体型カバーもOK!チュニックを合わせる冬コーデ15選|ヒップが隠れるトップスの着こなし方

冬のチュニックコーデをピックアップ

ワークマンをいつものコーデに取り入れてみたら…『タウン向けから、ガチ作業服まで!本当に使えるワークマンの注目アイテムを冬コーデに投入♡「これ本当にワークマン?しかもこの価格!?」と、サプライズなおしゃれをお届けします♪』

ワンピースよりも丈が短く、ヒップが隠れる長さのチュニック丈トップスは、リラクシーに着られて着回し力も期待度大♡ この冬おすすめなチュニック丈トップスの着こなしを厳選しました!

チュニックにはどんなボトムが合わせやすい?

かわいくいたいけど、キメすぎもイヤ…。彼を初めて自宅に招く日 『㊤ゆる×㊦ぴたシルエットでリラクシーに、でもスタイルよく♡普通の服だと家っぽさがないし、完全部屋着は色気ナシ…。意外と悩む自宅デートは、ゆるトップスで〝隙〟を感じさせつつ、フィット感のあるボトムでスッキリと。ラフだけど色っぽい♡が理想的!』

ヒップが隠れるくらいの長さで、ワンピースよりも短いチュニック丈トップスは、タイトなパンツと合わせるとメリハリが出て下半身がすっきり見える効果も。チュニック丈トップスに、あえてロングスカートやゆったりパンツを合わせるコーデも抜け感があって今っぽく仕上がります。トレンドのオーバーサイズシャツやロングニットも、チュニック丈なら同じように着られるのでおすすめです。

  1. チュニックはワンピースより短くヒップが隠れる長さ
  2. タイトなパンツを合わせると着痩せコーデに
  3. ロングスカートを合わせてゆるく今っぽく着こなすのもオススメ
  4. ゆったりシルエットなので重ね着がしやすい

★チュニックトップスと相性抜群なブラックジーンズ


チュニックを合わせるおすすめの冬コーデ

【1】チェック柄シャツチュニック×ブラウンタートルネック×ブラウンパンツ

No/04ブラウンタートル『定番のタートルニットを目新しく更新するなら、旬のブラウンがイチ推し。中でもやわらかくファジーな色合いが、レイヤードスタイルに打ってつけ!合わせを選ばないから簡単に取り入れられる♪』

BIGサイズのシャツジャケットに、センタープレスパンツを合わせたこなれカジュアル。今どきのゆるっとしたボーイッシュコーデは、フィット感のあるタートルをインナーに重ねて女らしさをひとさじ。靴はカジュアルなコンバースでとことんラフに仕上げましょ。

CanCam2020年1月号より 撮影/小川健太郎 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini.) モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/浜田麻衣

【2】グレーシャツチュニック×グレータートルネック×白パンツ

No/03グレータートル『ベーシックアイテムながら、さりげない洒落感をプラスしてくれるグレーのタートル。今年なら、トレンドのくすみカラーのシャツと合わせてちょっぴり大人顔に転ばせるのがおすすめ!』

白のワイドパンツとグレーのトップスをなじませることで、淡色ワントーンのおしゃれっぽさがよりアップ! ルーズなシャツジャケットは、ブラウジングでメリハリ作りも忘れずに。仕上げは黒コンバースでクールに締めて。

CanCam2020年1月号より 撮影/小川健太郎 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini.) モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/浜田麻衣

【3】白シャツセットアップ×黒ベレー帽×グレータートルネック

No/03グレータートル『ベーシックアイテムながら、さりげない洒落感をプラスしてくれるグレーのタートル。今年なら、トレンドのくすみカラーのシャツと合わせてちょっぴり大人顔に転ばせるのがおすすめ!』

オーバーサイズのCPOジャケット×ミニスカートの女のコシルエットは、インナーにトレンドのグレータートルを仕込んでアップデート♡ 上品なタートルニットで首元を隠すとクラシカルなかわいさが引き立ちます。小物は靴下×レースアップブーツやトライバル柄のトートバッグでカジュアルに。

CanCam2020年1月号より 撮影/小川健太郎 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/松村沙友理(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/浜田麻衣

