敏感な人から取り入れ始めているカラーパンツには、シンプルなノースリを合わせて、ハンサムなカジュアルコーデを楽しんで♪ 夕方から涼しくなる日や、室内がクーラーで寒いときは、何かと使えるはおりシャツをおしゃれのアクセントとして活用! 』

スカートよりも登場回数が多い!という人も増えているパンツ人気はまだまだ続行♡ ブラウスなどのレディなアイテムや、足元に細身のサンダルなどを選ぶことで、女性っぽさをプラスした着こなしが楽しめるのもパンツの魅力。男性ウケも期待できる、きれいめなパンツスタイルを紹介します♪

Point
・品のある白パンツはオフィスコーデにもおすすめ
・黒パンツはオーバーサイズのブラウスやシャツを引き締める効果も
・カラーパンツは白、ネイビー、グレーなど定番トップスに合わせて

きれいめコーデにおすすめの白パンツ


【1】グレーブラウス×白パンツ

トレンドの透けシャツを主役にしたオールホワイトでエモフェミに♡ 透け感やレースディテールが奥行きもプラスしてくれます。ボトムに質感のあるものを選ぶときは、色合わせをワントーンにするときれいめに仕上がります。

CanCam2020年5月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/石黒千晶

【2】ブラウンシャツ×ブラウンキャミソール×白パンツ

夏っぽ素材で涼しげな(クロシェパンツ)で大人リラクシーに挑戦したい!『体のラインが出る服が苦手で、避けてきたニットパンツ。トレンドのクロシェ編みならラインもごまかせそう?と思って挑戦したけど、程よい〝透け〟で抜け感も出ていい…! ロングのはおりがあると腰回りもカバーできて、スタイルUP見えするのもうれしいところ♡』

ロング×ロングの旬なレイヤードスタイルでクロシェパンツを攻略。シアーカーディガンをさらっと羽織って、異素材の〝透け〟を合わせるのが上級テク! 繊細なディテールならトレンドを盛ってもきれいめ&バランスよく仕上がります♡

CanCam2020年7月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/Midori モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/田中絵理子

【3】ブラウンキャミソール×白パンツ×かごバッグ

エモさのある肌見せビスチェはデニムでヘルシーに着こなして ニットビスチェ×デニム『この夏のデニムの着こなしは、ほんのり色っぽいビスチェ合わせで大人っぽく♡ 暑さを味方に、ヘルシーな肌見せで勝負!』

スポーティなアメリカンスリーブのビスチェは、クリーンな白デニムでアーバン仕様に。真っ白でなくオフ白のデニムを合わせることで、ブラウンとの色馴染みもばっちり♡

CanCam2020年7月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【4】グレーロングシャツ×白パンツ

ナチュラルで優しいムード漂う♡エクリュデニム×ワントーン『この春おしゃれな人から着てる、あいまいエクリュデニム。旬のベージュと組みわせるニュアンスワントーンで女性らしくやわらかな印象を作るのが、彼の心をキュンとさせるコツ♡』

ラフさが欲しいデートコーデは、ワンピレイヤードで差をつけて。ボトムに細身のエクリュデニムを合わせて、スッキリ着こなすのがバランスよく見せるコツ。

CanCam2020年6月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/石黒千晶

【5】ベージュトップス×白パンツ

ナチュラルで優しいムード漂う♡エクリュデニム×ワントーン『この春おしゃれな人から着てる、あいまいエクリュデニム。旬のベージュと組みわせるニュアンスワントーンで女性らしくやわらかな印象を作るのが、彼の心をキュンとさせるコツ♡』

スラックス感覚ではけるワイドなエクリュデニム。トーン違いのベージュでそろえたブラウスとパンプスできれいめに振れば、大人っぽいカジュアルコーデにぴったりです! ベージュブラウスは大きめリボンで華やかさも♡

CanCam2020年6月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/石黒千晶

【6】ベージュワンピース×白パンツ

アウター代わりにもなるロングワンピをワイドデニムにはおって、旬のルーズシルエットをmake! ラフさと優しげなオーラをいいとこ取りできるクリーム色のデニムには、淡いイエローの花柄やウッドソールのサンダルで気張らない〝ナチュラル感〟を後押し。

CanCam2019年6月号より 撮影/須藤敬一 スタイリスト/橘内 茜 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/小室安未 構成/浜田麻衣

【7】ブルートップス×白ワイドパンツ

「ヘルシーで女らしい!」とシンプル派からの熱い支持が♡ゆるシャツ×カジュアルパンツ

春らしいブルーのトップスは、シアーな透け感と立体的な抜き襟のシルエットが美しいスキッパーシャツ。ざらっとした素材のパンツで質感にメリハリをつけると、淡い色でまとめてもぼやけずイイ感じ。足元はコンバースでこなれ感を♡

