これぞ、スタイルアップの名品…!【ワイドパンツのオフィスコーデ25選】|2022通勤カジュアル

トップス合わせがカギ!ワイドパンツの通勤コーデ

ワイドパンツオフィスコーデ

大人っぽくてトレンド感も抜群の「ワイドパンツコーデ」を大特集! ベーシックカラーはもちろん、くすみのあるラベンダーやピンクなど、きれい色のワイドパンツを合わせる今っぽい着こなしを厳選しました。きれいめコーデがこなれるのでオフィスにもおすすめです。

オフィスカジュアルにおすすめな「ワイドパンツ」

おしゃれなシルエットで上品さもキープできるワイドパンツは、きちんと見せたいオフィスコーデにおすすめ。きれいめな合わせでもこなれ感が演出できます。

ワイドパンツオフィスコーデ

今季はワイドパンツのカラーが豊富なので、ベーシックカラーのトップスを合わせてシンプルに着るだけでおしゃれなパンツスタイルが決まります。カジュアルなデニムワイドパンツも、白やベージュならスラックス感覚で履けちゃいます。

身長が低い人もワイドパンツで簡単にスタイルアップ!

身長の低い人がスタイルアップを狙うなら、ワイドパンツがおすすめ! ハイウエストのタイプなら視覚的にも脚長に見える効果があるんです♡

■コンパクトにトップスを合わせて脚長バランスに

ワイドパンツオフィスコーデ

▲モデルの身長:153cm

ボトムがボリューミーなので、トップスはコンパクトなものを選んですっきりと着こなして。

■肩掛けカーディガンで視線をUP!

ワイドパンツオフィスコーデ

肩にカーデを巻いて目線を上に集めることで、小柄な人も全身バランスがよくなります。他にも、襟元にデザインがあるトップスなども高い位置に目線が集まりスタイルがよく見えます!

オフィス向けワイドパンツの着こなしポイント

ワイドパンツオフィスコーデ

  1. きれいめにはけるワイドパンツはオフィスコーデにぴったり
  2. スタイルアップができるから低身長さんにもおすすめ
  3. 下半身カバーにもひと役買ってくれるワイドパンツ

ワイドパンツを合わせるオフィス向けレディースコーデ

【1】フリルブラウスはブラウンのワイドパンツで糖度オフ

No.4 盛りブラウス×ハンサムシャツ

チアフルなイエローのフリルブラウスは、トラッドなパンツで糖度オフ。オンラインでも映えること間違いなしのフリルブラウスもイエローを選ぶとトレンド感が即UP。イエローとブラウンのまろやか配色で、きちんと見えつつ春らしさも演出しましょう。

CanCam2022年4月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/田中絵理子

【2】スタイルアップが叶うハイウエストのワイドパンツ

No.4 盛りブラウス×ハンサムシャツ

ダークグレー×白×グレージュの配色が、甘すぎずハンサムで今っぽい印象に。スタイルアップできる白のハイウエストパンツに、大人っぽいダークカラーのフリルブラウスを合わせれば最旬のオフィスコーデの出来上がり。バッグはグレージュのトートで知的フェミニンに。

CanCam2022年4月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/田中絵理子

【3】きれい色ワイドパンツを合わせるオフィスコーデ

No.2 バンドカラーシャツ×鮮やかカラーパンツ

きちんと見えする黒×ブルーの組み合わせならオフィスコーデにも◎。ブラックの辛口バンドカラーシャツを、爽やかなブルーのパンツにすっきりINして春らしく取り入れて。バッグやコートは白や水色をチョイスして抜け感を作ることも忘れずに。

CanCam2022年4月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/田中絵理子

【4】ジレのセットアップでオフィスコーデを今っぽく更新

No.1 ジレセットアップ

カットソーを合わせて、きれいめジレにラフさをプラス。ひざ下までのロングジレと、サイドにスリットが入ったワイドボトムでこなれ感がアピールできます。美シルエットを生かしたシンプルコーデは、辛口小物でピリッと締めて。

CanCam2022年4月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/田中絵理子

【5】鮮やかイエローのワイドパンツがオフィスで映える♡

YELLOW

ラフなリネンワイドパンツにシアーニットで女っぽさを意識! トレンドカラーのイエローこそ、×ライトグレーの配色で今っぽく着こなすのがおすすめです。ほのかな肌の透け感でセンシュアルなムードを加えることで、元気なイメージのカラーパンツスタイルに抜けが生まれます。

CanCam2022年4月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 構成/岩附永子

【6】ワイドパンツは旬なボールドカラーで取り入れて

GREEN

ポジティブカラー初心者なら顔から遠い位置にあるパンツで取り入れるのがオススメ。ワイドパンツにケーブルベスト付きのレイヤード風白シャツを合わせると、いつものコーデも簡単にアップデート。白やベージュに合わせることで、フレッシュグリーンの鮮やかさが一層際立ちます。