【4】グレーニットチュニック×白シャツ×黒パンツ

ワークマンをいつものコーデに取り入れてみたら…『タウン向けから、ガチ作業服まで!本当に使えるワークマンの注目アイテムを冬コーデに投入♡「これ本当にワークマン?しかもこの価格!?」と、サプライズなおしゃれをお届けします♪』

ロング丈トップス×スリムパンツで、上下バランス抜群の間違いない組み合わせに。インナーに白シャツを仕込めば、定番のモノトーン配色に奥行きが加わります♡ 靴はラフな白スニーカーで軽やかに仕上げて。

CanCam2020年2月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/深瀬介志(sui) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/石黒千晶

【5】ベージュシャツチュニック×ブラウンニットチュニック×ブラウンパンツ

優しげで大人なワントーン マロンチョコ配色『シンプルなのに地味に見えず、むしろおしゃれ感がUPする魔法の配色♡コントラストがつきすぎる白ではなく、やわらかなベージュを基本になじませるのがポイント♪』

CPOジャケット×リブニットパンツのトレンドコーデ。全体を上品なマロンチョコ配色でまとめれば、メンズっぽさのあるCPOシャツは女らしく、リラクシーなニットパンツはキレイめにシフトします♡

CanCam2020年2月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/手塚明菜

【6】オレンジシャツチュニック×白タートルネック×黒パンツ

No/02白タートル『上品かつフェミニンな印象の白タートルは、上質なカシミア素材でクラス感もアップ。レイヤードで中に仕込むことで、顔周りがパッと華やぎ、女性らしいやわらかさを与えてくれます。』

メンズライクなシャツスタイルをインナーに重ねた白タートルで品よく舵取り。清楚な白タートルが、辛口なBIGシャツの緊張感を和らげてくれます。小物は黒のぺたんこ靴とビーズバッグでこなれ感も高めて。

CanCam2020年1月号より 撮影/小川健太郎 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/松村沙友理(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/浜田麻衣

【7】白シャツチュニック×黒ベレー帽×白パンツ×チェック柄ジャケット

MONOTONE2 白ならほっこりしすぎず、キレイめに 冬素材の白パンツ『重くなりがちな冬コーデを軽快に!コーデュロイやニットなど、ゆるっとはける カジュアル素材でトレンド感も狙って!』

冬こそ楽しみたいALLホワイトコーデは、シャツ×ニットパンツの異素材を組み合わせてメリハリをつけるのがコツ。手にしたチェックジャケットもコーデを締める重要な役目があるんです♡ ずるっと長い旬シルエットでこなれ感も手に入れて。

CanCam2019年12月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/手塚明菜

【8】白スエットチュニック×ピンクタイトスカート

〝白ショート〟〝効かせる黒〟ブーツ 着回しにTRY!『「FABIO RUSCONI」の 黒ニーハイブーツを着回し!』

ゆるスエットにナロースカートを合わせた今っぽコーデ。ベルトでさりげなくメリハリをつけたり、ロングシルエットを細身のニーハイブーツで引き締めるとコーデが大人っぽく仕上がります。シルキーなⅠラインスカートのシルエットにも、ひびきにくい細身のブーツがぴったりです。

CanCam2019年12月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/菅博子、鶴見知香

【9】ブラウンシャツチュニック×白パンツ×イエローパンプス

05 一緒に着てもバラで着てもかわいい! セットアップで着回し放題♪『今季、いろんなブランドでバリエ豊かにそろうセットアップ。ワンピ見えしつつ、バラでも活躍する シンプルデザインを選ぶと様々な印象で着こなせて、1セット持っておくとワードローブが潤う〜♡』

細身のリブニットスカートにBIGシャツをプラス。シャツはあえてINせずスカートにかぶせるように着こなすと、シルエットにギャップが生まれて女っぽく仕上がります♡

CanCam2019年12月号より 撮影/花村克彦 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【10】ベージュシャツチュニック×黒パンツ×ベージュパンプス

03 久しぶりにパンツをはきたい!なら トップスは重ね着で!『定番のデニム、カジュアルなワイドボトム、キレイめセンタープレス…また再びパンツな気分。 ならば、トップスで鮮度をプラスして! ありきたりなワンツーにしないのがコツです。』

男女ともに好感度大なブラックスキニーは、シャツ×タートルニットのレイヤードでハンサムに。顔立ちをキリッと見せる黒タートルは知的な印象もGETできます。

CanCam2019年12月号より 撮影/花村克彦 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/楓(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【11】イエローチュニック丈ニット×チェック柄スカート×黒ブーツ