CanCam2019年5月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/佐々木玲奈 ヘア&メーク/MAKI モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/北村緋菜 構成/稲垣あすか、石黒千晶、佐藤彩花、時吉茜、木村晶

【8】白トップス×白ワイドパンツ

カジュアルかつ女っぽい。今なりたいイメージを一発で叶えるコーデ肌見せトップス×ワイドパンツ

爽やか♡なオールホワイトなら、大胆な背中見せニットもセクシーになりすぎず程よく女っぽい印象に。ぼやけた印象にならないようにブラウン系小物を取り入れて、全体をキリッと引き締めるのがおすすめです。

CanCam2019年5月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/ひるいちか ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/北村緋菜 構成/稲垣あすか、石黒千晶、佐藤彩花、時吉 茜、木村 晶

黒パンツのきれいめパンツスタイル


【1】ベージュシャツ×白Tシャツ×黒パンツ

キレのある女っぽさが手に入る♡グレー黒デニム×フォトT『淡トーンから真っ黒まで、バリエ豊富なグレー&黒デニム。濃淡問わず、細身タイプがラフすぎず使いやすい! ×フォトTのスパイシーコーデは、辛口&モードな彼にウケよし♡』

モノトーンで統一したデニム×フォトTでシックなコーデに。オーバーサイズのシャツをバサッとはおって、リラクシーな大人カジュアルを完成させて。

CanCam2020年6月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/石黒千晶

【2】グレーブラウス×黒ワイドパンツ

キレイめコーデの抜け感づくりにリネン素材『ナチュラルな風合いのリネンは、コンサバティブに取り入れるのが私らしい形。女らしいアイテムもどこかおしゃれな雰囲気に♡』

ラインがキレイなリネン素材のワイドパンツは、ダークカラー=コーデが重たくならないようにトレンドのシースルーブラウスを合わせて。女っぽくも、ちょっぴりエフォートレスなスタイルがポイントです。

CanCam2020年6月号より 撮影/北浦敦子 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/中村麻美 構成/山木晴菜

【3】ベージュブラウス×白インナー×黒パンツ

#クロシェアイテム『程よく透ける肌見せで、抜け感が出るクロシェアイテムが気になっています♡ レースよりも甘くならず、サマーニットよりも重たくないので、ちょうどいいんです♪』

品のあるブラウスにはリラックスムードのあるクロシェパンツをプラス。肩ひじ張らないこなれコーデをつくるには、クロシェアイテムがぴったりです♪

CanCam2020年6月号より 撮影/有馬秀星(MOUSTACHE) ヘア&メーク/Midori モデル/楫 真梨子 構成/田中絵理子

【4】白シャツ×黒パンツ×白スニーカー

レザー×デニムのバイカラージーンズには、シンプルな白シャツを合わせておしゃれの引き算を。ラフなスニーカーで、コーデをとことんハズすのがポイントです♡

CanCam2020年5月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/石黒千晶

【5】グリーンブラウス×黒ハイウエストパンツ

やっぱり春は”色”で華やぎたい!春に着たいキレイ色は?『美月は…美人見えするくすミント』

シアーなグリーン系ブラウスを、ドライな黒デニムでクール&おしゃれっぽく。彩度を抑えた着こなしなのにどことなく女らしく見えるのは、トレンドでもある透け感のなせるワザ♡

CanCam2020年5月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/山下美月(本誌専属)構成/佐藤彩花、権藤彩子、鶴見知香

【6】カーキトップス×黒パンツ

今すぐ着たい! 秋のきれい色きゃみたん„

カーキ×ブラックのドライカラー配色は、ミニマムシルエットでとことんかっこよく仕上げたい。タンクの肌見せ効果でほんのり女っぽく見えるから、ストイックになりすぎなくて等身大に着こなせるんです♡ 脚のラインがきれいに見えるフレアデニムも今っぽい!

CanCam2019年9月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/木村 晶

【7】ベージュジャケット×白Tシャツ×黒パンツ×黒スニーカー

ーAkane's Private Fashion Part③ージャケットで〝大人シンプル〟を極めたい 今いちばんアディクトなファッションアイテムはジャケット。お気に入りの4枚はこう着ています!

ベージュ系のチェック柄ジャケットを、黒デニムと黒コンバースで大人カジュアルに落とし込む。インナーに白Tシャツをはさむことで、ジャケットも軽やかに着こなせます。

CanCam2019年6月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈(スタイリング協力) ヘア&メーク/松田美穂 モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/稲垣あすか 構成/木村 晶

カラーパンツでつくるきれいめパンツスタイル


【1】ブルーキャミソールセットアップ×ブルーワイドパンツ

遊びの効いたフリンジキャミ、夏らしくていいね!

