2020夏の白パンツコーデ13選|ショート・ワイドパンツのおすすめ

白パンツコーディネート&靴合わせを紹介

爽やかで夏らしい白パンツコーディネートを、今っぽく&スタイルよく着こなしたい! そんなお悩みにこたえるべく、トレンドアイテムをMIXした最旬の白パンツコーデを紹介します。軽やかな白パンツを重たく見せない、とっておきの足元テクも必見♡

Brown&Beige

【1】白パンツ×黒トップス

爽やかなホワイトのニットパンツは春夏に欲しい1本。ゆるっとした生地感とシルエットで、女っぽいカシュクールニットも程よくカジュアルダウンしてくれます。上品なモノトーンでまとめることで、ラフな中にも洗練された大人っぽさが♡

CanCam2020年5月号より 撮影/須藤敬一 スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/丸林広奈 構成/浜田麻衣

【2】白パンツ×白ブラウス

トレンドの透けシャツを主役にしたオールホワイトでエモフェミに♡ 透け感やレースディテールが奥行きもプラスしてくれます。

CanCam2020年5月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/石黒千晶

【3】白パンツ×ブラウンノースリーブ

Brown&Beige

ブラウンのトップスにエクリュのパンツを合わせて抜け感を。上下のぴた×ゆるシルエットは〝着映え〟にも効果的。ハンサム感をプラスしたビスチェは、大人っぽいくすみトーンでクールにきめて。

CanCam2020年5月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/時吉 茜

【4】白パンツ×グリーンセットアップ×白スニーカー

洒落感のあるライムグリーンのセットアップは、デコルテを見せて女っぽさをプラス。足元はスニーカーでカジュアル仕上げに。

CanCam2020年5月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/石黒千晶

【5】白パンツ×グリーンチェック柄トップス×スニーカー

グリーンのツイード風トップスにエクリュカラーのパンツをコーディネート。今っぽさと大人感が程よくMIXできるので、デイリーの洒落コーデにぴったり。コンバースを合わせてカジュアル仕様に!

CanCam2020年5月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/石黒千晶

【6】白パンツ×グレーシャツ×サンダル

透け感がきれいなシアーシャツで作る今っぽリラクシーコーデ。シワ加工のパンツにアウトで着て、エフォートレスな女性らしさを♡

CanCam2020年5月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/石黒千晶

【7】白パンツ×ベージュアウター×ベージュインナー×シルバーパンプス

まだまだ風が冷たい日もあるもので…ちょっと肌寒いときに何はおる?『あやみは…エモフェミニンな透けトレンチ』

ツヤっと上品な光沢を放つ透け素材トレンチは、はおるだけでコーデが盛れる映えアイテム! 素材で遊ぶときは、ワントーンで全身の色合いを落ち着かせると◎。

CanCam2020年5月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/佐藤彩花、権藤彩子、鶴見知香

【8】白パンツ×イエロータンクトップ

かぶりで着る服 × いかにも水着『華やかな柄や三角ビキニのような〝いかにも水着〟でレイヤードをするなら…上からかぶって着る服を合わせて、さりげなく水着を忍ばせているくらいが◎。とはいえ海外らしいキャッチー感は欲しいから、バックシャンなどしゃれ感のある服を相棒に♡』

クロシェニットとボヘ柄の水着で、旬のBOHOスタイルに挑戦! 水着もキャミも目を引くデザインなので、同系色でなじませてまとまりよく着るのがポイントです。ビーサン風のサンダルやかごバッグなど、夏らしくてリラックス感のある小物合わせも重要!

CanCam2019年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/石黒千晶

【9】白パンツ×黒シャツ

今どきの水際スタイルは、水着の上にゆるシャツやクロシェキャミをラフに合わせるのがおすすめ。黒シャツから赤い水着をちらっと見せて、大人っぽいレイヤードを。

CanCam2019年8月号より 撮影/熊木 優(io) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/木村 晶

【10】白パンツ×白Tシャツ

クロシェレースのニットパンツに、ゆるっと大きめのTシャツをON! 透け感のあるパンツと、メンズライクなTシャツとのギャップがgoodです♡ 甘いものや女っぽいものを着こなすときは、シルエットがこなれて見えるビッグTシャツがオススメ。

CanCam2019年8月号より 撮影/須江隆治(See) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/NAYA モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/西村真樹、木村 晶

【11】白パンツ×ベージュアウター

アウター代わりにもなるロングワンピをワイドデニムにはおって、旬のルーズシルエットをmake! ラフさと優しげなオーラをいいとこ取りできるクリーム色のデニムには、淡いイエローの花柄やウッドソールのサンダルで気張らない〝ナチュラル感〟を後押し。

CanCam2019年6月号より 撮影/須藤敬一 スタイリスト/橘内 茜 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/小室安未 構成/浜田麻衣

【12】白パンツ×カーキワンピース

BITTER BLACK  ベージュ、カーキ、ブラウンなど、落ち着きのあるアースカラーを味方に付ければ、キレよくハンサムな‟辛い黒„の完成!リネンやコットンなど天然素材を選ぶことで、ひとさじの女らしさも漂って。

イタリア・CAVERNI社の上質リネンは、しっとり肌になじむ落ち感とほんのり透けるシアー感が魅力! キレよく着こなしたい日は、ワイドパンツを合わせてかっこよく。ロング丈ワンピ×ワイドパンツのゆるずる感が、リラクシーで今っぽい仕上がりです♡

CanCam2019年6月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/YUMBOU(ilumini) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/新城真紀

【13】白パンツ×白トップス

ーAkane's Private Fashion Part①ー買ったばかりの新作服で私らしい〝大人シンプル〟普通のシンプルじゃつまらない。ちょっとひねって茜らしいスパイスをプラス。

さわやかな淡色コーデは初夏にぴったり! ニュアンスのあるアイボリーのセットアップは、ラフで大人っぽく着こなすのが正解です♡ ちょっぴりクセのあるかごBAGやサングラスで、エフォートレスなコーデを今っぽく仕上げましょ。

CanCam2019年6月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈(スタイリング協力) ヘア&メーク/松田美穂 モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/稲垣あすか 構成/木村 晶

 

>CanCam.jp TOPに戻る