02 ゆるニット× 軽スカートは 冬の鉄板セット!『冬の大定番・ゆるニット、さて今年はどう着る? おすすめしたいのは、広がりすぎず、しなやかな 動きで女性らしい印象を与える軽やかスカートとのコンビ。 すらりと縦長シルエットでスタイルUPもおまかせあれ!』

パキッとカラーのニットも、輪郭があいまいなふんわりモヘアならチャレンジしやすい♪ ブリティッシュなチェック柄スカートでいいコちゃん要素もMIXすれば、ビビッドだけど品よくまとまりのある印象に。靴やバッグはきちんと見えするデザインをセレクトして大人っぽく仕上げましょ。

CanCam2019年12月号より 撮影/花村克彦 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【12】ベージュニットチュニック×花柄スカート×ベージュハット

02 ゆるニット× 軽スカートは 冬の鉄板セット!『冬の大定番・ゆるニット、さて今年はどう着る? おすすめしたいのは、広がりすぎず、しなやかな 動きで女性らしい印象を与える軽やかスカートとのコンビ。 すらりと縦長シルエットでスタイルUPもおまかせあれ!』

甘さを抑えるために、花柄スカートはnotフレアをチョイス! ヒップを隠してくれるビッグサイズのニットをすっぽりとかぶせて、体型カバーも完璧な今どきバランスに。ヒールローファーやハットはブラウンでまとめてクラシカルな女らしさを演出。

CanCam2019年12月号より 撮影/花村克彦 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/楓(本誌専属) 構成/佐藤彩花

★秋冬のおすすめアウターはこちらからチェック!


デニムパンツ合わせでカジュアルな冬の着こなし

【1】ラベンダーニットチュニック×デニムパンツ

かわいくいたいけど、キメすぎもイヤ…。彼を初めて自宅に招く日 『㊤ゆる×㊦ぴたシルエットでリラクシーに、でもスタイルよく♡普通の服だと家っぽさがないし、完全部屋着は色気ナシ…。意外と悩む自宅デートは、ゆるトップスで〝隙〟を感じさせつつ、フィット感のあるボトムでスッキリと。ラフだけど色っぽい♡が理想的!』

女のコらしいラベンダーニットは、たぷっとした萌え袖とゆるシルエットであざといくらいかわいく♡ 腰まである長めの丈でお尻周りをカバーしつつ、スキニーデニムで作るY字シルエットで脚線をほっそり見せる計算づくコーデ。シンプルな着こなしでも、ちゃっかりスタイルアップが叶います。

CanCam2020年1月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/PROPS NOW TOKYO 構成/石黒千晶

【2】黒ニットチュニック×黒デニムパンツ×黒パンプス

MONOTONE3 ベーシックなニットこそ、ニュアンス命!ざっくり黒ニット『ピタ黒ニットはちょいまじめ。ゆるっと着られるざっくりニットでこなれ感をGET!』

どことなくトラッドな雰囲気が漂うVネックニットは、×ブラックデニムで辛口カジュアルに仕上げて。角度で表情が変わるケーブル編みニットなら、シンプルな中にもおしゃれ感が光ります♡

CanCam2019年12月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/手塚明菜

【3】白ニットチュニック×黒キャスケット×黒デニムパンツ

〝効かせる黒〟ブーツならこの3足!『究極のベーシックカラー〝黒〟なら、流行デザインも合わせやすさ抜群。今季はしばらく続くショートブーツブームの中、ニーハイも復活の兆し。ほんのりモードな〝効かせる黒ブーツ〟で、着こなしを更新!』

編み柄ですっきり見える白ニットに、クールな黒スキニーをプラス♡ トレンドのウエスタンブーツは、潔くシンプルな辛口アイテムで気負いなく合わせるのが断然かっこいい! 仕上げは浅めの黒キャップでクールな印象をより高めて。

CanCam2019年12月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/菅博子、鶴見知香

★デニムパンツを合わせるおすすめコーデはこちらにも


下半身がすっきり見える♡チュニックの着こなし

着やせも叶うチュニック丈トップスの冬コーデを紹介しました。チュニックはゆったりシルエットで重ね着がしやすく、シャツやタートルニットなどを合わせて着回すのがおすすめです。