ブルーのセットアップにミント色のワイドパンツをコーディネート。色味の違う寒色を合わせることで、今年っぽいカラーMIXが楽しめます♡ 足元はヌーディーで主張のないゴールドサンダルを指名して。

CanCam2020年7月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/石黒千晶

【2】イエローシャツ×ブラウンノースリーブ×ピンクパンツ

トレンドのカラーパンツは、シャツ合わせでこなれたラフ感を演出 ノースリwithシャツ×カラーパンツ『トレンドに敏感な人から取り入れ始めているカラーパンツには、シンプルなノースリを合わせて、ハンサムなカジュアルコーデを楽しんで♪ 夕方から涼しくなる日や、室内がクーラーで寒いときは、何かと使えるはおりシャツをおしゃれのアクセントとして活用! 』

色気を感じさせるハイネックのノースリで、ピンクのカラーパンツも大人顔に♪ イエローのシャツを斜めに巻いて、コーデのメリハリや夏っぽさをプラス。小物はブラウンでやわらかく引き締めるのがポイントです♡

CanCam2020年7月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【3】ブルーストライプシャツ×白ノースリーブ×オレンジパンツ

トレンドのカラーパンツは、シャツ合わせでこなれたラフ感を演出 ノースリwithシャツ×カラーパンツ『トレンドに敏感な人から取り入れ始めているカラーパンツには、シンプルなノースリを合わせて、ハンサムなカジュアルコーデを楽しんで♪ 夕方から涼しくなる日や、室内がクーラーで寒いときは、何かと使えるはおりシャツをおしゃれのアクセントとして活用! 』

ストライプシャツ×オレンジ系の配色が夏モード全開! カラーパンツに挑戦するときは、センタープレスをチョイスするときちんと感がぐっとUPするのでおすすめです。

CanCam2020年7月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【4】花柄シャツ×グレーカットソー×ミントグリーンワイドパンツ

トレンドのカラーパンツは、シャツ合わせでこなれたラフ感を演出 ノースリwithシャツ×カラーパンツ『トレンドに敏感な人から取り入れ始めているカラーパンツには、シンプルなノースリを合わせて、ハンサムなカジュアルコーデを楽しんで♪ 夕方から涼しくなる日や、室内がクーラーで寒いときは、何かと使えるはおりシャツをおしゃれのアクセントとして活用! 』

花柄シャツ×ミント色パンツの上級コーデ♡ ヴィンテージ風の色あせタンクを挟むことで、こなれ感もたっぷりです。柄シャツをゆるくはおって、力の抜けたラフな雰囲気で♪

CanCam2020年7月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/川瀬英里奈  ア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【5】ボーダーカットソー×ブルーワイドパンツ

ベーシックなアイテムで作るワンツーコーデが旬に見えるのは、キレイ色パンツのなせるワザ! ボーダートップスを合わせてフレンチシックに着こなして。小物は白で爽やかフェミニンにまとめましょ♡

CanCam2020年6月号より 撮影/須藤敬一 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/山下美月(本誌専属)  構成/岩附永子、権藤彩子、鶴見知香

【6】白カーディガン×ピンクTシャツ×ピンクパンツ

甘く着ない大人ピンクが気になる

パステルではなく、くすんだピンクグラデでおしゃれっぽく! トップスをTシャツにすれば甘すぎずカジュアルに着こなせます。淡い色でまとめたあとは、斜めに掛けたカーディガンで全身のバランスを整えて。足元は華奢な白サンダルで、女っぽさも忘れずに♡

CanCam2020年6月号より 撮影/北浦敦子 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/MAKI(Linx) モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/佐藤彩花

【7】ネイビートップス×ピンクパンツ×ピンクパンプス

Item4 大人くすみピンク

主張控えめなくすみピンクのパンツは、ベーシックなツインニットと合わせると通勤コーデとしても活躍♪ 洒落感たっぷりの絶妙ピンクがハンサムなパンツコーデをほんのり女っぽく、おしゃれ感度の高いコーデに仕上げてくれます。

CanCam2020年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/としまえん 構成/手塚明菜

 

コーデ全体を引き締める黒パンツ、上品な大人っぽさを演出する白パンツ、おしゃれ上級者見えするカラーパンツなど、おすすめのパンツコーデを紹介しました。この夏はお出かけスタイルやオフィスカジュアルに、きれいめなパンツスタイルを意識してみて!

 

>CanCam.jp TOPへ戻る