CanCam2022年4月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/岩附永子

【7】ボウタイ×セットアップのフェミニン通勤コーデ

scene:01もしも会社員だったら?『かとしは…キャリアウーマン』

ワイドパンツ×ノーカラージャケットの今っぽセットアップ。インナーはフェミニンな白ブラウスを合わせて大人スタイルを完成させて。ボリュームのあるボウタイブラウスは、リボンがすっきりおさまるノーカラージャケットが相性◎。仕上げはベージュやグレー小物でやわらかさをキープして。

CanCam2022年2月号より 撮影/谷口 巧(Pygmycompany) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/中村美幸 モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/西村真樹

【8】ブラウン小物で引き締めるカラーワイドパンツコーデ

BEIGE×FRUIT COLOR like a マリトッツォ

カシスパープルのカラーパンツは、ニュアンシーなベージュのビッグカラーブラウスで全体のトーンを落ち着かせるのがグッドバランス。小物はブラウンのミニバッグやローファーで今年っぽいアクセントを。

CanCam2021年11月号より 撮影/古水 良 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/岩附永子

【9】コーデュロイ素材のワイドパンツで洒落感高めに

コーデュロイのワイドパンツは女らしいドットブラウスでやわらかさを加えるのが好バランス。水色~ブルーグレーのモヤッとしたグラデコーデも洒落見えのポイントです。ジャケットはブルーと相性のいいブラウンで、まろやか&今っぽく仕上げましょう。

CanCam2021年11月号より 撮影/須藤敬一 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜、金崎吏穏 構成/権藤彩子

【10】オフィスコーデはベージュのワイドパンツが万能

4 秋イチ狙いたいワンピorセットアップは?『カジュアル派は…モード見えセットアップ』

リラックス感もモード感もいいとこどりなロングジレがおすすめ。大人っぽく着こなすには、ベージュ×黒など色を絞ってすっきりとまとめるのがコツ。太めのパンツとシンプルな黒トップスでこなれ感たっぷりに着こなして。

CanCam2021年10月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) モデル/生見愛瑠(本誌専属) 撮影協力/金 世娜 構成/鶴見知香

【11】ニュアンシーな配色はブラウン小物で優しく引き締め

大人っぽいくすみピンクのパンツにベージュトップスを合わせてニュアンスたっぷりな着こなしに。肩掛けのボーダートップスや小物でブラウンを効かせて、淡色コーデをさりげなく引き締めると洗練度も上がります。

CanCam2021年9月号より 撮影/渡辺謙太郎 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メイク/MAKI モデル/まい(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/山木晴菜

【12】ミントワイドパンツと白ブラウスの透明感ある着こなし

01ロマンティックブラウス×ジェラートカラーパンツ

キレのいいワイドパンツにスタンドカラーの袖コンブラウスを合わせたフェミニンスタイル。クリーンな白×ミント配色ならお仕事スタイルにも最適。ハイウエストにベルトマークの相乗効果で脚長見えも叶います。小物も優しげなニュアンスカラーでフェミニンにまとめて。

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【13】きれいめパンツコーデは小物でカジュアルダウン

Q.5無地だけどおしゃれなマスク、ありますか? 『使えるのは、ニュアンスカラー、ツヤ、バックリボン!』

ハイウエストパンツにベージュのリブニットを合わせたシンプルコーデ。小物は大きめのトートバッグとベージュのローファーでこなれ感抜群に。おしゃれな人からつけている「リボンマスク」を取り入れると、後ろ姿も華やぎます♡

CanCam2021年4月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/田中絵理子

【14】優しいイエローワントーンでワイドパンツを上品に

yellow×Beige

肌なじみのいいイエロートップスで、パンツスタイルもマイルドに。あいまいなイエローベージュのワイドパンツなら色のなじみもよく、ハンサムなパンツStyleも柔和で優しげにキマります♡ ニュアンスカラー同士の色合わせが、きれいめなのに親しみやすい理想の雰囲気作りに貢献!

CanCam2021年4月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞  ヘア&メイク/林 由香里(ROI) モデル/まい(本誌専属) 構成/手塚明菜

【15】オフィスコーデにおすすめなミント色ワイドパンツ

今っぽシルエットが簡単に叶う!ハイウエストワイドパンツ『Mint Green』

爽やかなミント色のワイドパンツは、シアートップスを合わせてとことん軽やかに♪ ピリッと辛口な黒ニットを合わせつつバッグも黒でなじませれば、パンツがおしゃれに引き立ちます。カーデを羽織ればオフィスコーデにもおすすめ。

CanCam2021年4月号より 撮影/菊地 史(impress+) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【16】テロ素材でリラクシーに履けるピンクのワイドパンツ

今っぽシルエットが簡単に叶う!ハイウエストワイドパンツ『Sherbet Pink』

ボリューミィなワイドパンツにV開きの肌見せカーデで抜け感をプラス。生地をたっぷり使ったピンクのワイドパンツが、ひらひらと揺れてドラマティックな印象です♡ 短丈かつデコルテ見せのざっくりカーデで重めのボトムをすっきり軽やかに着こなして。

CanCam2021年4月号より 撮影/菊地 史(impress+) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【17】ラベンダーのワイドパンツは×白トップスで女らしく

今っぽシルエットが簡単に叶う!ハイウエストワイドパンツ『Lavender』

華やかなラベンダーパンツ×白ニットで大人キレイな着こなしに。リネンライクな素材でカジュアルな雰囲気も漂うワイドパンツは、上品な白リブニットを合わせることでオフィスもOK。白×ラベンダーの甘さを、メリハリの効いたシルエットで甘く着ないのがポイントです♡ 小物はグレー系でまとめてまろかな配色に。

CanCam2021年4月号より 撮影/菊地 史(impress+) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【18】ワイドパンツをベーシックカラーで大人っぽく

ハイウエストでスタイルUPも叶うワイドパンツは、ベージュなど洗練されたベーシックカラーで大人めに。ミルクティーベージュのトップスをさらっとINして、上品&トレンドのワントーン配色を完成させて。小物も同じブラウンカラーでまとめると、きれいなお姉さんオーラが漂います♪

CanCam2021年4月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/MAKI モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良、シオン 構成/石黒千晶

アウターを合わせるワイドパンツコーデ

【1】チェック柄アウターでラフなワイドパンツコーデに

DAY10

おしゃれっぽいチェック柄コートで今どきなパンツスタイルに。コートの下は、清潔感のある白ブラウスときれい色ワイドパンツで洗練ムードをぐっと高めて。PCもすっぽり入る大きめバッグがコーデのアクセントに効果的です。

CanCam2022年2月号より 撮影/須藤敬一 スタイリスト/岩瀬博美 ヘア&メイク/後藤若菜(ROI) モデル/楓(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【2】ダークトーンの着こなしはインナーや靴で抜け感を

Q.3 厚手ウールコートでもモタつかないお仕事バッグは?『A.肩掛けしやすい長めストラップ×メリハリの効いたバイカラーが使える!』

ブラック×グレーコーデのシックなパンツスタイルをバイカラーのトートバッグで盛り上げつつ、足元はベージュで軽さを意識! バッグはボルドー×グレイッシュブルーの印象的な配色で、沈みがちな着こなしが途端にキャッチーに仕上がります。

CanCam2022年2月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/岩附永子

【3】ツイードジャケット×グリーンパンツの上品コーデ

ツイードジャケット×グリーンパンツの上品なトレンドコーデ。ポイントは、華やかなツイードジャケットに黒ブラウスの襟を出すレイヤードテク。ビッグカラーを効かせればさらに今っぽい雰囲気がつくれます。上品コーデにアクティブな印象を添えてくれるトートバッグはリッチなエクリュカラーが正解。

CanCam2022年2月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/生見愛瑠(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【4】ホワイトワントーンでワイドパンツを程モードに

4 ポンチョコート×女っぽワントーン

コートのパイピングが効いているから、白パンツ×白タートルのワントーンものっぺり見えずキリリと引き締まった印象に。タートルやワイドパンツなどシルエットに遊びを効かせて、周りと差がつく旬の通勤コーデを完成させて。落ち着いた色のトーンは、ブロックチェックのストールや黒の美形パンプスで華やかさを盛るのもおすすめです。

CanCam2021年12月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini) モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜 構成/手塚明菜

【5】ニュアンシーな配色で大人きれいなオフィスコーデ

Q.おうちで楽ちんに過ごせて、ちょっとそこまでお出かけできる服ってありますか?『A.きれい見えするカップ付きインナー&シワにならないイージーパンツをチェックして!』

ゆるっとラフなダブルジャケットに、リブ素材のキャミとエレガントなサテンパンツをコーディネート。キャミは華奢なストラップを選ぶとカジュアルすぎない女っぽムードが漂います。クリームホワイト×ミントのニュアンシーな色合わせで大人キレイな印象に。

CanCam2021年6月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/浜田麻衣、手塚明菜

【6】全身を淡色でまとめて通勤コーデのこなれ感をUP

03春イエロー×大人ベージュのまろやか配色

ほんのり甘いイエロー系のボトムには、マニッシュなジャケット×パンツを合わせて優しげな雰囲気に。ゆるっとしたシルエットと春めいた淡い配色など、今どきムード全開のジャケパンコーデは通勤にもおすすめです。ベージュジャケットのインナーは白Tでラフな抜け感をプラスして、全体の淡いトーンはキープして。

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/小室安未(本誌専属) 構成/手塚明菜

【7】白インナーとパンプスでニュアンスコーデに爽やかさを

mint×Beige

光沢感のあるミントのサテンパンツにハンサムなチェック柄ジャケットを合わせることで、こなれたフェミニコーデに仕上がります。スリットから足首と甲をチラッと見せつつ白パンプスで爽やかなインパクトを。

CanCam2021年4月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) モデル/まい(本誌専属) 構成/手塚明菜

おしゃれできちんと見えも叶うワイドパンツ

ワイドパンツを合わせるオフィス向けの着こなしをご紹介しました。今っぽいカラーのワイドパンツや、程カジュアルなデニムワイドパンツなど、色や素材の選び方でいつもと違ったオフィスコーデが楽しめます♡ きちんと見せつつもおしゃれ感のあるワイドパンツで、気分が上がる通勤コーデを楽しんでくださいね!